広告業界の監督役であるクリエイティブディレクターは人気のある職種です。転職を希望する人も多いことでしょう。

しかし、未経験から挑戦することは難易度が高いともいわれているため、断念してしまう人も多くいるのが現状です。

今回は未経験からクリエイティブディレクターに転職する方法について紹介します。

クリエイティブディレクターに向いている女性の特徴も合わせて紹介していくのでチェックしてみてください。

Contents

クリエイティブディレクターに未経験で転職する方法を解説

女性

クリエイティブディレクターには幅広い知識が必要だといわれています。

そのため、経験者を募集する企業が多く未経験からの転職は難しいと思いがちです。

しかし、未経験であってもクリエイティブディレクターに必要なスキルを身につけていれば転職することは可能でしょう。

また、クリエイティブディレクターの需要が高まっていることから未経験者を歓迎している企業も増えています。

では、クリエイティブディレクターに未経験で転職する方法について紹介していきます。

未経験求人から仕事内容をチェック

女性

クリエイティブディレクターの仕事内容は非常に幅広くなっています。そのため、未経験者を募集する企業では分業することが多いです。

企業独自の教育体制を整えていることもあり、求人内容をよくチェックすることが重要となります。

では、未経験求人から仕事内容を確認していきましょう。

若くて有力な人材を求めている企業の求人

ベンチャー企業の求人の中には若くて有力な人材を求めるものが多くあります。

会社の代表の年齢も若く経験よりも成長意欲を重視しているのが特徴です。求人にて公開されている業務は以下の通りです。

  • 競合・ターゲットの調査
  • プロモーション戦略の企画・提案
  • WordやPowerPointでの広告デザインの作成・提案
  • 外注先への発注・進捗確認
  • 納品管理

業務内容は幅広くなっていますが、こちらの会社ではクライアントごとにチームを作成しています。

そのため、未経験であってもチームの人とコミュニケーションをとることができれば仕事ができる業務スタイルとなっているのです。

雑用のような仕事から始まる会社もあるため、業務内容についてはきちんとチェックしておく必要があるでしょう。

デザイン系のソフトを使用できる未経験者を求める求人

女性

クリエイティブディレクターの仕事が未経験であっても、デザイン系のソフトを使用できる人を求める求人は多いです。

仕事内容の中でも分析の分析の部分は、未経験であっても社内教育などによって補うことができます。

しかし、デザイン系ソフトの使用方法まで一から教えていては仕事が進みません。

デザイン力がありソフトを使用することができれば即戦力だと判断されます。

また、「Illustrator」や「Photoshop」はクリエイティブディレクターが使用する画像ソフトの代表例です。

 

ワンポイント
求人内容はよく確認しよう。

クリエイティブディレクターに向いている女性の特徴

人差し指を立てる女性

平均年収の高いクリエイティブディレクターは女性からも人気の職種です。

求人の数が増えるにつれてクリエイティブディレクターを目指す女性も増えていることでしょう。

しかし、どんな仕事であっても向き不向きがあります。

ここでは、クリエイティブディレクターに向いている女性の特徴について紹介していきます。自分に当てはめながら確認していきましょう。

リーダーシップがある

リーダーシップがある女性はクリエイティブディレクターに向いています。

クリエイティブディレクターの仕事は監督業のようなものです。

人をまとめる力が必要とされるため、リーダーシップがある女性が求められます。

グループの中心にいるタイプの人や、複数人で遊ぶときに率先して予定を立てる人はリーダーシップがあるといえるでしょう。

コミュニケーションが得意

面接

クリエイティブディレクターの仕事では多くの人と関わることとなります。

社内でチームの人とコミュニケーションをとることも多いでしょう。

また、クライアントの要望を知るためにうまく会話を運ぶ必要もあります。

コミュニケーション能力の高さが仕事結果に結びつくことも多いでしょう。

そのため、コミュニケーションが得意な女性はクリエイティブディレクターに向いているのです。

マネジメント能力がある

クリエイティブディレクターの仕事では1つの広告を作成するために外部の制作会社からの参加を求めることもあります。

チームをまとめて目標に向けて誘導していく力が必要となるため、マネジメント能力が重要視されることでしょう。

また、有力な人材を確保すればいいだけでなく、スケージュール管理の能力も求められます。

クリエイティブディレクターの仕事に求められる要素をカバーできるのがマネジメント能力となるのです。

 

ワンポイント
コミュニケーション能力が高い人はクリエイティブディレクターに向いています。

クリエイティブディレクターに向いていない性格や特徴

困った女性

仕事には向き不向きがあり、多くの能力が求められるクリエイティブディレクターでは特に気を付けなくてはなりません。

クリエイティブディレクターに向いている人であれば楽しいと感じられることでも、辛いと感じてしまうことがあるのです。

ここからは、クリエイティブディレクターに向いていない人の性格や特徴を紹介していきます。

クリエイティブディレクターに向いているかどうか不安な人はチェックしてみてください。

自分の意見を言うことが苦手

自分の意見を言うことが苦手なタイプの人は、クリエイティブディレクターに向いていません。

なぜなら、クリエイティブディレクターは自分の意見を多くの人に伝えていかなければならないからです。

人をまとめるためには自分自身が何かを決めなければなりません。そして、その内容を周囲に伝えることが求められます。

人前で発表するのが苦手なタイプの人は、クリエイティブディレクターとして活躍することは難しいでしょう。

分析することが苦手

パソコンを見て悩むビジネスウーマン

分析することが苦手な人もクリエイティブディレクターには向いていません。

クリエイティブディレクターの仕事の中には、競合やクライアントを調査することがあります。

チーム全体が目指す方向性を決定するためには、きちんと分析をすることが大切なのです。

そのため、分析をすることが苦手な人はリーダーとなるクリエイティブディレクターには向いていません。

クリエイティブディレクターの転職に役立つ資格

まるを作る女性

未経験からクリエイティブディレクターを目指す場合は資格が非常に役に立つことでしょう。

実務経験がなくても資格を取得していれば、企業から基礎知識があることを認めてもらえます。

また、基礎知識を得るために学習する意欲のある人だと評価されることもあるでしょう。

資格としては「カラーコーディネーター検定」「Illustratorクリエイター能力認定試験」などがおすすめです。

自分が持っている能力と照らし合わせながらどういった資格を取得するべきか確認していきましょう。

また、どんな資格が必要か迷ったときは転職エージェントを利用してみてください。

 

ワンポイント
資格取得は転職に有利になります。

未経験でのアピールポイントは?

女性

クリエイティブディレクターの経験者であれば、前職での実績などアピールポイントがたくさんあることでしょう。

しかし、未経験からの転職となると何をアピールすればいいのか迷ってしまいます。

アピールポイントを間違えてしまうと転職に失敗してしまうことも多いため、注意しておく必要があるのです。

スキルをアピールしよう

未経験からの転職であっても何かしらのスキルは持っていることでしょう。

クリエイティブディレクターの仕事は幅広いため、仕事内容に合致するスキルがたくさんあるのです。

そのため、未経験であってもクリエイティブディレクターの仕事に役立つスキルを持っている人は多くいます。

例えば、人と話すことが得意なだけでもクリエイティブディレクターの転職に役立つスキルとなるのです。

クリエイティブディレクターの仕事で役に立つスキルは積極的にアピールしてみてください。

適正があることを伝えよう

面接

クリエイティブディレクターに転職したいけど、役立つ資格を何も持っていないという人もいるでしょう。

しかし、大切なのはクリエイティブディレクターの仕事に自分が向いているかということです。

適正があることをアピールすることが重要となります。

反対にクリエイティブディレクターに向いている人でも、自己PRができなければライバルに負けてしまうことがあるのです。

クリエイティブディレクターの未経験求人の探し方

社内

未経験者がクリエイティブディレクターに転職する際につまずいてしまうのが求人探しです。

クリエイティブディレクターの仕事に興味はあるけれど、探し方が分からず諦めてしまうこともあるでしょう。

ここでは、未経験求人の探し方について詳しく紹介していきます。

未経験からクリエイティブディレクターへの転職を目指している人は確認しておきましょう。

転職サイトを見る

転職サイトを見ることによって、クリエイティブディレクターの未経験求人を探すことが可能です。

転職サイトによって検索の方法は異なりますが「クリエイティブディレクター・未経験可」といったキーワードで検索するとヒットします。

しかし、中には検索でヒットさせることを目的としている関係のない求人もあるため注意が必要です。

転職サイトを利用する際は、きちんと求人の内容を確認して自分の求めている仕事であるかチェックするようにしましょう。

転職エージェントを活用する

チーム

より確実にクリエイティブディレクターの未経験求人を探したいのなら、転職エージェントを活用していきましょう。

転職エージェントであれば転職サイトのように不要な求人を確認する必要はありません。

また、クリエイティブディレクターの未経験求人の中でも一人一人にあった求人を紹介してもらえます。

満足のいく転職をするためにも、転職エージェントを利用していきましょう。

 

ワンポイント
転職エージェントを利用すれば未経験求人が見つかりやすくなります。

クリエイティブディレクターへの未経験転職を成功させるために

女性

未経験からクリエイティブディレクターに転職することは可能です。しかし、対策を何もせずただ応募すれば受かる業種ではありません。

また、企業によって待遇や仕事量に差があるため企業選びも重要となります。

クリエイティブディレクターへの未経験転職を成功させるためのコツを2点お伝えしていきますのでぜひご覧ください。

自己分析をしよう

未経験の転職の場合多くの人が悩むのがアピールポイントです。

そして、自分のアピールすることを知るためには自己分析が必要となります。

自己分析を行い自分の能力を再確認することによって、アピールするべきポイントが見えてくることでしょう。

また、足りない部分も知ることができ転職に向けたスキルアップにも繋がります。

業界研究をしよう

パソコン

業界研究を行うことも未経験からクリエイティブディレクターへの転職を成功させるために必要となります。

求人内容を見ると分かりますが、ざっくりとした内容で記載されることが多いです。

そのため、業界に関する知識がないまま転職すると後悔することになりかねません。

ミスマッチを防ぐためにも業界研究は必須となるでしょう。

また、求められる資格についても知っておくと求人の内容を理解しやすくなります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔の女性

未経験からクリエイティブディレクターへの転職は簡単ではありません。

しかし、要点を抑えて転職活動を行えば未経験からでも転職を成功できます。

転職の時に重要となるのが悩みを抱えたままにしないということです。

転職のプロである転職エージェントに相談することによって、悩みを解決することができます。

転職エージェントをうまく活用していきましょう。

まとめ

笑顔の女性

未経験からクリエイティブディレクターに転職することは可能です。

また、クリエイティブディレクターは今後も需要が高まる仕事であるため、未経験者を受け入れる企業も増えてくることでしょう。

未経験であることをマイナスと捉えるのではなく、自己分析などで自分の魅力を知りきちんとPRしてみてください。

そして、困ったときは転職エージェントを利用してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら