ビジネススキルというのは社会人として必要不可欠なものです。

ビジネススキルを身につけることによって業務に役立つだけでなくキャリアアップの実現などにもつながります。

今回はそんな数々のメリットがあるビジネススキルの中から特に身につけるべきものを解説していきましょう。

女性が身につけるべきビジネススキルを解説

手で丸を作る女性

ビジネススキルというものを考える際、まずはどういったものがそこに含まれるのかを知っておくべきでしょう。

ビジネススキルと一括りにいってもその中にはヒューマンスキルやテクニカルスキルなど様々な区分が存在しています。

今回の記事ではそうした区分ごとに女性はどういったビジネススキルを身につけるべきかを解説していきましょう。

こうしたビジネススキルというのは、業務だけでなく転職活動にも役立ちます。

もし転職活動をしようと考えている方は今回ご紹介するビジネススキルを身につけておくと選考で高評価を得られるでしょう。

是非参考にしてください。

ヒューマンスキル

オフィスにいる女性

まず紹介したいのはヒューマンスキルです。

ヒューマンスキルというのはビジネスシーンにおける対人関係において必要になります。

そのため、どのような職種においても役立つ場面があるでしょう。

ビジネスマナーやマインドセット

ビジネスマナーは社会人として必要となるマナーのことを指す言葉です。

顧客や取引先とコミュニケーションをする際にしっかりとマナーを守った振る舞いをできれば印象も良くなるでしょう。

特に事務職などでは電話応対や来客応対などをすることとなるためビジネスマナーは重要です。

こういった職種に就く女性はビジネスマナーをマスターしておくと良いでしょう。

また、マインドセットも重要なポイントです。

マインドセットというのは自身の無意識な考え方の癖を意味します。

考え方の癖をポジティブに変えることによって、業務への取り組み方も変わっていくのです。

仕事に対してのモチベーションなどにも関わるため、マインドセットに関しても学んでおくと良いでしょう。

コミュニケーション能力

打ち合わせ

コミュニケーション能力は様々な場所で必要とされます。

顧客の要望を汲み取ったりプロジェクトのメンバーの意見を聞いたりする時に、この能力が高ければ良い結果を出しやすくなるでしょう。

効率的に業務を進めていく上で、円滑なコミュニケーションというのは重要になります。

この能力はどういった仕事であっても様々な場面で活かすことが可能です。

そのため積極的に習得を目指すと良いでしょう。

目標設定スキル

計画的で明確な目標を設定することができる能力も業務をやっていく上で大変役立ちます。

しっかりとした目標を設定することによって、その目標達成までの筋道が明確になるのです。

また、このスキルの中にはその目標を周囲に知らせる能力も含まれています。

目標を共有することによってチーム全体でどのようにプロジェクトに取り組めばいいのかが分かるのです。

目標設定スキルというのは仕事を効率化できる重要なヒューマンスキルの1つだといえるでしょう。

 

ワンポイント
・ビジネスマナーやマインドセットは社会人全員にとって大切なスキル
・コミュニケーション能力は他者との関係を築く際に役立つ
・目標設定スキルがあれば目標達成までの筋道を明確にすることができる

テクニカルスキル

PCで仕事をする女性

次にご紹介するのはテクニカルスキルです。

テクニカルスキルというのはビジネススキルの中で特に業務遂行能力や実務に関するものを指す言葉となっています。

このスキルはヒューマンスキルとは違い、就いている職種によっても変わってくるものです。

自分がどういった職種に就いているかで、求められる能力も変わってくるでしょう。

専門的資格

自身の職種に関連する専門的資格を取得することによって、その職種で必要とされるテクニカルスキルを身につけることが可能です。

資格取得までには学習期間が必要となり、その期間に習得した知識・スキルというのがテクニカルスキルに該当します。

専門的資格というのは、業務で知識が活かせるだけでなく企業からの評価が高くなるというメリットもあるのです。

また、資格というのは転職の際に自身のスキル・能力を証明する際にも役立つので転職を考えている女性におすすめとなっています。

スキルと評価の両面からメリットが感じられるため積極的に資格取得を目指すと良いでしょう。

PC操作スキル

パソコンを使う女性

多くの企業でIT化が進んでいるためPC操作スキルというのは重要度の高いスキルの1つです。

特に事務職ではこのスキルが必須となっているため、しっかりと磨いておくと良いでしょう。

他の職種であってもPCソフトやシステムに関しての理解があると企業から重宝されると考えられます。

PC操作スキルは積極的に身につけるようにしましょう。

また、以下の資格を取得しておけばPCスキルを持っていることを証明できます。

  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • ICTプロフィシエンシー検定試験
  • ITパスポート
  • 日商PC検定

もしPCスキルをアピールしたい場合は上記の資格を取得すると良いでしょう。

技術力

その職種ごとに必要とされる技術を身につけておくことによって、業務遂行能力も大きく向上します。

もし技術力がなければ専門的な業務を行うことは難しくなるでしょう。

これは専門的スキルに分類されるもので社会人経験を通して培っていくものです。

技術力を磨くことによってその職種に対しての適性を向上させていくことができます。

未経験の職種への転職を考えている女性であっても技術力を向上させれば企業から評価してもらえるでしょう。

 

ワンポイント
・専門的資格を取得すれば専門知識を業務で活かせる
・PC操作スキルは事務職などを中心に幅広い職種で活かせる
・技術力があれば業務思考能力が大きく向上する

コンセプチュアルスキル

女性

次にご紹介するのはコンセプチュアルスキルです。

コンセプチュアルスキルは概念化スキルともいわれ、知識や情報などを概念化して物事の本質を捉える能力といわれています。

本質を捉えることによって個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるのです。

このスキルがあることによって課題の本質的な解決にもつなげることができます。

また、本質を捉えることでイノベーションを起こすことも可能です。

積極的に習得を目指すと良いでしょう。

アセスメントスキル

アセスメントスキルというのは業務に携わるメンバーの適性を的確に把握するスキルです。

このスキルがあればメンバーがどういった能力を持っているのか、どういった特徴があるのかを見抜くことができます。

それぞれの最大限のパフォーマンスを引き出すためにアセスメントスキルは必要です。

これはマネジメントをする際に不可欠となるスキルであり、そうした業務に携わる人は是非習得したいスキルとなっています。

課題解決力

ポイント

課題解決力というのは、課題がどういったものかを分析し原因が何かを特定することで、課題を解決に導くスキルです。

現在の課題を深いところまで分析をすることで、見えない部分にある原因が分かります。

原因を追及することによって、どういった手段でその課題を解決することができるかが明確になるのです。

原因が明確になった後はどの手段によってその課題を解決するかを選択します。

そしてその手段を実施することによって高い成果を挙げることが課題解決では求められるのです。

課題解決力がある人材というのは管理職などに向いているといえるでしょう。

管理職などにキャリアアップしたい女性は課題解決力があると評価されます。

スケジュール管理や交渉力

スケジュール管理ができる人材はやるべきことを把握し、優先順位をつけられるため業務を効率化することに長けています。

特にプロジェクトを管理する立場の人はこのスキルがあるとプロジェクトを円滑に進めていくことができるでしょう。

プロジェクトを管理する立場の女性はこのスキルを身に付けておくと評価につながります。

また、交渉力というのも重要なスキルの1つです。

営業職などが顧客と折衝を行う際にはこの交渉力が重要となります。

駆け引きが重要となる交渉の場では、交渉力が高いとうまく業務を進めることができるでしょう。

マネージャーに求められるスキルは?

パソコン作業をする女性

マネージャーには意思決定を求められることが多いため、意思決定能力が必要となるでしょう。

メンバーから出された意見などを取り入れて的確な判断を行うことが重要です。

また、メンバーを管理する立場でもあるためそれぞれのメンバーの適性や業務の進捗状況を把握する必要があります。

これらを把握することによってそれぞれにどういった仕事を割り振れば良いのかが分かることでしょう。

そのためにはコミュニケーション能力を駆使して、メンバーの状況を知ることが必要になります。

このようにマネージャーには様々なスキルが求められるのです。

ビジネススキルを身につける方法は?

女性

次はビジネススキルを身につける方法について解説していきます。

以下のような方法を実践することによって、効果的にビジネススキルを身につけることができるでしょう。

eラーニングを活用する

eラーニングというのは、パソコン・スマートフォン・タブレットなどの端末を使ってインターネット上で学ぶ学習形態のことです。

対面式の研修などと違い、モバイル端末を利用していつでもどこでも学習できるのが大きな利点となっています。

また、eラーニングはテキストだけでなく動画やイラストなどを活用しながら学習を行っていくのも特徴です。

これにより学習へのモチベーションが上がりやすく、学習効率の向上にもつながります。

本を読む

参考書やテキストなどを読むことによって学習するのもよく使われる方法です。

ビジネススキルに関する書籍というのは大量に出版されているため、その中から自分に合ったものを選択することができるでしょう。

選択肢の幅が広いというのはeラーニングにはないメリットだと考えられます。

また、ネット上で通販サイトのレビューなどを参考にすることで評価が高い書籍を見つけることも容易になるでしょう。

 

ワンポイント
・eラーニングを活用すればいつでも学習することができる
・本は選択肢の幅が広く自分に合ったものを選べる

ビジネススキルに関する資格を取得しよう

勉強

次はビジネススキルに関する資格をご紹介していきます。

以下の資格というのはビジネススキルに長けている人材だということを証明するのに役立つことでしょう。

転職活動にも役立つため、是非取得を目指しましょう。

ビジネス実務マナー検定

ビジネス実務マナー検定は、その名の通り実務で使うビジネスマナーに関する知識が問われる資格です。

ビジネスマンとしてしっかりと判断や行動が行えるか、人間関係や話し方など幅広い知識が必要となります。

この資格を取得しておけば、ビジネスマナーに長けた人材だということを印象付けることができるでしょう。

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定では、ビジネスシーンにおいて様々な職種で必要となる法律知識を身につけることができます。

ビジネスに関する法律知識というのは企業がコンプライアンスを遵守していくためにも重要なものです。

この資格を取得することによって契約締結などで役立つ実践的な法律知識が身に付くことでしょう。

 

ワンポイント
・ビジネス実務マナー検定は実務で通用するビジネスマナーを習得できる
・ビジネス実務法務検定はビジネスシーンで役立つ法律知識が習得できる

ビジネススキルを活かして転職する方法

女性

ビジネススキルを活かして転職したい場合、前述したように転職する職種に関連した資格を取得すると良いでしょう。

そうすることで、選考時にその職種に必要なテクニカルスキルを持った人材であると考えてもらえます。

特に未経験の場合はどういったスキル・能力があるのかが明確に分からないため効果的です。

他にもビジネスマナーやコミュニケーション力といったものはどのような職種でも役立つため積極的にアピールしましょう。

転職活動では自分が具体的にどういったビジネススキルを持っているのかを知ることが大切です。

自己分析をしっかりと行うことで自分の特性を理解するようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

片手を上げるビジネスウーマン

転職に悩みがあるという方は転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

転職活動というのは選考ごとに様々な対策が必要となるため自分だけで対策にも限界があります。

そんな自分だけでは難しい転職対策も転職エージェントに相談することによってスムーズに行うことができるでしょう。

もし転職に不安があるという方はこの機会に是非転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

女性

今回は女性が身につけるべきビジネススキルをご紹介してきました。

ビジネススキルというのは、社会人として仕事を行っていく上で欠かせないものです。

今回の記事を参考にして、自身に合ったビジネススキルを身につけていただければと思います。

また、もし転職活動に対して不安を感じている場合には転職エージェントを活用していきましょう。

エージェントを活用することによって転職活動を安心して行っていくことができます。

是非積極的に利用しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら