インターネットの普及により、需要が高まり続けているネットマーケティング。

効果的なマーケティングを展開できる人材は、多くの企業から求められています。

ネットマーケティングスキルを身につけ証明することができる、ネットマーケティング検定をご存じでしょうか。

「どんな検定なのかよく分からない」

「これから取得を考えているけど、転職には役立つのか」

これから転職を考えられている方や、資格取得を考えられている方向けにネットマーケティング検定は転職に役立つのかを解説します。

また、ネットマーケティング検定が活かせる仕事もご紹介します。

ぜひ、参考にされてみて下さい。

Contents

ネットマーケティング検定は転職に役立つのか解説

女性、パソコン

ネットマーケティング検定にむけて勉強をして資格を取得しても、転職に役立たなければ意味がありません。

ネットマーケティング検定は、どんな内容の検定なのか。

どんな人におすすめか、活かせる仕事などをご紹介します。

ネットマーケティング検定はどういった検定なのかを理解して、転職に活かしましょう。

ネットマーケティング検定の概要は?

仕事中の女性

ネットマーケティングという言葉は聞いたことがあるけど、実際はどういったものなのかよく分からない。

そういった方は多いかもしれません。

ネットマーケティング検定は、どういった内容の検定なのかを解説します。

ネットマーケティングの基礎知識が身につく

ネットマーケティング検定は、株式会社サーティファイが主催している検定です。

インターネットマーケティングの基本知識を身につけることができる検定試験です。

検定合格に向けて勉強する上で、

  • ネットマーケティングの基礎知識
  • ネットマーケティングの一般的な方法論

などを学ぶことができます。

基礎知識としては、

  • Webに関する知識
  • ネットマーケティング
  • ネットでの経営戦略
  • 個人情報の保護
  • ウイルス対策
  • 不正アクセス

といったものです。

スキルアップにも役立つ

ネットマーケティング検定は、Webマーケターが業務で必要不可欠な知識を取得できる検定です。

そのため、ネットマーケティングの知識が必要な業務に転職する場合は取得を目指してみるのも良いでしょう。

必ずしも転職で役立つとは言い切れませんが、取得することで基礎知識を保有していることの証明になります。

マーケティングサイドの視点で、知識とスキルを学習できるためスキルアップにも役立ちます。

未経験でも挑戦しやすい

パソコン操作

ネットマーケティング検定は、初心者や未経験でも挑戦しやすい検定です。

インターネットの特徴を把握し、その時々に応じて最も最適なネットマーケティング方法を選ぶことができる人材を育成することが目的です。

テキストや問題集も販売されています。

試験内容のレベルは初心者向けに設定されており、合格率は約70%となっています。

ぜひ、資格取得にむけてチャレンジしてみましょう。

ネットマーケティング検定はどんな人におすすめ?

パソコンを見る女性

ネットマーケティング検定がどういった内容なのかを確認しました。

続いて、ネットマーケティング検定はどんな人におすすめなのか3つのポイントをご紹介します。

自分に当てはまる内容があるか確認してみて下さい。

未経験でマーケティング職に転職したい人

未経験でマーケティング職に転職する場合、これまでの実績がありません。

なので、スキルや能力を面接官にアピールすることが難しい状態です。

採用活動をを行っている企業で、すぐに即戦力になれる人材を求めている場合も少なくありません。

資格を保有していることは1つの指標になります。

基礎知識を保有している証明、理解を深めることができます。

そのため、未経験でネットマーケティング職に転職する人におすすめといえるでしょう。

将来マーケティングに関わりたい人

在宅ワーク

ネットマーケティング検定を保有していることで、志望度の本気度をアピールすることができます。

将来マーケティングに関わりたい方は、あらかじめ資格を取得しておき志望動機などで本気度を伝えましょう。

もっとスキルを磨きたい人

ネットマーケティング検定は、基礎知識を学ぶことができる初心者向けの検定です。

初心者向けの検定ですが、ネットマーケティングに携わる人材には必要な知識を問われます。

まずはネットマーケティング検定の資格を取得し、難易度の高い資格取得をを目指し更なるスキルアップを目指しましょう。

 

ワンポイント
 ネットマーケティング検定取得がおすすめな人は、
・未経験でマーケティング職に転職したい人
・将来マーケティングに関わりたい人
・もっとスキルを磨きたい人

ネットマーケティング検定が活かせる仕事

3人の女性

せっかく勉強をして、資格を取得しても活かすことができなければ意味がありません。

ネットマーケティング検定が活かせる仕事はどんなものがあるのでしょうか。

活かせる仕事を3つご紹介します。

転職の参考にしてみて下さい。

Webマーケター

Webマーケターは、Webサイトやアプリ・SNSなどオンライン上のサービスを活用したマーケティングに関わる仕事です。

インターネットの特性や仕組みを利用して、売り上げを伸ばしたり事業を大きくすることを行います。

Webマーケターは、

  • マーケティング知識
  • 経営戦略
  • 事業を拡大する

といったことが求められます。

ECサイト関連業務

男女のビジネスパーソン

ECサイト運営には、商品企画・製造・発送・アフターサービスなどさまざまな業務があります。

主に、フロント業務と呼ばれる

  • 商品企画
  • 商品製造
  • サイト作成

などのマーケティング業務にマーケティングの知識が必要とされます。

社内SE

社内SE(社内システム企画)とは、

  • 自社のHP作成や運営
  • 社内からのPCやシステムの使い方
  • 故障対応

などを行う業務です。

そのため、自社システム・経営戦略の理解が求められます。

そもそもマーケティングはどんなものなのか

OKサイン

ここまで、ネットマーケティング検定がどういった内容なのか・どういった職業に活かせるのかを確認してきました。

マーケティングという言葉をよく耳にするけど、どんなものなのかいまいち分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

マーケティングには、どういった意味があるのかをご紹介します。

製品やサービスが売れるしくみをつくる

製品やサービスを販売するにはさまざまな方法があります。

店頭販売や訪問販売に加えて、インターネットの普及によりWebサイトから商品を購入することも可能になりました。

Webサイトからの購入には、

  • サイト作成
  • 見やすさ使いやすさのデザイン
  • 決済方法

などお客さん目線になって、製品やサービスが売れるしくみ作りをすることが必要です。

市場調査・分析を行う

新しい商品を製造しても、売れなければ企業にとって大きな損失に繋がります。

そこで事前に市場調査を行い、どのようなニーズがあるのかを分析する必要があるのです。

アンケートや統計データーを参考にして、どういったニーズがあるのかを把握します。

ニーズや市場の動向を把握することで、戦略を立てどうすれば利益を伸ばすことができるのかを検証していきます。

検証した結果は、販売予測・商品開発・販売価格などに活かすことができるのです。

幅広い業務で経験を積むことができる

青空と女性

マーケティングと一言でいっても、

  • 商品企画
  • 営業企画
  • 市場調査・分析
  • 宣伝

など幅広い業務が存在します。

商品企画は、どういったニーズが存在し求められているのかを把握し新しい商品を作り出す仕事です。

営業企画は、製造した商品をより多く販売するにはどうすればいいのかを考えます。

市場調査・分析は、アンケートや統計データからどういったサービスや商品が求められているのかを分析します。

宣伝は、製造した商品をより多くの人に伝えるための広告デザインなどを検討する仕事です。

マーケティングの幅広い業務に関わることで、経験を積むことができるのです。

 

ワンポイント
 マーケティングは、
・製品やサービスが売れるしくみを作る
・市場調査、分析を行う
・幅広い経験を積むことができる

あわせて取得したいおすすめの資格

ガッツポーズ

ネットマーケティング検定を取得することで、マーケティングの基礎知識を身につけることができます。

ネットマーケティング検定は、初心者向けの検定です。

では、更にスキルアップを目指す場合にはどういった資格がおすすめなのか。

あわせて取得したい資格をご紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は、2005年から始まった検定試験です。

国際実務マーケティング協会が主催している民間の検定です。

マーケティング・ビジネス実務検定では、

  • マーケティング理論
  • 実務知識

を学ぶことができます。

検定には難易度の高い順に、A級・B級・C級の3種類があります。

Web解析士

Web解析士はWebマーケティング・Web解析の知識を保有し、アクセス解析などのデータを活用し業務の効率化をはかります。

知識を身につけることで、データを正しく読み取り判断した上で、事業を成功に導くことができます。

一般社団法人ウェブ解析士協会が主催している民間の検定です。

検定には難易度の高い順に、

  • ウェブ解析士マスター
  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析士

の3種類があります。

Google AdWords認定試験

Google AdWords認定資格試験は、Googleが主催しているアドワーズ専門の資格になります。

グーグルアドワーズとは、Googleが運営している広告主に向けた広告サービスです。

アドワーズに関する知識の証明を、Google公式が認定する試験です。

 

ワンポイント
 更なるスキルアップを目指して、紹介した資格取得を目指しましょう。

資格は転職で強みになる

3人の女性

資格を保有していれば、

  • 基礎知識保有の証明
  • 資格保有までのスケジュール管理能力

をアピールすることができます。

特に未経験で転職する場合、希望する職種への興味関心も面接官に伝えることができます。

また資格取得が難関であればある程、志望度の本気度をアピールできます。

闇雲に資格を取得するのではなく、転職先の業務ではどのような資格が活かせるのかを事前に把握しておきましょう。

 

ワンポイント
 資格を取得して、転職を有利に進めましょう。

ネットマーケティング検定資格を活かしてWebマーケターを目指そう

パソコンと資料

ネットマーケティング検定は、マーケティングの基礎知識を身につけることができます。

未経験での転職の場合、過去の実績をアピールすることができません。

ネットマーケティング検定資格を取得し、他の応募者との差別化を意識しWebマーケターを目指しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスパーソン

「1人で転職するのが不安」

「転職したいけど、どうしていいのか分からない」

など、転職に不安な気持ちや悩みをお持ちではないですか。

そんな時は1人で悩まず、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロがあなたの転職を二人三脚でサポートします。

転職エージェントを活用してあなたの転職を成功させ、スキルアップを目指しましょう。

まとめ

スーツの女性

ネットマーケティング検定は、転職で活用できるかをご紹介しました。

ネットマーケティング検定がおすすめな人は、

  • 未経験でマーケティング職に転職したい人
  • 将来マーケティングに関わりたい人
  • もっとスキルを磨きたい人

です。

ネットマーケティング検定は、ネットマーケティングの基礎知識を身につけることができます。

初心者向けの検定なので、未経験でマーケティング職に転職を検討している方は資格取得に挑戦してみて下さい。

ネットマーケティング検定とあわせて取得しておきたい資格は、

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • Web解析士
  • Google AdWords認定試験

の3つです。

マーケティング・ビジネス実務検定は、A級・B級・C級の3種類の難易度があります。

Web解析士は、

  • ウェブ解析士マスター
  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析士

の3種類の難易度があります。

Google AdWords認定試験は、アドワーズに関する知識の保有を証明することができます。

転職の悩みは、転職エージェントに相談しましょう。

エージェントに相談することで、あなた自身が気付いていなかったスキルや能力を見つけることができるかもしれません。

転職を成功させ、明るい未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら