消費者に対して商品を販売することが販売職の仕事です。

売る商品は多岐に渡り、消費者の年齢・性別・嗜好もそれぞれ異なります。

華やかなイメージがあり、女性から人気のある職種といえるでしょう。

そんな販売職にパソコンはあまり関係がないように見えます。

しかし、販売職として活躍するためにパソコンスキルの習得は重要です。

そこで今回は、販売職に必要なパソコンスキルとその理由について詳しくお話します。

販売職に必要なパソコンスキルを転職エージェントが解説

女性、パソコン

販売職は店舗で自社の商品・サービスを販売します。

来店者のニーズを適切に捉えながら、さらなる売上に繋げていく努力と工夫も必要です。

販売職の仕事は、どれだけ相手の心を掴む応対ができるかどうかがカギといえます。

一方で、所属する職場や取り扱う商品・サービスによって業務内容は広範囲に及びます。

このようなマルチタスクをこなすために役立つのは、接客スキルだけではありません。

パソコンスキルを習得すれば、仕事の効率をより向上させることができます。

販売職として活躍することを目指して、必要なパソコンスキルを押さえておきましょう。

 

ワンポイント
販売職は商品・サービスをお客様に購入してもらう仕事です。
接客スキルと併せてパソコンスキルを身に付けることが、自身の成長に繋がります。

販売職に求められる能力

女性

そもそも販売職にはどのような能力が求められるのでしょうか。

ここでは大きく3つに分けてお話します。

販売職に適したスキルを把握し、転職に向けた準備を進めていきましょう。

コミュニケーション能力

消費者と対面して商品を販売する際に、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

自然な声かけや会話から、相手が何を求めているのか丁寧に読み取っていきます。

また潜在的なニーズを引き出すことができれば、購入側の満足感と販売側の利益もアップします。

表情や声音・仕草の一つ一つに気を配り、話すスピード・口調も意識しましょう。

相手によってその都度最適な接客ができるかがポイントとなってきます。

さらに、スタッフ同士でのスムーズな連携も重要です。

常に周囲の様子を観察しながら臨機応変に自分のやるべきことを見つけましょう。

お客様と同僚双方との円滑なコミュニケーションを通して、販売業務の質を高めることができます。

販売能力

販売職にとって商品・サービスを購入してもらうことが大きな職務です。

そのためには、お客様に向けて商品の魅力をしっかり伝える力が要求されます。

商品そのものに対する正しい知識・情報は必ず理解しておきましょう。

そして商品に関連した知識やトレンドまで幅広く把握することも大切です。

これによって的確に商品説明ができるようになり、質問にも迷わず受け答えできます。

豊富な知識はお客様の信頼感を得るための強い武器です。

また、プラスアルファの商品提案も可能にしてくれるでしょう。

お客様から信用されることが販売能力を高め、売上を伸ばす要素となります。

パソコンスキル

販売職の表舞台では接客スキルが必須といえます。

しかし、実際にはバックヤードで仕事を行うための能力も求められます。

その一つがパソコンスキルです。

職場環境によっては、日々の売上記録や在庫管理のデータをパソコンに入力する場合があるでしょう。

受発注業務でもパソコンを使えば効率よく行うことができます。

社内外に向けてビジネスメールを送るケースもあるかもしれません。

販売職であっても、事務作業に関してはパソコンを利用することが多いといえるでしょう。

そのため、最低限のパソコンスキルは身に付けておきたいところです。

 

ワンポイント
販売職に求められるスキルとして
・お客様やスタッフとの関係を円滑にするコミュニケーション能力
・お客様から信頼され、売り上げも伸ばせる販売能力
・バックヤードで活かせるパソコンスキル

なぜパソコンスキルが必要なの?

女性

物を売る立場として、販売職はコミュニケーション能力・販売能力に加えてパソコンスキルも求められます。

デスクワークでもないのに何故だろう、と不思議に思う方もいるでしょう。

まず販売職の仕事について説明した上で、パソコンスキルが必要な理由を解説します。

販売職の仕事内容

販売職の仕事は、単純に商品・サービスの提供だけに留まりません。

主軸となる接客販売に付随して、様々な業務を並行して進めていく必要があります。

  • 接客
  • 販売
  • レジでの対応と金銭授受
  • 商品の品出し
  • 在庫管理と受発注業務
  • 店内レイアウト・商品ディスプレイの決定

販売職は店頭での案内からレジ処理に至るまで一連の流れを担当します。

また商品の在庫を管理することも大切な仕事の一つです。

欠品や発注ミスがないように気をつけなければなりません。

時には販売する商品・サービスのコンセプトに合わせ、レイアウトを考える機会もあるでしょう。

積極的に取り組むことで、商品を売りやすい環境が整います。

さらにキャリアアップした場合、責任者として店全体の管理業務に携わることとなります。

  • シフト管理
  • 売上管理
  • 報告業務

上記のような、人員や売上利益の管理・報告という経営視点に近い仕事が任されます。

自分自身に加えてスタッフの成績にも注意し、ノルマ達成・業績向上に努めるべき立場です。

このように販売職の仕事内容は広範囲に及びます。

視野を広く持ち、優先順位をつけながら柔軟に対応できる姿勢が重要になるでしょう。

パソコンスキルが必要な仕事とは

パソコン、仕事

多種多様な販売職の仕事の中でも、特にパソコンスキルがあると良い業務とはなんでしょうか。

基本的に商品管理に関連する仕事では、必須だといえます。

在庫の種類・個数をパソコン上で一括管理しておけば、誰もが現状を把握しやすくなります。

発注の重複・補充漏れといったミスも未然に防ぐことができるでしょう。

また売上を毎日記録し、長期スパンでまとめることで店全体の経営動向がはっきり見えてきます。

コミュニケーション・プレゼンテーションの面でも、パソコンスキルは有効なツールです。

社内のスタッフや上司に向けて報告・連絡・相談する際には、パソコンのメールが利用できます。

仕入れ先や関係各社とのやり取りでメールを送ることもあるでしょう。

さらに、職場での会議・研修において資料の作成を求められることもあるかもしれません。

わかりやすくデータを可視化する力があれば、高評価を得ることも可能です。

パソコンスキルは販売業務の根幹を支え、キャリア形成をサポートしてくれます。

販売職に必要なパソコンスキル

パソコン

販売職にパソコンスキルが求められる理由について説明してきました。

では、具体的にどのようなパソコンスキルを身に着けていればよいのでしょうか。

主に利用率の高いOfficeのソフトウェア3つを基本として挙げています。

エクセル

エクセルはデータ・数値を整理するにあたって活用したいソフトウェアです。

簡単な入力をベースに、四則演算・SUM関数の使い方は最低限理解しておきましょう。

データを分析する場合にはピボットテーブルが使えます。

また上級スキルを身に着けるなら、IF関数・V LOOKUP関数がおすすめです。

売上・在庫管理における数字の集約やシフト表の作成にも応用しやすくなるでしょう。

さらにショートカットのやり方を覚えることにより、作業の効率化を図ることができます。

エクセルを上手く利用し、事務作業の手間をなるべく省いてみてください。

ワード

ワードについては、文書の作成が基本的な使用例となります。

そのため、まず書式設定の方法や画像・表の挿入方法を覚えていってください。

誰にとっても読みやすい書面づくりを心掛けることが、スキル上達の秘訣です。

またワードにも様々なショートカットキーが存在しており、作業の効率を上げることができます。

基礎を習得してから応用編にも挑戦することで、より一層仕事に取り組みやすくなるでしょう。

パワーポイント

パワーポイントは主に資料作成に活かすことができます。

図・グラフなどを効果的に文面と組み合わせ、より伝わりやすい資料を作りましょう。

プレゼンテーションを補強するツールとして大きな存在だといえます。

また社内向けに限らず、店舗で使用するPOPや販促物にも応用できる可能性があります。

自分の仕事の幅を広げていくために進んで学びたいスキルの一つです。

販売職ならパソコンスキルを身につけよう

パソコン、キーボード

ここまでパソコンスキルが必要になる理由とその詳細について述べてきました。

実際にパソコンスキルを習得することで、どんなメリットが考えられるのでしょうか。

学んだスキルを活用し、仕事の質を高めていきましょう。

店頭で生きた情報を得て仕事に活かそう

販売職は店舗で直接お客様とやり取りします。

初めて来店される方もいればお得意様もいることでしょう。

それぞれ異なるニーズに触れることで、新たなトレンドに気付くきっかけになるかもしれません。

また接客販売する中で、商品の売れ筋をチェックすることが可能です。

ディスプレイ一つとっても、興味を引きやすいかどうか自分の目で検証できます。

現場にいるからこそわかる生きた情報は、貴重な財産です。

こうして得た情報は自分の接客に活かせるだけでなく、バックヤード作業でも重宝します。

お客様の購買意欲を高めるには、取り扱う商品や接客で意識するポイントを絞っていく必要があります。

その際、データをまとめたりプレゼン資料を作ったりとパソコンスキルを十分発揮できるでしょう。

自分の経験とスキルを組み合わせることが仕事のやりがいに繋がります。

情報収集や情報蓄積で売上を伸ばそう

女性、上昇

消費社会のニーズ・トレンドは、販売職としてきちんと把握しておきたいところです。

販売する側の知識が不足していると、お客様に不信感を抱かせてしまうかもしれません。

いつでも扱う商品・サービスに関わる知識を更新し、流行を敏感にキャッチしましょう。

さらに視野を広げて情報を集めていけば、お客様とのコミュニケーションに有効活用できます。

パソコンスキルは情報の収集・蓄積において役に立つ手段です。

調べる作業はもちろんのこと、表や文書にまとめることで周囲と情報共有がしやすくなります。

流行りの傾向やニーズの変化を的確に捉え、接客の仕方に反映させてみましょう。

より売上を伸ばすことで、職場だけでなく会社そのものの利益向上にも貢献できます。

 

ワンポイント
現場で直接お客様の声を聞くことで新たな発見があり、接客・事務業務に活かすことができます。
また情報や知識を集め、接客に反映させたりデータ化することによって売上・利益のアップも見込めるでしょう。
これら一連の作業の中で、身に着けたパソコンスキルを積極的に活用しましょう。

販売職で活躍するポイント

女性

販売職の仕事と求められるスキルについて、理解が深まったでしょうか。

ここからは、転職して活躍できる販売職となるために注意したいポイントについてみていきます。

お客様とのコミュニケーションを大切にしよう

販売職にとって、お客様とのコミュニケーションは非常に重要視されるポイントです。

ここで失敗すると、商品を買ってもらえないどころか来店してもらえなくなる恐れもあります。

会話の内容から立ち居振る舞いまで細やかな気配りを忘れないようにしましょう。

話す能力はもちろん大事ですが、聞き上手であることも大きな強みです。

お客様が信頼感を寄せてくれれば、リピーターになる可能性も高まります。

コミュニケーションに対する強い意識が、自分の実績を豊かにしてくれるといえます。

お客様に合った情報を提供しよう

今売れている商品であったり、店全体で宣伝している商品があるかもしれません。

かといって誰にでもその商品をおすすめすることは必ずしも正解ではないでしょう。

お客様ひとりひとりに希望があり、そこから外れた接客は不適切だといえます。

商品の情報・知識をフル活用し、お客様に合ったものを提案できることが何よりも重要です。

販売職として成長したいなら、目の前のお客様に寄り添った接客を心掛けてみてください。

パソコンスキルの勉強方法

パソコン、デスク

販売職として働くには、パソコン操作に対する最低限の理解が大切です。

今までパソコンを使う経験があまりなかったとすれば、勉強し始めることをおすすめします。

またある程度のパソコンスキルを持っていても、もっと学びたいという方もいるでしょう。

そこでパソコンスキルの勉強方法を3つ紹介していきます。

独学で勉強する

自宅にパソコンがある環境なら独学でのスキル習得も可能です。

先述したOfficeのソフトウェアをダウンロードすれば実際に作業しながら勉強できます。

パソコンスキルの関連書籍も豊富に出版されているので、ぜひ参考にしてみてください。

得意な人に教えてもらう

周りにパソコンに詳しい人や操作に慣れている人がいれば教えてもらうのも一つの手です。

自力ではわかりづらかった点も解決できるので、途中で投げ出す可能性が減らせます。

独学での勉強と並行すれば、スキル習得の近道も見えてくるでしょう。

スクールに通う

女性、パソコン

最近ではパソコンスキルを教えてくれるスクールが充実しています。

スクールなら自分だけでは続けられない、頼れる人がいないという場合も安心です。

Office関連で基礎から学べる講座も多く開かれています。

プロの講師から基本を教えてもらうことでパソコンスキルへの自信も芽生えるでしょう。

また、上級レベルの講座を受講してステップアップを目指すことも可能です。

スクールごとの特色を押さえた上で、自分の目的に合ったコースを選んでください。

販売職にパソコンスキルは必須

女性、パソコン

販売職の仕事では接客スキルが注目されやすいといえます。

確かにお客様と対面するシーンでは、コミュニケーション能力を発揮した接客が必要です。

その一方で、販売職は事務作業もこなさなければいけません。

自分の置かれた状況とタスクを正しく認識し、接客販売と事務処理を両立できる力が求められます。

一つ一つの業務をどれだけ要領よく行えるかどうかがカギとなるでしょう。

パソコンスキルは、バックヤードでの仕事を効率化していくためにぜひ身に着けたい能力です。

パソコンを使って作業時間を短縮することで、販売業務に集中しやすくなります。

結果として成績を伸ばし、販売職のキャリアを積み重ねることも可能です。

パソコンスキルの必要性を理解し、自分自身のブラッシュアップを試みてください。

 

ワンポイント
販売職のマルチなタスクをこなすために、仕事の効率化は重要です。
基本的なパソコンスキルを習得することで、事務作業をスムーズに進めて販売業務に集中できます。
販売職として活躍したいなら、パソコンスキルが必要だということを意識しましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性、ガッツポーズ

様々な職種や企業がある中で、希望通りに転職するためには自分の強みを作っていくことが大切です。

その仕事に適したスキルを身に着けているかどうかも、採用時の判断基準になります。

自己分析や業界研究を通して必要なスキルを見極め、効果的にアピールしていきたいところです。

しかし、実際に取り組むにあたって1人では対処しきれない点も出てくるでしょう。

そんな時に頼れるのが、転職エージェントです。

転職エージェントは知識・経験を活用して一人一人をサポートします。

履歴書の内容から面接対策まできちんと指導してくれるので、自信をもって挑戦できます。

不安から転職に踏み切れないでいる方は、転職エージェントに相談してみてはいかかでしょうか。

まとめ

女性、パソコン

販売職にはコミュニケーション能力・販売能力と併せてパソコンスキルが必要とされます。

販売職の仕事は幅広く、周囲を観察しながら柔軟な対応をしていかなければなりません。

そのため、作業を要領よく進めていくことが大切です。

パソコンスキルは特に事務仕事で活用することにより、作業効率を高めてくれます。

エクセル・ワード・パワーポイントは最低限身に付けておきたいスキルです。

また現場で生の情報が得られる立場を活かし、パソコンスキルも併用しながら働きましょう。

売上を上げるほど仕事のやりがいが増し、キャリア形成にも役立ちます。

お客様目線でコミュニケーションをとれることが、販売職としての自信に繋がります。

パソコンスキルの習得を通して、一層行き届いた接客のできる販売職を目指しませんか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら