履歴書に異動歴を書く時に、異動経験が多い人はどこまで書いたらいいのかわからない人もいます。

履歴書は自分のことを企業に知ってもらうためのものです。

これまでどのような部署でどんな業務に従事して来たかアピールすることが転職を成功させるポイントです。

そのためには職歴欄を充実させることが大切なのです。

転職者を採用する際は異動歴が決め手になりますから、書き方をしっかり頭に入れておきたいものです。

履歴書における異動歴の書き方を転職エージェントが解説

女性

履歴書を書く目的は自分がどういう会社でどのような仕事に従事していたのか経歴を記載して採用担当者に知ってもらうためです。

そうすることで就職活動を有利に進められます。

履歴書には個人情報・経歴・自己PRなどを記載しますが、採用担当者が見て興味を持つような内容にしなければなりません。

しかし、今まで何度か異動経験がある人はどこまで詳しく記載すれば良いのか迷うのではないでしょうか。

細かく書きすぎるのも読む人からすれば読みにくいのではないかと不安に感じた経験はありませんか。

転職エージェントが履歴書の異動歴の正しい書き方を解説します。

履歴書を書く人は参考にしてください。

異動歴に関する疑問点

OKサインの女性

転職活動する時は企業側から履歴書職務経歴書の提出を求められます。

特に異動歴が多い人は書き方に悩む人が多いのではないでしょうか。

異動歴が多い人はどこまで詳細に書くべきはわからないという意見もあります。

しかし、異動歴は今まで自分が経験してきた知識・スキルなどを採用担当者にアピールする絶好のチャンスです。

異動歴に関する疑問点について解説します。

そもそも異動歴は書くべき?

異動歴は書くべきなのか疑問に感じる方もいるでしょう。

しかし、異動歴こそ自分の事を知らない採用担当にアピールするのに欠かせないものです。

異動歴を見てどれだけ興味を持ってくれるかで次のステップに進めるかが決るといってもいいでしょう。

異動が多いという事はそれだけ実務経験が豊富であることの証でもあります。

幅広い知識・経験を持った人は企業からすれば魅力がある人なのです。

役職をアピールしたい場合は、積極的に職務経歴書に詳細や実績を記載するようにしましょう。

一般的な企業の異動頻度は?

人事異動の頻度は企業によって異なります。

異動の目的はさまざまな経験を社員に積ませること・組織を活性化させることが主な目的です。

例えば中堅社員は企業の将来を担えるマネジメント力を養う目的で、異動は平均3年〜5年といわれています。

新入社員であれば半年で異動を繰り返す企業もあります。

一般には新入社員・ミドルクラス・管理職クラスで異動のサイクルは異なり、職種によっても異なるのです。

また、中小企業より大企業の方が異動は頻繁に行われる傾向があります。

大企業は同じクラスの社員が多いため異動候補者を決めやすいことがあげられます。

異動することで現場への負担が中小企業ほど大きくない点も異動に適した環境といえるでしょう。

また、最近は女性でも総合職であれば男性社員並に転勤がある企業も出てきています。

一方、中小企業は社員数が限られ異動させると仕事に支障が出る可能性があります。

しかし、中小企業も人事異動で社内の活性化が進み将来的には多くの社員が企業をになる人材に育つことを実感しています。

役職が変わった時はどう書けばいい?

役職が変わった場合には職歴欄に記載しましょう。

「課長に昇進」など役職名と昇進したことを記載します。

ただし、職歴欄に記載するのは会社から正式に辞令が発令されたものだけにしましょう。

例えばチーム内でプロジェクトリーダーになったなどは役職ではないので職務経歴書の方に記載します。

また、「昇進」と「昇格」は性格が異なるので注意しましょう。

会社には職能等級制度があり等級が上がることを「昇格」といいます。

「係長」から「課長」になった場合、等級が同じならば昇進であっても昇格ではありません。

異動にともない役職が変わるのは「昇進」となりますから履歴書に記載しましょう。

 

ワンポイント
 異動歴は自己PR になる。

異動歴はどこまで記載するべき?

企業は社員の能力を高め、経験を積ませるために異動を行い、職場の活性化を促します。

それにともない異動歴が増えて行くため履歴書にどこまで記載すべきかわからないケースもあるでしょう。

ここでは異動歴で書くべきこと・書かなくてもいいことを説明します。

書くべき内容

異動によって業務の幅が広がり、知識が増えたことは絶好のアピールになります。

異動歴を記載して採用担当者に興味をもってもらえるようにしましょう。

書かなくていい内容

履歴書に書かなくていいものとしては、アルバイト派遣社員として働いたことがあれば省くことはできます。

女性の人で派遣社員の経験がある場合は、その期間の長さにもよりますが省いても問題ありません。

ただし、省くことで空白の期間が長くなると不自然なので調整が必要になるでしょう。

また、チーム内での役割としてリーダーになったりすることは職務経歴書に記載して履歴書には書かないようにしましょう。

転職履歴があっても短期間で辞めた場合は記載しない方が得策かもしれません。

もし記載する場合は「人員整理のため」などにしておく方がいいでしょう。

あまり短い期間で退職していると辛抱ができない人と思われる可能性があるからです。

例えばキャリアアップが理由で短期間であっても転職したのなら問題ありません。

履歴書のスペースも限られているので、ある程度簡略化して、省けるものは省きましょう。

昇進は履歴書に書くべきですが降格はマイナスになるため記載しない方がいいです。

履歴書の異動履歴は見た目に読みにくいとかえって採用担当者の興味を失わせますので注意しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

異動歴の書き方

異動歴は履歴書に記載して詳細は職務経歴書に記載します。

異動回数が多い人も基本的には全て履歴書に記載しますが、書ききれない場合は省略しても構いません。

異動歴を書く時に部署名などは会社が規定する正式な名称を記載するようにしましょう。

それでは異動歴の書き方について解説します。

 基本形

基本形をしっかり覚えれば異動歴も見やすくなるのでおすすめです。

異動歴は最初に「会社名」を書いてから「はじめに配属された部署名」を書きます。

例えば「株式会社〇〇 入社 営業部に配属」といった感じです。

そこから「異動した部署名」、さらには異動した部署ではどのような業務に従事したか簡潔に書きましょう。

例えば「企画業務部に異動 業務戦略の提案業務に従事」となります。

異動が多い場合

ガッツポーズする女性

たとえ異動回数が多くても基本形に従い全て記載するよう心がけましょう。

ただし、書ききれない場合は省略も仕方ありませんから適宜調整してください。

転勤時

パソコン操作

会社員には転勤はつきものですが基本形は変わりません。

まず「部署名」を書いて「異動」もしくは「転勤」とすれば問題ありません。

例えば「京都支店に異動」となります。

転勤先で従事した業務内容・役職があれば「役職名」とともに簡潔に記載してください。

例えば「支店長として店舗運営に従事」といった感じになります。

店舗異動時

ビズネスウーマン

店舗異動の場合も、基本的には転勤時と変わりなく、赴任した店舗名の次に異動と明記し、従事した業務を簡潔に書きます。

 

ワンポイント
 異動歴を書いて企業とのミスマッチを減らそう。

異動歴を書くメリット

PC作業をする女性

履歴書に異動歴を書くのは自分の事を全く知らない採用担当者に経験・知識・スキルをアピールするためです。

そのため異動歴は簡潔に見やすく記載することが大切になります。

企業側の求める人材にマッチする経歴が採用担当者の目に留まる可能性が出てくるかもしれません。

詳しく異動歴を書くメリットについて解説します。

アピールポイントとして活用

オフィスでPC作業をする女性

履歴書で自分の経歴をいかに伝えるかが重要であり、異動歴はそのアピールポイントになります。

魅力的な経歴を持っていても履歴書でそれを表現できるかどうかが鍵を握るのです。

応募する職種によっては店舗異動に魅力を感じる企業もあるでしょう。

管理職経験者ならマネージャーとして採用される可能性もあります。

応募者も企業側も初対面なので自分の魅力は最大限アピールしなければなりません。

異動歴はその重要なキーになるのです。

企業と自分とのアンマッチを防ぐ

コミュニケーション

異動歴は企業とのアンマッチを防ぐのに大いに役立ちます。

異動歴で異動した部署で経験した実績・スキル・知識をアピールできるように業務内容や役職も記載します。

スペースいっぱいにこれまでの異動歴を丁寧に書くことは企業と自分のアンマッチを防ぐためです。

曖昧なままで入社して適性に合わない仕事や経験のない業務に従事してストレスを感じ、実力が出せないケースもあるのです。

こうしたアンマッチは企業と自分にとっても不幸なことではないでしょうか。

採用担当者がチェックしているポイント

パソコンに向かう女性

異動歴で特に採用担当者がチェックしているのは仕事内容・取り組む姿勢・成果だといわれています。

異動経験が多いとマイナスと考える人もいます。

しかし、一ヶ所に長くいる人より幅広く経験を積んでいる方が柔軟性コミュニケーション能力も高いと考えます。

もちろんどのような業務に従事しているかが重要ですが新しい風を職場に入れて活性化させたい企業には魅力的だといえるでしょう。

異動歴がキャリアアップにつながるなら企業側は採用したいと考えるでしょう。

 

ワンポイント
 異動歴には書くべきもの・書かなくていいものがある。

異動歴を書く時のコツ

仕事をしている女性

採用担当者は異動歴から、どんな役割を担当し成長したか・どんなスキルを身につけたかなど概略を読み取ります。

そのため異動歴の書き方一つで採用が決まるといっても過言ではないでしょう。

異動歴の書き方ですが会社名・部署名は正式名称で書きます。

株式会社を㈱と略称で書かないように気をつけましょう。

年号は和暦・西暦で統一することが大事です。

異動した先での業務内容は簡潔に大枠だけ書き、詳細は職務経歴書に記載するようにしましょう。

異動により昇進した場合は絶好のアピールポイントです。

企業側はあなたの経験・スキル・知識を異動歴から推察するしかありません。

多くの応募者の中からあなたを採用したいと思えるような内容にしましょう。

短いスパンで異動すると面接では必ず理由を聞かれますので事前に自信を持って答えられるように準備しておきましょう。

ネガティブな理由で異動になったとしてもポジティブに答えることが大切です。

例えば短いサイクルでたらいまわしのように支店から支店へと営業に異動するケースはマイナスに見られがちです。

しかし、契約が取れた時の顧客とのエピソードを交えて身につけたこと・感じたことなど自信を持って話をすれば評価も変わります。

このように記載内容に対してあらゆる可能性を考え、質問・答えをシミュレーションしておくのも必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

異動歴の例文

エージェント

部署異動・店舗異動などの職位異動について、履歴書にどのような記載の仕方をすればよいのか具体的にご紹介します。

是非参考にしてみてください。

異動回数が多い時の例

〇〇〇〇年 株式会社××に入社 副支店長として札幌支店に配属

その後、釧路支店に副支店長として異動

〇〇〇〇年   本店営業部 営業本部長として昇進

異動回数が多い時の記載ポイントは以下の通りです。

  • 異動部署は詳しく書く
  • 場所の異動が多い時はまとめて書いても差し支えない
  • 具体的な業務内容は職務経歴書に記載する
  • 書きたくない異動は場合によっては省いても問題ない

部署異動の例文

〇〇〇〇年 株式会社××に入社 営業企画部に配属 新規顧客対応に従事

〇〇〇〇年 国際営業部企画開発課に異動 新規顧客開拓に従事

部署異動の記載ポイントは以下の通りです。

部署名だけでは業務内容まではわからないのでスペースが許す範囲内で書くようにしましょう。

こちらも詳細については職務経歴書に記載しましょう。

転勤の場合でも異動または転勤でも問題ありません。

同じ部署内の異動で例えば営業第1課から営業第3課への異動などは省いても構いません。

 

ワンポイント
 異動歴の書き方がわからない時は転職エージェントに聞こう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

履歴書は書き方によって書類審査で落とされることもあります。

異動歴が多くどこまで記載すればいいのかわからない人は転職エージェントに相談しましょう。

また書いた内容が過不足ないかチェックして欲しい時も企業の採用担当者と同じ目線で添削してもらえます。

アルバイトや派遣社員としてのキャリアが長い人・離職していた時間がある人などもプロのアドバイザーが親切にアドバイスします。

アドバスを受けて自信を持って書いた履歴書はきっと採用担当者の目をひくことでしょう。

まとめ

転職エージェントはあなたの適性とキャリアを総合的に判断して最適な求人案件を提示します。

転職で大切なのが企業とのアンマッチを避けることですが、プロの転職アドバイザーは企業の採用担当者と面識があります。

企業がどのような人材を求めているか把握できているのでアンマッチを避けられるのです。

応募書類の添削・面接対応など全てサポートするので一般応募者より確実に有利になります。

転職の悩みは一人で抱え込まないで転職エージェントに相談して後悔しない転職しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら