あなたは転職を考えたときにどのようにして転職先企業の情報を探しますか?

現在はインターネットでいろいろな情報を探すことができるので選び方も人それぞれあるでしょう。

その中から今回は、国が運営する職業紹介所のハローワークと民間サービスの転職エージェントについてご紹介します。

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、その特徴と自身の状況を照らし合わせて参考にしてみてください。

転職エージェントとハローワークの関連性をチェック

ガッツポーズをする女性

転職エージェントとハローワークは同じ職業紹介所でありますが、その特徴は異なります。

2つのサービスの違いについてご紹介しましょう。

求人数が多いのは?

転職エージェントは大手企業でも求人数は多くても30万件程度です。

それに対してハローワークは、その2倍以上の80万件の求人が募集されています。

ただし、ハローワークは全国の求人情報を合わせた数であるため実際に自身に関係する求人数はこれより少なくなるでしょう。

それでもハローワークは中小企業も多数掲載されているので、都心部が中心の転職エージェントより求人の数は多くなります。

掲載企業は?

掲載企業の特徴としては、転職エージェントは主に都心部の企業が中心となります。

大手企業が多い傾向ですが、企業によっては独自のルートで信頼関係を結んでいる中小企業を紹介するケースもあるようです。

一方ハローワークは大手企業だけでなく、中小企業の求人まで幅広く掲載しています。

また、求人の絶対数が多い都心部だけでなく地方の求人数も豊富にあるのも特徴です。

そのため、地方で就職したい人にとってはハローワークのほうが効率的に求人情報を探せるでしょう。

サポートが手厚いのは?

求人サポートが比較的手厚いのは転職エージェントになります。

転職エージェントのシステムは求職者の転職が成功した時に、転職先企業から転職エージェントに紹介料が支払われるのです。

そのため企業を紹介するだけでなく、転職が成功しなければ報酬が発生しないので必然的にサポートは手厚くなります。

また、転職エージェントの場合相談から転職活動のサポートまで一貫して同じ担当者が行うケースが多いです。

担当が変わることがないので、自身の転職活動の進捗を詳細に把握しておりスムーズに進めることができます。

ハローワークの場合、窓口の担当は常に変わってしまい対応の質も人によって大きく差があるようです。

 

ワンポイント
・ハローワークは求人数が多く、地方の中小企業まで幅広くカバーしている
・転職エージェントはサポートが手厚く、主に都市部の企業を中心に掲載している

転職エージェントを活用するメリット

ポイント 女性

転職エージェントを利用した場合の具体的なメリットについてみてみましょう。

転職サポートの質が高い

転職エージェントは企業情報を紹介するだけでなく、転職に関するあらゆるサポートを手厚く行います。

転職活動開始時に必ず行われるのが担当者との個人面談

これにより、自身がどういう希望がありどういったスキルがあるのか詳しく伝えることができるのです。

そして、その希望に見合うような転職先を担当者が探して提案してもらえます。

紹介先も基本的には紹介実績のある企業が多いため、過去に問題があった企業を紹介されることもありません。

また、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や実際の面接を想定した模擬面接などの指導も行ってもらえます。

特に初めての転職で分からないことが多い場合では、転職エージェントが心強い味方になってもらえるでしょう。

自分に合った求人が見つかる

転職サイトを使って企業を探す場合では細かい条件を設定して自分で時間をかけて探さなければなりません。

苦労して探しても実際に面接を受けてみるとまったく違う印象で、また探し直さなければならないということもあります。

探す時間を多く費やしてしまうと、それ以外の面接のための準備や自己分析にかける時間などがおろそかになりがちです。

しかし、転職エージェントに頼めば希望の条件を伝えるだけで自分に合った求人先を探して提案してもらえます。

そのため、提案してもらった選択肢をもとにじっくりと考える時間ができて転職活動に余裕を持って臨むことができるでしょう。

また、希望した企業に必要なスキルを持ち合わせているか客観的に評価してもらえるので転職の成功率を上げることもできます。

非公開求人を持っている

転職エージェントは転職サイトに公開していない企業の求人情報を持っている場合があります。

企業が求人を行っているのに非公開にしている理由はさまざまです。

例えば、大手企業では求人情報を一般公開すると応募が殺到し必要以上に選考に時間がかかるということもあります。

他にも求人の窓口を信頼したエージェントに絞ることで、条件にあった人材だけを効率よく面接する狙いもあるでしょう。

こうした非公開求人に総じていえることは優良求人の可能性が高いことです。

労働環境が劣悪であったり、面接と実際の環境がかけ離れていたりすると紹介した転職エージェントの評判にも関わります。

働きやすい企業であるからこそ転職エージェントは親密な関係を築き自信を持って紹介できるのです。

それと同時に信頼性が高い求人先が関係を続けている転職エージェントというのも優良なエージェントといえます。

こうした信頼性の高い非公開求人をいくつも持つような転職エージェントであれば安心して相談することができるでしょう。

転職エージェントを活用するデメリット

考える女性

  • 選択の幅が転職エージェントが持つ情報量に依存してしまう
  • 紹介実績がない企業を紹介されると面接で説明された内容と入社後の環境が違う場合がある

メリットが多いように感じる転職エージェントですが、もちろんデメリットも存在します。

一番大きなところでは、選ぶ企業の幅がその転職エージェントの持つ情報量によって決まってしまうことです。

まだ開業して間もないような転職エージェントの場合では付き合いのある企業が少ない可能性が高いでしょう。

そういった場合では自分で探すよりも少ない選択肢の中から無理やり選ばなければならないこともあります。

また、紹介実績がなく情報が少ない企業を勧められてしまうと自分で求人サイトの情報を頼りに応募するのと大差がありません。

ですので、実際入社してみると面接の内容とまったく違うということもあり得るのです。

そうなると転職エージェントを利用した意味がほぼなくなってしまいます。

転職先企業を選ぶのと同様に転職エージェントも過去の実績や口コミなどを見て慎重に選ぶようにしましょう。

転職エージェントの活用術

OKサイン 女性

転職エージェントを効果的に活用するには、まずしっかりと自己分析を行う必要があります。

希望を伝えれば転職先企業は担当者が探し出してくれるとはいえ、その希望が抽象的なものでは担当者も困ってしまいます。

転職活動を始める前に自己分析を行い自分がどのような方向に進みたいのか具体的に考えておきましょう。

希望内容がより具体的であるほど転職エージェントも転職先企業を探しやすくなりスムーズに転職活動が進められます。

また、履歴書や職務経歴書などを作成したら一度転職エージェントに相談し添削してもらうのも効果的な方法です。

初めて作る場合はどのようにまとめればいいか分からず戸惑うことも多いので、遠慮なく担当者に聞いてみましょう。

企業によって重視するキャリアのポイントを設けていることもあります。

過去に応募書類を作成していても、志望企業の傾向に沿った書き方を理解しておくことは重要です。

自分のやり方ではなく企業の意向に合わせたまとめ方のほうが圧倒的に採用確率は上がります。

なにより求職者側の費用はどんなに相談したとしても一切かからないので、不安な点があれば積極的に質問してみましょう。

 

ワンポイント
効果的に活用するには事前にしっかりと自己分析を行う。
そして、企業の重視するポイントを転職エージェントに確認しておくこと。

転職エージェントの利用がおすすめの人

案内するビジネスウーマン

転職エージェントの利用が向いている人にはどういった傾向があるのかご紹介します。

忙しくて転職活動が思うように進められない人

忙しい 女性

転職をする上で前の会社を辞めてからじっくり時間を使って転職活動ができるという人は少ないのではないでしょうか。

大半の場合では仕事に就きながら空いた時間で転職活動を行い、転職先が決まってから辞めるケースのほうが多いと思います。

限られた時間の中で転職活動を行うには効率的に行動しなければならず、転職先を探すにも余裕を持って探すことができません。

慌ただしい中で妥協して選んでしまっては、せっかくの転職のチャンスを無駄にしてしまう可能性もあります。

そうした時には転職エージェントに依頼して、志望先企業を探すといった時間がかかる部分は任してしまうほうが効率的です。

手間がかかる部分を任せることで、転職の方向性やアピール方法を考えることにじっくりと時間を使うことができます。

しっかりサポートして欲しい人

打合せ ビジネスウーマン

初めての転職や異業種への転職を行う時には、知識が乏しいため不安なことも多いでしょう。

そういった場合にはさまざまな業界の知識を広く持つ転職エージェントに相談したほうが安心です。

転職で分からないことがあったとしても、その業界に詳しい人が見つからなければうまく相談に乗ってもらえません。

そうした知り合いを探すよりも遥かに簡単で、より詳しい情報を転職エージェントは教えてくれます。

職務経歴書のまとめるポイントや面接でのアピール方法も確認できるので転職の成功率を上げることができるでしょう。

ハローワークを活用するメリット

ポイント 女性

一方、ハローワークを利用するメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

代表的なメリットを3つご紹介します。

地元企業の求人が多い

ハローワークは都市部だけでなく全国各地に500ヵ所以上拠点があります。

転職エージェントは幅広い業界の情報を持っていますが、掲載の中心は需要が高い都市部の企業です。

その点ハローワークの場合は、その拠点がある地元企業の求人情報を数多く持っています。

ですので、地方に帰って転職を考えている場合ではハローワークで探すほうが地元の企業を多く見つけることができるでしょう。

職務訓練などの相談が無料

ハローワークでは就職に役立つスキルを学ぶことができる「公的職業訓練」に申し込むことができます。

これはパソコンやデザインなどの技術を基本無料で学ぶことができる国が用意している制度です。

さらに一定の要件を満たせば、訓練受講手当も受けられる場合があり経済面のサポートを受けながら必要なスキルを学べます。

進みたい転職先に必要なスキルが職務訓練で受けられる場合では積極的に利用したい制度といえるでしょう。

採用・不採用の通知が必ず来る

ハローワーク経由で応募した場合では、採用・不採用の通知が必ず来るようになっています。

通常では採用の場合のみ連絡が入り、不採用の場合では通知がこないことのほうが多いでしょう。

採用かどうかはっきりしない状態では次の転職活動に移りづらくなってしまいます。

たとえ不採用でも通知が来ればすぐに切り替えて新しい企業を探すことができるでしょう。

細かいことではありますが、転職活動を継続して行う中では非常に助けられる要素といえます。

 

ワンポイント
・ハローワークは地元企業の情報を数多く掲載している
・職業訓練では転職に活用できるスキルが無料で学べる
・ハローワーク経由で申し込むと合否の連絡が必ず来る

ハローワークを活用するデメリット

不正解を持つ女性

  • 掲載する求人の審査が緩いため、実際の環境とはまったく違う情報を載せている企業もある
  • 求人先企業は基本的には自力で探さなければならないので、明確な方向性が定まっていないと見つけづらい
  • 担当者によって対応の質が大きく変わってしまう

ハローワークに企業側が求人を載せるのに費用はかからず、掲載のための審査が緩いためどんな企業でも掲載できてしまいます。

そのため掲載されている情報と実際の状況が異なることや、勤務内容や待遇面を偽って掲載されている場合もあるようです。

募集要項だけを頼りにするのではなく、インターネットなどを活用し多くの情報を自分で集めたほうがよいでしょう。

また、転職サイトなどに登録していれば条件に見合った求人情報などが自動で送られてくるサービスがあります。

しかし、ハローワークの場合は基本的には毎回自分の力で志望先企業を見つけて申し込まなければなりません。

ですので、自分の中で明確な方向性が定まっている状態でなければ企業選びに相当な時間がかかってしまうでしょう。

そして、ハローワークの場合転職エージェントのように担当者が決められていません。

そのため、相談する時も基本的には毎回違う相手になるので転職活動の進捗を把握しておらずその都度説明する必要があります。

自分の状況を伝えるのに手間取るだけでなく、担当者によって対応の質が大きく異なるようです。

ハローワークはあくまでも企業の情報を紹介することが仕事なので、それ以外のサポートは基本的には含まれていません。

担当者によっては親身になって相談に乗ってもらえることもありますが、誰もがアドバイスしてくれるとは限らないのです。

機械的に必要な情報を説明するだけで終わることも覚悟しておかなければなりません。

転職が初めてで不明点が多い時は、ハローワークの他に転職に詳しい人に相談できる状態を作っておいたほうがよいでしょう。

ハローワークの活用術

パソコン 女性

ハローワークを使った転職では基本的には自分の力で転職活動を進めていかなければなりません。

そのため、自身の中でどういう方向に進んでどんな職種を選ぶのか明確に決めておくことが重要でしょう。

その決めた方向性に基づいて、ハローワークで条件に合う転職先があるか聞いて探すというのが望ましい使い方です。

前述の通り担当者によっては的確なアドバイスをもらえないことも多いので、抽象的なイメージで探すことは難しいでしょう。

ハローワーク経由の応募は必ず合否の連絡が来ることになっており、利用料も一切かかりません。

ですので、不合格の通知が来た場合では切り替えてどんどん積極的に新しい企業を探してチャレンジしていきましょう。

 

ワンポイント
ハローワークを使った転職活動では基本的に自分の力で進めるので、明確な方向性をイメージしておくことが重要。

ハローワークの利用がおすすめの人

ポイント 女性

ハローワークの利用がおすすめできる人の特徴について2つご紹介します。

地元で働きたい人

地方 女性

ハローワークは全国各地に拠点があり、それぞれの地元の求人情報を多く掲載しています。

そのため地方にある地元に戻って生活するような人にとっては、近くの仕事先を探すことができて非常に便利です。

また、地方は都心部に比べて仕事の案件が少ないので求人費を大きくかけられない中小企業も多くあります。

そういった企業でも無料で求人が出せるので、結果的に求職者の選ぶ選択肢の幅が広がるでしょう。

職業訓練を受けたい人

セミナー 女性

ハローワークを使って国が定める職業訓練制度を利用して新たなスキルを習得することができます。

現在はWeb系のスキルが重点的に用意されているので、その方面に進みたい人にとっては非常に効果的な制度です。

さらに、条件を満たせば職業訓練を受けながら手当をもらうこともできるので場合によっては退職して転職活動に専念できます。

有料のパソコンスクールに通うと大体10万円程度必要です。

その費用が一切かからず、その上お金をもらえる可能性もあるので興味がある方はぜひ詳細について調べてみてください。

まとめ

転職 女性

転職活動を行う上で必要な情報を探す方法はいろいろとあります。

その中で転職エージェントハローワークを効率的に活用することができればスムーズに転職活動をすすめられるでしょう。

ただ、両者ともにメリットもあればデメリットもあります。

大事なことはそれぞれの特徴をあらかじめ掴んでおき、どのようにすれば効率よく活用できるか理解しておくことです。

より良い転職活動を行うために、ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する