人事コンサルタントは、クライアント会社の人事制度の見直しなどを提案する職業です。

それでは、具体的にはどのような仕事内容なのでしょうか。

この記事では人事コンサルタントに興味がある方向けに、仕事内容・やりがい・平均年収・向いている人をご紹介していきます。

Contents

人事コンサルタントの仕事内容を転職エージェントがご紹介

仕事を楽しむ女性

人事コンサルタントの仕事内容や需要はどのような特徴があるのでしょうか。さっそくご紹介していきます。

顧客の人事課題を解決する仕事

人事コンサルタントは、顧客の会社の人事制度や人事評価制度などの人事課題を解決する仕事です。

顧客の会社からの依頼によって各制度を見直して問題点を浮き彫りにし、さらに改善点を提案します。

ときには提案にとどまらず、人事部門へ介入してサポートを行う場合もあります。

人事制度を見直すというよりも、顧客の会社の経営戦略に繋がるようにサポートする仕事といえるでしょう。

問題点を見つけ改善点を提案するためには、人事に関する幅広い知識が必要です。

人材のグローバル化で需要が増加

どのような会社であっても、人事の仕事は決してなくなりません。

また、人材不足により人材のグローバル化が進み、人事制度も多様化しています。

そのため、最新の人事制度に特化している人事コンサルタントを求める会社は今後も増えると予想されるでしょう。

さらには、最近では女性の活用や過労死の問題も多く取り上げられており、人事課題は山積みです。

よって、人事コンサルタントの需要は増加していくと考えられます。

 

ワンポイント
顧客の人事課題に寄り添って、解決のお手伝いをすることが人事コンサルタントのお仕事です。

人事コンサルタントのやりがいは?

パソコンの前でコーヒーを飲む女性

需要も増加すると予想される人事コンサルタントですが、やりがいはどのようなところにあるのでしょうか。

以下の3点に着目してご紹介していきます。

  • 人と企業を繋ぐ
  • インセンティブ制度
  • キャリアパス

人と企業を繋ぐ要になれる

人事コンサルタントは、今までうまく機能していなかった顧客化の会社の人事制度を見直します。

自分たちがサポートした会社の従業員が、その制度によってで前向きになってくれたらこの上ない喜びといえるでしょう。

制度の見直しが従業員のモチベーションに繋がれば、より良いパフォーマンスを発揮できます。

従業員にとっても会社側にとっても良い結果となれば、多くの人に感謝されることもあるでしょう。

それは、従業員と企業を繋ぐ要になれるため、人事コンサルタントのやりがいに繋がります。

インセンティブ制度がある場合も

インセンティブ

人事コンサルタントの求人を覗いてみると、「インセンティブ有」というものが多くあることが分かります。

インセンティブとは企業が従業員の士気を高めるために、成果を出した際に報酬を与える仕組みのことです。

頑張った分だけ報酬がもらえるため、モチベーションが保ちやすくなります。

この仕組みを魅力に感じる人にとっては、非常にやりがいに繋がる制度といえるでしょう。

キャリアパスの選択肢が増える

人事コンサルタントを経験すると、キャリアパスの選択肢は増えます。

人事制度だけではなく経営戦略などの知識を肥やせば、顧客の会社に対する総合的なコンサルタント業務が可能です。

また、企業の人事部門への転職も有利になるでしょう。

さらには、自らコンサルティング会社を設立するという手段もあります。

このように、人事コンサルタントの経験をうまく生かしてキャリアアップがはかれます。

 

ワンポイント
人事コンサルタントは成果主義である場合が多く、やりがいを感じやすい職業といえるでしょう。

人事コンサルタントの厳しさ

悩むキャリアウーマン

人事コンサルタントはやりがいを感じられる職業であることが分かりましたが、それゆえの厳しさもあります。

この項目では、そんな厳しい一面もご紹介していきます。

プレッシャーが大きい

人事コンサルタントは先ほども記述した通り成果主義であることが多く、それはプレッシャーに繋がるともいえるでしょう。

クライアント会社の経営方針にも関わるため、会社役員へ人事制度見直しの提案をすることになります。

また、やみくもに人事制度を見直すわけではなく、見直した後に成果が出なくてはいけません。

甘い提案ではクライアントも納得はしないため、プレッシャーは大きいものといえるでしょう。

そのプレッシャーをプラスに持っていけるマインドを培う必要があります。

休日を返上するケースも

人事コンサルタントの仕事は、クライアント会社全体を巻き込むことも多く、責任は重大です。

そのため、平日は打ち合わせや調整業務に追われてしまいがちです。

そうなると資料作成や入念な調査業務などが間に合いません。

そのため休日を返上してプレゼン資料の作成やデータ分析をするケースもあります。

それゆえに、多忙であるといわれれることが多い職業です。

 

ワンポイント
クライアント会社の経営に関わるため、責任も重くプレッシャーが大きいという特徴があります。

人事コンサルタントの平均年収をチェック

貯金箱と電卓

人事コンサルタントの平均年収は550万円程といわれています。

年収はスキル・経験・実績で大きく変わりますが、日本の平均収入よりは高い水準です。

特に外資系のコンサルタント会社の年収が高くなっています。

一般的な職業よりも高収入を狙いたい方にはおすすめの職業といえるでしょう。

人事コンサルタントに向いている人の特徴

オフィスにいるビジネスウーマン

人事コンサルタントに向いている人はどのような特徴があるのでしょうか。

以下の3つの特徴についてご紹介していきます。

  • 論理的思考力がある
  • 人の話を聞くことが得意
  • プレゼンテーション能力がある

論理的思考力がある

さまざまなコンサルティング会社は、この論理的思考力を重要視しています。

論理的思考力とは、数ある情報の中から必要なものをピックアップし、物事の本質をとらえる力です。

例えば、人事制度の問題点を分析する際や改善点を見つける際にも必要となります。

そのため、論理的思考力はコンサルタントとして必要な力だといえるでしょう。

人の話を聞くことが得意

打ちあわせをするビジネスウーマン

人事コンサルタントとして、企業の体質や制度の改善点を的確に把握しなくてはいけません。

そのためには、人の話をもとに情報を得る必要があります。

相手が伝えたい内容はどのようなことなのかを、自分の価値観で捉えないことも大切です。

そしてきちんと最後まで相手の聞けることが、人事コンサルタントに向いている人の特徴といえるでしょう。

プレゼンテーション能力がある

相手に改善案を伝える際などに、確実に相手に伝える必要があります。

人事制度は複雑な話になるケースがありますので、いかに分かりやすいプレゼンができるかはとても重要です。

そして顧客の会社の重役に認めてもらわなければコンサルタントとして成立しません。

空回りして失敗してしまうことが無いよう、プレゼンテーション能力に自信がない場合は、スキルを磨きましょう。

 

ワンポイント
ものの本質を見抜き、うまく相手にも情報を伝えられる力を持っている人が向いているといえるでしょう。

人事コンサルタントのキャリアパス

キャリアパス

人事コンサルタントになった後に目指せるキャリアはどのようなものがあるのでしょうか。

以下の3つのキャリアをご紹介します。

  • 他の領域のコンサルタントになる
  • 研修コンサルタントになる
  • 独立する

他の領域のコンサルタントになる

もちろん努力は必要ですが、他の領域のコンサルタントになるという道があります。

それは、課題を見つける力やプレゼンテーション能力は、コンサルタントに共通する必要なスキルであるためです。

また、人事関係のコンサルタントは経営戦略にも通ずる部分があります。

そのため、事業企画に携わるという道も選択肢になるでしょう。

研修コンサルタントになる

セミナー講師

人事コンサルタントで培ったスキルを使って活躍できる、研修コンサルタントになるというキャリアパスです。

研修コンサルタントは、人事コンサルタントとしての豊富な経験や実績、さらにはマネジメント経験が求められます。

人気講師は指名などが入りますので、独立も視野に入れることができるでしょう。

また、人事コンサルタントよりも自分のペースで業務を行うことができるため、女性でも活躍できるといえます。

独立する

人事コンサルタントとして、専門のスキルを磨いたら独立するというキャリアも考えられます。

独立後に仕事の依頼がなくては始まりませんので、人脈を築いておくことが必須です。

また、人事コンサルタントといっても、人材活用・採用・教育・労務と分野は幅広くあります。

そのため、どれかに特化し得意分野をつくっておくことも仕事受注の際に重要になるでしょう。

人事コンサルタントで活かせる経験・スキル

面接をする女性

自分の持っている経験やスキルを人事コンサルタントではどう活かせるのか、以下のとおりご紹介していきます。

  • 英語力
  • 人事業務経験
  • 社会保険労務士の資格

英語力

英語力は必須ではありませんが、顧客の会社が持っている特徴や自分のポジションによっては英語力が求められます。

特に外資系や海外とのやり取りが多い顧客会社である場合は英語が必須です。

そのため、人事コンサルタントとしての知識に加えて英語力があれば、強みになるといえるでしょう。

人事業務経験

顧客の人事課題を解決するのが人事コンサルタントの仕事ですので、実際の人事業務を把握しておく必要があります。

人事制度などの改善案を打ち出すにも、実際の業務が分からなくては真の課題は見つかりません。

人事コンサルタントとして転職する場合には、採用側も即戦力を求めている場合がほとんどです。

既に人事業務の経験がある場合には一から教育する必要がなくなりますので、人事業務経験は活かせる経験といえるでしょう。

社会保険労務士の資格

社会保険労務士の資格も必須ではありません。

しかし、この資格は人事・労務・社会保険関係の深い知識を習得している証明となります。

そのため、転職の際のアピールポイントにすることができるでしょう。

また、人事コンサルタントの実務に入る際にもこの知識は役立ちますので、知識を深めたい方におすすめの資格です。

さらに資格でいうとキャリアコンサルタント国家資格も活かせる資格になります。

 

ワンポイント
英語力や人事の実務経験、社会保険労務士の資格の所持は即戦力に繋がりますので転職に有利になるといえます。

人事コンサルタントは採用ニーズが高い

ビジネスシーン

人事コンサルタントの採用ニーズは高いといえます。

というのも、どのコンサルティングファームでも人材不足が叫ばれているためです。

その理由としては、顧客からのニーズが増えていることが挙げられます。

先ほどもお伝えしましたが、人材不足によるグローバル化・働き方改革などさまざまな問題を企業は抱えています。

顧客からのニーズが高まり、コンサルタント会社も人手が不足して採用ニーズが高まっているという背景です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オフィスにいるビジネスウーマン

転職活動において悩みはつきものです。

1人で転職活動する場合にはモチベーションを保ち続ける工夫が必要となります。

さらには、些細なところでつまずいてしまうこともあるでしょう。

一生懸命に転職活動をしていても、やり方が合っていないと努力が水の泡となる可能性も否めません。

それは非常にもったいないです。

悩みや不安があるときには、是非頼って欲しいのが転職のプロである転職エージェントです。

また、自分に合う職業・企業を見つけられずに焦っている方もいるのではないでしょうか。

転職エージェントなら非公開求人を扱っているため、自分に合った企業が見つけやすくなります。

効率的に転職活動ができますので、さまざまな悩みを転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

パソコンとコーヒー

顧客の抱える人事問題を解決するための手伝いをするのが、人事コンサルタントのお仕事です。

人と企業を繋ぐ仕事である上に、成果に対するインセンティブを設けている企業も多くやりがいを感じられる職業といえます。

しかし、成果を求められる特性のためにプレッシャーが多くのしかかることもあります。

そのプレッシャーをプラスに持っていける強いマインドが必要になるでしょう。

また、平均年収は高めなので、高収入を望む人にはおすすめの職業です。

そして、ものの本質を見抜くことができ、相手に適切な情報を伝えられる力を持っている人が向いているといえるでしょう。

人事コンサルタントに興味がおありの方は是非転職エージェントをご活用ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら