「特許事務へ転職したい!」と思い立ったら、まずは志望動機の書き方のポイントを把握しておきましょう。

志望動機で自分を上手くアピールできれば、転職の成功率は大幅に上昇します。

正しい方向性で効果的にアピールするためには、志望動機の考え方のコツを知っておかなければなりません。

本記事では特許事務の採用試験で高評価を得る志望動機の書き方のポイントやその例文、面接で聞かれる質問をご紹介します。

Contents

特許事務に転職するための志望動機の書き方を解説

電球、アイコンマーク、考える女性

特許に関する事務作業全般をこなす特許事務は、法律の知識や特許申請の流れの理解など高い専門性が求められる職種です。

最新の業界情報や世に出ていない新規性の高い技術に触れる機会があることも、特許事務の魅力の1つでしょう。

そんな魅力のある特許事務ですが、転職を成功させるためには志望動機で高評価を得ることが必要不可欠です。

採用試験の第一段階である書類審査で一度好印象を与えられれば、その後の転職を有利に進めることができます。

志望動機作成のコツを学んで、特許事務への転職成功を目指しましょう。

特許事務の志望動機の書く時のポイント

特許事務として働くために避けては通れない志望動機ですが、ポイントを押さえて考えれば好印象を得られる貴重なチャンスになります。

ここでは、採用担当者の記憶に残る志望動機を書くためのコツをご紹介しましょう。

志望動機を書く前に準備すべきこと

笑顔で考える女性、ノートパソコン

特許事務の志望動機を書き出す前にまずは準備を整えましょう。

よりアピールできる志望動機を書くために欠かせないのが、企業研究自己分析です。

企業研究では自分が志望している企業について社風や理念・求める人物像を調べましょう。

志望している企業の業務内容についての理解を深めることで、自分のどの面をアピールすれば最も好印象に伝わるかを考えることができます。

逆に、企業研究をしっかりしておかないと明確な根拠や具体性の無い志望動機になってしまいます。

特許事務の仕事は、自社の特許出願手続き業務・弁理士のサポート・他社とのライセンス交渉など多岐にわたります。

これらの業務範囲は会社によっても異なるため、自分が志望するポジションの業務は最低限理解しておくようにしましょう。

また、自己分析ができていなければ自分のどのスキルや長所をアピールすべきなのかが分かりません。

入社後に活かせるスキルは何か、現在の自分のスキルはどの程度なのかを理解した上で、自分のアピールポイントを見つけましょう。

アピールの効果を最大化させるためには、まず方向性を定めることが大切なのです。

志望動機の書き方のポイント

パソコン電話

企業研究と自己分析が十分にできたら、志望動機の内容を考えていきましょう。

ここでのポイントは、企業があなたを採用するメリットを具体的に提示することです。

自分の強みや経験の売り込みに必死になって文章を羅列してしまうと、一方的なアピールになってしまうことがあります。

この場合、志望動機欄は真っ黒に埋められても、採用担当に良い印象は残せないでしょう。

志望動機に限らないことですが、採用試験においては「受け手側」、つまり採用担当者の立場に立って考えることがとても重要です。

自分の強みを特許事務のどんな業務で活かすのかを関連させて説明しましょう。

入社後に活躍する姿を企業側に想像させられれば、採用にも大きく近づきます。

 

ワンポイント
評価される志望動機を書くためには、事前の企業研究で業務への理解を深めることが重要です。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

特許事務の志望動機で意識すべきこと

志望動機で効果的にアピールするには、押さえておくべきポイントがあります。

その中でも特に意識すべきことをみてみましょう。

なぜ特許事務を選んだのか

女性

志望動機でまず意識すべきなのが、数ある業界・職種の中からなぜ特許事務を選んだのかという理由を必ず書くことです。

特許事務で活かせるスキルや経験は、他の職種でも活かすことができるものが多くあります。

事務職だけでみても、一般事務・営業事務・学校事務・貿易事務など様々な業界で活躍することができるでしょう。

採用担当者は、そうした他の職種ではなくなぜ特許事務を選んだのか、その理由を知りたいと考えています。

理由が明確なほど、仕事への熱意や意欲が高いという印象を与えることができるでしょう。

その企業を選んだ理由

志望動機には、数ある特許事務の仕事からなぜこの会社(志望している会社)を選んだのかも必ず記述しましょう。

採用担当者が志望動機の項目で知りたいことの1つが、志望度の高さです。

「この会社でなくてはならない理由」を具体的に伝えることで、志望度の高さを印象付けられます。

逆にいえば、その会社だからこその理由が説明できなければ、熱意が十分に伝わりません。

より説得力のある理由が書けるよう、志望企業ならではの強みや特徴を、企業研究をする中で必ず確認しておきましょう。

特許事務の志望動機を書く時の注意点

特許事務は、出願前の画期的なビジネスアイディアに触れることができる貴重な職種です。

そんな特許事務への志望動機を書く時には、注意しなければならないポイントも存在します。

ここでは、自分の魅力や経験のアピール効果を最大化させるための注意点を解説しましょう。

特許事務として働きたい理由を明確にしよう

悩む女性

特許事務は事務職の中でもあまり知られていない部類の仕事で、他の事務職と比較すると求人数も多くありません。

そうした中で特許事務を選んだ理由を明確に伝えることを意識しましょう。

特許事務として働きたい理由が曖昧では、事務職なら何でも良いのでは、という印象を持たれてしまいます。

特許事務でなければならない確固たる理由を説明できれば、仕事への熱意も伝えることができるでしょう。

内容に具体性を持たせよう

もう1つの注意点は、内容を具体的に書くことです。

具体的ではない抽象的な文章は、捉え方の幅を与えてしまうため相手にはざっくりとしたイメージしか伝わりません。

曖昧なイメージのままでは企業にとってプラスとなる人材かどうか、採用担当者は判断しかねてしまうでしょう。

ビジネスの場面では当たり前のマナーとされていますが、事実に説得力を持たせるためには具体性を意識する必要があります。

エピソードを交えて過去の実績をアピールする際も、明確な数字などの根拠を一緒に記載しましょう。

具体的に書くことは、自分の魅力を正しく伝えるために重要なポイントなのです。

 

ワンポイント
なぜその会社でなければならないのかという理由を、具体的に記載しましょう。

特許事務への転職でアピールすべきこと

ポイントをさす女性

ここまで、特許事務の志望動機を書く時のポイントや注意点を記載してきました。

ここからはアピールするべき具体的な内容を考えていきましょう。

まずは特許事務の転職において求められるスキルの確認です。

  • 書類の確認など細かい作業を効率良くこなすスキル
  • 語学スキル
  • 新しい知識を意欲的に学べること

特許事務への転職者は一般事務経験のある人が多い傾向はありますが、必ずしも事務経験は必須ではなく、未経験者でも目指せる職種です。

担う業務の性質上、文書作成や各種手続きにおいては正確でミスがないことが要求されます。

それらを効率良くこなせる事務スキルがあれば、大きなアピールポイントになるでしょう。

また、語学スキルが身についていれば外国への特許申請業務にも携わることができます。

自分の過去の経験から上記のスキルに関連付けられる部分を探して、具体的に記載することが大切です。

ここでも1つ注意点ですが、前述の通りスキルのアピールだけで終わってはいけません。

どんなに賞賛すべき経験が豊富にあったとしても、実際に業務で活かせることが伝わらなければ、そのアピール効果を下げてしまうこともありえます。

自分の能力を特許事務のどのような業務で活かすのかまで、分かりやすく記述するように意識しましょう。

特許事務の志望動機の書き方例文

特許事務の志望動機作成のポイントや注意点が分かったところで、評価される志望動機の例文をご紹介しましょう。

意識すべきポイントをおさらいしながら確認すると効果的です。

自分の場合はどのような経験を切り取れば良いのか、考えてみましょう。

例①:未経験者の場合

メモする女性

事務職としてより専門的な知識を身に付けたいと考え、貴社を志望しております。

私は前職では、飲料系メーカーの一般事務職を担当しておりました。

特に細かな作業が得意で、書類チェックなどの業務は率先して任された経験があります。

日々の仕事に取り組む中で、自分の専門性を高めて業務の幅をさらに広げたいと考えるようになり特許事務を志しました。

特に少数精鋭の組織で構成され幅広い業務に携われる貴社でなら、専門性の高い知識を積極的に吸収できると考えます。

これまでの事務作業の経験を活かし、効率的な業務改善を進めて活躍したいと考えております。

例②:未経験者の場合

英語の語学力を活かした仕事がしたいと考え貴社を志望しました。

私は現職では、薬品関係の営業職を担当しております。

クライアントの意図を理解して細かな気配りをすることで売り上げも増加させることができ、大きなやりがいを感じています。

ある時、営業業務の中で外国人のクライアントと英語で話をする機会があり、過去の留学経験に助けられました。

その経験を通じ、英語力を仕事の中で活かすことの大きな喜びを知りました。

外国特許の業務に特化している貴社でなら、英語力を活かした働きで活躍できると考えています。

入社した暁には、弁理士の意図を正確に読み解き特許を円滑に取得することに貢献します。

例③:経験者の場合

大きな裁量権を持って責任のある業務を担当したいと考え、貴社を志望しました。

私は前職では特許事務所の事務職員として、主に特許出願書類の作成や調査・請求書の発行などを担当しておりました。

人とのコミュニケーションが得意で、弁理士様との打ち合わせもいつもスムーズにできると好評をいただいておりました。

転職を考えた理由は、裁量権が小さく自分からチャレンジしづらい環境にいることで、自分の成長度合いに不安を感じたためです。

若いうちからも様々な業務に積極的に挑戦できる貴社でなら、前向きに仕事に打ち込めると確信しております。

コミュニケーションスキルを活かし、社内外での円滑なやり取りにおいて活躍していきたいと考えています。

 

ワンポイント
志望動機作成のポイント
①興味を持ったきっかけを明確にする
②内容に具体性を持たせる
③どのように活躍するか記述する

特許事務の志望動機のNG例

では逆に、特許事務の志望動機で良くない印象を与えてしまう例文をご紹介します。

重要なアピールのチャンスである志望動機でマイナスの評価をされてしまうと、合格率が大幅に下がってしまうこともあります。

NG例をしっかりと把握して、高評価を受ける志望動機を作りましょう。

例①:特許事務を目指す理由が不明確

悩む女性

「私は前職では、企業の総務事務として働いてきました。

特に注力したことは、日々の業務時間の中で段取り良く仕事をさばくことです。

毎朝当日分の仕事を時間のかかる順番に整理して効率良い業務を心がけたことで、社内で表彰を受けたこともあります。

段取りの良さを貴社の仕事においても活かし、様々な業務で活躍したいと考えております。」

この志望動機では特許事務を目指す理由が示されていません。

事務スキルをアピールしても、特許事務でなくてもよいのでは、と思われてしまいます。

先述した通り、特許事務でなければならない理由を明確に示すことを心がけましょう。

例②:具体性が無い

バツの札をあげる女性

「コミュニケーションスキルを活かした仕事がしたいと考え、貴社を志望しています。

私は現職ではアパレル店舗での販売員の仕事をしております。

その中でお客様と円滑にコミュニケーションする力を身に付けました。

貴社の仕事でもコミュニケーションスキルを存分に発揮して貢献したいと考えます。」

この例文ではコミュニケーションスキルをアピールしています。

しかし、実際にそのスキルに関するエピソードや実績がなく、具体性がありません

客観的に見てスキルを証明できる実績などを示し、具体性を持たせるように意識しましょう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

特許事務への転職面接でよく聞かれること

履歴書に記載する志望動機ですが、その回答は時間を掛けてじっくり考えながら書くことができます。

しかし、書類選考を通過したのちに待っている次の関門は「面接」です。

面接では提出した書類をもとに話をすることが多いため、ここでも志望動機の内容を具体的に話さなければなりません。

また、頻出の質問をあらかじめ予想してしっかりと準備していないと、面接の場面で失敗してしまうことも多いでしょう。

ここでは、特許事務として採用されるための最後の課題である面接で聞かれることの例文を解説します。

例①:いままでの経歴・職歴

笑顔で面接

「これまで担当していた業務はどのような内容ですか」

「英語力を活かした経験はありますか」

「退職した理由はなんですか」

「いままで特に苦労した経験はありますか」

「いままで特に仕事の中でやりがいを感じたのはどんな時ですか」

これらの質問で採用担当者は、会社への志望度や特許事務としてどのように活躍できるのかをチェックしています。

どのような切り口からの質問でも対応できるように、経験談を思い出しておきましょう。

経験談を思い出す時に意識したいのは、自分が志望している企業の特許事務の具体的な仕事内容です。

企業によっては、業務の中で英語力が必須になる場合もあるでしょう。

語学力はそれほど求められないけれど、高い事務スキルが必要という場合もあります。

応募企業で求められるスキルを理解した上で、実際の業務で活かせる自分のスキルを、エピソードを交えて話せるよう準備しておきましょう。

例②:長所・短所

女性

「あなたの強みはなんですか」

「苦手分野はありますか」

「自分をどのような性格だと思いますか」

こういった質問で判断されているのは会社への適性です。
どれだけ優れた能力を持っているとしても、会社への適性に不安があれば採用を見送られることもありえます。

事前に志望企業の理念や社風を調べておき、適性をアピールできるように準備しましょう。

ただし注意点が1つあります。

適性をアピールすることに注意しすぎて、自分の性格やスキルを偽って話さないようにしましょう。

その場では好印象を与えられたとしても、入社後のミスマッチングを生みやすくお互いが後悔することにもつながります。

面接での質問に対しては、常に正直な回答を心がけましょう。

 

ワンポイント
面接で良い結果を出すためには、事前の準備が重要です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性,スーツ,ビジネス

転職を成功させるために重要なのは、事前にしっかりと準備することです。

志望する企業の情報や業界の動向を分析したり、自分の経験から特許事務に活かせそうなスキルを探したりする作業が必要です。

しかし、働きながら転職を目指す人にとってはこういった準備に長い時間を割くことは難しいでしょう。

そんな悩みを持つ人におすすめなのが、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントはあなたのプロフィールや希望条件をしっかりヒアリングした上で、ぴったりの企業を探してくれます。

自己分析の仕方や、企業ごとの特徴に合わせた志望動機の書き方を助言してくれるので時間が無い人にもおすすめです。

一人で悩みを抱え込まず、まずは転職エージェントに話してみましょう。

的確なアドバイスで、理想の企業へ転職を成功させる道筋を示してくれるでしょう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

ガッツポーズする女性

今回は専門知識が身に付く特許事務へ転職する際の、志望動機の書き方のコツや面接での質問例を解説してきました。

専門知識をもとにコツコツと仕事をこなす特許事務は、責任感のある重要な仕事です。

特許の申請が受理された時の喜びは、大きなものになるでしょう。

特許事務で事務職としての専門性を磨き、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

時には転職エージェントに相談しながら、運命の会社との出会いを見つけましょう!

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら