CADオペレーターになるのに必須の資格はありません。

CADオペレーターは業務独占資格ではないため資格を取得しなくても働くことが許可されているからです。

CADの資格を取得しないといけないと思っていた人も多いかもしれません。

資格がないと転職できないわけではないため少しハードルは下がるでしょう。

とはいえ転職の際にスキルを証明するには資格を保有していおいたほうが有利です。

この記事ではCADオペレーターに転職する際に有利となる資格について解説します。

CADオペレーターの転職で有利になる資格をご紹介

製図の様子

CADオペレーターに転職するために保有しておいたほうがよい資格は8つあります。

次の8つが主な資格となりますので参考にしてください。

  1. CAD利用技術者試験
  2. CAD実務キャリア認定制度
  3. 建築CAD検定試験
  4. 3次元設計能力検定試験
  5. オートデスク認定資格プログラム試験
  6. VectorWorks操作技能認定試験
  7. CADデザインマスター
  8. 機械・プラント製図技能士

こうした資格を保有しておくと転職に有利になることを把握しておきましょう。

 

無料転職相談をしてスムーズに転職しよう

 

CADソフトの概要を知ろう

パソコン作業をする女性

CADオペレーターに転職するにはまずCADソフトの概要について理解しておくことが必要です。

一般的に利用されているCADソフトには7種類あります。

次の7種類がメインのソフトです。

  1. Jw-cad
  2. AutoCAD
  3. VectorWorks
  4. REVIT
  5. Inventor
  6. CATIA
  7. SOLIDWORKS

Jw-cadは2次元用のCADソフトです。

フリーソフトであるため勉強のために使用できる点も特徴になります。

主に建築系の仕事で使用されることが多いのも特徴です。

AutoCADは2次元から3次元まで制作が可能な機能性の高さが魅力となっています。

汎用ソフトではありますが、土木・建築・機械などの専門性の高いソフトもリリースされているのが特徴です。

VecftoeWorksはMac版のCADである点が大きな特徴になっています。

アメリカで開発されデザインの仕事で多く活用されている点が特徴です。

REVITは建築専門のソフトになります。

建築パーツを直接入力できるだけでなく複数人で同時にデータ編集可能な点が魅力です。

Inventorは微細な作業に向いているソフトになります。

金属やプラスチックの設計に特化している点が特徴です。

CATIAはライセンス料が高額であるため大手の自動車メーカーや輸送機械業が取り入れているソフトになります。

SOLIDWORKSはCATIAのミドルレンジソフトです。

豊富な機能と使いやすさに魅力を感じる人が多いソフトになります。

 

ワンポイント
CADソフトには複数の種類があるため自分に必要なソフトをよく理解しておきましょう。

CADオペレーターにおすすめの資格は?

製図の様子

CADオペレーターになるためにとくにおすすめな資格はあるのでしょうか。

8種類の資格のなかからとくにおすすめの資格を3つ紹介します。

CAD利用技術者試験

一般社団法人コンピューター教育振興協会が主催する資格がCAD利用技術者試験です。

とくに建築業界や機械部品製造分野で活用されている試験になります。

CADに関連した基本的な知識や機能に関する問題や図面の描写能力・専門知識などが問われる試験です。

適用するソフトは汎用CADがメインですが使用できるソフトは協会の受験対象CAD判定サービスで判定できます。

資格自体は2次元CAD利用技術者と3次元CAD利用技術者の2区分です。

これらはさらに細分化されています。

2次元CAD利用技術者は基礎・2級・1級に段階わけされており1級の受験資格には2級に合格する必要です。

3次元利用技術者は2級・準1級・1級に段階わけされており受験者のレベルで受験することが可能になっています。

併願受験も可能ですが、準1級受験には2級、1級受験には準1級の合格が必要です。

建築CAD検定試験

勉強する様子

一般社団法人全国建築CAD連盟が認定しているのが建築CAD検定試験です。

建築用の図面をCADで描く技術が問われる試験になります。

試験内容はCADスキルだけでなく基礎的な建築知識も問われる点が特徴です。

適用ソフトはAutoCADなどの汎用ソフトとなっています。

建築専用のCADを利用している人は注意しましょう。

資格の区分は4級・3級・2級・準1級となっています。

4級については高校生を対象とした団体受験のみ可能です。

2級以上については建築用の図面を描くための知識と技術が求められます。

オートデスク認定資格プログラム

オートデスク(Autodesk)社が認定している資格がオートデスク認定資格プログラムです。

オートデスク社はAutoCADを開発した企業であり、オートデスク社のCAD製品を使用して試験が行われています。

試験区分は2種類です。

初級者向けにはオートデスク認定ユーザーの試験があります。

学生やプロの設計士を目指す会社員に適した資格です。

細分化するとAutoCADユーザー試験・Autodesk Revit Architectureユーザー試験・Autodesk Fusion 360ユーザー試験の3つです。

受験は1つずつ受験します。

中級・上級者向けの試験としてはオートデスク認定プロフエッショナルです。

細分化するとAutoCAD プロフェッショナル試験・Autodesk Inventor プロフェッショナル試験になります。

この試験については実務経験400時間以上という受験資格が必要となる点には注意が必要です。

必須ではないですがオートデスク認定ユーザーの資格を保有しておいたほうがよいでしょう。

 

無料転職相談をしてCADオペレーターに転職しよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


資格の難易度と勉強方法は?

製図の様子

CAD関連の資格にはさまざまな種類があります。

そのためどの資格を取得すればよいかで迷っている人も多いでしょう。

自分のレベルや試験の難易度を理解してどの資格を取得するかを見極めることが大切です。

難易度

それぞれの資格の難易度についてまとめておきます。

二次元CAD利用技術者試験基礎では、合格ラインは70%以上の正解率で合格です。

合格率は79.6%となっています。

二次元CAD利用技術者試験2級の合格ラインはCADシステムおよび製図の各分野で50%以上、総合で70%以上の正解率で合格です。

合格率は少し低めの50.5%となっています。

二次元CAD利用技術者試験1級の合格ラインは実技試験と執筆試験で各50%以上の得点、総合で70%以上の正解率で合格です。

合格率は1級トレースで60%、建築で62.22%となっています。

三次元CAD利用技術者試験は、各分野50%以上の得点および総合70%以上の正解率で合格です。

合格率は1級で47.3%、準1級で52.4%、2級で47.3%となっています。

勉強方法

パソコン作業をする女性

CAD関連の試験の勉強方法にはいくつかあります。

ひとつはテキストで繰り返し学習する方法です。

市販されているCADソフトにはそれぞれのテキストが販売されています。

これらを利用して繰り返し学習することがベーシックな方法です。

テキスト以外には動画で勉強する方法もあります。

YouTubeなどでは一般の人がCADを利用する様子をアップしているものも多く存在しているでしょう。

自分が使用しているソフトと同じソフトを利用している人の動画は意外と参考になります。

テキストと併用して勉強する人も多いでしょう。

独学では難しいと感じる場合には学校や通信講座の利用もおすすめです。

短期間で集中して学べる点では初心者におすすめの勉強方法といえるでしょう。

分野別に役立つ資格もチェック

製図用の道具

CADの資格はどれを取得しても変わりないと思っている人もいるかもしれません。

CAD資格には業務内容にあわせた専門的なものも存在しています。

そのため資格を取得する前に自分がCADで何をしたいのかを明確にしておくことが大切です。

分野別に役立つ資格もチェックしておきましょう。

建築系で役立つ資格

建築関係の職業で役立つ資格はCAD利用技術者試験です。

この資格は数あるCAD資格のなかでも知名度の高い資格となっています。

そのため転職にはかなり有利な資格です。

もうひとつが建築CAD検定試験になります。

建築系のCADに特化した専門的な試験になるため建築の図面を描くことができるようになる点が魅力です。

建築関係の設計や製図を希望している人は取得しておきたい資格となっています。

インテリア系で役立つ資格

パソコン作業をする女性

インテリア系の職業で役立つ資格はVectorworks操作技能認定試験です。

インテリアに強いCADソフトとして認知度の高いVectorworksの利用に関する技能を問われる試験になります。

インテリア設計に必要とされる機能がほぼすべて有している汎用ソフトである点が魅力です。

 

ワンポイント
CADには専門分野があるため自分が何を設計したいのかを明確にしておく必要があります。

資格を取得するメリット

パソコン作業をする女性

CADオペレーターに転職したい人が資格を取得することによって生じるメリットはどこにあるのでしょうか。

資格を取得するメリットについて解説します。

スキルの証明

資格の取得はスキルの証明になります。

実務経験が豊富であっても自分のスキルを客観的に証明することは言葉だけでは難しいことが多いでしょう。

資格を取得しておけば自分のスキルレベルが客観的に証明されることになります。

自分のスキルレベルを簡潔に証明するためにも資格の取得はおすすめです。

転職でアピールポイントに

転職の面接では必ずといってよいほど自己アピールの時間が設けられます。

そこでアピールする内容によって転職の採用率をアップさせることもできるでしょう。

資格を取得しておけば自己アピールでしっかりと自分のスキルを示すことができるため有利です。

転職では実務経験と同時にどの程度即戦力として働けるかもみられます。

そのためスキルレベルが客観的に示されることは採用担当にとってもわかりやすく印象に残りやすいといえるでしょう。

知識とスキルの向上

資格の取得は転職のためだけではありません。

自分が仕事を行ううえでの知識やスキルの向上につながる点は大きなメリットです。

CADを扱う職業に就くうえでは常に新しい知識やスキルの向上を求めていくことは重要になります。

 

ワンポイント
CADオペレーターになるためには資格を取得しておくとメリットが多くあります。

CADオペレーターで役立つスキルを紹介

勉強する様子

CADオペレーターに転職する際に役立つスキルは資格以外にもあります。

資格以外で役立つスキルについて紹介します。

集中力

CADオペレーターはたくさんの数字を取り扱う作業が多い職業です。

そのため集中力に自信がある人には向いている職業といえます。

計算をすることはありませんが入力ミスが致命的になるためミスがないように作業できることが重要です。

図面作成の際にはミスなく丁寧に数値を入力します。

図面から数値を間違えずに読み取る能力も必要です。

器用さ

CADオペレーターは細かな作業が続く職業です。

建築図面や機械系の図面などでは単純な図形をいくつも組み合わせて大きな図面を作図しています。

細かな作業が好きな人や几帳面な人には向いている職業であるといえるでしょう。

とくに似たような図面を多く取り扱う職業であるため取り間違いなどが起こることは避けなくてはなりません。

わからないことをそのままにせずに丁寧に調べるクセがあることも大切な要素です。

効率的に作業を進めるためにも器用さと几帳面さは必要なスキルといえるでしょう。

対人力

パソコン作業をする女性

CADオペレーターは一見すると1人での作業が多いように思われます。

実際は設計者やデザイナーなどとの打ち合わせが多い職業です。

社外の人と打ち合わせをして進捗を管理したり調整を行ったりしながら仕事を進めていきます。

このように人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくのがCADオペレーターの特徴です。

そのため対人力の高い人が向いている職業といえるでしょう。

 

ワンポイント
CADオペレーターに必要なのは資格だけではなく対人力や集中力でもあります。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


資格を取得してCADオペレーターの転職を成功させよう

パソコン作業をする女性

CADオペレーターに転職したい場合には資格の取得がおすすめです。

実務経験があることも大切ですが、実務経験で培ったスキルを客観的に証明できることも大切になります。

転職の面接でも資格を保有していることは大きなアピールポイントです。

CADオペレーターはものづくりには欠かせない存在になっています。

需要が高い反面、応募者は比較的少ないのが現状です。

そのため転職活動も行いやすい業界であるといえるでしょう。

そこで資格という強みを持っていればさらに転職がスムーズに進むといえるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコン作業をする女性

CADオペレーターに転職する場合、転職エージェントの活用がおすすめです。

求人はネット検索でもみつけることができるでしょう。

ただ転職する場合には自己分析や企業研究・業界研究が重要となります。

転職エージェントはこれらをしっかりとサポートしてくれる存在です。

転職のプロでもある転職エージェントは企業とのつながりも深いため未公開の求人を紹介してもらえることもあるでしょう。

スムーズに条件のよい転職を成功させるためには転職エージェントの活用がおすすめです。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

まとめ

製図の様子

CADオペレーターへの転職は比較的求人が多いのが特徴です。

求人が多いからこそ内容をよく理解してよい企業に就職することが必要となります。

自分だけで求人内容を精査することはなかなか難しいことでもあるでしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントのサポート力を利用してスムーズな転職を勝ち取りましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!