繊維製品品質管理士とは繊維製品の品質や性能を管理する為の民間資格です。全国的に取得者はそれほど多くありません。

そのため取得することは、アパレル・ファッション業界で活躍するために大きなメリットとなる資格です。

こちらでは、繊維製品品質管理士の資格を活かす職種を紹介しています。資格取得の参考にしてください。

繊維製品品質管理士の資格が活かせる求人を転職エージェントが調査

OKな女性

繊維製品品質管理士の資格が活かせるのは、どのような職種なのか確認していきましょう。

  • ファッション業界
  • 行政機関
  • 教育機関

ファッション業界では大手有名企業において、商品開発や商品企画販売などに従事します。

行政機関では繊維検査団体・消費者センター・国民生活センターなど、教育機関では技術全般の教育指導を大学などで行います。

職種としては生産管理・品質管理・サービス・苦情相談などで活躍している人が多いです。

アパレル業界や研究調査機関では取得していると大きな強みです。職種も多岐にわたるので、希望の職種への転職もスムーズでしょう。

 

ワンポイント
 繊維製品品質管理士の資格が活かせるのはファッション業界・行政機関・教育機関などです。

繊維製品品質管理士はどんな資格?

書類を確認する女性

繊維製品品質管理士資格は繊維製品の品質や性能の向上を図るため、昭和56年に生まれたファッションビジネス必携の資格です。

消費者と企業との信頼関係の架け橋として繊維製品の品質管理を行う為の資格で、TSEと呼ばれ高度化専門化の手段とされています。

繊維製品品質管理士の活躍の場はアパレル業界のみでなく多岐にわたり、多くの職種で繊維製品の品質管理を行っているのです。

資格の定義は?

繊維製品品質管理士の資格を保有することは、企業活動の合理化や企業と消費者の信頼関係を良好なものにするためにも重要なのです。

繊維製品品質管理士は繊維製品の品質向上のために企業で製品の企画開発を行い、消費者により良い繊維製品を届ける役割を担います。

繊維製品の品質管理により消費者に対する利益を守るという役目もはたします。

そのために繊維製品品質管理士は、消費者生活センターなどの行政機関でも仕事を行っているのです。

アパレル業界では重要視される

衣装

特にアパレル業界では繊維製品品質管理士は必要とされており、生産・営業のみでなく商品企画や商品開発にも携わります。

商品を管理する資格を持った繊維製品品質管理士は、消費者の相談やクレームに対応する部署でも活躍しているのです。

アパレル業界のさまざまな職種では、繊維製品品質管理士の資格を取得していることは重要視されます。資格も充分活かせるでしょう。

取得するメリット

繊維製品品質管理士の資格を取得することは、消費者と企業や公共団体との間を円滑にすることにつながります。

繊維製品の品質を知りつくすスペシャリストとして認められた資格として、特にアパレル業界では全面的信頼を得ることできるでしょう。

またアパレル業界のみでなく、各企業での商談や交渉がスムーズに行われるためどの職種であっても信頼されやすいのもメリットです。

大きな信頼は企業での昇格やキャリアアップにつながります。これも繊維製品品質管理士資格の大きなメリットでしょう。

 

ワンポイント
 繊維製品品質管理士とは繊維製品の品質向上を図り管理するための資格です。

繊維製品品質管理士を必要とする求人を紹介

握手

繊維製品品質管理士はどのような企業で必要とされているのかを確認していきましょう。

主な求人先はやはりアパレル業界といえるでしょうが、その他多岐にわたる業界職種の求人もあわせて紹介します。

大きく分けるとアパレル業界・行政機関・教育学校関係への求人が多いのですが、その業界の中での職種もさまざまです。

アパレル業界

繊維製品品質管理士を最も必要としているのはアパレル業界で、販売・生産の他商品開発や商品企画など主要な職種の求人があります。

大手メーカーや通販会社など洋服の販売を行っている会社では、顧客対応でも繊維製品品質管理士を必要としています。

多くの大手メーカーで数10人の繊維製品品質管理士が活躍しており、中には100名近い資格保有者が配属されている場合もあるほどです。

行政機関・教育学校関係

消費者生活センターをはじめとする行政機関や服飾科のある大学・専門学校でも繊維製品品質管理士が採用されています。

行政機関では裁判所や役所で採用され、消費者の対応を任せられるほど信頼されているのです。

教育関係では専門学校のみでなく女子大を中心に各大学に数名の繊維製品品質管理士がおり、生徒たちの教育に携わります。

その他

繊維製品品質管理士の転職先で、圧倒的に多数なのはアパレル業界となるのですが、他にもさまざまな業界や職種での求人もあります。

クリーニング業界や染色などの専門職、調査検査団体などでも常時繊維製品品質管理士を求めています。

転職のために繊維製品品質管理士の資格を取得した場合には、転職エージェントの力を借りて転職に備えてください。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

仕事に求められるスキル

ノートパソコン、案内する女性

繊維製品品質管理士の仕事は資格を持っているだけでは務まりません。資格と共にどのようなスキルが必要になるのでしょうか。

  • コミュニケーション能力
  • 品質管理経験
  • マネジメントスキル

必要なスキルとしては上記のようなものになります。それぞれを詳しく解説していきましょう。

コミュニケーション能力

繊維製品品質管理士として転職した場合、職種にもよりますがお客様対応を任されることが多くなります。

話の内容をしっかりと聞き回答をする必要があります。コミュニケーション能力はどのような場合においても必要なスキルといえるでしょう。

また企画や開発では、グループでのミーティングや会議の機会も多くなります。その場合もコミュニケーション能力は大切です。

品質管理経験

未経験でも繊維製品品質管理士の資格は取得できるのですが、やはり品質管理の経験があると強みになります。

机上での資格のみでなく、実際に工場などで品質管理を経験していることは大きなスキルとなるのです。

前職で品質管理の経験がある人は仕事内容を熟知しているとみなされ、繊維製品の品質管理においても採用されやすいでしょう。

マネジメントスキル

転職することでキャリアアップを目指す人は多いです。特に特殊な資格を取得している場合にはその傾向が強いのではないでしょうか。

繊維製品品質管理士は合格率も20%ほどの難しい資格です。資格は5年を過ぎると新たに更新試験を受ける必要もあるほどです。

転職して管理職を目指す人も多いでしょう。キャリアパスを設計するためにもマネジメントスキルがあることが望ましいのです。

 

ワンポイント
 繊維製品品質管理士に必要なスキルはコミュニケーション能力やマネジメントスキルです。

品質管理に向いている人の特徴

パソコンで仕事中の女性

繊維製品品質管理士に必要なスキルをお話ししましたが、品質管理は消費者が安心して洋服を購入する為に無くてはならない職種です。

品質管理というのは、製品の品質をしっかりとチェックして消費者に届けるという責任ある仕事です。

どのような人に適性があるのか、品質管理に向いている人はどのような人なのか特徴を挙げてみましょう。

責任感がある

大切なのは何事においても責任感がある人です。責任を持って製品に問題があれば消費者の手にわたらないようにしなくてはいけません。

仕事に責任感を持って臨める人でなくては、品質管理には向かないのです。

少しの油断で、消費者にとってマイナスになる品質の製品を流通してしまうこともあり、責任感を持って仕事を行うことが重要です。

分析力がある

資料

分析する力は製品の品質管理には最も必要な力になります。良い悪いを見極める分析力を持った人でなければ品質管理は務まりません。

観察し、分析するという力は製品の品質管理には必要なものです。些細なことが企業の信用を失墜させる原因となることもあるのです。

製品を分析して品質に問題があると感じた場合には、その製品は即はじき出す必要があります。

またあらゆるデータを分析して利益を予測するためにも分析能力が必要となります。

問題解決能力が高い

良い悪いを判断し解決する力が繊維製品品質管理には特に必要といえるでしょう。商品の開発や企画にも問題解決能力は必要です。

問題点を即座に導き出し解決して新たな企画を打ち出す、早急に解決できる能力が品質管理には必要なのです。

問題点を見つけ出し早急に解決できる解決能力の高い人が、繊維製品品質管理士に適性がある人といえるでしょう。

繊維製品品質管理士資格が活かせる職種

女性

繊維製品品質管理士に必要なスキルや適性について解説しました。

続いて繊維製品品質管理士の資格はどのように活かせるのか、求人の項目でもお話ししましたが少し詳しく解説しましょう。

資格を活かすためには活躍の場のある職種への転職が重要になります。資格を活かせる職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

商品開発

アパレル業界の大手メーカーに転職した場合には、繊維製品品質管理士の資格を活かせる部署に配属されることが多いです。

商品開発や商品企画なら、消費者に安全な製品を届けるという繊維製品品質管理士としての力が発揮できるでしょう。

商品開発は文字通り商品の開発を行っている部署で、消費者のニーズに合わせた商品を企画したものを商品開発で形にします。

ファッションデザイナー

ウェディングドレス

繊維製品品質管理士の資格を活かせる職種には、ファッションデザイナーも入ります。

デザイナーは個人として企業と契約している人もいますが、大手メーカーではファッションデザイナーを企業としても採用しています。

繊維製品品質管理士の資格があれば大手メーカーにファッションデザイナーとして転職する際により有利となります。

商品の品質を管理しながら、自由な発想でのもの作りに携わることができます。

データサイエンティスト

データを集めて分析し、ビジネスに活用できるように情報を引き出しまとめる仕事を行うのがデータサイエンティストです。

繊維製品品質管理士は分析を得意とするため、データを集めて分析するデータサイエンティストとしても活躍が可能となります。

データ分析により消費者目線での商品企画を行うデータサイエンティストも、製品品質管理士資格を活かせる仕事でしょう。

 

ワンポイント
 品質管理資格が活かせるのはファッションデザイナー・データサイエンティストなどです。

資格を持つという強み

履歴書

繊維製品品質管理士の資格は合格率も低く取得し難い資格です。

また日々進化するアパレルや繊維業界に対応できるように永久資格ではないため、5年ごとに更新試験を受ける必要があります。

それだけに繊維製品品質管理士の資格を持っているということは強みになるのです。

資格により、転職後の活躍も期待できるでしょう。また資格を充分に活かせる職種を選ぶことで活躍の場も広がります。

転職は転職エージェントを活用することで、より幅広く資格を活かせる職種の求人情報を知ることが可能となるでしょう。

月給・給与・勤務地など、自分の求める企業を探すためにも転職エージェントの力を借りるようにしてください。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

繊維製品品質管理士の資格を活かして転職しよう

ガッツポーズする女性

繊維製品品質管理士の資格を活かせる職種はたくさんあり、多くの転職求人の中から自分に合った職種や仕事を選べるのです。

残業が少なく転勤が無いこと、年収が400万円以上であることなどの具体的な内容も確認しながら選ぶようにしましょう。

ただ資格があっても品質管理という性質上、未経験者での転職はハードルが高い場合も確かにあります。

資格を活かすには経験も大切です。他部署であってもアパレル業界などでの経験を積み資格を活かす部署への転属となる人もいます。

資格を活かす転職とともに、キャリアアップの1つの手段としても資格は大きな強みとなるといえるのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

繊維製品品質管理士の資格を活かす転職先は多岐にわったっています。せっかく取得した資格です。しっかりと活かしましょう。

転職求人は1人で探すことももちろん可能ですが、より幅広く自分の希望に合う職種を探すには転職エージェントを利用してください。

転職で悩んだら即転職エージェントに相談!豊富な経験からさまざまな情報や的確なアドバイスが期待できます。

まとめ

女性

繊維製品品質管理士の資格を活かせる転職先は、アパレル業界・行政機関・教育関係など多く、職種も商品開発始め多岐にわたります。

女性の繊維製品品質管理士に向いている性格は、責任感がある・分析力がある・問題解決能力があるなどです。

品質管理士としてのスキルは、顧客対応には欠かせないコミュニケーション能力やマネジメントスキルそして品質管理士の経験でしょう。

繊維製品品質管理士の資格を活かす転職先を選ぶなら転職エージェントを活用して、希望する職種への転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら