営業職の女性の中には仕事と生活の調和、いわゆるワークライフ・バランスに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

結婚・出産・子育てとライフステージの変化が大きい女性にとって、家庭と仕事の両立は常に大きな問題です。

そこで今回の記事では、女性の営業職は結婚しても働き続けられるのかについて詳しく解説します。

営業職を続けるメリットや仕事を続ける上で生まれがちな不安を解消するポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

女性の営業職は結婚しても働き続けられるのか解説

外回り

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」が2019年5月に改正されました。

これによって、より多くの企業に対して女性が働きやすい環境づくりが求められることとなりました。

今後も女性の社会進出を歓迎・支援する流れは続き、誰もがいっそう家庭と仕事の両立を実現しやすくなることでしょう。

結婚した女性の営業職が復職して働き続けることも、一昔前に比べればずっと容易になったといわれます。

ただ業界や職種によってはまだまだ男性社会な面もあり、女性の活躍に対する理解の浸透が未熟な場合もあることは否めません。

社会的な後押しも利用しつつ自ら工夫を重ね、周囲にも協力を求め、結婚しても働き続けられる環境を自分で作り上げていく。

女性の営業職には今後もそうした気概や主体性が求められるといえるでしょう。

営業職は結婚しても仕事を続けやすい場合もある

ポイント

その職種としての特徴から、営業職は結婚しても仕事を続けやすいともいわれます。

顧客の都合に振り回されて私生活が脅かされる、などといった営業職に対する悪い印象は修正する必要があるかもしれません。

この項目では結婚した女性にとって営業職のどこがどうポジティブで歓迎すべきなのかを詳しくご紹介します。

ポイントは常にこちらが主体的かつ能動的であること。その点を踏まえてご覧ください。

営業職は柔軟に予定を立てられる

スケジュール

1年間の企業活動は上期と下期に分けられます。営業職は各期の各月ごとに数値目標を設定し、その達成のために働くのが常です。

この時、目標達成のためにどのような営業活動を展開するかは個人の裁量に任されている場合が少なくありません。

そのため、営業職は他の職種に比べて1日や1週間のスケジュールを自分でコントロールしやすい傾向にあります。

目標達成に支障さえ出なければ、女性の営業職は自分の都合や予定を基準に据えて仕事を組み立てていくことが可能なのです。

営業職は成果主義

成果主義

多くの場合、企業は営業職を数字で評価します。より高い数値目標を達成した営業こそ優秀な営業というわけです。

これはつまり、成果さえ出せていれば常に高い評価が得られ、誰にも文句を言われたりはしないということに他なりません。

与えられた裁量の範囲内で工夫して柔軟な働き方をし、非の打ち所のない結果を出してみせる。

またそうした成果の出し方を職場の仲間にも会社にもきちんと理解してもらう。

女性の営業職にはそのような環境を自分から作り上げていく力も必要となるでしょう。

結婚しても営業職を続ける方法

打ち合わせの風景

今の職場に愛着があり、営業という職種にも向いている自覚がある。結婚してからもぜひ営業職として働き続けたい。

世の営業職の女性の中にはそんな意欲的な方も数多くいらっしゃることでしょう。

女性が結婚後も営業職として働き続けるためには、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

考えられるいくつかの手段のうち、この項目では勤務形態の変更経験を活かした転職という2つの方法をご紹介します。

勤務形態を変える

結婚して共に暮らすパートナーを得ることが女性の働き方に及ぼす影響は非常に大きいといえます。

子供を授かった場合はそれが特に顕著で、年中行事や学校行事のために会社を休むといった機会も増えることでしょう。

行事のように散発的なら休みを取れば済みますが、保育園の送り迎えなど日常的にこなさなければならないこともあります。

そのような場合に有効なのは勤務形態を変えることです。自分のスケジュールに合わせて働く時間や場所を柔軟に変更します。

もちろん営業として成果が出せることが前提となりますし、会社側と職場の同僚たちの理解と助けも必要となることでしょう。

これまでの経験を活かし転職する

女性の営業職が結婚後の復職を果たしづらい職場もまだまだ数多く存在するのが実情です。

もしも今いる会社にそのような傾向があるなら、転職を視野に入れることも考えるべきでしょう。

その際、大切なのはそれまでに営業職として得た経験やスキルを活かすことができそうな転職先を選ぶことです。

即戦力として働くことができる営業職の既婚女性を、多くの企業は歓迎してくれることでしょう。

 

ワンポイント
転職する場合はそれまで培ったスキルを活かせる仕事を選ぼう。

女性が結婚しても営業職で働き続けるメリット

オフィスの女性

結婚した後も女性が営業職として働き続けることには、具体的にはどのようなメリットがあると考えられるでしょうか。

この項目では、女性が結婚後も営業職として働くことのメリットを会社・職場・本人の3パターンに分けてご紹介します。

会社のメリット

女性が結婚後も営業職として働き続けることは、会社にとって大いに望ましいことです。

そもそも営業職には男性の占める割合が多く、女性の営業は存在そのものがとても貴重です。

また顧客との密なコミュニケーションを要する営業職には、細やかな気配りや行き届いた配慮というものが欠かせません。

その意味で、相手を気遣って物事を柔軟に運ぶことができる女性的な特質は営業職にとって非常に理想的です。

女性の活躍を推進する社会的な流れもあり、結婚後も営業に復職したいという女性を歓迎する企業は今後も増えるでしょう。

職場のメリット

結婚した女性の営業職への復職を歓迎することは、職場にとっても大きなプラスになります。

まず穴埋めのために新しい女性営業を入れて教育をし直す必要がありません。これは大きなメリットだといえるでしょう。

産休や育休の間に職場で業務を割り振る必要はありますが、新人の再教育に比べれば部署の負担は小さいのではないでしょうか。

また女性営業の復職の先例があることで、それがロールモデルとなり、新たな女性の営業職を確保しやすくなるのも魅力です。

本人のメリット

結婚後も女性が営業職として働くことには、何より本人に大きなメリットがあるといえるでしょう。

独身時代に積み上げてきたキャリアを活かして再び働くことができれば、金銭的な面でも豊かになることが期待できます。

家庭を持ち子供も授かったとしたら、それらの経験や学びが営業職としてのスキルにプラスの影響を与える場合もあるでしょう。

せっかく復職するのであればぜひそうした相乗効果を狙いたいものです。

 

ワンポイント
既婚女性の復職には誰にとっても多くのメリットがある。

子育てとの両立を図るコツ

子育て

パートナーと家庭を築いて子供を授かることは、多くの場合、仕事に多大な影響を与えます。

仕事と子育ての両立は働く女性にとって常に大きな問題です。

ことに営業職の場合、クライアントの都合のために自分の時間が犠牲になってしまうことが少なくありません。

高い可能性で迎えることになるそうした問題を、いったいどのようにクリアしていけばよいのでしょうか。

この項目では、子供を授かった女性の営業職が仕事と子育てを両立させるコツについて解説します。

報告・連絡・相談を怠らない

営業職の仕事と子育てを両立させるコツ、1つ目は報告・連絡・相談を怠らないことです。

社会人としては基本中の基本ですが、仕事と子育てを両立させるにはそれがいっそう重要になります。

たとえば保育園への送迎のために出勤時間や退勤時間をずらしたいなら会社側にあらかじめ相談をしておく。

子供の発熱など不測の事態が降りかかってきても慌てずに、まずは上司や同僚にその旨連絡をする。

些細なことでも情報を共有しておくと何か事が起きた時に皆で素早く対処することができます。

職場に協力を依頼する

営業の仕事と子育てを両立させるコツ、2つ目は職場に協力を依頼することです。

たとえば子供の学校行事が予定されているなら当日の業務を引き受けてもらえないか部署の同僚に相談しましょう。

子育ての大変さは多くの人が身をもって知る所です。経験のある社員ほど快く引き受けてくれるに違いありません。

1人で抱え込まず勇気を出して協力を依頼する。そして逆の立場になった時は進んで協力を申し出る。

そんな助け合いの風土が会社に根付くよう、皆で行動していけることが理想です。

女性の営業職が結婚に抱いている不安要素

仕事に悩む女性

世の女性の営業職は結婚に対してどのようなイメージを抱いているのでしょうか。

決して幸せな想像ばかりではないであろうことは想像に難くありません。

結婚して子供を授かる可能性があると、復職の意思はどうあれ必ず職場を離れることになります。

その間のクライアントとのやり取りや積み上げてきた自分のキャリアの行方など、気になることには切りがありません。

ここではそんな女性の営業職が結婚に抱いている不安要素について解説します。

さまざまなライフステージが待ち受けている

結婚・出産・子育て。在職中の女性が経験するライフステージの変化の中でもとりわけ大きいのがこの3つでしょう。

自分のことだけ考えれば良かった期間は終わり、パートナーやその家族、子供の将来のことまで考慮する必要に迫られます。

初めての結婚や初めての出産となると感じる不安はいよいよ大きくなります。

そんな大きな困難や面倒を抱え込むくらいなら独り身のままが良い、という考えに陥るのも無理はないかもしれません。

未婚女性と比較してしまう

たとえば業績を競う合う同期がいるとして、相手が未婚の場合、その相手と自分をあれこれ比べてしまうことでしょう。

ライフステージの変化によって、多くの女性は一時的にせよ職場を離れます。

その離職期間中にライバルに差をつけられ、キャリアの面で大きな開きが出てしまわないとも限りません。

積み上げてきたものが多い女性ほど、結婚に尻込みをする可能性も高くなることでしょう。

 

ワンポイント
ライフステージの変化が離職に繋がる可能性は非常に高い。

不安を解消するポイント

ポイント

働く女性が結婚に対して抱く不安やストレスはかなり大きなものであることに触れました。

ではそうした不安を払拭するためにはどのような考え方や気の持ちようがあるでしょうか。

この項目では不安解消のための2つのポイントをご紹介します。

結婚しないという選択

ノートパソコンと女性

大人になれば誰もが結婚して当たり前と考えられていた時代がかつてありました。

しかし価値観の多様化が進んだ現代は違います。結婚をしないという選択肢も大いにありです。

初めから結婚しないと決めているのであれば離職によってキャリアを失うリスクもありません。

今は結婚の形もまた色々あるので、パートナーとの合意さえあればより自由な共同生活を送ることが可能となるでしょう。

子どもは授かりもの

子育て中の女性

子供は持ちたいと思ってすぐに持てるようなものではありません。

欲しいのになかなか授からない夫婦もいれば、予定になく授かったという場合もあります。

無計画な妊娠は避けましょう。

そして、授かるべく行動を起こしているのであれば、仕事の上でもそのための備えをしておきましょう。

子供を授かって周囲の協力を得なければならなくなった時に快く応じてもらえるよう、信頼関係を築いておくということです。

そうした日頃からの備えや気構えこそが不安を解消するための大切なポイントです。

女性が働きやすい組織を選ぼう

女性スタッフ

結婚や出産を経てライフステージに変化を迎えた後も営業職として働きたい。

そんな思いが強くある場合は女性が働きやすい組織を選ぶことがポイントです。

以下に挙げるような無形商材や女性向け商品を扱う企業にはそもそも女性が多い傾向があります。

  • 教育
  • 保険
  • 化粧品
  • 下着

あらかじめそのような業種の営業職に就いておくか転職を予定しておけば、復職の希望もスムーズに通ることでしょう。

社員に女性が多い企業は健全なワークライフ・バランスを保つことに意欲的な場合が多いものです。

将来的なライフステージの変化にある程度の見通しを立てて、前もってこうした企業を選んでおくことはとても大切です。

 

ワンポイント
女性の多い企業を選べば相談しやすく協力も得られやすい。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

紹介

会社側と交渉を重ね、職場の同僚たちにも相談をしてみたけれど、どうしても結婚後に営業職を続けることが難しい。

そうした望ましくない事態に陥る場合もあり、結果として転職を考えることになる方もいらっしゃるでしょう。

結婚後の復職や転職について悩んだ時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロであるエージェントたちが、様々なケースに照らして適切なアドバイスをしてくれます。

まとめ

女性,パソコン,ビジネス街

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、女性の営業職は結婚しても働き続けられるのかという問題を掘り下げてご紹介しました。

女性の活躍を歓迎・推進する社会的な動きは今後もいっそう大きくなることが予想されます。

それに伴って、女性が結婚後も営業職として働きやすい環境はますます広がっていくことでしょう。

ただ現状、結婚後の復職が難しい職場が多いことも事実です。それゆえに結婚をためらっているという方も少なくありません。

そんなワークライフ・バランスに関する悩みを抱いたときには、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

経験豊富なエージェントが親身になって相談に乗り、あなたのライフステージに最適な働き方をアドバイスしてくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら