「ドラマを観るのが好き」「恋愛ゲームが毎日の楽しみ」そんな好きが高じて、シナリオライターを目指す方は多いです。

自分が感動したドラマや夢中になったゲームの制作側になり、たくさんの人を感動させることを目指す人もいるでしょう。

今回はシナリオライターの仕事内容や求められるスキル、女性向けシナリオライターの年収や将来性などをご紹介します。

シナリオライターの仕事内容

シナリオライターの主な仕事内容はおおまかに分けるとプロットの作成シナリオの執筆の2つです。

それぞれの仕事内容を詳しく解説します。

プロットの作成

女性

シナリオを書く前に、まずはシナリオの骨組みであるプロットを作成します。

プロットの作成は、関係者にどのようなストーリーになるか伝えるための大切な仕事です。

プロット作成をせずにシナリオ制作に入ってしまうと、書き上げたシナリオの大幅な修正作業が発生することがあります。

シナリオを書く前にプロット作成をすることで、修正が出た場合もスムーズに対応できるのです。

シナリオの執筆

シナリオの執筆こそ、シナリオライターのメインの仕事といえるでしょう。

シナリオを書くにあたって打ち合わせを行いますが、執筆は一人で集中して行うのが基本です。

また、事前に執筆の材料は準備するものの、ほとんどは頭をフル回転させながらの作業になります。

執筆作業は孤独であり、筆が進まず苦しい状況に陥ることもあるでしょう。

しかし書くことが好きな方にとっては、その苦しみを超えた楽しさや喜びを感じられる作業なのです。

シナリオライターの仕事の流れ

続いて具体的なシナリオライターの仕事の流れをご紹介します。

①プロデューサーなどからの依頼

会議

まずは制作会社からシナリオ執筆の依頼が来ます。

売れっ子のシナリオライターになると、企画段階から携わることもあるでしょう。

しかし、多くの場合はすでに企画ができあがった状態で、プロデューサーなどから依頼をもらう場合がほとんどです。

②資料集め・取材

制作を進めるためになくてはならない仕事が資料集め取材です。

専門的な本を読んだり、舞台となる場所に足を運んでみたり、さまざまなアプローチで作品制作に必要な情報収集をします。

また、場合によっては作品に関連する有識者に話を聞くために取材をすることもあるでしょう。

こうした取材をすることで、想像力だけでは出せないリアリティーをシナリオに盛り込むことができます。

さらにライター自身がこれから書くシナリオの世界観のイメージをふくらませるためにもとても役立つでしょう。

③プロット作成・打ち合わせ

パソコン操作

実際に執筆を始める前に、プロットの作成打ち合わせを行います。

作品のストーリー展開など、今後の方向性をすり合わせるための重要な工程です。

打ち合わせでは、企画の内容・作品の世界観・ゴールなどを確認し、求められているシナリオを明確にしていきます。

細かな設定が決まっているのか、ある程度ライターに任せられているのかは企画によります。

この打ち合わせで制作会社側の要望を明確に把握することで、後の修正を減らすことにも繋がるでしょう。

④シナリオの執筆・修正

プロットと打ち合わせの内容と取材した情報がそろって、ようやくシナリオライターは執筆に取りかかります。

執筆後は、書いたシナリオを読んでもらい、修正を依頼されたら書き直します。

何度か修正を繰り返しながら、皆が納得のできる最良のシナリオを創り上げていくのです。

 

ワンポイント
制作会社の希望に添ったシナリオにするためには打ち合わせが重要。

シナリオライターの魅力

ガッツポーズ

シナリオライターの魅力は、なんといっても多くの人に感動や夢を与えられるところでしょう。

自分の仕事によって人々を泣かせたり笑わせたり、生きる活力を与えたりすることができます。

これは他の仕事にはない、シナリオライターならではのやりがいといえるでしょう。

また、自分の書いたシナリオが作品として完成したときに感じる達成感も魅力の1つです。

頭を悩ませながら苦労して絞り出したセリフを実際にキャラクターが話す姿を見たときには、感慨深いものがあるでしょう。

そして、書くことが好きという方にとっては、全体を通して執筆という仕事の比重が多いことも魅力といえます。

求められるスキル

シナリオライターは物語を創造する力以外にも求められるスキルがあります。

どんなスキルが求められるのかをみてみましょう。

面白いストーリーを組み立てるセンス

女性

まず、シナリオライターには面白いストーリーを組み立てるセンスが求められます。

シナリオライターは映画やドラマ、ゲームなど、人々のエンタメを作る仕事です。

ストーリーが面白くない連続ドラマなら途中で観るのをやめてしまいますし、単調なゲームは最後までプレイできません。

そのため、人々の心を惹きつけるために、魅力的なストーリーを組み立てるセンスが重視されます。

豊富なボキャブラリー

シナリオライターには、豊富なボキャブラリーも必要です。

シナリオライターは、キャラクターの感情の小さな揺れ動きや意味を持つ何気ない動作などのすべてを言葉で表現します。

ボキャブラリーの豊富さこそが、シナリオに味わいを持たせてくれるのです。

また、キャラクターの設定によって使う単語やセリフの言い回しなどを使い分けする場合もあるでしょう。

そうしたキャラクターを書き分けする表現の幅は、シナリオライター自身の語彙量と比例するのです。

ライティングスキル

女性

文章力もシナリオライターに必要なスキルです。

シナリオが面白いストーリーであることも大切ですが、文章力がないとその面白さを文字にして表現するのは難しいでしょう。

ライティングの基本である「てにをは」や、正しい日本語が使えることは当然必須になるスキルです。

また、シナリオは世に出る前に作品に携わる多くの人が目を通します。

それを踏まえて、キャラクターのセリフ・動作・世界観などを、演者やスタッフ全員が理解できる文章であることも大切です。

このように、表現の面でも人に見てもらうという面でも、高い文章力が求められます。

幅広い分野の知識

シナリオライターには、幅広い分野の知識も求められます。

色々な知識を持っていると、さまざまなジャンルのシナリオに対応でき、仕事の幅を広げることにも繋げられるでしょう。

例えば、同じシナリオライターでも、ドラマのシナリオとゲームのシナリオとでは書き方も変わってきます。

つまり、ゲームならゲームに合ったシナリオを書くために、多少なりともゲームの知識が必要です。

また、時代や土地、年代など自分とは重ならないキャラクターやストーリーを手掛けることの方が多いでしょう。

いくら想像力が豊かであっても、自分の見聞きしたことや体験したことが執筆のベースとなります。

執筆前に取材や資料集めを行うとしても、身についている知識が多いほどシナリオに深みや面白味を持たせられるでしょう。

そのため日頃から分からないことはとことん調べ、見聞を広める努力が必要です。

コミュニケーション能力

エージェントと面談

シナリオライターといえば、一人で黙々と執筆するイメージがあるかもしれませんが、コミュニケーション能力も欠かせません。

特にコミュニケーション能力が求められるのが、打ち合わせの場です。

制作会社の希望を正確に汲み取り、不明点があれば質問するなど、積極的にコミュニケーションを取ることが重要になります。

また、取材として誰かの話を聞く場合もあり、その際には相手の話しやすい会話を心がけることが必要です。

物語を創造するセンスや文章力だけでなく、こうしたコミュニケーション能力も大切になります。

 

ワンポイント
物語を考える想像力以外にも求められるスキルは多い。

シナリオライターの1日を紹介

女性

よりシナリオライターという仕事をイメージしやすいように、シナリオライターの1日を追ってみましょう。

今回は、ゲーム制作会社に勤務して女性向けのゲームシナリオを執筆しているライターの1日を紹介します。

  • 7:30 起床
  • 9:45 出勤
  • 10:00 プロデューサーと打ち合わせ
  • 12:00 昼休憩
  • 13:00 執筆
  • 17:00 修正点などの打ち合わせ
  • 17:30 書類の整理など残務処理
  • 19:00 退社

仕事の進み具合で退社の時間は変動します。納期によっては早く帰れるときもあれば、終電近くまでいることもあるでしょう。

打ち合わせの有無や取材などが入る日もありますが、仕事中は執筆にほとんどの時間を割きます

また、夜型や昼型など、執筆がはかどる時間帯や合間の休憩の有無も人によって異なるでしょう。

フレックスタイムを導入している企業もあるため、出社・退社時間も様々です。

シナリオライターの年収は?

憧れの職業とはいえ、働くからには収入も必ずチェックしておきたいポイントです。

ここでは、求人の多い女性向けのゲームシナリオライターの平均年収年収を上げるための方法を解説します。

平均年収

女性

女性向けのゲームシナリオライターの平均年収は300万円~400万円ほどで、サラリーマンの平均年収とさほど変わりません。

ただ、特殊な能力を必要とする仕事なだけに、駆け出しか売れっ子かという実績の差が年収に大きく影響します。

また、所属する企業の規模や業績なども年収に関係してくるでしょう。

年収を上げるには?

ゲームシナリオライターとして年収を上げるには、制作会社に就職するというのが一番の近道といえるでしょう。

特に、シナリオライターとしての仕事の実績が多くない場合は、企業に就職したうえで仕事をもらうのが安定的です。

企業に所属すれば、仕事がなくて困るようなことはないでしょう。

また大手であれば給与水準も高く、それとは別に成功報酬が支払われるパターンもあります。

さらに、大手でなくてもヒット作品が多く、業績が好調な制作会社ならば年収アップが見込めるでしょう。

シナリオライターの将来性

シナリオライターの需要や、将来のキャリアパスなどをみてみましょう。

ゲーム業界で需要が高い

女性

シナリオライターの求人で圧倒的に多いのはゲーム制作会社のゲームシナリオライターの募集です。

スマホの普及率上昇にともない、スマホ向けのソーシャルゲームが増えています。

数多くのソーシャルゲームの中でユーザーが選ぶ基準になるのが、ゲームシステムやシナリオの面白さです。

それらの質が高いことが求められる中で、ゲームのシナリオも相当作り込まれたものになっています。

こうした背景から、最近はゲーム業界でのゲームシナリオライターの需要が高まっているのです。

RPGや女性向けの恋愛シミュレーションゲームなど、ゲームの種類もさまざまなので、活躍できるフィールドも豊富です。

ゲームがヒットすれば収入アップの可能性もありますし、ゲームシナリオライターとしての選択肢も広がるでしょう。

未経験で目指すのは難しい

特殊な仕事というイメージが強いシナリオライターですので、残念ながら未経験から目指すのは難しいです。

全く求人がないわけではなく「未経験可」の求人も一部あります。

しかしゲーム開発経験者や他業種での執筆経験、専門的な知識を保有していることが前提のものがほとんどです。

未経験から目指すなら、専門学校や通信教育で専門的な知識をつけたり、資格を取得したりすることから始めましょう。

 

ワンポイント
ゲーム業界での活躍の場が増えている。

シナリオライターのキャリアパス

ポイント

シナリオライターになった後、どのようにキャリアを積んでいくのか、シナリオライターのキャリアパスをご紹介します。

キャリアパスは、大きく分けて「専門性を高める」か「昇格する」の2つです。

これは、自分がどのように作品へ携わりたいかによって、どちらに進むかが決まってきます。

例えば、作品を書き続けたい方であればシナリオライターとして専門性を高めていくのが合っているでしょう。

一方、「企画から携わりたい」「自分のイメージする世界観を再現したい」という方は昇格を目指すのがおすすめです。

昇格することで、より作品制作の上流工程から携われるようになるでしょう。

ゲーム業界の場合はシナリオディレクター・ゲームディレクター・ゲームプランナーを目指す人が多くいます。

どちらの道を目指すにしても、まずはシナリオライターとして経験を積むことから始めましょう。

 

ワンポイント
物語を創造する力は作品制作の上流工程にも活かせる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

シナリオライターへの転職を考えている人の中には、本当に転職できるのかと悩んでいる人もいるかもしれません。

夢を叶えるためにも、まずはその悩みを転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職への不安や仕事の適正など、転職の専門家だからこそのアドバイスをもらえるでしょう。

さらに業界知識のある転職エージェントが、お仕事のご紹介や、応募される際のサポートなどを行います。

転職前に不安を払拭することで、より前向きに転職活動に取り組むことができるでしょう。

まとめ

女性

今回はシナリオライターの仕事内容や必要なスキル・年収など、リアルな仕事事情をご紹介しました。

シナリオライターは特別なセンスやスキルを要する仕事であり、狭き門というイメージが強い職種です。

最近ではソーシャルゲームや動画配信などで質の高いシナリオが求められています。

活躍の場が増えてきている今がチャンスともいえるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら