英文事務とは英語を使った事務全般の仕事のことであり、一般事務・秘書などの事務職に英語力が加わったものになります。

英文事務の志望動機はどのような書き方をすると伝わりやすいのでしょうか。

こちらでは英文事務の志望動機の書き方を注意点を挙げながら解説しています。

面接でよく聞かれる質問も例を挙げて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

英文事務の志望動機の書き方を解説

PCで仕事をする女性

英文事務の志望動機ではまず英語を使う仕事の経験の有無が重要なポイントとなります。

どのような内容の仕事を何年くらい続けたのか、その経験が英文事務にどのように活かせるのかを明確に伝えましょう。

書き方としては最初にどのような仕事の経験があるか、次にそのスキルを活かしてどう会社に貢献したいのかを書くとよいでしょう。

企業によっては英文での志望動機が必要になる場合もあります。

英文であっても書くべき内容は変わりません。

志望動機の書き方をおさえ、英文でも志望動機がしっかりと書けるようにしておきましょう。

英文事務の志望動機を書く時のポイント

ガッツポーズをするビジネスウーマン

英文事務への転職で単に英語が出来ることをアピールポイントにするのは志望動機としては弱いです。

英語力を活かしてどのような分野で活躍したいのか、どのようなことで会社に貢献したいと考えているのかを書きましょう。

「培った英語力で貴社の〇〇に貢献できると自負しております」と具体的に書くことで企業側の印象がぐっと良くなります。

また、事務職である以上英語以外にも事務職に必要なスキルや活かせる長所も求められます。

事務スキルやコミュニケーション能力など、英語以外のアピールポイントも盛り込みましょう。

英文事務の志望動機で意識すべきこと

志望動機を書く際には、英文事務を募集している企業が望んでいるのはどのような人材なのかを考えることが大切です。

英語のスキルのある人は決して特別ではなく、特に英文事務の場合には英語は出来て当然のスキルとなります。

英語力をどう活かすかがポイントなのです。

英語力を活かして自分にはどのようなことが出来るのかをアピールしましょう。

なぜ英文事務を選んだのか

履歴書

どうして英文事務を選んだのかを明確に具体的に書くことも必要です。

単に英語が得意だから英語を活かした事務職がしたい、というだけでは志望動機としては弱いと思われてしまいます。

英語力があることは強みですが、英文事務では英語が出来て当然なのです。

「貴社のブランド製品の魅力を充分に海外に向けて発信できるように英文事務を志望しました」と書くと企業側にも明確に伝わります。

応募企業がどんな人材を求めているか把握しよう

メモ

志望動機では企業が求めている人材に自分がなれる、なりたいと考えていることを伝えることが大切です。

応募する企業のことをしっかりと調べた上で、求められる人材に自分自身がなると仮定し志望動機を具体的に書くとよいでしょう。

企業が求める人材はどのような人なのかを把握することで、企業で自分がどうなりたいのかを志望動機でアピールできるのです。

また、求めている人材を知ることで、自分のどのスキルや長所をアピールすればよいのかがみえてきます。

どれほど高い能力を持っていても、企業で活かせるものでなければミスマッチだと思われてしまうでしょう。

応募した企業にとって自分がいかに有益かを伝えるためにも、その企業で活かせるスキルや長所をアピールすることが大切です。

 

ワンポイント
企業がどんな人材を求めているか把握し志望動機を具体的に書きましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

英文事務の志望動機を書く時の注意点

志望動機を書く時の注意点としては、まず英文事務を志望する理由を明確にする必要があります。

どういった理由で自分の今まで培ったスキルが活かせると感じて志望したのかを伝えるのです。

出来るだけ具体的に、どのように企業に貢献できるのかを志望動機に組み込むとより伝わりやすくなるでしょう。

英文事務として働きたい理由を明確にしよう

ポイント

元の職種で培ったスキルをしっかりアピールして、そのスキルがあるから英文事務で働きたいのだと明確に書きましょう。

さらに、自分が働くことで企業側にはどのようなメリットを与えることができるのかをはっきりと伝えるようにしてください。

志望動機は企業に自分自身をアピールできる最初のハードルです。

皆と同じことを書いたのでは飛び越えることはできません。

採用担当者に響くような明確な決意を伝えることが大切なのです。

英文事務でなければならない理由を明らかにすることで、仕事に対する熱意も伝えることができるでしょう。

曖昧な内容はNG

女性、NG

志望動機というとなぜこの会社を志望したか、この職種を選んだかを履歴書で知ってもらうためのものです。

そのため、以下のような曖昧な書き方はNGです。

  • 英語力があるので海外に拠点のある貴社を志望しました。
  • 英文事務に興味があり志望しました。

興味があるだけでは仕事への熱意が感じられません。

海外に拠点のある企業であれば、どのように貢献したいのかを明確に伝えることが大切です。

前職での経験をもとに、このようなことで貢献したいと具体的に書きましょう。

この人を採用したら自社にとってかなりプラスの要素があると、採用担当者に感じてもらうことが大切なのです。

 

ワンポイント
志望動機は明確に、そして具体的に書き曖昧な書き方はやめましょう。

英文事務への転職でアピールすべきこと

英文事務に転職する際には、英語力だけでなく、英語力をどのような仕事に活かしていたかが大きなアピールになるでしょう。

英語力とあわせて、アピールするべき英文事務に必要なスキルを解説します。

英語力

OKサインを出す女性

英文事務への転職志望動機でまずアピールしたいのは英語力です。

英検やTOEICなどの資格があればそれも添えます。

ただし、英文事務へ転職を希望する人は皆英語力のある人ばかりです。

そのため、日常英会話が話せるだけでは強みになりにくいでしょう。

また、例え資格を取得しているとしても、企業の求める基準に達していないと考えられる場合は書かない方が無難です。

英検3級など中高生でも取得できるレベルであれば、逆に英語力は低いと思われてしまう可能性もあるでしょう。

英検なら準1級、TOEICなら700~800点取得していてはじめて英語力としてアピールできます。

また、語学留学の経験があれば付け加えるのも良いでしょう。

企業によって応募者に求める英語力は異なるものです。

自分の取得した資格やTOEICのスコアが、その企業にアピールできるレベルに達しているかは事前に確認しましょう。

また、大切なのは英語力を活かして、入社後にどのように貢献出来るかということになります。

自分の英語力を仕事に活かす姿を採用担当者がイメージできるようにアピールしましょう。

コミュニケーション能力

英文事務は事務全般の仕事を英語で行う仕事ですが、業務の中には電話対応も含まれています。

海外の顧客対応など難しい商談に関する電話などもこなす必要があるのです。

そのため、英語であっても人の話をしっかり聞けて自分の意見を伝えられるコミュニケーション能力も、大切なスキルです。

英語力とコミュニケーション能力で会社に貢献できることを、具体的に書くことが大きなアピールポイントとなるでしょう。

英文事務の志望動機の書き方例文

英文事務の志望動機の書き方をお話ししてきましたが、実際にどのように書くと採用担当者に響くのでしょうか。

弱いといわれる志望動機も伝え方で魅力的な高評価につながる志望動機に変わります。

長々と書く必要はありませんが、企業の内容を把握した上でなぜその企業を志望したのか自分がどう貢献できるのかを伝えましょう。

ここでは志望動機の例文を紹介します。

応募企業にひかれた理由を明確にする

女性

「貴社のお客様のニーズに合わせた営業戦略とその為の綿密な事前調査などに強く惹かれ応募しました。

私は前職で商品企画を手がけており、お客様の求めるものを調査し提案することにやりがいを感じていました。

そのうちに国内だけでなく、海外のお客様へ商品を広める仕事に関わりたいと思うようになったのです。

そのために英語の勉強にも取り組み、TOEICでは800点という成績をおさめることができるほど習得できました。

貴社は海外向けの営業戦略にも取り組み、海外での事前調査も実施されています。

身につけた英語力を活かし、英文事務として海外のお客様へのフォローをしっかりと行い、貴社に貢献したいと考えております。」

この志望動機では企業の取り組みと自分がしたいことがマッチしていることを伝えられます。

採用後は自分の性質を活かしこのように貢献したい、という流れで書くことでより熱意が伝わりやすくなるでしょう。

将来性をアピール

ガッツポーズ

「海外営業の需要が高まる中、貴社の海外への拠点の多さに大変魅力を感じています。

私は以前より海外での営業活動に興味があり、ビジネス英会話の勉強を続けてきました。

英文事務として英語力や他の語学力を充分に発揮し顧客との懸け橋になりたいと考え、志望いたしました。」

企業の将来性を志望動機に入れ込む人は多いですが、この場合も一般的なものではなく、自分自身で調査した内容が必要です。

応募企業のことをしっかりと把握した上で、その企業で自分がどのように貢献できるのかを伝えましょう。

スキルをアピール

「貴社の海外に向けての営業力の高さに惹かれ英文事務に志望いたしました。

前職では海外の取引先も含めてチームで1つのプロジェクトに取り組み機会が多くありました。

海外の人とやり取りをする中で、微妙な言葉のニュアンスや考え方の違いによってトラブルになってしまうこともあります。

そのため、多様な考え方や文化を理解することの重要性を理解したうえで、協調性やコミュニケーション能力を培いました。

入社後は、こうして前職で培った海外の人とのコミュニケーション力と英語力を活かして貢献して参ります。」

このように自分の持つスキルを挙げながら、採用後にはしっかりと貢献することを伝えましょう。

 

ワンポイント
志望動機には自己PRと将来の自分を見据えて会社への貢献を約束します。

英文事務の志望動機のNG例

志望動機に書いてはいけないとまではいいませんが、それだけをメインにしてはいけないNGワードがあります。

前職で培ったスキルがまったくかけ離れたものである場合スキルを書くことがマイナスとなる場合もあります。

成長や学ぶことはすでにしっかりできた上での転職です。即戦力を望む企業では魅力的な言葉としてとられません。

待遇面や給与面

×印

「貴社の手厚い福利厚生に魅力を感じました。また給与面でも申し分なく自分の力が発揮できると思い志望しました」

転職する時に確かに待遇面や給与は大切な条件となります。ただそれを志望動機としてそのまま書くのはNGです。

上記の理由では、待遇面だけで志望を決めているととらえられかねません。

どうしても待遇面を志望動機に入れたい場合には、必ず大きな志望動機を述べた上で付け添える程度にしてください。

学びたい・成長したい

「前職のアパレル業では最先端のファッションについて学びました。事務職は初めてですが英語力を活かして成長したいと思います。」

アパレル業でのファッションについては英文事務に直接関係のないスキルです。

中途採用では即戦力を求められている場合も多いため、職場で1から学ぼうとする姿勢が見えてしまうとマイナスな印象を抱かれかねません。

職場は学びの場ではないと考えましょう。

上記の志望動機を改善すると以下のようになります。

「海外営業での貴社の海外拠点の多さに大変な魅力を感じています。英語力を活かしグローバルな仕事がしたく志望いたしました。

前職のアパレル業ではお客様の求めるファッション傾向について提案し、会社やお客様に喜んでいただきました。

また海外の商品を多く扱っていたため、商品買い付けなどで海外企業と直接交渉するために英語を活用していました。

英文事務は未経験ですが、身につけたコミュニケーション能力と身につけた英語スキルを活かして貢献して参ります。」

同じように自分のアピール点を書く場合でも、英文事務への繋がりのある志望動機を目指しましょう。
 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

英文事務への転職面接でよく聞かれること

英文事務の面接で企業側が最も知りたいことは英語力だけではありません。

面接ではまず英文事務でどのような仕事を熟していきたいか、語学力はどのくらいあるのかなどを聞かれます。

英語で質問される場合もあるので、英語での質問を想定して解答を考えておくとよいでしょう。

よく聞かれる質問を挙げてみましょう。

どのような業務に貢献できるか

面接

入社後に企業のどの業務でどのような貢献をしてくれるのかを質問される場合もあります。

企業側が知りたいのは面接者を採用することでどのようにプラスになるのかということです。

事前に英文事務としての業務をきちんと理解し、具体的な回答を用意しておく必要があるでしょう。

例えば「英語力を活かし難しい商談なども営業との懸け橋になって顧客の希望をわかりやすく伝えられるようになりたい。」のような回答です。

実際の英文事務の業務内容を知った上で答えると高評価となるでしょう。

キャリアパス

面接ではキャリアパスについても質問される場合があります。

これは応募者の自主性や企業とマッチしているかどうかを見極めている質問です。

将来を聞かれた場合にはまずは英文事務の仕事をしっかりと熟し、少しずつでもステップアップしたいと答えるとよいでしょう。

明確なキャリアパスがある場合にはそれを答えるのも悪くはありませんが、まずは採用された職務をしっかり行うことが重要です。

 

ワンポイント
面接では英語力の評価基準や自社へどう貢献するかなどを聞かれます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

指をさす女性

英文事務の志望動機の書き方についてお話ししてきましたが、転職は自分一人の力ではなかなか上手くいかず悩むこともあるでしょう。

志望動機の書き方や面接での受け答えも、転職相談は転職エージェントを活用してください。

一人ではわかり難いことにも、きちんと答えを出してもらえます。

転職に関する悩みを抱えているのなら、転職エージェントに相談してみましょう。
 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

スーツ女性

英文事務の志望動機は、なぜ英文事務を選んだのかを明確に具体的に書くことが必要です。

どのようなスキルがあり、それを活かして会社にどのように貢献したいのかも具体的に書くようにしてください。

英文事務では英語力は当然なくてはならないものです。英語力だけをアピールするのではなく他のスキルも書くようにしましょう。

志望動機には応募企業をしっかりと調査した上で、どのような人材を求めているのかを知って書くことが必要です。

転職での志望動機に迷ったら、的確なアドバイスが期待できる転職エージェントに相談して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら