企業の発展のために重要な「人事」を扱うのが人事コンサルタントです。

そんな人事の専門家である人事コンサルタントに転職したい女性もいるのではないでしょうか。

今回は転職活動で押さえておきたい人事コンサルタントの志望動機の書き方について解説します。

人事コンサルタントの志望動機の書き方を転職エージェントが解説

オッケーマークで微笑む女性

「人材」や「組織」は企業にとって切り離すことのできない重要な課題です。

この「人材」や「組織」に関する制度や体制を整えることが企業の発展に大切といえるでしょう。

「安定した企業」「成長していく企業」を目指すことができるのです。

そのためには人事制度や人事評価制度の設計が必要となります。

人事コンサルタントはそんな人事制度や人事評価制度の設計に関わっているのです。

そんな人事コンサルタントはどのようなところで活躍しているのでしょうか。

  • コンサルティングファーム
  • 一般企業
  • 独立する

人事コンサルティングとして働く方法は大きくわけてこの3つです。

経験を積んでいけば独立することができるのが人事コンサルタントの魅力の1つでしょう。

しかしそのためにはまず実績を積まなくてはなりません。

今回はコンサルティングファームや一般企業への転職を想定して志望動機の書き方を解説していきます。

転職活動ではまず履歴書や職務経歴書といった応募書類が必要です。

そして採用担当者はそこに書かれた志望動機の内容をよくチェックしています。

書類選考を通過しなければ面接に進むことができないので採用担当者に好印象を与える志望動機を書きましょう。

今回は転職成功のカギを握る志望動機の書き方について例文を交えて詳しく解説します。

人事コンサルタントの仕事内容を把握しよう

ワンポイントする女性

志望動機を書く時には仕事内容をしっかりと把握しておく必要があります。

書き方を説明する前に人事コンサルタントの仕事内容を確認していきましょう。

特に未経験で転職を目指す女性はどのような仕事なのかを理解して志望動機を書いてくださいね。

  • クライアントからのヒアリング
  • 企業の人事課題を明確にする
  • 採用戦略の設計・提案
  • 人事部の業務改革
  • 組織改革

人事コンサルタントの目的はクライアントである企業が「こうなりたい」という企業風土や制度を整えることです。

課題を明確にするため・方向性を決めていくためにもしっかりとヒアリングしていかなければなりません。

人事課題を明確にしたら人事コンサルタントが採用戦略や人事改革を設計します。

組織改革や業務改革といったものが必要になることもあるでしょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く前に人事コンサルタントの仕事内容を把握しておこう。

人事コンサルタントに求められるスキルは?

オフィスにいるビジネスウーマン

ここでは人事コンサルタントに求められるスキルをご紹介します。

志望動機を書く時にはこのスキルも意識しておくといいでしょう。

論理的な説明力

人事コンサルタントには論理的に説明をする力が必要です。

採用戦略や人事改革案などを説明する相手は企業の経営陣ということが多いでしょう。

経営に関わる責任者が納得いくような説明が求められます。

またプレゼンテーションの中で経営陣から質問を受けることもあるでしょう。

そんな時に論理的な説明ができることで説得力が出てくるのです。

専門知識

パソコンや資料を見る女性

人事に関連する専門的な知識も人事コンサルタントに求められるでしょう。

例えば給料・労務・労働環境についての知識が必要です。

また人事コンサルタントの仕事は企業の経営に関わることも多いので経営に関する知識もあるといいでしょう。

採用戦略が経営にどのように関係するのかや、労働条件を定めた法律について知っておく必要があります。

そして人事の知識だけでなくクライアントの企業に関する知識・理解も求められます。

向上心

先ほどお伝えしたように人事コンサルタントはクライアントの企業に関する知識が必要です。

業界の動向や特徴などは変化があるものなのでそれについていくだけの学習意欲がいるでしょう。

人事コンサルタントとしてより成果を出すためには自分自身が成長していかなければならないのです。

そのため人事コンサルタントには向上心が求められます。

実績を積むことでインセンティブが発生することもあるのがコンサルタントの魅力といっていいでしょう。

インセンティブが発生すると高年収を目指すことができます。

また成果を出すことができれば達成感ややりがいを得られるでしょう。

これらは人事コンサルタントとして仕事をする上でモチベーションを高められるものです。

人事コンサルタントとして活躍する女性の中には、やりがいを感じながら向上心を持って仕事をしている人が多いです。

 

ワンポイント
人事コンサルタントに必要なスキルを知って志望動機に活用しよう。

人事コンサルタントの志望動機を書くコツ

手をたたく女性

ここまでは人事コンサルタントの仕事内容や必要なスキルについて解説しました。

続いて志望動機を書く時のコツをご紹介します。

仕事内容やスキルを踏まえながら志望動機を書いていきましょう。

なぜ人事領域を選んだのか?

志望動機にはなぜ人事領域を選んだのかを書くようにしてください。

コンサルタントという職種の中には人事以外にも多くの領域があります。

その中でもあなたはなぜ人事領域がいいと思ったのでしょうか。

その理由を明らかにすることで魅力的な志望動機を書くことができるでしょう。

なぜコンサルタントなのか?

人事に関わる仕事はコンサルタントだけでなく企業の「人事部」があります。

コンサルタントでなくても人事の仕事に携わることができるということです。

しかしそうではなくコンサルタントとして人事領域に関わりたいという理由を明らかにしましょう。

具体的なエピソードを添えて書くと説得力が出てきます。

応募企業の分析をする

電球マーク、女性

転職の志望動機を書く時は企業の分析も大切です。

応募企業について詳しく調べることでより志望度が伝わるでしょう。

例えば企業の経営理念・将来のビジョン・教育制度・労働環境・求める人材といったことです。

もし詳しく調べずに志望動機を書いたらどうなるでしょうか。

採用担当者は「本当に志望しているの?」「どこの企業でもいいのでは?」と思うことがあるのです。

志望度をしっかりと伝えるためにも企業研究は念入りにしておきましょう。

 

ワンポイント
人事コンサルタントの志望動機を書くコツは理由を明確にすること・企業研究をすること。

志望動機で好印象を与えるポイント

ペンをもつ女性

転職活動では多くの場合書類選考を通過すると面接に進むことができます。

いかに好印象を与える志望動機を書くかが転職成功のカギとなるでしょう。

ここでは採用担当者に志望動機で好印象を与えるポイントを解説していきます。

前職でのこだわり

志望動機を書く時には未来のことだけでなく過去の経験を振り返ることが大切です。

「入社してから頑張りたい」という思いが伝わればいいのでは?と思う女性もいるでしょう。

しかしこれまでの実績や仕事への熱意がなければ採用担当者に思いを伝えることができません。

そんな時に前職でのこだわりを伝えれば、仕事に対する姿勢や過去の経験のアピールになります。

持っている専門知識

ビジネスデスク

人事コンサルタントとして必要な専門知識があれば志望動機の中で伝えましょう。

専門的な知識が必要な仕事ではすでに知識を持っていることがアピールにつながります。

もし関連する資格があればそれをアピールするのもいいでしょう。

未経験で転職を目指すという女性は経験がなくても知識や資格があれば伝えておくことをおすすめします。

どんな価値を生み出せるのか

志望動機で好印象を与えるには、どのような価値を生み出せるのかを伝えるようにします。

「どんな価値を生み出すかは入社してみないとわからないのでは?」と思う女性もいるでしょう。

しかし採用担当者は応募書類や面接を通じて応募者の入社後のイメージをしているのです。

つまり志望動機や自己PRを読んでイメージができなければプラス評価につながらないということです。

むしろ曖昧な表現や具体性のない志望動機はマイナス評価になる可能性があるでしょう。

採用担当者に入社後のイメージを持ってもらうのに必要なのが「入社後に貢献できること」なのです。

自分が企業にどのような貢献ができるのか、どういった活躍ができるのかをしっかり伝えてください。

 

ワンポイント
採用担当者に入社後のイメージを持ってもらうことを意識して好印象を与える志望動機を書こう。

人事コンサルタントの志望動機の例文

上を指さす女性

人事コンサルタントの志望動機の例文をご紹介します。

ここまで解説してきたポイントを踏まえて見ていきましょう。

人事領域経験者の場合

「私は前職では人事部に所属し主に労務業務に従事しました。

そこで労務管理を学ぶうちに人事領域全体に関わりたいと思うようになったのが人事コンサルタントを希望する理由です。

企業にとって人事制度や労務管理をどうしていくのかは重要な問題だと思います。

人事部の経験はありますが人事コンサルタントとしては未経験です。

そのため多くのコンサルタントが所属しチームワークを大切にしている御社を志望しました。

チームの中で私の労務経験を活かしながらコンサルタントとしての経験を積みたいと思います」

未経験者の場合

「私は前職では営業職に従事しており人事は未経験です。

今回人事コンサルタントを志望した理由は働く環境を整えることの必要性を感じているからです。

営業職は多忙で残業が多い時期もありました。

そのため体調を崩し休職・退職する同僚もいて労働環境の調整が必要だと思いました。

人事コンサルタントなら経営陣の希望に沿いながら労働者の目線も踏まえた提案ができると思っています。

御社では未経験者の研修制度が整っていると伺っております。

また社風を見て働く人の目線に立ったコンサルティングができる企業だと思い志望しました。

営業の仕事で培ったコミュニケーション能力を活かして御社に貢献したいです」

人事コンサルタントの志望動機のNG例

注意を促す女性

次に人事コンサルタントの志望動機のNG例をご紹介します。

どの点がNGなのかチェックしながら見ていきましょう。

具体的ではない

「私は前職で人事部の仕事をしてきました。

これまでは企業での人事の経験を活かしてコンサルタントとして活躍したいと思い志望しました」

この志望動機では人事の経験があることはわかりますが具体的なことが見えていきません。

経験を活かしたいといっても、どのような経験があるのかわからなければ伝わらないでしょう。

企業研究ができていない

「御社を志望した理由は経営理念に共感したからです。

人事コンサルタントは未経験ですがこれから勉強していきたいと思っています」

志望動機では経営理念・社風・ビジョンなどをあげる人も多いのではないでしょうか。

この場合はどのような点に共感したのかを説明しましょう。

共感した内容や理由がなければ「本当にわかっているの?」と思われてしまう可能性があります。

細かな分析をして人事コンサルタントに転職しよう

パソコンと女性

採用担当者に好印象を与えることが転職成功のカギとなります。

そのため志望動機を通してアピールすることが大切です。

ここまで説明してきた志望動機を書くコツやポイントの他に押さえておきたいことをチェックしておきましょう。

  • 応募する企業のビジョンは自分と合っているか
  • 求人に書かれている条件は希望と合っているか
  • 企業が求める人材は?
  • どのようなスキルがある人材を求めているか
  • どのような活躍ができそうか

志望動機を書く時にこのような分析をすることをおすすめします。

分析をすることでより詳細に志望動機を書くことができるからです。

また自分で企業研究をすると理解が深まり志望度が高くなる可能性があるでしょう。

人事コンサルタントは企業の人事課題を見つけて改善策を立案することです。

入社後に「思っていたのと違った」とならないためにも人事コンサルタントの視点で応募企業を見てみてください。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性

転職活動では書類を応募して書類選考に通過しなければなりません。

応募書類には履歴書や職務経歴書がありますが志望動機の書き方に悩む女性も多いのではないでしょうか。

また志望動機を書く中で「これで伝わる?」「企業についてもっと知りたい」と思うこともあるでしょう。

そんな転職活動の不安や悩み事は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談に登録すると転職エージェントが求人情報の紹介や志望動機の確認を行うことができます。

悩みがちな転職活動だからこそ転職エージェントという第3者に相談してみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

笑顔のビジネスウーマン

今回は人事コンサルタントの志望動機の書き方を解説しました。

人事コンサルタントの志望動機を書く時にはまず仕事内容や必要なスキルを押さえておきましょう。

そして実際に書く時には「なぜ人事なのか」「なぜコンサルタントなのか」という理由を明確にしてください。

志望動機は具体的な内容で過去の経験やこれからの貢献度を伝えることが重要です。

転職活動で不安や悩みがある女性は転職エージェントに相談してくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する