Webディレクション試験の資格取得は、幅広い業務をこなすWebディレクターへの転職に、大きなメリットがある資格です。

プロジェクトのトップに女性を起用する会社も多い中、資格取得を転職に活かす方法をご紹介していきます。

Contents

Webディレクション試験の資格を活かせる求人を解説

ディレクターというと、一般的にはプロジェクトの総指揮を執るまとめ役という役割になります。

Webコンテンツの立案から構築・管理・現場でのスケジュール管理とプロジェクト全体の統括を行うのです。

これらの業務を遂行するにはかなり多くの知識や実務を習得する必要があります。

それを体系的に学ぶことができるのがWebディレクション試験なのです。

この資格を活かせる仕事にはどのようなものがあるのか、大きく分けて4つの種類に分けることができます。

例マーケティング・企画系Webディレクター

パソコン 女性

Webディレクターの求人の中でも、一番イメージしやすいのがマーケティング・企画系のWebディレクターでしょう。

プロジェクトの成果を出すためにも、Webマーケティングに関する知識やセンスが求められます。

Webコンテンツなどを販売してくために、まず大切なことは市場調査などのマーケティング業務です。

そこで課題や問題点を発見してクライアントへのヒアリングを行い、コンテンツの企画を考えて企画書を作成します。

社内外への提案やプレゼン・現場への指示・制作のための打ち合わせなど、高いコミュニケーション能力が問われるでしょう。

デザイン・アート系Webディレクター

パソコン

Webディレクターの中でも、デザイン専門のディレクションを行う求人も存在します。

それがデザイン・アート系ディレクターです。

Webサイトの構築においてはサイトの構造などシステム的な点も重要ですが、サイトのデザインも非常に重要になります。

全体を統括するWebディレクターとの話し合いを通じて、クリエイティブな発想でWebサイトのデザインを企画・立案します。

さらにデザイナーに仕事を指示するなど、タスク管理やスケジュールの管理も業務の1つです。

運用管理系Webディレクター

Webディレクターは、Webコンテンツの企画・構築だけではありません。

日々の運用の管理を専門にする、運用管理系Webディレクターという仕事もあります。

Webサイトがネット上に問題なく表示されることだけが運用管理ではありません。

最終的な目標である売上増加に結び付けるための、日々のデータの確認や分析、改善策の提案を行うことが大きな役割です。

そのためWeb制作に関わる基礎知識や、特にSEOへの深い知識が求められるでしょう。

また、日々の数値化された情報の調査と分析を続けるという根気強さが求められる仕事でもあります。

営業系Webディレクター

クライアントの要望を汲み、制作物の方向性から予算やスケジュールを組んでいくのが営業系Webディレクターの仕事です。

クライアントの気持ちを察して、相手の立場に立ってヒアリングや企画を行う必要があります。

そのため細かい部分に気が付き、配慮できる人に向いているといえます。

Webディレクション試験の特徴

それではWebディレクション試験の特徴を解説します。

出題内容

女性

Webディレクションの試験時間は90分、出題数は全部で65問です。

実際の業務においてもそうですが、Webディレクターには幅広い知識が必要になります。

そのため、出題内容も多岐にわたり、以下のような内容です。

  • Web制作の工程管理、現状分析
  • サイト全体の情報構造設計からプロジェクト企画
  • 集客施策の立案と実施

合格率

この試験では、出題数65問に対して合格基準は正解率70%以上とされています。

2019年の実績は407名の受験者に対して323名の合格者、合格率は79.3%と決して難易度が高いものではなさそうです。

Webディレクション試験はWeb検定の1つ

女性

Webディレクション試験は、株式会社ボーンデジタルが実施する「Web検定(ウェブケン)」という検定の1つです。

この試験に合格すると、全日本能率連盟登録資格の「Web検定 Webディレクター」という資格を手に入れることができます。

Web業界に限らず、資格は以下の3タイプに分けられます。

  • 国家資格:国が定める
  • ベンダー資格:ベンダー(業者)が定める
  • ベンダーニュートラル資格:どちらでもない機関が定める

今回フォーカスしているWebディレクション試験は、国家資格ではなくベンダーニュートラル資格です。

Webディレクターという仕事は、一定のことをやっていれば同じ成果が得られるというものではありません。

ケースバイケースの状況では、Webディレクターの感じ方や捉え方、クライアントへの伝わり方などは実績や経験だけでは測れません。

Webディレクション試験は、幅広いディレクション業務を行うために必要なスキルを評価できるようにと誕生しました。

またその評価が適正な人事評価に繋がることが望まれています。

 

ワンポイント
Web検定はWeb業界で働く人々のスキルや評価の1つの基準となっている。

Webディレクション試験以外のWeb検定に関する試験

Web検定は、社団法人全日本能率連盟登録資格として4つの認定資格で構成されています。

職種による立場や認識の違いや、知識のずれによるコミュニケーションの行き違いを無くすことが目的のものばかりです。

具体的にどのような試験があるのか紹介します。

Webリテラシー試験

勉強

Webリテラシー試験は、先程のWebディレクター試験と同様、株式会社ボーンデジタルが実数するWeb検定の1つです。

この試験ではWeb制作に関わる、デザイナー・ディレクター・プロデューサーが身につけておくべき標準知識を問われます。

Webの可能性は広告サービスに留まらず、ゲーム・映像・音楽と多方面に広がっています。

どの分野でも、発注者が理想のWebサイトを描くことはできても、分野ごとの言語や常識の違い、職種や立場の違いがあります。

それらへの理解度や知識の違いがあるため、スムーズなコミュニケーションが取れないことが課題となっていました。

その課題を解決するための1つの手段としてこの試験が生まれたのです。

同様のことは、異なる職種間でも起こりやすく、プロジェクトを進める上で問題が発生しやすいでしょう。

主要3職種の重要な知識を「Webリテラシー」と定義し、仕事を行う上でその標準知識を備えているかを問う資格試験なのです。

Webデザイナー試験

パソコン作業をする女性

Webデザイナー試験も、Web検定の資格の1つです。

今やWebデザイナーが、習得すべき知識はかなり幅広く、偏りなく習得するのは大変困難です。

必要とされる実践的かつ標準的な知識を網羅するために、この検定を利用して知識の習得に繋げます。

ビジュアルデザインのルールから、HTMLやCSSの書式と基本設計、実装技術など実務を想定した試験内容になっています。

Webプロデューサー試験

Webサイトは、私たちが毎日目にするテレビや映画などと同じ、1つのコンテンツといえます。

このコンテンツの完成度を高めるためには、どうしてもマネジメントをする人材が必要です。

この試験は、ビジネスパーソンやプロデューサーが備えておくべき現状把握・戦略立案・それらの具体化術などを問う試験です。

さらに経営層と制作側の間に立って運営する役割といった幅広い専門知識を問う内容になっています。

Webディレクション試験の資格を取得するメリット

Webディレクションの試験を受けて、具体的にどのようなメリットが考えられるでしょうか?

どのようなメリットが考えられるのか、3つのポイントをお伝えしましょう。

仕事の幅を広げられる

女性

冒頭からお伝えしているように、Webディレクターの仕事は多岐にわたります。

A社で培った経験やスキルが、B社では通用しないということはよくあることです。

なぜならWebディレクターの仕事が多すぎるために、Webディレクターの業務すべてに関わるというわけではないからです。

業務の進め方も一律ではなく、会社独自の方法をとっている場合もあり、Webディレクターの働き方は十人十色といえます。

だからといって、自分の得意分野だけ知識を持っていればいいというわけではありません。

どのような現場でも通用する知識とスキルを身につけることは、最低限必要であるといえます。

Webディレクション試験を受けることで、幅広い知識やスキルを体系的かつ網羅的に学ぶことができます。

経験者は、それまで培った知識やスキルをより理解を深めることで、仕事のスピードアップや質の向上にもつなげられるでしょう。

給料アップにつながる

Webディレクション試験は簡単に取れる資格ではありません。

そのため、この資格を持っているか持っていないかでは、人事評価にも差がつくでしょう。

なぜなら、この資格を取得することで、一定水準の知識やスキルを持っているということが客観的に証明できるからです。

Webディレクターは業務を遂行する上で、マーケティングやサイト分析等、幅広いスキルを求められる仕事です。

経験が豊富であれば優劣が経験から判断できますが、そうでない場合の判断材料は客観的な資格の有無に頼らざるを得ません。

Webディレクション試験を取得していればスキルの証明になり給与アップにつながるといえるでしょう。

人脈を増やすことにつながる

会議 女性

Webディレクション試験の内容は、幅広い知識の習得の他に実践を交えたものです。

Webディレクターは、Webデザイナー・ライター・エンジニア・マーケッターなどと打ち合わせをする機会が多くあります。

円滑なコミュニケーションを図るためには、業界の専門用語はもちろん、それぞれの専門家に対する理解が必要です。

Webディレクション試験を受けることで、専門家がどのような情報を欲しがっているのかについても学ぶことになります。

それらを知ることで、関わる専門家への信頼度のアップにつながるでしょう。

さらにより良いコミュニケーションを取れば、自分自身の人脈の構築にもつながっていきます。

これらの人脈が将来の大きな財産になることもあります。

 

ワンポイント
資格取得で得られるメリットは多い。

Webディレクション試験の資格を活かせる仕事を解説

Webディレクション試験の資格を取得することで、主にプロジェクトの企画立案を行う仕事に就くことができます。

Web業界ではそのような仕事を行うのは、WebディレクターやWebプランナーです。

実際にその線引きをしている会社もありますが、同じ意味として捉えている会社もあります。

この違いについて詳しく解説してみましょう。

Webディレクター

在宅ワークをする女性

Webディレクターは、プロジェクトに関わる人をマネジメントすることが、主な業務といえます。

クライアントの要望を聞き、Webサイトの方向性を決定し、デザイナーやプログラマーなどの製作チームをまとめていきます。

スケジュールの管理・運用中のアクセス分析や更新作業の管理等、とても幅広い業務内容です。

Webプランナー

Webプランナーは、クライアントからの要望やイメージなどをヒアリングし、方向性を決めて全体的な企画を行います。

Webディレクターも企画に携わりますが、Webプランナーはより細かい部分までを決めるというイメージです。

クライアントと製作者の間に立って橋渡しとなることが多い、重要な役割を持つ仕事といえます。

Webディレクション試験は転職で有利になる?

女性

先ほどお伝えした通り、Webディレクション試験はそう簡単に取得できるというものではありません。

また、幅広い業務に対する知識や実務も学べることから、資格取得者に対する評価も高いといえます。

必ずしも、この資格を取得しておけば、人事担当に必ず選んでもらえるというわけではありません。

しかし無資格の人たちに比べると、断然有利に働くはずです。

 

ワンポイント
資格だけでなく他の知識やスキルも大切。

Webディレクションを転職への活かし方は?

女性

Webディレクターへの転職の際、必ずしも資格が必要ということはありません。

しかし、転職における人事担当者へのアピールとしてこの資格を取得している事実を伝えない手はありません。

過去にWebディレクターの経験をしていた方は業務経験があるという強みがあります。

しかし、その会社での評価と新しい会社での評価が同じということはありません。

Webディレクション試験の資格を取得していれば一定のスキルが備わっているという証拠になり、有利に働くでしょう。

 

ワンポイント
資格とあわせてスキルや実績をアピールしよう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

働く女性

転職エージェントへの相談は、転職に不安を抱えている段階でも相談できます。

転職エージェントでは、転職を考えるそれぞれの段階での悩みや疑問を丁寧にヒアリングを行い、アドバイスを示してくれます。

自分の中で整理できなかったことも、エージェントに相談するとすっきりと解決でき、次のステップに進めるでしょう。

まとめ

パソコンと女性

今回はWebディレクション試験の活かせる求人や活かせる職種について解説しました。

Web業界への転職においてWebディレクション試験の資格は大きなアピールポイントの1つになります。

Webディレクションに関わる仕事への転職では、必ずしもこの資格がないとこの仕事ができないわけではありません。

しかし全体を統括する仕事ならではの幅広い知識実務経験が必要です。

そのためこの資格を取得をすることが、人事担当者への安心材料となり得るといえます。

自らのアピールポイントとして、資格を取得し活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら