クリエイティブディレクターは年収も高く転職を目指す人が多い職種です。

そのため、難易度が高いと思われていて転職に関する悩みも多くなっています。

また、転職に役に立つ資格を取得しようと考える人はいますが、どの資格を取ればいいのか迷うこともあるでしょう。

今回はクリエイティブディレクターの転職に役に立つ資格について紹介していきます。

Contents

クリエイティブディレクターの転職に役立つ資格を解説

女性

クリエイティブディレクターになるために必須の資格はありません。

しかし、何のスキルもなくクリエイティブディレクターになることは難しいでしょう。

クリエイティブディレクターに転職するためには、関連する資格を取得しておくことがおすすめです。

では、クリエイティブディレクターの転職に役立つ資格について紹介していきます。

クリエイティブディレクターにおすすめの資格「カラーコーディネーター検定」

ノートパソコンを使う女性

クリエイティブディレクターの仕事では、デザインについての知識も求められます。

そのため、カラーに関する知識を得ていることを証明するカラーコーディネーター検定は役に立つでしょう。

色の与えるイメージは大きく、デザインを考える際は色の組み合わせを大切にします。

また、カラーの組み合わせに気をつけることによってデザイン性の高いものを作りあげることができるでしょう。

資格の特徴

カラーコーディネーター検定とは色に関する知識や技術を問うものです。

色に関する知識を身につけることができるため、デザイン系の仕事をしている人が多く受験します。

また、カラーコーディネーター検定の受験には制限がありません。

学歴・年齢問わずに受験できることから学生の受験率も高くなっています。

3級・2級・1級のどのランクからでも受験できるのもカラーコーディネーター検定の特徴です。

自分のレベルに合わせて選択していきましょう。

試験内容や難易度

丸と女性

カラーコーディネーター検定は3つの級に分かれているため自分のレベルに合わせた難易度を選択できます。

合格率は3級が70%程度で2級が50%程度です。1級になると40%以下とその難易度の高さを実感できることでしょう。

また、3級と2級はマークシート方式ですが1級には論述方式も用いられています。

試験内容も級が上がるにつれて複雑になっていくので、自分に合った難易度を選択することが重要となるでしょう。

 

ワンポイント
カラーコーディネーター検定で色に関する知識を身につけよう。

クリエイティブディレクターにおすすめの資格「Illustratorクリエイター能力認定試験」

ポイントを説明する女性

Illustratorクリエイター能力認定試験はDTP業界の画像編集の標準ソフトでもあるIllustratorの実務能力に関する試験です。

民間資格ではありますがDTP業界では有名な資格で持っていることで評価されることでしょう。

クリエイティブディレクターの仕事で画像編集ソフトを使用することは多く、知識を身につけていれば役に立ちます。

資格の特徴

Illustratorクリエイター能力認定試験はスタンダードとエキスパートの2つの種類があります。

名前の通りスタンダードの方が簡単ですので、初めて挑戦する人はスタンダードから受験していきましょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験の勉強をすることによって、Illustratorの使い方を学ぶことができるのがこの資格の特徴です。

試験内容や難易度

笑顔で通話する女性

Illustratorクリエイター能力認定試験のスタンダードの試験内容は基礎問題だけです。

未経験からでも1日1~2時間の勉強で取得できることでしょう。また、エキスパートでも合格率は50%を超えています。

未経験者がいきなりエキスパートに合格することも不可能ではありませんが、段階を踏むことで基礎知識を定着させることができるのです。

Illustratorに関する知識を高めることが目的なら、スタンダード・エキスパートとレベルアップして受験していきましょう。

クリエイティブディレクターにおすすめの資格「DTPエキスパート認証試験」

パソコンを持つ女性

DTPエキスパート認証試験もクリエイティブディレクターにおすすめの資格の1つです。

DTPとは主にパソコンを使用して書籍や新聞などの出版物の編集・構成・割り付け・印刷を行うことを指します。

DTPエキスパート認証試験は日本印刷業界協会が主催する民間の資格ですが受験者も多く広く認知されている資格です。

資格の特徴

DTPエキスパート認証試験の特徴は2年ごとに有料で資格継続試験を受けなければならないことです。

通常の資格は一度取得するだけでいいのですが、DTPエキスパート認証試験は2年に1度更新をしなくてはなりません。

しかし、更新があることによって技能レベルの維持・向上が可能となります。

また、DTPエキスパートとDTPエキスパート・マイスターの2種類があるのも特徴です。

試験内容や難易度

パソコンに向かう女性

DTPエキスパートの学科試験の出題範囲は以下の通りです。

  • DTP関連知識
  • 印刷発注側知識
  • 印刷工程知識
  • 色の知識

出題範囲の中からDTP・色・印刷技術・情報システム・コミュニケーションの5つのカテゴリーに分類されます。

その全てのカテゴリーで正解率80%以上を取る必要があるのです。

また、DTPエキスパート・マイスターになると実技試験がプラスされます。こちらもカテゴリーごとに評価が行われます。

全カテゴリで10段階評価のうちの8以上を獲得できれば合格です。

合格率は50%を超えているためきちんと勉強をして望めば合格することは難しくありません。

クリエイティブディレクターの転職に資格は必須?

はてなを持つ女性

クリエイティブディレクターになるために特別必要な資格はありません

しかし、転職をする際に資格を持っていればPRすることができます。

未経験であればなおさら知識のあることの証明となるため資格を取得しておくべきでしょう。

また、デザイナーやコピーライターなどの制作部門からの転職の場合は、資格よりも経験が転職の際に重要視されます。

必須ではありませんが、人によっては資格を持っていることで転職が有利になるでしょう。

 

ワンポイント
資格取得は転職に有利になる。

資格を取得するメリット

問題解決する女性

クリエイティブディレクターを目指す人が資格を取得することはメリットになります。

しかし、そのメリットが何なのかをきちんと把握していない人は多いでしょう。

目的を知らずに資格を取得することは賢い選択とはいえません。ここでは、資格を取得するメリットについて紹介していきます。

資格を取得するべきか迷っている人も資格を取得しようと思っている人もぜひチェックしてください。

知識やスキルの証明になる

資格を取得しておくと知識やスキルを証明することができます。

資格というのはある特定の分野に関しての知識を持っていることを証明することでもあるのです。

クリエイティブディレクターの経験がある人であれば、他にPRポイントもあることでしょう。

しかし、未経験からの転職を目指す場合は自分が優れた能力を持っていることをアピールする材料が少なくなってしまいます。

クリエイティブディレクターに関する資格を持っていることで、企業にとって有力な人材であることを証明できるでしょう。

キャリアアップに活かせる

女性

デザイナーやコピーライターなどの職種からキャリアアップを目指している場合にも、資格を取得することはメリットとなります。

今までの実績にプラスして資格があるため企業側からの評価も高くなることでしょう。

また、やる気があることをアピールするきっかけにもなり資格取得がキャリアアップの後押しとなります。

クリエイティブ系の仕事からのキャリアアップを目指している場合は資格を取得してみてください。

転職活動に役立つ

資格を取得することは転職活動の役に立つことでしょう。

基本的にクリエイティブ系の職種では資格よりも実績が重視されるといわれています。

しかし、クリエイティブディレクターの職についてから資格取得をする人はいますし、そういった人は評価されるのです。

また、資格取得をする際に少なからずクリエイティブディレクターの仕事に関連する知識を身につけることができます。

面接などの際に話を展開しやすくなるため、結果的に資格取得が転職活動の役に立つこととなるのです。

資格以外に必要な知識

女性

クリエイティブディレクターを目指すためには資格を取得するだけではいけません。

クリエイティブディレクターの仕事に関する知識を身につけることが重要となります。

しかし、どのような知識を身につければいいのか分からない人は多いでしょう。

ここでは、クリエイティブディレクターになるために資格以外に必要な知識を紹介していきます。

資格だけではなく知識も身につけてクリエイティブディレクターへの転職に近づきましょう。

広告制作に関する知識

クリエイティブディレクターの仕事は広告やCMでの企画・提案です。

そのため、広告制作に関する知識を身につけていれば役に立つことでしょう。

また、クリエイティブディレクターはその現場の監督という立場になります。だからこそ広い知識が求められるのです。

広告業界で仕事をした経験がある人はクリエイティブディレクターとなって力を発揮できることでしょう。

プログラミングの知識

パソコン

クリエイティブディレクターの仕事内容とプログラミングは一見畑違いのようにも感じます。

しかし、広告業界がWebやSNSを利用するようになったためプログラミング知識を持った人が求められるようになりました。

IT化されていく社会の中でプログラミング知識を持った人は今後重宝されることでしょう。

そして、クリエイティブディレクター自信がプログラミング知識を持っていればよりスマートな指示を出せるようになるのです。

 

ワンポイント
クリエイティブディレクターには幅広い知識が必要です。

必要な知識や資格の勉強方法

女性

様々な業界で必要とされつつあるプログラミング知識ですが、どうやって身につけていけばいいのでしょうか?

クリエイティブディレクターの仕事はデザインに関わることが多くプログラミングについて一切触れていない人もいます。

ここでは、必要な知識や資格の勉強方法について解説していくのでチェックしておきましょう。

独学で勉強する

クリエイティブディレクターの仕事で役に立つ資格の中には独学で勉強して取得できるものがたくさんあります。

カラーコーディネーターやDTPエキスパートはその代表例です。

1日数時間の勉強で取得できる資格もあるため、自分の実力と照らし合わせながらチェックしていくといいでしょう。

また、プログラミング知識に関しても独学で勉強することは不可能ではありません。

プログラミングスクールに通う

人差し指を立てる女性

プログラミング知識をきちんと身につけたい場合は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

プログラミングを少しでも経験したことのある人であれば、独学で勉強することも可能かもしれません。

しかし、デザイン系の勉強に力を入れていた人の場合プログラミング言語を見ても何のことか分からないことでしょう。

プログラミングスクールでは一から学ぶことができます。本気でプログラミングを学ぶならスクールに通ってみてください。

 

ワンポイント
自分のレベルに合わせて独学orスクールを選択しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスでミーティング

クリエイティブディレクターは未経験から転職することが難しい職種です。そのため、悩みも多くなってしまいます。

しかし、転職のプロである転職エージェントに相談すれば悩みを解決することができます。

また、自分に必要なスキルは何であるのか。どういった方法で転職活動をすればいいのかアドバイスを貰うことができるでしょう。

転職を成功させるためにも、転職の悩みは転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

ファイルを持つ女性

クリエイティブディレクターは人気の高い職種であり目指す人も多いです。

だからこそ倍率も高くなり未経験からの転職が難しいといわれています。

ただし、自分の能力をきちんと把握しライバルとの差別化を図ることができれば、未経験からでも転職することは可能です。

転職エージェントに相談しつつクリエイティブディレクターへの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら