教育業界への転職を検討中の方が気になる職種のひとつがスクールマネージャーではないでしょうか。

スクールマネージャーとは、一般的に塾等のスクールにおける責任者のことをいいます。

生徒の成長を見守りながら、スクール運営にも携わることができるやりがいと責任の大きい仕事です。

今回はスクールマネージャーの仕事内容をやりがいや平均年収、向いている女性の特徴も含めて詳しく解説します。

Contents

スクールマネージャーの仕事内容を転職エージェントがご紹介

パソコンで打ち合わせする女性

スクールマネージャーはスクール運営するための業務を担当するため、仕事内容は多岐にわたります。

企業によって違いはありますが、大きく分けると以下のような業務を担当することになるでしょう。

  • 教室運営に関する業務全般
  • 教材や備品などの管理
  • 新規入会者の募集活動(集客)

順に詳しく見ていきます。

教室運営の業務全般を担当

スクールマネージャーは、ひとつの教室を成り立たせるための重要なポジションです。

そのため、スクール運営に関する様々な業務を担当することになります。

講師やその他のスタッフのシフト管理、生徒の情報管理や各種サポートも担当範囲です。

またスクール運営の方針や講師・スタッフの採用や育成にも携わることもあります。

担当する教室全体を見て「どうしたらスムーズに運営できるか」を考え、業務をこなしていくのです。

教材や備品管理も担当

スクールで行う授業やレッスンで使うテキストなどの教材や備品類の管理も担当します。

講師やスタッフの要請のほか、自分で在庫状況をチェックして発注を行うのが一般的です。

また講師やスタッフ、生徒さんが快適に過ごせるように環境を整備することも大切な仕事になります。

集客対応

講師 女性

生徒数をしっかり確保して、スクールを継続していくためには集客を行うことが不可欠です。

入会者の新規募集や体験キャンペーンの企画などもスクールマネージャーの仕事に含まれます。

ターゲットを想定し時期や方法、目標数なども決めて集客活動を実施していくのです。

こうした集客活動で来た方を入会まで進めることもスクールマネージャーとして重要な仕事といえます。

経営者であり教育者

スクールマネージャーは会社員としての視点だけでなく、経営者的な視点も必要です。

スクールというひとつの組織を運営していくには、戦略を立てて利益をあげていかなくてはなりません。

優秀な講師やスタッフの採用や育成の他、教材や備品の費用も考慮して計画を立てて動くことになります。

そのような意味でスクールマネージャーは、ひとつの教室の経営者だといえるでしょう。

また学ぶための場所を運営するという立場から見れば、生徒やスタッフを育てる教育者ともいえます。

 

ワンポイント
スクールマネージャーは経営の視点と教育の視点をあわせ持つ、スクール運営の責任者です。

スクールマネージャーのやりがいは?

オフィスワーク中の女性

先ほどお伝えしたように、スクールマネージャーの仕事内容は大変幅広いものです。

この仕事のやりがいとは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。主なやりがいを3つご紹介します。

人の成長を見守ることができる

スクールマネージャーの最も大きいやりがいといえるのが、人の成長を見守ることができる点です。

学習塾や英会話スクールなど、その種類はバラエティに富んでいます。

生徒さんの「学びたい」という気持ちを支援できることは大きな喜びになるのではないでしょうか。

入会してステップアップする様子が直に見られるので生徒さんと喜びを共有できるのも嬉しいでしょう。

自分自身の知識も深まる

教室を継続していくためには、提供するカリキュラムの魅力も大切なポイントになります。

魅力あるカリキュラムを計画するためには、スクールで扱う分野についての知識が不可欠です。

入会者が学びたいことは何かを把握するためにも、自分自身の知識ブラッシュアップしていきます。

その結果として仕事をすることで自分の知識も深まることが実感でき、やりがいに繋がるでしょう。

営業努力が入会者(生徒)という結果になる

教室の運営にあたっては、生徒数の確保が重要であることはすでにお伝えしました。

まずはターゲットに対しキャンペーンや体験レッスンを企画し、いわゆる営業活動を行うことになります。

こうした段階を経て、実際に本入会の契約に進めることができれば営業活動が成功したといえるでしょう。

また既存の生徒さんも通い続けてくれれば、生徒数も増加してスクールの安定した運営に繋がります。

営業努力の結果は、生徒の数という明確な基準ではかることができるということです。

目標数値の達成に意欲が上がる人は、大きなやりがいにもなるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
人の成長を見守りながら、営業努力の成果がわかりやすいことがスクールマネージャーのやりがいといえます。

スクールマネージャーの仕事の厳しさは?

悩む女性

大きな責任を持って教室を運営していくことは、大きなやりがいをもたらしてくれます。

一方で、責任ややりがいの大きい仕事は楽しいことばかりとは限りません。

スクールマネージャーの仕事の厳しさとは、どのような点なのでしょうか。

マルチタスクを求められる

スクールマネージャーが担当する仕事内容は、非常に多岐にわたります。

そのような特性上、仕事をするうえでは様々な業務同時進行で行うことも多いでしょう。

複数の業務を整理してヌケ・モレなどがないように管理する、マルチタスク遂行力が必要です。

時にはマルチタスクで仕事を進めることが大変だと感じられることがあるかもしれません。

教室経営の責任が大きい

スクールマネージャーは、ひとつの教室の経営を任されるポジションといえます。

集客や広報・売上や経費管理・講師やスタッフの採用や育成など経営に関する多様な業務が担当範囲です。

当然ながら、他のスタッフと協力してそれらの業務に取り組むことになります。

しかし責任を持つのはスクールマネージャーの役割となるためプレッシャーを感じることもあるでしょう。

教室全体と生徒個人を気に掛ける必要がある

スクールマネージャーは教室運営責任者のため、レッスン等を受け持つことはありません。

基本的には教室の運営が全体としてスムーズにできているかを毎日管理することがメインです。

一方で、通っている生徒個人ごとの状況についてもチェックしておくことも必要になります。

安定して生徒さんが通い続けてくれることは、教室運営において大切なポイントです。

教室全体と生徒個人の望むことは異なることもあるため、うまく調整を図り行動しなければなりません。

 

ワンポイント
スクールマネージャーの厳しさはマルチタスクかつ教室運営の大きな責任を負う点です。

スクールマネージャーの平均年収は?

お金 イメージ

スクールマネージャーの平均的な年収は、およそ300万円〜400万円台といわれています。

年齢や経験、スクールの規模等によっても変わりますが、一般的な年収を得られるのではないでしょうか。

残業手当の仕組みやインセンティブの有無など、企業によって給与体系は大きく異なります。

また契約社員として入社した後に正社員となるケースも少なくありません。

転職する際は、そのスクールでどのような給与体系が採用されているかをチェックしましょう。

スクールマネージャーに向いている人の特徴

ガッツポーズの女性

ここまでスクールマネージャーの仕事内容ややりがい、厳しさをお伝えしてきました。

では、スクールマネージャー向いている人とはどのような特徴があるのでしょうか。

マネジメントスキルがある

スクールマネージャーは教室全体の運営に関わる責任者ですので、マネジメントスキルは重要な要素です。

入会者だけでなく講師やスタッフの状況を把握して適切なマネジメントをする力が求められます。

コミュニケーションスキルがある

仲のいい女性

スクールマネージャーの仕事では様々な立場の人と円滑にコミュニケーションをとることが必要です。

時にはスクール運営上の要望と生徒や講師の要望が食い違うこともあります。

それぞれの立場に気を配り行動するような高いコミュニケーションスキルが大切になるでしょう。

営業スキルがある

新規入会者の募集や体験レッスンから本入会へ結びつけるなど、営業力が求められる場面は多くあります。

押し付けではなく、生徒さんの学びたい気持ちを盛り上げながら納得して契約を結ぶ力が必要です。

あわせて隠れたニーズも喚起して、新規の生徒さんを獲得するエネルギッシュさも大切になります。

 

ワンポイント
スクールマネージャーにはマネジメント力・コミュニケーション力・営業力が強く求められます。

スクールマネージャーのキャリアパス

笑顔の女性

スクールマネージャーとして転職した場合、まずはひとつの教室運営に携わることが一般的です。

実務を通じて教室運営ノウハウや講師やスタッフとの連携、生徒さんへの対応力などを身に付けます。

その後は、複数の教室のマネージャーを指導するエリアマネージャーとなる道が考えられるでしょう。

またスクール運営企業の本社に異動し、カリキュラム開発や管理部門で働く場合もあります。

さらに企業内で起業制度を設けている企業であれば、経験を活かしながら独立することも可能です。

スクールマネージャーで活かせる経験

オフィス 笑顔の女性

スクールマネージャーの仕事では必須となる資格はないため、教育業界以外の経験も活かせます。

コミュニケーション力やマネジメントスキルが求められますので、以下のような経験が活かせるでしょう。

販売職

販売職として個人のお客様に寄り添って、対応した経験はスクールマネージャーでも活かせます。

販売職では形のある商品をお客様に提案するケースが多いのではないでしょうか。

一方、スクールでは授業という形のない商品を扱うことになります。

しかし、商品の種類は異なっていても販売職で培った対人対応スキルがあれば即戦力として活躍可能です。

営業職

スクールマネージャーは教室の安定的な運営のために、営業活動を仕掛ける必要があります。

売り上げ目標を立て戦略を練り実行するといった営業経験は非常に重要なスキルです。

教育関連の営業職でなくても、新鮮な視点で営業方法を提案できる人材は重宝されるといえます。

塾講師

セミナー講師

講師の経験はスクールマネージャーとなっても価値のある経験として活きるものです。

スクールマネージャーは講師やスタッフとの個別でコミュニケーションをとることも多くなります。

その際に講師の立場も理解したうえでコミュニケーションをとれることは大きな強みです。

教育関連業務

教室運営に直接携わっていない場合でも、教育関連の経験があることはメリットがあります。

教育業界特有の事情やトレンドに詳しいなどアピールポイントがあれば、転職にも有利といえるでしょう。

スクールマネージャーは人の成長を身近に感じられる仕事

オフィスでパソコン操作する女性

ここまでスクールマネージャーの仕事内容について解説してきました。

この仕事は様々な人とコミュニケーションをとりながら教室運営の大きな責任を負う仕事です。

対人でのやり取りも多く、やりがいが大きい反面大変だと感じることもよくあります。

しかし担当する教室に通う生徒さん成長を見届けられるのは、この仕事ならではの魅力です。

生徒さんの目指す目標を支援しながら、一緒に頑張ることができる喜びはとても大きいでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

面談する女性

教育業界を含め、特定の職種への転職を希望する場合は転職エージェント利用がおすすめです。

転職エージェントには、業界に詳しいアドバイザーが在籍しており転職全般の相談に対応しています。

転職希望者の経験やスキルを伺ったうえで、非公開求人も含めて希望に合う求人の紹介が可能です。

転職活動を開始した方には書類作成や面接対策などもしっかりとアドバイスを行います。

転職エージェントに相談したからといって必ず転職しなければいけないわけではありません。

転職を迷っていてキャリアの棚卸しをしたいという場合にも支援することが可能です。

転職エージェントの利用は無料ですので、仕事やキャリアについて一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

デスクとコーヒー

スクールマネージャーは教室運営の責任者として様々な業務を担当する仕事です。

生徒の成長を一番近くで見守ることができることは、この仕事ならではの大きなやりがいになります。

高いコミュニケーションスキルやマネジメントスキルが必要で、大変な時も少なくはないでしょう。

しかし、人とのコミュニケーションが得意で、直接支援する仕事を希望する人にぴったりの仕事です。

教育業界で責任あるポジションを目指す方は、スクールマネージャーを検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら