クリエイティブディレクターは、広告など制作物の企画から制作まですべての過程における総責任者です。

関わるスタッフ全員をとりまとめ指揮をとる必要があるため、業務量が多いうえに責任感も求められます。

しかしその分大きなやりがいや成長を得られる仕事です。

この記事では、クリエイティブディレクターのについて、仕事内容ややりがいなどさまざまな面から解説します。

クリエイティブディレクターに転職したい・興味がある人はぜひお読みください。

クリエイティブディレクターの仕事内容を解説

問題解決する女性

この記事では、クリエイティブディレクターの仕事内容などを解説します。

クリエイティブディレクターはディレクターという名のとおり、監督業の一種です。

広告などを制作する過程において、企画段階から実際の制作までをとりまとめます。

制作現場における総責任者・総監督という立場であるため、高いリーダーシップや幅広いスキルが必要です。

そのため制作に関する別の業務で経験を積み、ステップアップをしていくことをおすすめします。

まずは仕事内容や求められるスキルについて知り、仕事に対する理解を深めましょう。

 

無料転職相談をしてクリエイティブディレクターの仕事について知ろう

 

クリエイティブディレクターの主な業務内容は?

パソコンで仕事をする女性

クリエイティブディレクターの主な業務内容を紹介します。

制作における総責任者ということで、おこなうべき業務は多岐に渡ります。

ヒアリング

企画が立ち上がって最初におこなう業務が、クライアントへのヒアリングです。

制作目的や使用方法・コンセプトなどをなるべく具体的に聞き、クライアントの意向を掴みます。

クリエイティブディレクターが関わる制作物のほとんどは広告です。

取り上げる商品やサービス・アピールポイント・理想とするPR方法や広告イメージなどをヒアリングします。

そうして集めた情報をもとに企画や制作を進めていきます。

アイディア捻出

一通りのヒアリングを済ませ、次におこなう業務はアイディアの捻出です。

広告に限らずなにかを制作するにはアイディアが必要不可欠です。

そのためアイディア捻出の過程は非常に重要な役割を持ちます。

この段階では実現性や有用性を一旦無視し、とにかく多くのアイディアを出すことが多いです。

十分な量のアイディアが出たあとで内容の吟味や検討をおこない、採用するアイディアを絞り込みます。

創造性や独創性が問われる業務です。

関係者のマネジメント

打ち合わせ

関係者のマネジメントは、総責任者・総監督として重要とされる業務のひとつです。

広告制作にはデザイナー・コピーライターをはじめ数多くのスタッフが関わります。

このような関係者すべてをとりまとめマネジメントするのが、クリエイティブディレクターの役割です。

関係者をうまくマネジメントすることは、スムーズな広告制作のために欠かせません。

コミュニケーション能力やリーダーシップが求められる業務です。

現場のディレクション

ディレクターという名のとおり、制作現場のディレクション業務もおこないます。

クリエイティブディレクターが現場を上手く回し調整することで、スケジュールや進行が守られます。

広告に限らずクライアントの依頼により何かを制作する場合、スケジュール管理は必須です。

それに加え高品質な広告の実現やトラブル回避などのためには、細かい点まで気を配る必要があります。

現場のディレクション業務は、高品質の広告をトラブルなく納期までに制作するために重要です。

プロモーション進行

広告を活用したプロモーション進行もクリエイティブディレクターに求められます。

プロモーションとは顧客とのコミュニケーションを指す用語で、広告はプロモーション活動のひとつです。

ここでいうプロモーションとは、制作した広告を活用して販促活動をおこなうことを指します。

広告を制作・納品して終わりではなく、実際に活用をして成果を出すまでの進行が必要です。

このようにクリエイティブディレクターは、制作物の企画から活用まですべてを請け負います。

 

ワンポイント
制作物に関する幅広い業務を求められます。

クリエイティブディレクターにおける女性の役割は?

女性

女性がクリエイティブディレクターとして働く場合、どのような役割が求められるのでしょうか。

女性ならではの強みを活かす場面として以下のような例が挙げられます。

  • 細やかな気配りによる気持ちの良い現場作り
  • 感性や人の気持ちを重視したアイディア提案
  • 深い注意による細かい点への気付き

一般的に男性より女性のほうが細やかな気配りが得意といわれています。

その力を活かすことで、困っている人への手助けや人同士のトラブル仲裁などが可能です。

豊かな感性や共感力を発揮することで、より感情に訴えかけるようなアイディアの提案もできます。

細かい部分に気づく力も、女性のほうが優れている点です。制作物の微調整に活かせるでしょう。

男性と女性では強みや分野が異なります。

クリエイティブディレクターとしての責務を果たしつつ、女性特有の強みを活かした仕事をするのが大切です。

 

ワンポイント
女性としての強みを活かすことで良い仕事ができます。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


クリエイティブディレクターのやりがい

女性

クリエイティブディレクターがやりがいを感じられる瞬間を紹介します。

  • トラブルや困難を乗り越えながら無事に納品が完了
  • クライアントからの感謝や消費者からの高評価を獲得
  • 制作した広告によって売上拡大などの成果が発生

広告制作の過程において、無事に納品を済ませるという行為はとても重要です。

さまざまなトラブルや困難がありながらも無事に納品が完了すれば、大きな達成感を得られます。

しかし納品して終わりではありません。

クライアントからの感謝や消費者からの高評価を得ることで、喜びや嬉しさを感じるでしょう。

制作した広告が売上拡大などの成果を実現させれば、制作したことに対する満足感を味わえます。

これらは仕事のやりがいでもあり、モチベーションアップにも繋がるものです。

クリエイティブディレクターに向いている女性の特徴

女性

クリエイティブディレクターに向いている女性の特徴を紹介します。

仕事への適性が高いほど活躍できる場面が多いでしょう。

コミュニケーションスキルが高い人

クリエイティブディレクターは多くの関係者と関わる立場です。

そのためコミュニケーションスキルが高い人ほど向いています。

制作現場のマネジメントや管理・調整のためには人と話す必要があります。

それだけではなく、スタッフの悩みを聞き出す・トラブル解消の糸口を見つけるためにも会話は非常に重要です。

コミュニケーション能力が高いほど、人と話す場面をスムーズに進めることができるでしょう。

クリエイティブディレクターには高いコミュニケーションスキルが求められます。

マネジメント能力がある人

総責任者・総監督としての役目を果たすためには、マネジメント能力が必須です。

マネジメント能力をひとことで説明すると、目標達成のために取り組むための能力といえます。

多くの関係者をとりまとめ最大限の成果を出すためには、目標達成のための管理や調整が必要不可欠です。

それらを達成するために必要な能力が、マネジメント能力です。

高いマネジメント能力を持つ女性は、クリエイティブディレクターとして大いに活躍できる可能性があります。

自分の意見を言うことができる人

女性

自分の意見を素直に言える人はクリエイティブディレクターとしての適性が高いです。

多くの人の意見をまとめたりクライアントや関係者の要望を聞いたりするのも大切な仕事です。

しかし総責任者であるクリエイティブディレクターの意見が求められる場面も少なくありません。

衝突を避けるために正直な意見を避ける人もいるかもしれませんが、必ずしも正しい判断とはいえません。

自分の思い通りに進めるために自分勝手なことばかり言うのと、円滑な仕事のために意見を出すことは違います。

必要とされる場面で自分の意見をしっかり言える力が大切です。

広告業界に携わったことがある人

広告業界に携わったことがある人もクリエイティブディレクターに向いています。

広告業界の仕事を通してクリエイティブディレクターとして活かせる経験を積んでいることが多いです。

どの業種・職種であっても、活かせる知識や経験を持っている人は非常に重宝されます。

クリエイティブディレクターの場合、広告業界での知識や経験がかなり有利に働きます。

担当した業務が何であれ、広告業界に携わったことがある人はクリエイティブディレクターへの適性が高いです。

 

ワンポイント
仕事への適性が高いほどスムーズな業務が期待できます。

クリエイティブディレクターに求められるスキルは?

女性

クリエイティブディレクターには以下のスキルが求められます。

  • 想像力・発想力
  • マネジメント能力
  • 高いコミュニケーションスキル

すでに記述してきた内容と重複してしまうため詳しい解説は避けますが、これらのスキルが必要不可欠です。

クリエイティブディレクターとして働くために必要とされるスキルを身につけましょう。

クリエイティブディレクターの年収は?

女性

転職を検討するうえで気になることのひとつに年収が挙げられます。

続いてはクリエイティブディレクターの年収を紹介します。

未経験

広告業界やディレクター業務未経験の場合、年収は350万円~の場合が多いです。

責任が大きく難しい業務なため、未経験であっても比較的高収入を見込めます。

ただし、まったくの未経験者の募集を歓迎するクリエイティブディレクターの求人はあまり多くありません。

基本的には広告制作スタッフやアシスタントディレクターなどを経験を積む必要があります。

そこからのステップアップでクリエイティブディレクターになる場合が多いです。

経験者

経験者の年収は400万円~であり、平均年収は500万円ほどです。

年収はかなり幅広く、経験やスキルによっては1,000万円近い年収を実現させることもできます。

努力や実績次第で平均以上の年収を得られる可能性がかなり高いです。

 

無料転職相談をしてクリエイティブディレクターの年収について知ろう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


クリエイティブディレクターの将来性とキャリアパス

女性

転職を検討するまえに、仕事の将来性とキャリアパスについて知っておくと良いでしょう。

クリエイティブディレクターの将来性とキャリアパスを紹介します。

将来性

クリエイティブディレクターはこの先も一定の需要を保ち続けると予想される仕事です。

商品やサービスを販売するためには、広告によって消費者へ認知してもらう必要があります。

広告の必要性がなくなる未来は想像しにくいでしょう。

すなわち広告制作の総責任者であるクリエイティブディレクターも必要とされ続けるということです。

少し前はチラシやテレビCMが広告の主体でしたが、近年はSNSやLPのようなWeb広告が増えています。

このように媒体が変わる可能性は高いですが、広告自体の必要性はなくならないでしょう。

キャリアパス

女性、パソコン

クリエイティブディレクターとして経験を積んだ人のキャリアアッププランとして以下が挙げられます。

  • 広告プロデューサーへの転職
  • フリーランスとしての独立
  • 広告制作会社の起業

プロデューサーはディレクターのさらにうえにあたる職種で、営業的な業務が多いです。

クリエイティブディレクターのキャリアパスとしてもっとも考えやすい道といえるでしょう。

企業に勤めているのであれば、フリーランスとして独立する・自身で会社を立ち上げるのもひとつのプランです。

やりがいや自由度が高くなるうえ、実力次第で大きな収入を実現させることができます。

 

ワンポイント
将来性がある仕事で、その先に進む道にもさまざまな選択肢があります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズをするビジネスウーマン

本格的にクリエイティブディレクターへの転職活動をはじめるなら、やるべきことが多く発生します。

熱意や適性をアピールできる志望動機の作成や面接対策・場合によっては資格の勉強などが必要です。

目標達成のためと思えば頑張れるかもしれませんが、一人ですべてをこなそうとすると大変なことも多いです。

転職活動では疑問や不安が生まれやすく、それらは悩みにつながります。

悩みを放置してもいいことはありませんが、どうしたらいいのかわからない人は多いでしょう。

そこでおすすめなのが、転職の悩みは転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは転職活動のプロとして、多くの求職者をサポートしてきた実績を持ちます。

転職に関する悩み相談の経験も豊富なため、的確なアドバイスが期待できます。

転職エージェントは無料で活用できるため、使わない手はありません。

悩みが生まれたらそのままにせず、転職エージェントに相談して解消させましょう。

 

無料転職相談をして転職に関する悩みを解消させよう

 

まとめ

パソコン作業をする人

クリエイティブディレクターは広告などの制作において非常に重要な役割を持ちます。

求められるスキルや能力が高く仕事も難しいですが、その分得られるやりがいは大きいです。

実力次第で高年収を実現させることもできるため、モチベーションも維持しやすいでしょう。

もし転職活動で困ったことがあればいつでも転職エージェントにご相談ください。

理想的な転職を実現できるよう、全力でサポートさせていただきます。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!