営業を頑張ってきた方なら営業経験を活かして転職したいと思うでしょう。

営業職ではコミュニケーションスキルなどあらゆるスキルが磨かれます。

それらのスキルはどのような仕事で活かすことができるのでしょうか。

具体的な仕事の種類や異業種を目指すコツを当記事で解説します。

Contents

営業経験を活かせる仕事をご紹介

OKサイン

営業経験を活かすことができる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

これまでの営業で培ったあなたのスキルを発揮できる仕事を探すことがポイントです。

あなたは営業ではどのようなことが得意だったか思い出してみましょう。

  • こまめに連絡を取ってコミュニケーションを取る
  • 自社商品の魅力を分かりやすく伝える
  • 相手の要望を聞くだけでなく潜在的なニーズを引き出す

営業ではあらゆるスキルが身に付きます。

営業経験を活かすための仕事を選ぶ時のポイント

万歳をする女性

営業経験を活かすための仕事を選ぶ時のポイントはあなたがもっとも得意なことを参考に仕事を選ぶこと。

特に営業職に欠かせないコミュニケーションスキルを活かすことができる仕事を中心に探すといいでしょう。

営業職で輝いていた人はコミュニケーション能力の高さがずば抜けています。

コミュニケーションは簡単なようで一番難しいうえに人と関わるうえでもっとも重要なことです。

営業経験で身に付けた武器を存分に活かすことができる仕事をみつけましょう。

 

ワンポイント
あなたが身に付けたスキルを活かすことができる仕事を見つけよう!

 
無料キャリア相談はこちら  

営業経験を活かせる仕事「企画職」

在宅ワーク

営業経験を活かすことができる仕事の1つ目は企画職です。

企画職はどのような仕事を行うのか、なぜ企画職がおすすめなのかご紹介します。

どんな仕事

企画職とは文字通り社内で企画を担当する仕事です。

自社商品をアピールするためのアイデアを出すことをメインに商品宣伝全般に関する業務を担います。

広報やPRに近い部分もあり、市場調査力やリサーチ力といったスキルも必要でしょう。

さらにユーザーが求めているものを考えるなどマーケティングの一面も持ち合わせています。

なぜ企画職がいいの?

企画職は社内で多くの人と関わることで成り立つ仕事です。

営業経験を活かして積極的にアプローチすることであなたの良さをどんどん発揮することができます。

また、営業経験がある人は顧客といい関係を築くことができるよう情報収集に力をいれます。

情報収集力を活かしてトレンドを調べたり最新のものを調べたりすることもできるでしょう。

その結果自社のターゲットのニーズを把握し企画立案やプレゼンに役立てることができるのです。

企画を通すため相手に理解してもらうことは必要不可欠。

そのためには自社商品の魅力を最大限アピールすることができる営業経験者が適任です。

 

ワンポイント
企画職はコミュニケーション能力やリサーチ力を活かすことができる仕事!

営業経験を活かせる仕事「マーケティング職」

仕事中の女性

営業経験を活かすことができる仕事の2つ目はマーケティング職です。

マーケティング職はどのような仕事を担当するのか、なぜおすすめなのかみていきましょう。

どんな仕事

マーケティングとは自社商品やサービスを売るために必要な情報を集めるなど幅広い業務を担当します。

  • どのようなものが売れるのか
  • どのような人が購入しているのか
  • 購入にいたるまでにかかった時間はどれくらいか

ありとあらゆるデータを集めたうえで新しい商品やサービスの開発につなげます。

マーケティングは自分1人でできる仕事ではありません。

たくさんの人と会話し意見を交換しながら良いものを作り上げることが大切です。

分業制になることが多いためその一部を担います。

営業でもインターネットを駆使していた方や新しいものが好きな方に向いているでしょう。

なぜマーケティング職がいいの?

3人の女性

マーケティングはたくさんの人と関わり話し合いながら仕事を進めていきます。

そのためには自分のことをしっかり話せて相手の話を親身に聞くことができる人が必要不可欠です。

人を納得させる技術がある人はマーケティングに強いのです。

さらにマーケティングはデータや資料を集めたり改善のための資料を作成したりと地道な作業が多くあります。

営業でパソコンを使っていた人ならなおさら適性があるといえるでしょう。

営業経験を活かせる仕事「販売職」

笑顔の女性

営業経験を活かすことができる仕事の3つ目は販売職です。

販売職はどのような仕事を担当するのか、なぜおすすめなのかみていきましょう。

どんな仕事

販売職は消費者と身近に接して商品を販売する仕事です。

食料品や雑貨・洋服・化粧品などあらゆるものが販売されています。

ウェブサイトでの販売も行っている店舗がありますが、まだまだ店舗にて対面で販売することが主流といえるでしょう。

販売場所は百貨店からスーパー、コンビニエンスストアまであらゆるところに存在しています。

なぜ販売職がいいの?

女性

販売職はなんといってもお客様と直接顔を合わせるのであなたの笑顔や言葉使い、愛想の良さなどが必要です。

営業経験のあるあなたなら自然と接することができます。

販売職はお店の顔でもありますからお客様にとって好感度が高い店員がいれば評判も良くなるでしょう。

商品の説明や聞かれたことに的確に答えられることも必要です。

コミュニケーションスキルに加え販売力も合わせることができれば、即戦力として期待されること間違いありません。

 

ワンポイント
販売職は営業職で培ったあらゆるスキルを存分に発揮できる!

営業経験を活かせる仕事「営業事務職」

ポイント

営業経験を活かすことができる仕事の4つ目は営業事務職です。

営業事務職はどのような仕事を担当するのか、なぜおすすめなのかみていきましょう。

どんな仕事

営業事務とは営業に関わる担当者の書類作成など事務的なサポートをする仕事です。

一般事務に近い仕事内容ですが営業を支える専門の事務員というイメージが分かりやすいかもしれません。

基本的には事務所で資料や請求書を作成しますが、お客様の来客対応や電話対応なども行います。

また、営業担当の急な書類のお願いなどスピーディに対応することが求められることも多いのが特徴です。

なぜ営業事務職がいいの?

今まで通り営業で外に出たりアポを取ったりせず、事務所にいて営業担当のサポートを行います。

これまでの営業経験を活かすことであなたが一番営業担当の気持ちがわかる事務員になることができるでしょう。

また、営業職のように動き回らないので体力面で心配がある場合でも長く続けやすいかもしれません。

さらに商品に対しての問い合わせなど事務所にいてもあなたのコミュニケーションスキルが活かされるのです。

声掛けができるようになると「いい事務員さん」とお客様の信頼度もぐっと上がることでしょう。

営業で身につくスキルは?

笑っている女性

そもそも営業職ではどのようなスキルが身に付くのでしょうか。

スキルを把握しておくことで異業種に挑戦する際的確な自己PRができるでしょう。

具体的なスキルを3つご紹介します。

高いコミュニケーションスキル

営業職では高いコミュニケーションスキルが身に付きます。

仕事を進めるうえで多種多様な人と関わることが営業職の大きな特徴です。

あらゆるタイプの人と話をするためにはその人に合った接し方をすることがポイント。

さらに初対面でも何も臆することなく話をすることができるのは素晴らしいことです。

コミュニケーションスキルはあらゆる仕事で必要なスキルなので自信をもってさまざまな挑戦ができるでしょう。

ニーズを聞き出す傾聴力

面接をする女性

営業は自分の話をするだけではお客様が離れてしまいます。

コミュニケーションで大切なことは相手の話を聞く力です。

営業職経験者は圧倒的に傾聴力が優れています。

もともと人は話を聞いてもらうことが好きなので、親身に聞いてくれる姿勢に対して安心感を覚えます。

その結果潜在的なニーズなどを聞き出すことができるのです。

傾聴力がある人は話しやすい人という印象を受けるので職場で欠かせない存在になれるでしょう。

商品の魅力を伝えるプレゼン能力

どれほどクオリティが高い商品でもその良さを伝えられなければ成果になりません。

営業職は自社商品やサービスのプレゼン力に長けています。

プレゼンができないと実績を出すことは厳しく売上も伸びないでしょう。

簡単なようで難しいプレゼン能力を欲している企業はたくさんあります。

 

ワンポイント
営業職はコミュニケーション能力や傾聴力、プレゼン力が身に付く!

 
無料キャリア相談はこちら  

営業経験を活かして異業種を目指すコツ

オフィスにいるビジネスウーマン

営業経験を活かして異業種を目指すコツをご紹介します。

ここを押さえておくことで転職活動がうまく進むでしょう。

なぜキャリアチェンジするのか明確にしよう

なぜ営業職からキャリアチェンジしたいのか理由を明確にしましょう。

人間関係や年齢・生活・家族などさまざまな理由が考えられます。

長年勤めていれば気持ちが変わることは当たり前のことです。

忙しいので迷惑は掛けられないと無理に頑張ってしまうと、あなた自身のストレスとなり体調も壊しかねません。

挑戦したい気持ちがあるなら臆せずチャレンジしてみましょう。

理由を紙に書き出してゆっくりと考えることでもやもやした気持ちはスッキリと晴れます。

なぜその企業と職種なのか

なぜその企業と職種を選んだのか理由を明確にしましょう。

ここをはっきりさせることで採用担当者にも熱意を伝えやすくなります。

まずはあなたの個性を活かすことができる仕事を選びましょう。

給与面なども気になるところですが「やってみたい」という気持ちが大切です。

未経験でもスキルが備わっていることで挑戦しやすい職種がたくさんあります。

あなた本来の輝きをみせられるような企業と職種を選んだうえでその理由をはっきりさせましょう。

自己の棚卸しをしっかりしよう

異業種に転職する際はあなた自身の棚卸しをしっかり行いましょう。

今まで経験したことについてどれほど小さなことでもいいので書き出してください。

そのうえで履歴書や職務経歴書を作成しましょう。

棚卸しすることであなた本来の強みがみえてきます。資格を持っていれば必要かどうか吟味せずアピールしましょう。

また、資格はなくともブラインドタッチが得意などといったスキルがあるならアピールポイントになります。

さらに会社で〇万円の売り上げで表彰を受けました、など実績があれば忘れずにアピールしてください。

スキルや仕事に活かすことができそうな資格は必ずアピールするものです。

得意なことは忘れずに書き記しておきましょう。

すぐに思い出せる状態でまとめていれば安心感につながります。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

会話するビジネスウーマン

転職相談は転職エージェントを活用することで効率よく転職活動を進めることができます。

転職エージェントは人材紹介サービスであなたに合った転職先を提案してくれます。

ほかにも次のようなメリットがあるのでチェックしましょう

  • 非公開求人を持っている
  • 応募書類を添削してくれる
  • 客観的な視点で面接対策してくれる

転職活動を成功させるためにはどれも欠かせないことです。

いずれも1人で行うことはできません。

特に面接対策は、自分で納得がいく回答を準備できたとしても客観的にみればいまいちということがよくあります。

転職のプロであるエージェントにチェックしてもらうことで採用担当者の心に刺さる回答ができるようになるでしょう。

また、転職活動は不安を抱えたり悩みが生じたりします。

このとき1人で抱え込んでしまうと負の連鎖に陥ってしまいネガティブ思考に捕らわれる危険性があるのです。

そうならないためにもエージェントを活用して悩みを吐き出すことがポイント。

エージェントと二人三脚で理想の未来を手に入れましょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

まとめ

女性 パソコン

営業職を活かすことができる仕事は、マーケティング職や企画職など多岐にわたります。

いずれもコミュニケーション能力を必要とする仕事で、営業職で培った経験を存分に発揮することができるでしょう。

コミュニケーション能力のほかにも、ニーズを聞き出す傾聴力や商品のプレゼン力などが備わっています。

これらのスキルを複合的に活用することで活躍の幅が広がるでしょう。

あなたに合った転職先を見つけるためにも転職エージェントを活用してください。

エージェントは転職のプロなのであなたの転職が成功するよう的確にアドバイスしてくれます。

エージェントと二人三脚で転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら