「顧客の夢を叶えるスケールの大きな仕事」というのが、設計士の役割を説明する上でぴったりの表現でしょう。

一般に男性的なイメージが強い建設業界ですが、近年女性で活躍する人も増えてきています。

そんな魅力の多い設計士の仕事ですが、具体的な仕事内容や求められるスキルを把握しておかないと業界で活躍することは難しいです。

本記事では、設計士の仕事内容やよく混同されがちな建築士との関係性についても詳しく解説します。

女性が設計士への転職を考える際に注意するポイントや、業界でのキャリアパスも一緒にチェックしておきましょう。

設計士の仕事内容を解説

スーツの女性

専門的な技術を駆使して仕事をするイメージがある設計士ですが、具体的にどのような業務をするのかを知っている人は多くないでしょう。

専門知識や資格なしではできないと思われがちな設計士の仕事ですが、実際のところ必ずしも専門資格は必要ではありません。

顧客の期待に応える大きな責任感と強い達成感を味わえる設計士について、その具体的な仕事内容を解説します。

住宅の一部を設計

設計士は、建築士の国家資格を持たずに建築物の設計や建築士のサポートに従事する職種を指します。

その仕事の一つが、住宅の一部の建築設計を担うことです。

ただし資格を持たない設計士には、百平方メートル未満の木造住宅の小規模な案件しか設計できないという条件が存在します。

大きな住宅の設計はできないため、一級建築士や二級建築士・木造建築士といった国家資格を有する建築士のサポート業務が主な仕事です。

設計補助

住宅を設計するにあたっては、必要な書類の準備などの細かい雑務が発生します。

そのような雑務をこなすことも、設計士の重要な仕事です。

住宅の完成までの過程における全ての設計を一手に担うことはない設計士にとっては、建築士の補助も仕事を学ぶ大事な機会になります。

将来的に建築士として仕事の幅を広げたい人には、このような雑務も集中して取り組む価値のある仕事といえるでしょう。

顧客との打ち合わせ

パソコンで説明する女性

顧客との打ち合わせに営業担当者と共に参加することも、設計士の仕事です。

打ち合わせの中で顧客の希望設備やイメージするデザインなどを具体的にヒアリングし、それを実現可能な形に落とし込む作業を行います。

予算内でできる限りの希望を叶えるためには豊富な専門知識や経験値が必要になるため、この打ち合わせには建築士が同席することもあります。

時には空間の設計など抽象的なイメージを求められることもあり、ある種「芸術家」としての感性や表現力が試される仕事でもあります。

設計士と建築士の関係性

打ち合わせ男女

建築士のサポート業務を行うという設計士の全体像は分かりましたが、この2つに具体的な線引きはあるのでしょうか。

見分けにくい設計士と建築士ですが、その関係性についてもう少し詳しく解説していきましょう。

設計士

設計士という言葉には明確な定義が無く、建築会社や設計事務所において設計業務を行う仕事を総称する呼び名です。

資格が必要ではないため業務範囲に限りがあり、主に建築士の業務の補助が多くなります。

多くのケースでは、設計士として補助業務で経験を積みながら資格取得に挑戦し建築士へのスキルアップを志すことになります。

建築士

対して建築士は下記の国家資格を所持しており、国家からその仕事が明確に定められている職種です。

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士

住宅や建物の設計はもちろん、工事監理や現場での指導監督など幅広い業務を任されます。

また、一級建築士の資格は合格率が一割前後と取得難易度が高いのも特徴です。

資格が無くても名乗ることができる設計士とは違い、専門資格を駆使して責任のある業務を行うのが建築士といえるでしょう。

 

ワンポイント
国家資格を保有する建築士のサポート業務を行うのが、設計士の主な仕事です。

設計士に向いている女性の性格

仕事中の女性

一般的に男性の仕事というイメージが強い建築・設計の分野ですが、近年では建築士や設計士として活躍する女性も増えてきています。

女性で設計士を目指す場合は、どのような性格が仕事に向いているといえるでしょうか。

一つは女性ならではの「きめ細かさ」で、これは設計士の仕事の中で武器になります。

建築士の補助業務を行う中では、顧客との打ち合わせに同席して話をする機会も多いです。

顧客の話を繊細に聞き取り要望に応じてきめ細かな対応ができれば、スムーズに仕事を回せるでしょう。

また「柔軟な感性」も設計士に向いている女性の特徴です。

住宅空間の「空気感」など言語化しにくい要望を求められる時に、女性らしい柔軟な感性が役立つことでしょう。

設計士の魅力とやりがい

オッケーマークで微笑む女性

資格が無くても挑戦できる設計士ですが、働く人はどのような瞬間にやりがいを感じているのでしょうか。

ここからは、設計士の仕事の魅力をご紹介しましょう。

携わった住宅の完成

設計士は、要望を具現化し顧客の期待に応える仕事です。

たゆまぬ努力で顧客のイメージを形にしていき、図面だった住宅や建物が完成を迎えた日の感動は大きなものになるでしょう。

また、時には予算や土地の問題など要望を叶えるにあたって障壁にぶつかることも多いです。

蓄えた専門知識や発想力を活用してそのような壁を一つ一つ乗り越えていく過程は、自分の成長を感じられる時間になります。

またスケールの大きい「建築」という分野に限っては、一度作られた建築物はそう簡単になくなるものではありません。

世の中に自分の作品を残せるということも、大きな魅力の一つです。

顧客からの感謝

握手する女性

建物の完成後に顧客の喜ぶ姿を見ることや、感謝の言葉を聞くことは設計士の努力が報われる一番の瞬間でしょう。

多くの人にとって、マイホームの購入は一生に一度の夢でもあり沢山の思いが詰まっている大イベントです。

住宅以外の建物においても、思い描く未来の実現のために高額のお金を投資することは顧客一人一人にとっての大チャレンジになります。

そのような思いのこもった仕事をやり遂げることは設計士の責任でもあり、顧客の将来への期待を一身に背負うことになります。

建物を通して様々な人の未来を作り一人一人の幸せを支える設計士は、とても価値がある素敵な仕事といえるでしょう。

チーム力

建物が完成するまでの道のりは、単独で進められるものでないことは想像しやすいでしょう。

施工会社や工事の現場監督など多くの人との関り合いの中で一つの建物を作り上げていきます。

仕事仲間として様々な人とお互いに信頼し合い、大きな案件を進めていくことも設計士がやりがいを感じる瞬間です。

建物の完成後に喜びを分かち合うチームの仲間がいることは、仕事への前向きなモチベーションにつながるでしょう。

女性設計士に求められる役割は?

書類を見る女性

働く女性が増えてきている現代において、仕事をしながら子育てをする女性が快適に暮らせる住宅空間作りが重要視されています。

そのような、女性にとっての価値を表現する女性目線の家づくりは、これからの女性設計士に求められています。

女性クライアントの言葉に耳を傾け繊細な要望を形にしていくことは、男性の設計士ではなかなか難しいことも事実です。

柔軟な発想力や物腰の柔らかさで女性のリアルな意見を収集し、建物に落とし込む仕事は女性設計士だからこそ実現できる分野でもあるのです。

また、女性は男性とは違った美的センスや色彩感覚を持っています。

建物の設計においては、曲線の美しさや芸術的な発想力が求められる場面も多くあります。

女性ならではの柔らかい表現独特の色彩表現は、個性的な建物を生み出す上で有効なスキルでしょう。

 

ワンポイント
女性特有の視点や柔軟な感性は、設計士の仕事で役立つ特徴です。

女性が設計士に転職するためには

ガッツポーズをする女性

近年、設計士を志す女性の割合が増加傾向にあるのは前述の通りです。

実際のところ、女性が設計士に転職をするのはどれくらい大変なのでしょうか。

設計士の仕事は締め切りが設定されるため、場合によっては残業も多く体力的なタフさが求められることもあります。

大きなやりがいや魅力も多い設計士ですが、簡単な仕事ではないということは心得ておく必要があります。

また女性が設計士を志す際に一番気になってくるのが、結婚・出産などのライフイベントのキャリアへの影響でしょう。

国土交通省の調査によると、産休や育休の制度を導入している建設業の会社は9割以上という結果もあります。

もちろん会社によって制度に差はありますが、女性も転職しやすくなってきている職種といえるでしょう。

資格が無くても挑戦できる設計士では女性歓迎という求人も増えてきていますので、まずは転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

設計士の将来性

笑っている女性

女性でも挑戦できる環境が整っている設計士の仕事ですが、転職を考える前にその将来性について知っておきましょう。

業界の将来性を考える上で特に気になるのが、近年のAIの発達です。

様々な業界でAIに仕事が取って代わられてしまう職種が増えてきている中で、建設業界においてもAI化が始まっています。

例えば土地や敷地などの調査業務や、設計のプランニングなどもAIができてしまう仕事です。

しかし設計士の仕事には、ただ図面を引くこと以上に顧客の要望を踏まえて最適な答えを出すことも求められます。

そのような、AIが介入できないようなスペシャリティを持った設計士を目指せるような意識を持っておくことが必要でしょう。

老朽化による建て替え

現在、国内の多くの建物の老朽化が進んでいます。

これは過去に日本で起きた建設ラッシュが影響しており、建物の解体工事や建て替えという大きな需要が長期的に存在しています。

建物の解体と一口にいっても、周囲環境への配慮や安全性の確保などの専門的な技術が必要です。

このような古い建物の建て替えという需要はすぐになくなることはなく、長期的に一定の仕事が期待できるでしょう。

資格有無にかかわらず需要が増える

現在建設業界では人手不足が深刻化しており、特に若い世代の人材が足りなくなっている状況です。

資格を保有している建築士においても平均年齢は約56歳まで上昇しており、若い人の希少価値が年々高まってきています。

都市の再開発や地方の活性化の波が続く中で、資格を保有していない若い設計士であっても需要は増加するでしょう。

また時代の変化に伴い、設計士に求められるスキルも多様性を持ち始めています。

例えばバリアフリー構造を多く取り入れた住宅や環境に配慮されたエコな建物など、付加価値を持つ建物の重要も拡大しています。

そのような専門性に特化した知識や技術を身に付けていけば、資格の有無に関わらず業界での自分の価値を高めることができるでしょう。

 

ワンポイント
若手の人材不足が深刻化している建設業界では、大きな需要が存在しています。

女性のキャリアパス

考える女性

建設業界の将来性が明るいことが分かりましたが、設計士として活躍する女性を目指すには明確なキャリアパスを描いておくことが重要です。

業界での自分の希少価値を高めて長く働くために、考えておくべきキャリアプランの例をご紹介しましょう。

設計士のキャリアパスの特徴としては、活躍のフィールドが幅広く用意されていることがあります。

設計事務所だけでなくハウスメーカーや工務店など、設計士が専門知識を活かせる場所が豊富に存在します。

自分の経験や強みを最も活かせるフィールドを探すことが、キャリアパスを考える上で重要になりそうです。

建築士の資格取得

セミナー講師

設計士は設計の専門家として一定の需要はあるものの、携われる建物の規模に制約が存在します。

将来的に長く必要とされる人を目指すのであれば、国家資格を取得し建築士を目指すことが必須になってくるでしょう。

資格を取得して専門性を高められれば、独立の道も見えてきます。

設計士の仕事をこなしながら時間を見つけて資格取得の勉強をする必要がありますが、建築士の資格は合格率が高くないのは前述の通りです。

確実に合格を目指す場合、スクールに通うというのも方法の一つでしょう。

大手企業への転職

設計士としてのスキルアップを目指すなら、大手企業への転職を考えるのも方法です。

業界大手の企業では扱う仕事の規模も大きいため、それだけ上質な経験値を得ることができます。

もちろん大手企業が必ずしも「良い企業」とは限りませんが、業界において発展を続ける企業にはそれだけの勝ち残る理由があります。

スキルアップと同時に年収アップも狙える場合もあるので、思い切って転職を考えることも有効な手段です。

独立する

一般的に建築士の業務では、仕事をする上で必要となる特殊な機材などはありません。

設計事務所や企業で働きながら子育てや家庭生活を両立させるのが難しいと感じる場合、独立するというのも一つの道です。

パソコンがあれば自宅で仕事ができるため、自宅を事務所にしてしまうという働き方が可能になります。

ただし、独立して働くには様々な苦労がつきものです。

コンスタントに仕事を得るために特に大事なのが、人とのつながりでしょう。

今まで関わったクライアントや一緒に仕事をした設計者など、人脈を絶やさないようにする工夫が必要です。

上手く仕事が得られるようになれば、家庭と仕事を両立した理想の働き方が目指せるでしょう。

 

ワンポイント
女性が設計士としてスキルアップを目指すなら、資格取得などで専門性を高めることが重要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス

設計士で活躍する女性は増えてきているものの、建設業界全体で見るとまだまだ男性が中心になっていることも事実です。

さらに結婚や育児など男性よりも考慮することが多い女性の転職においては、簡単に転職先を選べないことも悩みでしょう。

そんな悩みを持っている人におすすめなのは、転職エージェントに相談することです。

転職先の希望条件や要望をしっかりとヒアリングした上で最適な求人を探してくれる転職エージェントは無料で気軽に利用できるサービスです。

日々の生活の中でなかなか時間を取れず転職を進められない人にとっても、とても有意義なものになるでしょう。

女性でも活躍できる設計士の貴重な求人を見逃さないように、転職エージェントを上手く活用しましょう。

まとめ

パソコン操作する女性

設計士は顧客の夢を背負って責任のある仕事をこなす、スケールの大きな職種であると分かりました。

資格取得などで専門性を高めていけば、生涯活躍する建築の専門家を目指せるでしょう。

これからも需要が増していく業界で自分を磨き、希少価値を高めてみてはいかがでしょうか。

時には転職エージェントに相談しながら、理想の転職先を見つけましょう!

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら