在庫管理への転職を考えている場合、志望動機に困る人もいるでしょう。

「志望動機って何を書いたらいいの?」

「未経験者だからスキル不足を指摘されないか不安」

そのように考えて、なかなか次のステップに進めないこともあります。

そこで今回は、転職活動の際にとても重要になる「志望動機」についてのポイントをご紹介します。

経験者も未経験者も参考にできる内容ですので、ぜひ転職活動に役立ててみてください。

在庫管理に転職する志望動機の書き方を解説

勉強する女性

在庫管理に転職する場合、どのように志望動機を組み立てたらよいのでしょうか。

まずは在庫管理という仕事に必要なことを考えてみましょう。

そのうえで、転職軸を改めて見直してみることをおすすめします。

在庫管理の仕事に必要なことを考えよう

在庫管理は様々な職場で重宝され、在庫=企業の資産の管理を行う責任ある仕事です。

実は企業や会社によって仕事内容が異なることも多く、求められるスキルも多少変わってきます。

一般的に「在庫管理」という職種名で求人が出される場合、部門の管理者を指すことが多いようです。

しかし、「在庫管理」という名称を使っていなくても在庫の管理をする仕事は多くあります。

詳細は後述しますが、まずは在庫管理の仕事に必要な条件を洗い出し、自分の強みや希望条件と合致するか確認してみましょう。

転職軸を改めて見直そう

仕事を楽しむ女性

転職の際に軸となる条件は人により様々です。

仕事内容が自分に合っているか・収入が希望通りであるかなど、人によってどの条件を重視するかは全く異なります。

自分の転職軸について、何を重視すべきなのか今一度見直してみましょう。

そこから転職先に求める条件や、何のために転職するのかがより明確になり、志望動機を考えやすくなります。

また経験者の場合はなぜ今の職場から転職したいのか、未経験者の場合はなぜ職種を変更したいのかも改めて考えてみましょう。

転職理由が深掘りされることで、より説得力のある志望動機を書けるようになります。

在庫管理の仕事内容

作業服を着ている笑顔の女性

在庫管理の業務は大まかに以下の4に分けられます。

  • 在庫チェック
  • 適切な保管
  • 在庫数調整
  • 在庫処分

職場によって多少異なる部分もありますが、さらに庫内での搬送・仕分けや検品・棚卸表の作成なども含まれるでしょう。

在庫管理の仕事内容は多岐にわたるので、企業のホームページや求人内容等で業務範囲を事前に確認することが大切です。

職場によっては事務作業等のデスクワークや社内外の担当者とのコミュニケーションまで求められることもあります。

 

ワンポイント
 在庫管理の業務は職場によって異なることもあるので、事前によく確認しておきましょう。

在庫管理に求められるスキル

ファイルを持つ女性

在庫管理の業務では、在庫を正確に管理するための整理整頓のスキルや細かい作業を行う能力が求められます。

そしてミスや間違いが起きないようにする注意深さや、状況を把握して数を調整する計画性なども在庫管理に必要なスキルです。

職場によっては配送ドライバーや店舗スタッフ等、別職種のスタッフとのコミュニケーションを求められる場合もあります。

コミュニケーション能力はそれほど重視されない職場もありますが、あればより統括的な仕事を任されるでしょう。

また、倉庫の広さや扱う品物によっては体力が求められる場合もあるので注意が必要です。

 

無料転職相談をして条件のいい求人を見つけよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機を書く時のポイント

ポイント

実際に志望動機を書く際に気を付けるべきポイントについてご紹介します。

まずは企業選びのポイントを明確にすることが重要です。

そのうえで具体性のあることや将来的なビジョンを書いていきましょう。

企業選びのポイントを明確にする

自分がなぜその企業を選んだかというポイントを明確にできれば、それが一番の志望動機になります。

例えば在庫管理と一口にいっても、業務内容や働く職場は多種多様です。

業務に含まれる内容についてはもちろん、どのような商品を扱っているかや、その企業の企業風土や研修制度も大きく違います。

その中で自身が最も魅力的に感じる部分に焦点を絞り、志望動機を組み立てましょう。

そこに注目することで、「なぜ他の企業ではなくこの企業なのか」が明確になり、説得力が増します。

具体性のあることを書く

虫眼鏡、女性

前項の「企業選びのポイント」を軸に、入社後に自分がどのように貢献していくかを具体的に書きましょう。

前職で身につけたスキルや自分の強みを活かし、どの業務をする際にどのスキルを活かせるかを分かりやすくアピールするのです。

どこの企業でも当てはまる内容ではなく、会社の情報をしっかりと調べたうえで具体的に書かれた志望動機は説得力があります。

入社後の姿を具体的に示すことができれば、採用担当者も入社後のミスマッチの心配が減り、採用につながりやすくなるでしょう。

将来的なビジョンを書く

作業服の女性

志望動機を記載する際には過去や現在のことばかりでなく、将来的なビジョンを書くことで前向きな姿勢を示すことができます。

ここでも、「頑張りたい」「貴社に貢献したい」等の抽象的な表現は避け、なるべく具体的な表現を心がけましょう。

5年後や10年後にどうなっていたいかを、その企業ならではの特徴や求める人物像と合わせてアピールできれば好印象です。

企業側も「この人を採用したときに将来自社でどのような活躍をしてくれるか」という点は注意深く見ています。

採用担当者に将来活躍する自分の姿を具体的にイメージしてもらえるよう、伝え方を工夫してみましょう。

 

ワンポイント

志望動機を書く時のポイント

  • 企業選びのポイントを明確にする
  • 具体性のあることを書く
  • 将来的なビジョンを書く

在庫管理経験者の志望動機の例文

リストをチェックする女性

まずは経験者が転職する場合の志望動機の例文をご紹介します。

これまでに紹介したポイントがどのように活かされているかにも注目してみてください。

在庫管理の経験を活かす例文

前職ではスーパーの在庫管理者として勤務し、主に菓子部門担当として在庫管理、発注、納品までを担当しておりました。

一昨年からは新人育成担当も兼務しており、部門内発注ルールの徹底や新人向けのマニュアル等も作成した経験があります。

海外の輸入菓子食品を取り扱っている貴社の業務ならば、前職で培った経験が戦力として活かせると感じ、貴社を志望いたしました。

貴社では能力に応じてマネージャーを任されるとのことで、入社後はそれを目標として業務に邁進してまいります。

マルチプレイヤーの経験を活かす例文

前職では在庫管理を中心に、事務作業や電話対応など幅広い業務に携わっておりました。

正確なチェックやミスのない細かい作業が職場でも高い評価を受け、また様々な人とのやりとりで接遇スキルも磨かれたと感じます。

その中で今後はより在庫管理の業務を専門的に担当したいと考え、専任職員を募集している貴社を志望いたしました。

前職で培ったスキルを活かし、またさらに在庫管理のスペシャリストとして技術を磨いてまいります。

在庫管理未経験者の志望動機の例文

初心者の女性

次に未経験者が転職する場合の志望動機の例文も見ていきましょう。

未経験の場合は前職の経験をアピールに使うのは難しいため、具体的なスキルや熱意をより具体的に伝える必要があります。

手持ちのスキルを活かす例文

前職では物流会社の経理事務として勤務しておりました。

主に給与・賞与等の報告書や請求書の作成・管理等を担当し、チームリーダーとして3人のメンバーをまとめた経験があります。

業務の中で在庫管理業務に携わりたいと強く感じ、貴社への転職を決意致しました。

貴社では資格取得応援制度があり、未経験者に対するフォローアップ体制が手厚い点に感銘を受けた次第です。

在庫管理に関しては未経験ですが、数字の管理やルールの徹底、細かい作業は前職でも高く評価されており、自信があります。

十分に実務経験を積み、倉庫管理主任者の資格を取得することで貴社に貢献していくことが目標です。

企業や仕事への熱意を活かす例文

前職ではアパレル会社で接客と事務の業務に携わっておりました。

その中で売り上げに関わる在庫管理の大切さに気付き、専門的に従事したいと決意を固めたことが転職を決めたきっかけです。

貴社は衣料品を多く扱っていることもあり、前職での知識や経験が多少なりとも活かせるのではないかと思い志望いたしました。

業務の中で身につけた臨機応変に対応する力や数字を扱うスキルを活かし、在庫管理の業務に携わりたいと思っております。

前職で感じた在庫管理の大切さを忘れず、在庫管理の業務を通じて貴社の業績に貢献することが今の私の一番の目標です。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの職場を見つけよう

 

面接でのポイント

女性

志望動機以外の点で、面接の際に気を付けておくべきポイントはあるのでしょうか。

在庫管理の業務では数字を基にした管理や入出庫の記録・販売予測など、細かい作業正確な数字を出すことが求められます。

それらのスキルを持っていることをしっかりとアピールすることで、採用の可能性が高まるでしょう。

在庫管理を志望する際の受け答えのポイントについてご紹介します。

細かい作業が得意なことをアピールする

未経験者であっても、在庫管理の業務に必要な細かい作業が得意なことを伝えれば、相手を十分納得させることができます。

前職で緻密な作業が求められた具体的なエピソードがあれば、それを例に出してもいいでしょう。

現在の仕事と関連付けるのが難しければ、プライベートもしくはアルバイト時代の経験を述べても構いません。

逆に大雑把な面や細かい作業が苦手といった印象を与えないように気を付けましょう。

正確な数字を出せることをアピールする

未経験者で一見数字とあまり関わりのないように思える職種についている場合でも、数字との関わりは必ずどこかであるものです。

売上管理や営業計画・KPI管理・給与計算・要員計画といった、業務に付随する数字管理について洗い出してみましょう。

それらについて正確に作業するために気を配っていることや、上司に褒められた経験などがあればそれがアピールポイントとなります。

逆に数字に無頓着な面を見せないように注意しましょう。

 

ワンポイント
 面接では細かい作業が得意なことや正確な数字を出せることをアピールしましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接での質問例

案内

面接の最後や途中で「何か質問はありますか?」と聞かれた際の受け答えでも、志望度がはっきりと表れてしまいます。

ここでホームページや求人票に書いてあるようなことを質問してしまうと、「ちゃんと調べていないな」と思われてしまうでしょう。

熱意のある応募者の特徴としては、入社後に自分が働いていることを具体的にイメージできていることが挙げられます。

しっかりと入社後の自分をイメージし、そこではっきりさせておきたいことを質問するように心がけましょう。

業務上の具体的な事を聞く

自分がその会社で働くことになったら、どのようなタイムスケジュールで動くことになるのか。

また、どのようなことに注意して仕事に取り組めばいいのかなど、仕事をするうえで必要になる情報について聞いてみましょう。

「御社の在庫管理は複数商品を担当していますが、私は固定商品しか取り扱った経験がありません。

担当者の方の一日のスケジュールや、複数商品を取り扱う上で気をつけるべき点について教えていただけますでしょうか」

このような質問なら仕事への熱意とその会社への志望度をアピールすることができます。

キャリアアップについて聞く

仕事に対する情熱を伝えるために、将来のビジョンについて共有するのもアピールとしては有効です。

その会社で経験を積み、いずれは会社を支えていく存在になるという覚悟が伝われば、採用により近づくことができるでしょう。

「もし御社に入社させていただいた際には、今後どのようなキャリアアップが可能なのかをお伺いしたいです。

自身の目標としては、倉庫管理主任者の資格を取得し、ゆくゆくは御社を支えるマネジメント業務に携わりたいと思っております。

そのために必要なスキルや条件があればお教えください」

このような質問で、長く勤めたいという熱意やキャリアアップへの向上心を伝えることができます。

 

ワンポイント
 面接で質問する際は業務上の具体的なことやキャリアアップについて聞きましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

仕事内容チェック中

魅力的な志望動機を書くためには、転職理由・自身の強み・業務内容・企業の特徴等をしっかり整理する必要があります。

とはいえ、仕事をしながらではそんなに時間を取れないという現実もあるでしょう。

そのような時は一人で抱え込まず、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

プロのエージェントと相談する中で、自分では気づかなかった強みが見えてくることもあります。

また、キャリアアドバイザーが自分に合った求人を提案してくれるため、応募先企業の選定にかかる時間を短縮することも可能です。

志望動機をはじめとする履歴書の添削・模擬面接なども実施してくれるため、万全の対策をして面接に臨むことができます。

転職エージェントをうまく活用することで、書類選考から面接まで最大限のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

サインを出す女性

今回は在庫管理に転職する際の大事なポイントをお伝えしました。

採用担当者の心を動かす志望動機を書くためには、自分や企業・仕事内容について十分に情報を集めることが重要です。

情報が具体的であればあるほど、伝える内容の説得力が増し、こちらの「本気」を採用担当者が受け取りやすくなります。

転職エージェントをうまく活用しつつ、自分の良さをしっかりと伝えられるような志望動機を完成させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!