新型コロナウイルスの感染拡大とともに働き方や生活様式を見直す人も多いのではないでしょうか。

そんな新しい働き方として注目されているのが「ワーケーション」です。

ワーケーションという言葉自体を聞いたことがあっても内容まで詳しく知らないという女性もいるでしょう。

今回はワーケーションという働き方についてメリット・デメリットも含めて詳しく解説します。

ワーケーションの働き方を解説

リモートワークをする女性

「ワーケーション」は「仕事(Work)」と「休暇(Vacation)」を組み合わせた造語です。

仕事と休暇という相反するもののようですがパソコンやインターネットの普及によりアメリカで誕生しました。

これまでの日本の働き方では長期休暇を利用して旅行に行くという人が多かったのではないでしょうか。

ゴールデンウィーク・夏季休暇・年末年始休暇などになると観光地は繁忙期となり多くの人が集まります。

しかしそんな長期休暇の時でなくても旅行に行きながら仕事をするのがワーケーションなのです。

そもそも旅行に行きながら仕事ということに疑問を抱く女性もいるでしょう。

今回はそんなワーケーションについて詳しく解説していきます。

最後まで読んでいただくと「仕事」と「休暇」と結びつける意味をお分かりいただけるでしょう。

ワーケーションの特徴やリモートワークとの関連性は?

メモを取る女性

「ワーケーション」と「リモートワーク」は関連して考えられることが多いです。

似ているようですが違いもあるのでワーケーションの特徴やリモートワークとの関連を見ていきましょう。

ワーケーションの特徴

WORKとVACATIONの文字

ワーケーションは休暇を利用して職場や居住地ではないところで仕事をするのが特徴です。

例えばワーケーションで利用されるのはどのような場所なのか確認しておきましょう。

  • 温泉地
  • リゾート地
  • 離島
  • 観光地

日本人に人気のワーケーションの場所は温泉地です。

仕事が終わったらゆっくりと温泉に入ることで心も体もリフレッシュできるでしょう。

また海沿いのホテルや離島に行くという人もいます。

いずれにしてもパソコンとインターネット環境は必須です。

リモートワークとの関連性は?

先ほどワーケーションにはパソコンとインターネット環境が必要だとお伝えしました。

勤務先に行かずパソコンを使って仕事をするということはリモートワークと一緒ではないかと思う女性もいるでしょう。

確かに出勤せず仕事をするという面ではリモートワークと一緒です。

しかしワーケーションとリモートワークには仕事をする場所に違いがあります。

リモートワークの場所は自宅・コワーキングスペース・カフェなど居住地内となるでしょう。

一方でワーケーションは温泉地やリゾート地など旅行先というイメージの場所が多いのです。

 

ワンポイント
ワーケーションは温泉地やリゾート地などの旅行先でリモートワークをするのが特徴。

ワーケーションが注目される背景

ビックリマークと女性

これまでの日本人の感覚では「仕事は仕事」「休みは休み」と分けて考える人が多かったでしょう。

それではそんな日本でなぜワーケーションが注目されるようになったのでしょうか。

まずワーケーションが誕生した背景をご紹介します。

ワーケーション発祥当時のアメリカでは有給休暇取得率の低さが問題視されていました。

しかし長期休暇を取得することで「仕事が回らない」「周りに迷惑をかけてしまう」という状況が生じてしまいます。

そこで休暇を取りつつ仕事をするというワーケーションという働き方が誕生したのです。

そんなワーケーションが日本で注目されるようになったのは新型コロナウイルスの感染拡大といっていいでしょう。

国内での感染者増加に伴い2020年4月に緊急事態宣言が発令となりました。

出勤しないことで人との接触を減らせることからリモートワークが普及するようになったのです。

そして外出自粛の状況から旅行者が減り観光業も危機的状況となります。

そこで旅館やホテルなどがワーケーションの環境を整えていったのが注目されるようになった背景です。

労働者は旅行気分を味わいながら仕事ができ、旅館やホテルには客が入るということでどちらにとってもメリットといえるでしょう。

 

ワンポイント
ワーケーションは新しい働き方・新しい生活様式として注目されている。

ワーケーションのメリット

電球マーク、女性

職場や自宅ではないところで仕事をするのはなかなか勇気がいることかもしれません。

しかしワーケーションはやってみるとメリットがたくさんあるので見ていきましょう。

プライベートの時間が多く取れる

リフレッシュする女性

ワーケーションは休暇を取った上で仕事をすることになります。

そのため今まで遠方に旅行に行けなかったという人でもプライベートの時間が取れるのがメリットです。

温泉地やリゾート地など宿泊する場所によって気分も変わりリフレッシュできるでしょう。

また仕事の日と休みの日を組み合わせることができるのもワーケーションのポイントです。

ワーケーションを活用したスケジュールの例をご紹介します。

  • 水曜日(祝日で休み):移動と現地で観光
  • 木曜日(平日):宿泊先の旅館でリモートワーク
  • 金曜日(平日):宿泊先の旅館でリモートワーク
  • 土曜日(休み):観光
  • 日曜日(休み):帰宅

例えば週の真ん中に祝日があったとします。

この日に仕事が休みだとしても木・金曜日が仕事では遠出することができません。

しかし祝日と土日の間の仕事をワーケーションにするとどうでしょうか。

これまでできないと思っていた長期での旅行が可能になりますね。

また自宅でのテレワークと同様に出勤のための移動時間がありません。

そのため仕事が終わったらすぐに自分の時間をもつことができます。

ワーケーションを活用すればプライベートの時間を充実させることができるでしょう。

働き方の自由度が向上

ワーケーションのメリットの1つは働き方の自由度が向上することです。

勤務先や自宅ではなく旅先で仕事をするというのは会社員にとって考えられなかったことではないでしょうか。

しかしアメリカではすでに活用されており日本でも注目されるようになりました。

これによって今まであった働き方の概念が変わりつつあるということです。

新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの企業に浸透したリモートワークもそうですね。

対面で行ってきた会議もWeb会議となることが増えています。

働き方の見直しという点でワーケーションはこれからも注目されていくでしょう。

作業効率の向上

ワーケーションは作業効率が向上するというメリットもあります。

毎日同じように出勤し仕事をこなすことの繰り返しに疲れてしまう女性もいるのではないでしょうか。

自宅でリモートワークをする場合は自宅兼職場となり上手く切り替えができない人もいるでしょう。

心身ともに疲れている状態では仕事の作業効率が低下するリスクがあります。

そんな中で勤務先や自宅を離れてみるとどうでしょうか。

気持ちを切り替えることができストレスから解放される女性も多いでしょう。

そのような環境で仕事をすると新しいアイディアが浮かんだり集中力が高まったりする可能性があるのです。

モチベーションの向上

楽しく仕事をする女性

モチベーションの向上もワーケーションがもたらすメリットの1つです。

先ほどお伝えしたように仕事をする場所を変える・旅先でリフレッシュすることで作業効率が上がる可能性があります。

作業効率が上がり普段よりも仕事がはかどればモチベーションの向上につながるでしょう。

またプライベートの時間が取れることもモチベーションを高めることになります。

上手くリフレッシュできればワーケーションを終えてからも高いモチベーションを維持できる人が多いです。

ワークライフバランスの充実に繋がる

プライベートの時間が取れて仕事の作業効率が上がるのがワーケーションのメリットです。

つまりワーケーションはワークライフバランスの充実に繋がる可能性があるといえます。

これまで仕事をしていく中でワークライフバランスに悩んだ経験がある女性も多いのではないでしょうか。

その悩みを減らすことができれば仕事に対する意欲が高まるでしょう。

ワーケーションのデメリット

パソコンを持って悩む女性

何事もメリットがあればデメリットがあるものです。

これまでの働き方と違うからこそ注意しておきたいこともあります。

それではワーケーションのデメリットを見ていきましょう。

ONとOFFの切り替えが難しい

ワーケーションはONとOFFの切り替えが難しいというデメリットがあります。

先ほどメリットのところでプライベートの時間が取れることをお伝えしました。

プライベートと仕事の時間を上手く切り替えることができればワーケーションも上手くいくでしょう。

しかし出社しないということで上司や同僚など他の人の目がない状況です。

その中で「今から仕事」「1時間昼休みにしよう」と切り替えができなければONとOFFが曖昧になってしまいます。

そうなると作業効率が低下する・やるべき仕事が終わらないという事態になることもあるでしょう。

コミュニケーションの質が低下する可能性

会社に出勤すると上司や同僚などとコミュニケーションを取る機会がたくさんあります。

挨拶に始まり業務連絡や情報交換など何かしらの会話をするでしょう。

また休み時間には雑談をする女性も多いのではないでしょうか。

しかしワーケーションではこのようなコミュニケーションの機会が減ってしまうデメリットがあります。

コミュニケーションの機会が減ってしまうといざ会話しようとした時に質が低下するリスクがあるでしょう。

リモートワークをすることが多い人もそうですがWeb会議を活用してコミュニケーションの機会をもつようにしてください。

生産性が低下する可能性

パソコン画面をみて悩む女性

いつもと違う場所で仕事をすることで作業効率が上がる人もいれば生産性が低下する人もいるので注意が必要です。

その理由としては先ほどお伝えしたような「ONとOFFの切り替えが難しい」ことがあげられます。

「今から仕事をしよう」と気持ちを切り替えることができないと仕事に集中できません。

注意力が散漫になるといつもは出来ることが出来なくなったり、単純なミスをしたりすることもあります。

普段自宅でリモートワークをしている人の方が切り替えがしやすいかもしれません。

しかし勤務先以外では集中できないという女性はワーケーションによって生産性が低下してしまう可能性があるのです。

 

ワンポイント
ワーケーションを上手く活用するにはONとOFFの切り替えをして仕事に集中できる環境を作ろう。

ワーケーションを推進する自治体の事例

指示棒をもって説明する女性

ワーケーションは2020年新型コロナウイルスの影響で注目されるようになりました。

しかしその前からすでに「ワーケーション自治体協議会」が設立されワーケーションの普及・促進のための活動をしているのです。

2019年11月に設立されたこの協議会にはワーケーションを受け入れる7都道府県58市町村が集まっています。

ここではそんなワーケーションを推進する自治体の事例をご紹介します。

まず最初に世界自然遺産に登録された知床で知られる「北海道斜里町」の事例を見ていきましょう。

斜里町は「しれとこ斜里テレワーク」と銘打って滞在中の方の様々なサポートをしています。

サポートをするのはテレワーク受け入れ団体「一般社団法人知床スロウワークス」のメンバーです。

ワーケーション中に困ったことがあれば現地で相談することができる環境は心強いですね。

次に「新潟県妙高市」についてご紹介します。

妙高市はワーケーションには「4つの価値」があると考えているのが魅力です。

  • 社員の人材育成
  • 社員の癒し
  • 仕事の集中
  • 仕事の楽しさ

妙高市ではこの4つの価値を柱としてワーケーション・プログラムについて様々な提案を行っています。

この2つ以外にも多くの自治体でワーケーションを推進しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

ワーケーションの注意点

驚く女性

ワーケーションのメリットを見ていくと興味があるという女性もいるでしょう。

しかし誰でもワーケーションという働き方ができるわけではありません。

またワーケーションをやるには注意しておきたいこともあるのでご紹介します。

職種や業種によっては難しい

ワーケーションは働き方を変えるスタイルの1つとなるでしょう。

しかし全ての職種や業種でワーケーションが可能になるわけではありません。

ワーケーションが難しい職種や業種の例はこちらです。

  • 工場勤務の製造業
  • 医療福祉業界
  • 人事や法務のような管理部門
  • 突発的なトラブルへの対応が必要な職種

工場や医療福祉業界は現場にいなければ成り立たない仕事です。

そもそもリモートワークができない職種・業種はワーケーションが難しいでしょう。

人事や法務はリモートワークが可能な部分もありますが管理部門は出社しなければならないことも多いです。

また離れた場所にいると突発的なトラブルなどの場合にすぐに対応することができません。

ワーケーションをする時期だけでも他の人に対応してもらえる環境をつくっておくといいでしょう。

時間管理

ワーケーションは自分で時間管理をしなければなりません。

勤務先に行けば上司や同僚がいるのでお互いの動きが見えます。

誰かが見ているという感覚があることで勤務時間中に仕事に打ち込むことができる女性も多いのではないでしょうか。

しかしワーケーションは周りに仕事関係の人がいないので自分で管理することが必要なのです。

また業務の進捗状況は同じオフィス内にいれば確認しやすいですが、離れた場所では難しいですね。

そのため企業としては「本当に仕事ができているか」「サボっていないか」という懸念が出てきてしまうでしょう。

お互いに安心してワーケーションをするためには準備が必要です。

例えばパソコン上で行う勤怠システムやコミュニケーションツールの導入です。

労災の適用

勤務中の怪我や事故には労災が適応されます。

それではワーケーション中の怪我や事故はどのような扱いになるのでしょうか。

基本的に仕事中の怪我や事故であれば労災が適応されることになります。

しかし「休暇中のこと」「勤務先ではない」ということから労災が認められない可能性があるので注意が必要です。

トラブルを避けるためにもあらかじめ企業に確認しておくといいでしょう。

 

ワンポイント
ワーケーションを上手く活用するために注意点を押さえておこう。

ワーケーションは今後増える?

考える女性

これまでの働き方改革では残業を減らすことなど労働時間の短縮に視点を置いてきました。

ワーケーションは労働時間の短縮とは異なる方法で働き方を見直そうとしているのです。

働き方の選択肢が増えることで仕事へのモチベーションを高めることもできるでしょう。

また自治体にとってワーケーションで訪れる人が増えれば観光業が充実することになります。

そしてワーケーションを受け入れることにより他の地域の人同士の繋がりが生まれるでしょう。

地域の活性化だけでなく新たな事業の始まりになる可能性も秘めているのです。

ワーケーションには労働者・企業・自治体にとって多くの魅力があるといえます。

そのため今後もワーケーションを推進する企業や自治体が増えてくる可能性があるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

考える女性

新型コロナウイルスの影響でリモートワークやワーケーションなど働き方に変化が出てきました。

そんな中で転職活動をする時に「リモートワーク可」の企業を希望する女性もいるのではないでしょうか。

またワーケーションを認めている企業があれば魅力的ですね。

転職活動では求人情報から条件を調べますがそれでも「これはどうなっているの?」と分からないこともあるでしょう。

そんな転職の悩みや不安は転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

パソコン作業をする笑顔の女性

今回はワーケーションの働き方についてメリット・デメリットを踏まえてご紹介しました。

近年注目されるようになった背景には新型コロナウイルス感染拡大によるリモートワークの普及があります。

しかしそれ以前から働き方改革の一環としてワーケーションを推進する企業や自治体がありました。

パソコンとインターネット環境があればワーケーションができる可能性があります。

仕事をしながらプライベートな時間を充実させたいのならワーケーションという働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

転職活動で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談してくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら