葬祭ディレクターという仕事は、遺体の搬送・葬式・火葬の手配など葬儀に関する業務を担います。

葬儀は遺族だけで行うのが難しいため、葬祭ディレクターのような職種が必要となるのです。

今回は葬儀に携わる葬祭ディレクターの仕事内容を解説し、この職種への転職に向いているタイプなどをご紹介します。

Contents

葬祭ディレクターの詳しい仕事内容を解説

相談

まずは葬祭ディレクターの主な仕事をご紹介していきます。

その職種名からも分かるように、この職種は葬祭に携わるものですが具体的にどのような業務を行っているのでしょうか。

仕事を詳しく知っておけば、転職にも役立てることができます。

この職種を名乗るために必要な資格についても解説するので併せてチェックしておきましょう。

厚生労働省認定の資格

葬祭ディレクターというのは職種名であると同時に、厚生労働省によって認定される資格の名前でもあります。

この職種は「葬祭ディレクター技能審査」を合格した人しか名乗ることができないのです。

そのためもし葬祭ディレクターとして仕事をしたいのであれば、資格取得を目指しましょう。

この資格では葬儀に関する知識や能力が問われるため、資格取得に向けて学習することによってそれらの知識・能力が習得できます。

葬祭ディレクターでなくても葬儀社で働くことはできますが、この資格を取得しておけばその知識・能力を証明することが可能です。

葬儀に関する幅広い業務を担う

女性

葬祭ディレクターという職種は葬儀に関連する幅広い業務を担います。

具体的には以下の通りです。

  • 遺体の搬送
  • 遺族と葬儀について打ち合わせ
  • 遺影写真の手配
  • 通夜・葬式の進行
  • 葬儀会場の手配・設営
  • 火葬場の手配
  • 遺族のケア・サポート
  • 死亡届などの手続きの代行
  • 仏壇・墓地の相談

このように仕事内容が多岐に渡っているため、それら全てに関しての幅広い知識が必要となるでしょう。

また、上記の業務は実際に葬儀を行う遺族から依頼された場合のものです。

この他に事前に自分の葬儀について相談したり、四十九日法要などの葬式後の相談をしたりする人もいます。

葬儀前と後についても葬祭ディレクターはしっかりとサポートすることが求められるのです。

等級で変わること

葬祭ディレクターは合格した等級によって習得できる知識・能力の範囲も変わります。

2級を合格した人は個人葬の受注・会場設営・式典運営に至るまでの知識・能力を証明することが可能です。

1級の場合は、個人葬に留まらない、全ての葬儀に関する上記の知識・能力を証明できます。

1級では個人葬だけでなく社葬のプランニングが可能です。

より大きな規模の葬儀を担当できる知識・能力を習得できるでしょう。

葬祭ディレクターのやりがいは?

喪服の女性

次は葬祭ディレクターとして働くことのやりがいについて解説していきます。

人によってやりがいは様々ですが、以下は多くの人がやりがいを感じるポイントだと考えられるでしょう。

遺族からの感謝

葬儀というのは故人を見送るための儀式であり、遺族にとっては大変重要なものです。

そのため遺族との打ち合わせや式の段取りなども慎重かつ丁寧に行う必要があるでしょう。

突然のことで気が動転している遺族も多いため、葬祭ディレクターの存在はそんな遺族にとって大きいものとなります。

葬儀の手続きを行ったり式を進行したりといった業務を通して遺族から感謝されることも多いでしょう。

葬儀は遺族にとって1度しかないため、遺族に満足してもらうことができれば自身もやりがいを感じられるはずです。

様々な宗派・お寺と関わることができる

様々なお寺宗派と関わることができるため、そうした知識が豊富になるというのもやりがいにつながります。

お寺や宗派によって葬儀にも違いがあるため、葬祭ディレクターとして働く場合それらの知識も必要となるでしょう。

もしお寺や宗教などに興味があるのであればこうした知識を得られることも仕事のやりがいにつながると考えられます。

達成感が大きい

葬祭コーディネーターは遺族が故人ときちんと別れができるように、葬儀全体をコーディネートする必要があります。

葬儀というのは故人が亡くなってから、数日間の間に準備しなければいけないため、朝から晩まで準備を行うこともあるでしょう。

そうした入念な準備を経て、無事に故人を遺族と共に見送ることができた時には大きな達成感を得られるはずです。

故人の人生の最期をコーディネートすることで遺族に満足してもらえれば、自身も大きなやりがいを感じることができるでしょう。

葬祭ディレクターの大変なポイント

悩む 女性

次は葬祭ディレクターとして働く際に大変だと感じるであろうポイントを解説していきましょう。

以下のようなポイントは多くの人にとって、マイナスなポイントだと考えられます。

葬祭ディレクターに転職したいという方は自身の働き方と以下のポイントを照らし合わせると良いでしょう。

お盆の時期に休みがない

葬儀というのは亡くなってから準備が始まるものですが、何故かお盆の時期に多くなる傾向にあります。

そのため、例年この時期には葬祭ディレクターは多忙になるようです。

お盆は休みがないほど忙しくなるため、体力勝負となることでしょう。

それに耐えられる方は葬祭ディレクターとして働いていくことが可能だと思われます。

労働時間が長い

葬儀をする前にはお通夜を行うことも多く、夜通し業務を行う場合があります。

また、葬儀の後には告別式の準備がありこの準備は朝早くから行われるのです。

これらのことから、必然的に葬祭ディレクターの労働時間は長くなるでしょう。

労働時間が長いことが苦痛に感じる方はこの職種で働くことは難しいと考えられます。

逆に、労働時間が長くても集中して業務を行うことができるという方は葬祭ディレクターが向いているでしょう。

 

ワンポイント
・お盆の時期は繁忙期になり休みがなくなる
・早朝から深夜まで仕事をすることもあるため労働時間が長くなる傾向にある

葬祭ディレクターの平均年収

ガッツポーズをする女性

次は葬祭ディレクターの平均年収をご紹介していきましょう。

葬祭ディレクターの平均年収は440万円前後といわれています。

そのため、日本の給与所得者の平均年収が450万円であることを考えると一般的な年収だといえるでしょう。

葬祭ディレクターは経験が重要視されます。

そのため、平均年収は一般的ですが頑張り次第でそれ以上の年収を得ることも可能となるでしょう。

 

ワンポイント
葬祭ディレクターの平均年収は440万円前後です。

葬祭ディレクターに向いている人のタイプ

勉強する女性

次は具体的にどういった人が葬祭ディレクターとして働くのに向いているのかを解説していきます。

以下のようなタイプに当てはまる方はこの職種への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

責任感が強い

葬儀というのは故人のことを遺族や知人が見送るための、とても大切な祭儀です。

祭儀に関する遺族の要望に応え、満足する形でお別れができる状況を整えるのが葬祭コーディネーターだといえます。

そのためしっかりその責任を果たそうと、故人・遺族に対して真摯に向き合える人はこの仕事に向いていると考えられるでしょう。

コミュニケーションスキルがある

遺族との打ち合わせでは、どういった葬儀にしたいかをしっかりとヒアリングしそれに沿って葬儀を提案することが求められます。

遺族に胸の内を語ってもらうためにも、コミュニケーションスキルは必要不可欠だといえるでしょう。

葬儀というのは故人にとって最後の儀式であり、遺族にとっても大きな意味を持つものです。

そのためそれを取り仕切る葬祭コーディネーターは、遺族から信頼されなければなりません。

もしコミュニケーションスキルがあれば遺族からも信頼され、遺族の要望に沿った葬儀をすることができるでしょう。

強い精神力を持っている

ポイント

葬祭ディレクターは葬儀に携わるため、必然的に故人の遺体を目にすることとなります。

人によっては精神的にショックを受け、強いストレスを受けることとなるでしょう。

そのためこの仕事を続けていくためにはそうした強いストレスに打ち勝てるだけの、強い精神力が必要となるでしょう。

逆をいえば、強い精神力を持っているという方は葬祭ディレクターとして働いていくことに向いていると考えられます。

判断力がある

葬儀というのは準備期間が短いため、咄嗟の判断というのが重要になります。

特に当日は慌ただしく、予想しない出来事が起きる可能性もあるでしょう。

そうした場合、葬祭ディレクターがそうした出来事の対処をしなければならないと考えられます。

そのため、この職種で働くにはもし突発的な出来事に遭遇したとしても瞬時に判断できる能力が必要となるでしょう。

判断力があるという方はこの職種に向いていると考えられます。

葬祭ディレクターの立ち位置

合掌する女性

次は葬祭ディレクターの葬儀における立ち位置について解説していきます。

葬祭ディレクターが実際に業務を行う中でどういった立ち位置となるのかを知っておきましょう。

遺族の心のケア

葬祭ディレクターは遺族と葬儀の打ち合わせをするだけでなく、心のケアもすることとなります。

遺族の悲しみに寄り添ったり、動揺を鎮めたりすることも求められるのです。

遺族は突然のことに戸惑って気が動転しているケースも多いため、しっかりと心のケアをする必要があるでしょう。

葬祭ディレクターはただ葬儀を行うだけでなく、遺族の心理的なサポートも行う職種なのです。

葬儀の進行や費用の相談役

遠くを見る女性

葬儀の進行や葬儀の費用の相談などの仕事も受けるのが葬祭ディレクターです。

葬儀の進行役というのは、葬儀自体がスムーズに進むかどうかを左右する重要な役回りだといえます。

また、葬儀費用というのは高額になることも多いため、遺族の予算を考えつつ納得できる葬儀を行えるようにする必要があるでしょう。

葬儀の費用などの事前準備から葬儀自体にまで、幅広く携わるのが葬祭ディレクターなのです。

遺族の負担を軽くする存在

遺族だけで葬儀を行おうと思うと、手続きから当日の葬儀の流れまで全てを考えなければならなくなります。

その場合準備で多忙となってしまい、しっかりと故人との別れについて考えられないまま葬儀を迎えることとなる可能性があるでしょう。

そのため、葬祭ディレクターが遺族の代わりに様々な手続きや葬儀当日とその後の流れまでサポートを行う必要があります。

遺族の負担を軽くすることによって、遺族が故人としっかりお別れできるようにするのも葬祭ディレクターの仕事です。

 

ワンポイント
・葬祭ディレクターは遺族の心のケアも行う
・葬儀の進行をしたり葬儀の費用の相談を受けたりする
・葬儀の準備や手続きなどを行い遺族の負担を軽くする

葬祭ディレクターを目指す方法

スーツ、女性

次は葬祭ディレクターになるための方法を解説していきます。

以下の方法を実践することによって、葬祭ディレクターになることができるでしょう。

資格取得を目指そう

まずは「葬祭ディレクター技能審査」の資格取得を目指しましょう。

この資格を取得すれば、葬祭ディレクターとして名乗ることができるようになります。

2級と1級で区分けされているため、自身が担当したい葬儀に合わせてどちらかを選ぶようにしましょう。

資格取得というのは、取得に向けて知識や能力を身につける学習期間が必要となります。

しっかりと学習して資格取得に向けて万全の態勢を整えていきましょう。

転職エージェントを活用しよう

資格が取得出来たら次は転職活動を行っていく必要があります。

その際、自分1人だけで転職活動を行うのではなく、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントはあなたに合った転職求人を紹介してくれます。

そのため葬祭ディレクターの転職先を探す際、自身に合った職場を見つけやすくなるでしょう。

転職エージェントを積極的に活用していくことをおすすめします。

 

ワンポイント
・資格取得することによって葬祭ディレクターを名乗ることが可能
・転職エージェントを活用すれば自分に合った求人を見つけられる

葬祭ディレクターは人生の最期に寄り添う仕事

スーツ 女性

葬祭ディレクターというのは故人の人生最期の祭儀に寄り添う仕事です。

そのため大きな責任が伴いますが、遺族と故人の別れの場を要望通りにコーディネートできれば達成感を感じられるでしょう。

また、自身の手がけた葬儀が遺族に満足してもらえて感謝の言葉がもらえた時には、大きなやりがいを感じられます。

もしやりがいの大きな仕事をしたいと考えているのであれば、葬祭ディレクターへの転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスにいるビジネスウーマン

もし転職活動について悩みを抱えているのであれば、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントは求人を探してくれるだけでなく、他にも様々な形で転職をサポートしてくれるのです。

具体的には、選考書類の作成を手伝ったり模擬面接を行ったりしてくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

エージェントを利用すれば転職の悩みを解消し、不安のない状態で転職活動を進めていくことができます。

まとめ

笑っている女性

今回は葬祭ディレクターの仕事内容について解説しました。

今回の記事を通して葬祭ディレクターに強く興味を持った方は、転職に向けて準備を進めていきましょう。

これから転職活動をしていくという方は転職エージェントに相談すれば転職対策を万全にすることが可能です。

この機会に是非、転職エージェントに相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら