転職を希望する人が多くいますが、人事異動で望まない異動・転勤が原因の一つだといわれています。

特に生活環境が大きく変わる転勤は誰もがためらうことでしょう。

専門性を極めたい・やっと覚えられた仕事をこのまま続けたいなども転職の大きな理由と考えられます。

ストレスを抱えたまま異動するのはおすすめしません。

特に転勤は生活環境そのものが変わりますから悩む方は多いでしょう。

しかし、正社員がそれを拒否することは多くの場合退職を意味します。

そうした場合こそ思い切って環境を変えるため転職するいいタイミングかもしれません。

Contents

異動を機に転職した場合の面接における伝え方を解説

女性

栄転などと違い異動には本人の希望とは別に思惑が絡むことがあります。

異動先でストレスを抱えて退職する人も多く、転職すべきか迷っている女性も多いのではないでしょうか。

今回は望まない異動を命じられた女性が転職活動する時に、面接でどう伝えたらいいか解説します。

転職理由を伝える際のポイント

中途採用する企業にとって応募者が自社でどう活躍してくれるかは重大な問題です。

求職者は自分のキャリアと絡めて志望動機を説明することになります。

すぐに辞めてしまう・他の人とコミュニケーションが取れない・前向きでないなどネガティブだと判断されればまず採用はないでしょう。

面接官はなぜ転職するのか・転職後のビジョンなどを求職者に問いかけ本人の適性を見極めます。

それでは面接官に転職理由を伝える際のポイントについて解説します。

前向きな姿勢で伝える

面接の中で面接官がチェックしたいのは、転職に本気で前向きかどうかです。

入社してもすぐに辞めたり、コミュニケーションが周囲と思うように取れないようでは困ります。

自分の短所を聞かれてネガティブな言い方をすればマイナスになります。

そのため短所を長所に言い換えてアピールすることが重要になります。

自分を奮い立たせてポジティブに発言しましょう。

短所は謙虚に認めて、自分らしくキャリアアップしながら成長していくという気構えを面接官に示すことです。

絶対にこの会社に入社したいという意気込みを面接官は期待しているのです。

異動以外の転職理由も伝える

面接では伝えなくていいことはあえて伝える必要はありません。

異動が原因で転職したいと正直に伝えれば、自分の思い通りにならないと不満を言って辞めてしまうと思われる可能性があります。

面接ではできれば異動の件は話さないでおくのが賢明です。

どの企業でも異動によって今までのキャリアが通用しなくなることを覚悟しておきましょう。

その上でキャリアを極めたいという姿勢を見せれば前向きだと受け止めてくれます。

決して異動が原因で転職すると思われないことが大切です。

異動以外の転職理由を述べるなら、環境を変える・スキルアップ・キャリアチェンジしたいなどもいいでしょう。

もちろん漠然とではなく具体的にどのようなスキルアップ・キャリアチェンジしたいのか面接官に伝えなければなりません。

また、こうしたいという希望を述べる時には、なぜそう思うか考えてあらかじめ答えを準備しておくことが面接に勝つカギです。

応募した職種の志望度の高さをアピールする

面接官は応募者の熱意を重要視します。

そのため応募者はいかに応募した職種に対する志望度が高いかアピールする必要があります。

面接官がマイナスポイントとして見る点は以下の点です。

  • うちの会社にあまり興味なさそうだ
  • うちの会社のこと全然理解していない

例えばその企業のホームページを端から端までしっかり読んで理解することです。

ホームページには企業の歴史・理念・業績・将来性・社員の声などが掲載されていて情報の宝庫といってもいいでしょう。

しっかり読み込んで必ず面接で質問しましょう。

自分が入社したいと本気で思うなら質問事項はいくつか出てくるはずです。

そうすればどうしてもこの会社に入社したいという思いはきっと伝わるはずです。

今後のキャリアを伝える

面接でもう一つ聞かれるものとして今後のキャリアについてどう考えるかという質問があります。

これは会社に対してどのような貢献ができるかということであり、自分のこれからのビジョンにもあてはまるといえるでしょう。

会社の事業内容・希望する職種の将来性などをよく調べてここで自分のキャリアをどう活かしていくのか希望を伝えてください。

 

ワンポイント
 異動が原因で転職する時は転職理由がポイントになる。

転職理由の伝え方

オフィスにいる女性

転職を決断する理由はさまざまあります。

予期せぬ異動でこれまでのキャリアが活かされない・ライフプランの大きな見直しが迫られるなどで転職を決める女性は多いでしょう。

転職する理由を聞かれたらどう答えればいいのでしょうか?

面接官は転職理由を必ず聞いてきます。

そしてこの理由が希望する企業に採用されるかどうかの重要なポイントにもなります。

ここでは転職理由の伝え方の例を紹介します。

キャリアチェンジしたい

「前職では4年間、物流系システムの営業を担当していました。

顧客の問い合わせ・要望を聞いて営業企画部に提案するのが主な仕事でした。

顧客に直接触れ合えることでコミュニケーションを取りながら要望を聞きだします。

そして会社の要望を製品に反映させられた喜びは営業で良かったと感じる瞬間です。

しかし、私は営業ではなく顧客の要望を商品に反映させる商品開発に興味がありました。

ところが地方にある支店の営業に異動になってしまい退職を決めました。

貴社で物流系システムの商品開発部の募集を知り今回応募いたしました。

顧客のニーズを反映した貴社のシステムは業界でも高い技術と評判で顧客満足度もナンバーワンと聞いています。

営業経験を活かし貴社の商品開発の現場でキャリアを積んでいきたいと思います」

ポイントは前職では自分のキャリアが思うように評価されなかったことを転職理由としています。

キャリアチェンジではありますが、経験を活かし顧客が満足するシステムを作りあげたいという熱意が感じられます。

これまでのキャリアを活かしたい

「前職で6年間営業に従事してきて、関東地区ではトップセールスを記録したことがあります。

数カ月前に働き方改革の一環で営業部の残業を減らして、営業をサポートするため営業管理部ができました。

営業からも数人異動になり、私もそのメンバーに選ばれました。

営業をサポートするため連携して業務を遂行すれば、営業担当者も雑務に追われず営業に専念できます。

会社からも営業経験を高く評価していただき、その経験を管理部門で活かして欲しいということでした。

しかし、私は根っから営業が好きでやりがいを感じていましたので辞令が出た時にいろいろ考えて転職を決めました。

貴社は営業部を拡充中と聞いております。

営業をサポートする部門は、営業部とは切り離されているので営業に専念して会社の業績に貢献できると信じています。

営業職のキャリアを活かして貴社を業界でも売り上げトップにしたいと思います」

面接官には単に異動が不満で転職するかのように思われないことが大切です。

前の会社の計らいで異動になったと会社への不満・愚痴でない点も評価されます。

前職での仕事への姿勢・一つの仕事にこだわりを持っているという熱意・将来のビジョンを示すことがポイントです。

面接官にはあくまでもポジティブな気持ちを伝えましょう。

異動に関する質問はポジティブに捉えよう

パソコン作業をする女性

人事異動を拒否して転職する場合に気になるのは新しい会社の採用面接です。

退職理由をどう答えたらいいのか悩ましいところではないでしょうか。

大切なことは面接の際に前の会社の人事異動に不平・不満を言うのではなく転職に向けての前向きな理由を伝えましょう。

ストレートな言い方はマイナスになる可能性がありますから、言い換えをしてもっとポジティブに質問に応えましょう。

営業事務から営業に異動になった場合は、「入社以来ずっと営業担当者が仕事をしやすいようにサポートしてきました。

私は営業で顧客に接するより裏方として事務職が好きでスキルを高めていきたいと思っております。

資格もマイクロソフトオフィススペシャリスト取得を目指して勉強中です」

といった前向きな姿勢・事務職としてのキャリア・転職後も事務職を極める強い意志があると評価されるでしょう。

 

ワンポイント
 異動がきっかけの転職にもメリット・デメリットがある。

異動をきっかけにした転職のメリット

分析力

企業の中で同じ部署に長く在籍すると異動対象になる可能性が高くなります。

企業側からすれば社員に幅広く経験させる・社内の活性化などありますが、必ずしも満足な異動とならないケースもあります。

特に転勤は生活環境が変わることで家族にも影響が出るといえます。

望まない部署・店舗への異動が自分のキャリアと相容れないストレスになるなら転職も選択肢になるでしょう。

実際に転職して人間関係もうまく行き、これまでと違い生き生きと働いている人もいます。

ここでは転職のメリットについて考えてみましょう。

志望する職種に転職できる可能性がある

転職のメリットは自分が志望する職種に転職ができることです。

職場が変わることで人間関係がうまく行く・新たな気持ちで仕事ができる・給料が上がる・新しいキャリアを歩めるなどがあります。

企業が中途採用する場合はキャリア・経験・知識がある人を求めます。

そのためピンポイントで応募すれば志望する職種に転職できるかもしれません。

働き方を変えられる

質問する女性

転職は人生の大きな転機です。

新しい環境・新しい人間関係でモチベーションを上げて働き方を変えられる絶好のチャンスかもしれません。

転職がうまくマッチすればキャリアもどんどん伸びて、やりがいを感じられるでしょう。

異動を機に働き方を見直すなら転職もありといえます

 

ワンポイント
 異動をきっかけにした転職のデメリットの多くはミスマッチが原因である。

異動をきっかけにした転職のデメリット

ペンを持つ女性、ノート

異動して職場の環境が変わることで、新しい職場のルール・人間関係に慣れるまで時間がかかる人もいます。

特に人付き合いが苦手な人はその傾向が強くなるようです。

今度は異動をきっかけに転職したことで生じるデメリットについて見ていきましょう

転職しても異動のリスクはある

異動をきっかけに転職してもまた次の会社で異動の可能性があるのは否定できません。

総合職の社員であれば男女問わず異動・転勤は今や避けては通れないと考えましょう。

一つの部署を何十年も在籍すること自体珍しいのです。

そのためうまく希望通りの会社に転職できたとしてもいずれまた異動のリスクがあることは承知しておいてください。

今の会社よりも合わない可能性がある

転職して良くなかったという人の多くは人間関係が問題のようです。

また外からは見えなかった会社の雰囲気が合わないという人もいます。

転職の難しいところはこのようなミスマッチをどれだけ抑えられるかです。

特に未経験で転職した職場の社員のレベルについていけず人間関係が気まずくなったというケースもあります。

異動をきっかけにした転職の注意点

前向きな女性

異動を機に転職して感じるメリット・デメリットは人それぞれです。

異動をきっかけにした転職の注意点について解説します。

しっかり自己分析して転職した方がメリットなのかどうか考えましょう。

これまでの経験が活かせる職場か

転職で大事なことはこれまでの経験・知識が活かせる職場かどうかです。

もちろん新たなキャリアを目指して転職する人もいますが全くゼロからスタートする人は少ないでしょう。

ミスマッチをしないためにも自己分析して自分のキャリアが活かせるかどうか見極める必要があります。

面接で聞かれるスキル・能力・経験を正直に伝えることもポイントです。

キャリアビジョンはあるか

面接で将来の自分のビジョンについて質問されます。

これはやる気にもつながる重要なポイントであり、はっきりとしたキャリアビジョンがないと入社は厳しいです。

仕事に対するがある人ほど会社に入っても大きく成長でき会社に貢献できます。

嘘はつかない

面接ではできるだけよく見られたいと思いがちですがは絶対やめておきましょう。

面接官は人事採用のプロですから、あなたの本質を見抜くことはたやすいことです。

できないことをできると答えて配属された先で辛い思いをしないためにも注意してください。

ただし正直にネガティブな退職理由を述べると採用は厳しくなります。

本音と建前は別ですから状況に応じて対応しましょう。

 

ワンポイント
 転職が成功しても異動・転勤の可能性はある。

入社しても異動・転勤の可能性について言及された場合の対処法

転職した企業でも異動・転勤の可能性はあります。

面接の際にその可能性に言及されたらどう答えたらいいのでしょうか。

面接官は労働条件に異動・転勤がある以上求職者に意志の確認をしなければなりません。

回答としてその時になったら考えますはNGです。

家庭の事情で転勤が難しい場合、女性なら例えば老父母・病人介護などは特例と認められることもありますからその旨正直に伝えましょう。

異動・転勤の可能性に対する回答例として、キャリアアップには必要だと考えていることを伝えておきます。

その上で辞令が出たら速やかな引き継ぎを果たし、仕事が始められるように準備することを話しておくべきです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンとスマホを操作する女性

異動が出て転職を決めた人・転職に踏み切れないで悩んでいる人に転職エージェントをおすすめです。

転職エージェントは企業の人事担当者と密に日頃から連絡を取り合い、リアルな情報を入手しています。

転職エージェントのプロの目で見た企業の内情・職場の雰囲気・本音を知りうる立場にいるのです。

企業とのミスマッチしないためにも転職エージェントに相談してみましょう。

必要書類の書き方・面接の対応方法も熟練したプロの指導が受けられるので安心です。

万全を期して面接に臨めます。

まとめ

問題解決する女性

企業の異動・転勤は本人もさることながら家族にも大きなライフプランの転機になります。

今までの経験が活かせない・職場環境を変えたくないと思う方は転職エージェントに相談してみましょう。

慌てて結論を出さずにキャリアアドバイザーとよく話をしてから決めても遅くありません。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する