転職する際に大切な項目といえる給料。

実は、給料体系には年棒制と月額制の主に二つがあることを知っていますか?

ここでは年棒制と月額制のメリットを解説していきます。

2つの詳しい特徴をはじめ、メリットを細かくまとめています。

また、年棒制と月額制それぞれに向いている人もまとめていますので、自分がどちらに向いているか考えてみてください。

給料体系の仕組みをしっかり学んで、転職を成功させましょう。

Contents

年棒制と月額性のメリットを転職エージェントが解説

お金

基本的な給料体系には年棒制と月額制があります。

また、企業によっては日給制を導入しているところもあるでしょう。

給料体系は会社によって異なりますが、それぞれにメリットとデメリットがあるのが事実。

それぞれの給料体系に向いている人と向いていない人がいるのも知っておくと良いでしょう。

給料は転職の際にはとても大切な項目。

転職先の給料体系がどちらのパターンなのかを知る前に、給料体系をしっかり学んでおくことをおすすめします。

しっかり学んでおくことで転職してからも慌てずに対応できるでしょう。

年棒制はどんな仕組み?

年棒制とはどのような仕組みなのでしょうか?

ここでは、年棒制の仕組みについて解説していきます。

年棒額はどう決まる?

給料

年棒制は1年単位で給料が決まる仕組みで、1年間の給料は会社によって決め方が異なっています。

会社ごとの賃金規定にのっとり、次の年の給料が提示されます。

ノルマがある仕事であれば、ノルマ達成度やどれくらい会社に貢献できたかによって決まることもあるでしょう。

その年の仕事の成果によって、次の年の給料が決まると考えるとわかりやすいかもしれません。

年棒制の給料の中に交通費や残業代が含まれるかは、会社によっても変わってきます。

年棒制を取り入れている会社の規定をしっかり確認する必要があるでしょう。

給料が支給されるのはいつ?

給料

年棒制の給料はいつ支給されるのでしょうか?

年棒制と聞くと、1年のはじめに1年分の給料を支給されるイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかし、実際は1年間の給料が決まる年棒制といっても、給料は一気に支給されるわけではありません。

1年間の給料を12分割して、1ヵ月ごとに支給される仕組みとなっています。

中には14分割した給料を月々で支給し、残りは賞与として支給する会社もあるでしょう。

どちらの場合も、1年分が一気に支給されるわけではないと覚えておくと良いかもしれません。

どんな職種で採用されている?

パソコンを操作する女性

年棒制はどのような職種で採用されている仕組みなのでしょうか?

野球選手などスポーツ選手では年棒制が多いので耳にした方も多いかもしれません。

一般的な企業の場合は、管理職のみ年棒制を採用していることや外資系企業にも年棒制を取り入れていることもあります。

職種としては営業職やIT系の仕事でも年棒制を取り入れているところもあり、目に見えた成果が出る職種に多いでしょう。

1年の頑張りを評価しやすく、その努力を報いてあげようとするのが年棒制の仕組みといえます。

月額制はどんな仕組み?

年棒制の仕組みを紹介しました。

次に、月額制とはどのような仕組みなのでしょうか?

月額制とはいってもいくつか種類があり、ここでは完全月額制と日給月額制について解説していきます。

完全月額制

スーツ姿の若い女性

完全月額制とは給料が1ヶ月単位で決められており、その決められた額が必ず支給される仕組みのことをいいます。

欠勤や半日休暇など、勤務日数が変動したとしても月額で給料が決まっているのが特徴です。

毎月必ず決まった金額が支払われ、必要に応じて交通費や残業代、ボーナスが加算されることもあるでしょう。

残業代は追加で支給されるものの、一定分までは固定で給料が決まっているのが特徴です。

管理職や大企業などでは完全月額制を取り入れている企業が多いかもしれません。

日給月額性

女性

月の給料が必ず支給される完全月額制のほか、日給月額制という仕組みもあります。

日給月額制とは1日分の給料にその月働いた日数をかけて、1ヵ月単位でまとめて支払われる仕組みです。

欠勤など勤務日数が少なくなれば、その月の給料が減る仕組みとなっているのが特徴でしょう。

日給月額制と似たものに、月給日給制という仕組みもあります。

これは決められた1ヶ月分の給料から欠勤分など、働いていない分の勤務日数をひいたものです。

働いた分の給料が支給される点では同じでも、少し名称が異なるので覚えておくと良いでしょう。

年棒制のメリットを解説

1年単位で給料が決まる年棒制ですが、メリットはどのようなものがあるのでしょうか?

年間収入の見通しがつく

女性

年棒制の一番のメリットといえば、年間収入の見通しがつくことでしょう。

月額制では会社の業績などによって、ボーナスが減ったり翌月の給料が減額されたりすることもあります。

一方で年棒制の場合は、その年の給料の金額が決まっているので年間収入が変わることはありません。

家や車など大きな買い物をする予定のある方や、毎月の収入を決めたい方などには助かる仕組みといえるでしょう。

ただし、その年の収入の見通しはつきますが、翌年からの収入が変わる可能性があるということは覚えておいてください。

急な減給はない

女性

完全月額制の場合、会社の業績によって翌月の給料が減額されることがあります。

一方で年棒制の場合は、年間の給料が決まっているので1ヵ月単位で給料が支給される場合でも金額が変わることはありません。

会社が社員とその年はこの給料を支払います、と契約をしているため減額するという選択肢がないのです。

その年に突然減額されることはないため、安心して仕事をすることができるのがメリットでしょう。

経済の動向や会社の業績など不安なことがあっても、給料が安定しているというのは嬉しいポイントではないでしょうか。

勤続年数に関わらず高収入になることも

おすすめをする女性

年棒制の場合は、その年の仕事の成果によって翌年の給料が設定されます。

つまり、勤務年数や年齢などは関係なく、社員の頑張りによって給料が決まっていくのです。

そのため、入社したばかりの社員でも大きな成果を上げている場合は給料が高くなることもあります。

年棒制を導入している会社の場合は、勤務年数に関わらず高年収の社員が多いことも特徴といえるでしょう。

逆に勤務年数が長くても、仕事の成果が出ていない場合は年収が一向に上がらない可能性もあるので注意してください。

 

ワンポイント
・年棒制は年間収入の見通しがしやすい
・勤務年数は関係なく、高年収の人も多いのが特徴

月額制のメリット

年棒制のメリットを紹介しました。

一方で、月額制のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

安定した給料が貰える

解説する女性

完全月額制の場合、決まった給料が1ヵ月単位で支給されます。

欠勤など勤務日数が変わった場合でも、必ず月単位で給料が支給されるため、安定しているといえるでしょう。

日給月額制の場合でも、働いた分は必ず給料が支給されるのも特徴です。

1ヵ月単位の給料に加えて、残業代や交通費も追加で支払われるので働いた分がしっかり支給されると考えておくと良いかもしれません。

月単位でみれば、しっかり給料が支払われるというのは嬉しいポイントではないでしょうか。

勤続年数に応じて収入額が上がる

ファイルを持つ女性

月額制の場合は、年功序列的に勤務年数に応じて収入額が上がることが多いです。

その年が終わると大体来年度の月額の給料について提示され、その際に勤務年数に応じてアップされることが多いでしょう。

勤務年数に応じた給料体系については、会社によっても異なることがほとんどです。

こつこつと仕事をしていった分、給料が上がっていく様子が見られるのが特徴といえるでしょう。

業績に応じた賞与もある

女性,ビジネス,スマートフォン

1年単位で給料の支給分が決まっている年棒制とは違い、月額制の場合はボーナスや賞与などは別で追加されます。

つまり、その年や月で成果を出した場合や会社の業績が大きく上がった場合は、賞与が支払われることもあるでしょう。

月額制の場合は、夏や冬の賞与でまとめて支給する会社がほとんどです。

月額制の場合は業績がよくなると社員への賞与も増えるため、やる気にもつながるのが特徴でしょう。

 

ワンポイント
・月額制は安定した給料がもらえるのが特徴
・勤務年数に応じて年収があがっていき、賞与ももらえることが多い

年棒制に向いているのはどんな人?

年棒制の仕組みに向いているのはどのような人なのでしょうか?

年間計画を立てたい人

チェックリスト

1年間の給料が提示される年棒制の仕組みに向いているのは、年間で計画を立てたい人でしょう。

月単位ではなく長い1年単位で予定を立て、計画を立てたい人にはぴったりの仕組みです。

大きな買い物や旅行など出費があることを見越して、年間計画を立てたい方もいるかもしれません。

家のローンの支払いなどがある方でも安心して支払うことができます。

翌月の給料がどうなるかわからないということが不安な方は、年棒制に向いているといえるでしょう。

成果をあげて高収入を目指したい人

オッケーサインを出す女性

成果をあげて高収入を目指したい人も、年棒制の仕組みに向いているといえます。

年棒制はその年の仕事の頑張りによって、翌年の給料が決まっていく仕組みです。

頑張った分、翌年の給料が上がっていくため、高収入を目指したい人にはぴったりの仕組みといえるでしょう。

特に転職などで勤務年数が低い方でも、転職したばかりでも成果をあげれば高収入になることも十分考えられます。

成果第一で仕事をしたい方にはぴったりの仕組みなのです。

実力を評価してもらいたい人

女性,お財布,貯金箱

自分の頑張りや実力を評価してもらいたい人にも、年棒制はおすすめの仕組みです。

年棒制で提示される給料は、いわば会社から社員に対する評価ともいえるでしょう。

現在、自分がどれだけ会社から実力を評価されているかわからないという方もいるかもしれません。

年棒制は、その年にこれだけ成果を上げてくれたのでこの給料を支給しますという目に見えた評価なのです。

年棒制では提示された金額によって、会社からどれくらい期待されているかも実感できるでしょう。

会社で頑張っていても評価されているかわからないという方には、年棒制の仕組みに向いているといえるのです。

 

ワンポイント
・年棒制は年間計画を立て、高収入を目指したい人にぴったり
・実力を評価されたい人には目に見える評価で表れるのでおすすめ

月額制に向いているのはどんな人?

次に、月額制に向いている人はどのような人かを紹介します。

長く会社に勤めたい人

ビルの前の女性

勤務年数に応じて月額の給料が増えていく月額制では、長く会社に勤めたい人にはぴったりの仕組みといえるでしょう。

こつこつと仕事を進めていくタイプの方で、自分の成果を着実に積み上げていきたい方におすすめです。

勤務年数ごとに増えていく給料をみてやる気もアップできるかもしれません。

安定した給料を得て、長く会社勤めを予定している方は月額制の仕組みに向いているでしょう。

賞与でモチベーション管理をしたい人

女性,スーツ,パソコン,書類,真剣,仕事中

月々の給料とは別に、月額制では追加で賞与が支給されます。

賞与をもらうことでモチベーション管理をしたい人にも月額制の仕組みはおすすめです。

会社の業績や仕事の成果が上がっていれば、賞与が上がることもあるでしょう。

夏や冬の賞与の額を楽しみにすることで、仕事を頑張るモチベーションにもつながっていくのではないでしょうか。

最初から提示されるのではなく、賞与を楽しみに仕事を頑張りたいという方には月額制が向いているといえるでしょう。

ワークライフバランスを保ちたい人

指をさす女性

年棒制は残業代や交通費も入っていることも多いため、規定より多く仕事をして成果を出そうとする傾向があります。

一方で月額制は自分が働いた分の給料がしっかり支給されるので、働きすぎることが抑制されることもあるのです。

仕事ももちろん頑張るが、仕事以外の生活も充実させたいという方にはぴったりの仕組みでしょう。

ワークライフバランスを保って仕事をすることで、充実した毎日が過ごせるかもしれません。

 

ワンポイント
・こつこつと長く会社に勤めたい方は月額制が向いている
・ワークライフバランスや賞与をモチベーションに仕事をしたい人もぴったり

自分に合った給与形態を選ぼう

指し棒を持つ女性

年棒制と月額制についてそれぞれの仕組みやメリットをまとめました。

簡単にまとめると以下のようになります。

  • 年棒制は年間計画を立てたい人にぴったりの仕組み
  • 月額制は長く仕事をしていきたい人にぴったりの仕組み
  • それぞれの仕組みにメリットデメリットがある

このように、向いている人の特徴はそれぞれに異なるため、自分に合った給料形態を選ぶことがポイントとなります。

転職する際には転職したい会社の給与体系をしっかり確認し、自分にあった給与体系化を見ておくとよいでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

仕事をする女性

給与体系をはじめ、転職の際には他にも迷うこともたくさんあるかもしれません。

転職について悩むことがあれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

プロの転職エージェントは転職にまつわる相談事や求人などを丁寧に紹介してくれるでしょう。

転職したい会社の給料の仕組みについてわからないことなど、どのようなことでも相談できます。

不安なことがある方は一度転職エージェントを活用してみると良いかもしれません。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

ガッツポーズをする女性

年棒制と月額制の給与体系について紹介しました。

それぞれ大きく仕組みは異なり、向いている人と向いていない人がいるのも事実です。

しかし、一番大切なのは自分に合った給与体系の会社を選ぶことではないでしょうか。

不安なことがあれば転職エージェントを活用したり、しっかり調べたりして不安を解消していくことも必要です。

事前準備をしっかり行い、転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら