自分にぴったりだと思って始めた仕事が何か違ったという悩みを持っている方にはイベントプランナーがおすすめです。

各企業はイベントプランナー不足のため働き手を求めています。

加えてイベント検定試験やイベント業務管理士資格という資格が存在し、初心者が知識をつけるための制度が整っているのです。

そんな大注目のイベントプランナーについて当記事で解説していきます。

イベントプランナーの仕事内容を解説

笑っている女性

イベントプランナーはその名の通りイベント企画の発案を担当する仕事です。

イベントの目的に合わせてもっとも効果的かつ魅力的なプランを提示しイベントを作り上げていきます。

また、イベントの企画だけでなく準備や運営も業務に入るのが特徴です。

イベントプランナーの具体的な仕事内容は次の通り。

  • イベント企画の発案
  • 情報収集や資料作り
  • イベント会場の下見
  • イベント会場設営の段取り
  • 音響備品などの手配
  • パンフレット制作など宣伝告知
  • 関係各所に対する対応
  • イベント開催時のトラブル対応

時にはイベント全体を指揮する「イベントプロデューサー」と兼任する場合もあります。

コンサートやスポーツイベントなど大規模なものから地域のお祭りなど小規模なものまで、携わるイベントは多種多様です。

イベントプランナーの仕事の流れをチェック

ガッツポーズをする女性

続いてイベントプランナーの仕事の流れをチェックしていきましょう。

依頼完了までどのような手順で仕事を進めていくのか詳しく解説します。

イベント企画・提案

イベント開催を考えているクライアントの要望に沿った企画を提案することが最初の業務です。

コンサートであればレコード会社、地域のお祭りであれば自治体などさまざまなクライアントが存在します。

一言でイベントといってもクライアントごとに違った目的を持って開催されます。

例えば古本市を開催する場合は単に人をたくさん集めることが目的ではありません。

本屋さんでは見かけない珍しい本を探している人などとターゲットを選定したうえで集客する必要があります。

イベントの企画・提案はイベントプランナーの手腕が最も試される場面です。

スポンサーや協力者を探す

イベント成功のために十分な資金を調達することが必要です。

資金力のある大企業がイメージアップのためにスポンサーになってくれることがあります。

また、開催地の地元企業や商店街などがスポンサーになってくれるケースもあるのです。

スポンサーを探す際には企業や協力者がどのような恩恵を受けることができるかを考えなくてはなりません。

また、補助金や助成金、クラウドファンディングなど資金調達方法はさまざま。あらゆる方法を考慮する必要があります。

イベントの目的やターゲットを絞る

オフィスで仕事をする女性

イベントは目的やターゲットを絞ることで成功する確率が格段に上がります。

あらかじめ目的を考えターゲットを選定しておくことが重要です。

古本市を例にとると古本をたくさん買って欲しい、若い人にも古本に興味を持って欲しいという目標が考えられます。

ターゲットは10代から20代で皆が読んでいる有名な本ではなくマイナーかつ面白い本が欲しい人です。

ターゲットを絞ることでその人がよく目にする場所にポスターを置くなど効果的な告知ができるようになります。

開催日までのスケジュール管理・調整

イベントの内容が具体的に決まってきたら業務を割り振っていきます。

会場の手配・資料作成・音響備品などの手配・PR活動などイベント開催のためにやることはたくさんあるのです。

開催日から逆算してどの作業をいつまでに完了させるかを明確にすることがポイントです。

加えてイベントはたくさんのスタッフが関わって作り上げていきます。

的確な指示出しのためにあらかじめスケジュールを管理することは非常に重要です。

会場を決める

スーツ、女性

目的やターゲット層が決まったらイベント内容にもっとも適した会場を押さえます。

ターゲット層が学生や20代などの若年層であれば都心部の賑やかで週末開催できる場所がいいでしょう。

高齢者層の場合は平日の開催にアクセスしやすく落ち着いた会場にするなどの配慮が必要です。

このようにイベントにマッチした条件を考える必要があります。

会場の候補地がどんな特徴を持っているかあらかじめ知っておくと会場選びの参考になるでしょう。

集客のための告知

集客数はイベントの成功を測る1つの指標です。

設定したターゲットを集客するためイベントの告知が欠かせません。

さらに会場に足を運んでくれる人数だけでなく、参加者の満足度とリピート率をアップさせることもポイントです。

イベントの集客にはSNSやチラシ配布、DM等さまざまな方法があります。

それぞれの方法のメリット、デメリットをしっかり把握したうえで適切なアプローチを試みることが必要です。

 

ワンポイント
イベントプランナーが携わる業務は多岐にわたる!

イベントプランナーにも種類がある

ビジネスシーン

イベントプランナーの中でも分野が分かれていて、その業務によって種類がいくつか存在します。

代表的なイベントプランナーの種類を3つみていきましょう。

コンサートイベントプランナー

コンサートをはじめ音楽を主体としたイベントを企画する仕事です。

新しいタイプのミュージシャンが次から次へと世に排出される中、コンサートのスタイルは多様化しています。

時代の最先端をいく音楽を自分が手がけるコンサートで魅力的に彩る仕事は大きなやりがいを感じられるでしょう。

音楽好きの方やライブをよく見にいく方にぴったりの仕事です。

スポーツイベントプランナー

ポイント

マラソン・サッカー・野球・バスケットボール・などあらゆるスポーツに関するイベントの企画をする仕事です。

また、地域の運動会や社内運動会、体力測定会など小規模なイベントも手がけます。

特に社内運動会などの需要は多いもの。

年齢や運動能力に左右されない運動会など、イベントプランナーとして企画力が試される仕事でもあります。

ほかにも学びにつながる防災運動会などバラエティに富んだユニークな企画を手がけることもあるのです

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーは結婚式を総合的にプランニングする仕事です。

当日の進行計画や管理業務を成功させるため逆算して準備する必要があります。

クライアントの要求に見合う結婚式になるように企画を提案し、必要な備品や会場・人材の手配など総合的にサポートするのです。

結婚式が成功した暁には新郎新婦やその親族から直接感謝の言葉を受けることも多く、達成感や満足感が得られます。

イベントプランナーのキャリアパスをチェック!

万歳をする女性

一般的には業界に関する知識を得て経験を積んだ後、プランニングの仕事を任されるようになります。

そのため、まずは営業や事務などの仕事からスタートすることが多いのが特徴です。

スキルや資格がある場合は広告代理店やイベント制作会社にイベントプランナー職として最初から採用されることもあります。

また、企業で経験と実績、人脈を築いた後イベント制作会社として独立し年収アップすることもできます。

 

ワンポイント
イベントプランナーのキャリアパスはさまざま!

イベントプランナーになるために

ビジネスウーマン

大きなやりがいを得ることができるイベントプランナーになるためにはどのような準備が必要なのでしょうか。

求められるスキルなどについて具体的にみていきましょう。

必要なスキルは

イベントプランナーにとって最も必要なスキルは新しいアイデアを生み出す発想力です。

今までにない革新的な企画を生み出すことで感動が倍増しクライアントがまた頼もうという気になります。

アイデアを思いつくには日頃から幅広いジャンルの情報を取り入れなくてはなりません。

引き出しの多いイベントプランナーは他と差別化でき活躍の場も広がります。

また、コミュニケーションスキルも重要です。

チームで仕事をすることが多くスタッフ達との迅速な意思疎通は欠かせません。

SNSの活用術も必要とされる

就活する女性

イベントのPR活動をする際にSNSを活用することが一般的です。

SNS集客は基本的に無料でリアルタイムに情報を発信することができます。

さらに、SNSの場合はポスターを印刷し過ぎてしてしまったなどコストを削減することもできるのです。

日頃からSNSを使ってアンテナを張っておくことがポイント。

予算を有効に使うためにSNSの活用スキルはますます重要視されていくことでしょう。

イベントプランナーに必要な資格はある?

悩む女性

イベントプランナーとしてのスキルが十分にあると思っていても客観的な指標がなくては安心できません。

イベントプランナーの代表的な資格として「イベント検定試験」と「イベント業務管理士資格」があります。

イベント検定試験

イベント検定試験とは平成9年に創設された民間の検定試験です。

中央官庁や自治体、民間企業などでイベントの発注業務や管理などを行う人材を育成するために始まりました。

適切で効果的なイベントを実施するための基礎知識を問う試験です。

試験は7月上旬、11月下旬の年2回実施されています。

50問のマークシート方式の筆記試験で、合格率は毎年8割前後という比較的難易度が低い試験といえるでしょう。

イベント検定の合格者は「イベント検定試験合格者」の呼称を使用することができます。

イベント業務管理士資格

イベント業務管理士は一般社団法人日本イベント産業振興協会によって設立された民間資格です。

イベント業務資格は1級資格と2級資格の2種類あります。

2級資格は幅広い基礎知識が問われ、アシスタントやディレクター職を対象とした試験です。

1級資格は本格的な業務知識を持ちディレクター職を対象としています。

試験の日程は2級が毎年7月と11月、1級が2月に実施。

2級は実務経験3年、1級は2級合格と実務経験5年以上が受験資格です。

2級はマークシート方式の100問が出題され、1級は小論文と記述式5問で出題されます。

合格率は2級が8割前後、1級が7割前後とそこまで難易度の高い試験ではありません。

資格を取得すると、イベントの企画・運営に関する実務能力があることを客観的に証明できます。

 

ワンポイント
資格があればスキルの証明になる!

イベントプランナーのやりがい

女性

イベントプランナーの1番のやりがいは、自分の手掛けたもので多くの人を楽しませたり感動させたりできることです。

イベント会場で観客や参加者から評価を直接もらえる機会も多く、自分の仕事の成果をダイレクトに感じることができます。

また、アイデアを形にしていくことができるのもやりがいのひとつです。

クライアントと打ち合わせをして企画書を考えるところからイベントが終わるまで、全ての業務に関わることができます。

0から作り上げていく経験は他の仕事ではなかなか味わえません。

さらに、イベントプランナーは最初から最後まで中心的なポジションを担うため強くチームワークを実感することができます。

チームで協力し合ってイベントを実現した後の達成感は何にも変えがたいものです。

イベントプランナーの年収

お金

イベントプランナーが含まれる広告業の平均年収は約600万円となっています。

報酬の良い大きなイベントには人手が必要なため、社員の大きい企業ほど収入が良くなる傾向です。

中には企業で経験と実績を積んだ後、独立してさらに多くの収入を得るイベントプランナーもいます。

 

ワンポイント
イベントプランナーの平均年収は約600万円!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

打ちあわせをするビジネスウーマン

転職を考えている場合は転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。

アドバイザーと話すメリットは次の通り。

  • 転職の目的や実現したい未来が明確になる
  • 経歴や希望に合わせた客観的なアドバイスをもらうことができる
  • 非公開求人を紹介してもらえる

採用を効率化するため転職エージェントにのみ求人を出す企業があります。

一般の転職サイトなどには公表されていない求人情報が得られるので転職の幅が広がるでしょう。

今の仕事を続けるか転職するか迷っている場合でも、誰かに話を聞いてもらうだけでモヤモヤが解消されます。

転職について少しでも相談してみたいと思ったならぜひ活用してみてください。

まとめ

笑う女性

イベントプランナーは人から感謝される仕事で、大きなやりがいと魅力を兼ね備えた仕事といえます。

特別な資格は必要なくコミュニケーションスキルなどを持ち合わせていれば未経験からでも挑戦できます。

安定した生活のため手に職をつけたい方にはぴったりの仕事です。

転職エージェントをうまく活用しながらあなたに合った転職先をみつけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら