どの企業においても欠かせない役割を担う品質管理。

不備がある商品を世に送らないために重要な管理業務を担います。

責任感のある仕事に携わることができる品質管理に転職するには志望動機の書き方がポイントです。

ではどのように志望動機を伝えれば面接官の心に刺さるのでしょうか。

面接で注意すべきことや志望動機の例文を当記事で解説します。

品質管理の志望動機の伝え方を解説

パソコンを持つ女性

品質管理は自社商品の質を担保するためになくてはならない存在です。

商品が世に送られる前の最終チェックを行ったり不良品が生まれないよう工程管理を行ったりと幅広い業務を担います。

そんな品質管理へ転職するには志望動機を効果的に伝えることがポイントです。

志望動機は仕事に対する意欲や熱意と直結しますから、入念な準備をしたうえで考えなくてはなりません。

では志望動機を書く前に何を意識すればいいのでしょうか。

具体的なポイントを続けてみていきましょう。

志望動機を書く時のポイント

ガッツポーズをするビジネスウーマン

面接官の心に刺さる志望動機を書くにはいくつか抑えておきたいポイントがあります。

あらかじめ確認しておくことで質の高い志望動機が書けるでしょう。

具体的なポイントを2つご紹介します。

なぜ品質管理を選んだのか

品質管理の志望動機を書く際はなぜ「品質管理」という仕事を選んだのか具体的に書く必要があります。

ここが抜けてしまうと品質管理に対する意欲を感じ取ってもらえません。

品質管理というあらゆる企業で必要とされる職種を選んだ理由を整理しましょう。

この時あなたが活かせるスキルについて触れると具体性が増します。

「コミュニケーションが得意なので多くの人と連携しながら品質を担保したい」などの文言が効果的でしょう。

品質管理という仕事を選んだ理由を具体的に書いて熱意をアピールしてください。

なぜこの企業を選んだのか

女性

品質管理の志望動機を書く際はなぜこの企業を選んだのか具体的に書く必要があります。

ここが抜けてしまうと転職できるならどの企業でもいいのではないかと不信感を与えることにつながります。

この企業で働きたいという理由を明らかにすることで面接官から一目置かれる存在になれるでしょう。

そのためには企業研究が欠かせません。

企業研究を丁寧に行うことで企業理念や社風に共感できるはずです。

もし企業概念とあなたの気持ちが合わなければミスマッチということ。

入社が決まった後に苦労してしまいますから、あらかじめ企業研究を丁寧に行うことは重要です。

企業に対する思いを伝えるためにも企業研究は丁寧に行ってください。

 

ワンポイント
なぜこの企業を選んだのか、なぜ品質管理という仕事を選んだのか具体的に書こう!

志望動機を書く時の注意点

女性

志望動機を書く際にいくつか注意点があります。

ここを抑えておかないと面接官の心に届かないだけでなくマイナスの評価につながるかもしれません。

具体的な注意点を2つみていきましょう。

内容に具体性を持たせよう

志望動機の内容には具体性を持たせましょう。

なぜ品質管理を選んだのか、なぜこの企業を選んだのかという「なぜ」を明らかにしてください。

ここが抜けてしまうと転職できればどの企業でも仕事でもいいのではないかと不信感を与えてしまいます。

企業と品質管理という仕事の両方に対する熱意を伝えるためにも「なぜ」の部分をしっかり書きましょう。

具体的な内容が書かれた志望動機は面接官に好印象を与えられます。

業界研究や企業研究を丁寧に行おう

パソコン作業をする人

志望動機を書く前に業界研究や企業研究をしっかり行ってください。

ここが抜けてしまうと品質管理へ転職が成功しても仕事のモチベーションが上がりません。

あなたがこれから働く業界の特徴企業理念などは事前に知っておくべきです。

あらかじめ調べておかなければ「思っていたのと違う」とミスマッチが起こってしまいます。

後から苦労するのはあなた自身なので、志望動機を書く前に業界研究や企業研究はしっかり行いましょう。

品質管理の面接対策

2人の女性

履歴書に志望動機を書くことと一緒に面接対策もしておきたいところ。

面接では履歴書をもとにさまざまな質問がされます。あらかじめ回答を準備しておくことで慌てず答えられるでしょう。

品質管理の面接対策として行っておきたい準備を3つご紹介します。

自己分析をしっかりやろう

面接対策として自己分析を丁寧に行いましょう。

自分のことは自分が一番分かっているといわれますが本当にそうでしょうか。

あなた自身も知らない隠された一面があるかもしれません。

また、自己分析を行うことであなた本来の強みがみつかることもあります。

自己分析が浅いと面接官に見透かされ準備が足りない人という悪い印象につながるでしょう。

面接対策として自己分析は欠かせません。

スキルをアピールしよう

作業服の女性

品質管理として働くためスキルをアピールしましょう。

スキルがあるということは仕事に対する適正があるということ。

特に未経験から挑戦するならスキルのアピールは必須です。

品質管理に求められるスキルは次の3つが考えられます。

  • コミュニケーション能力
  • 分析力
  • 指導力

この中でもコミュニケーション能力は日常生活において養うことができます。

自分の意見を的確に伝えることが得意で人の話をしっかり聞くことができるという2つの点をアピールしましょう。

テンプレートの回答に注意しよう

面接ではテンプレートの回答に注意していください。

ありきたりな内容ではほかの応募者と差別化できず、面接官に好印象を与えることが難しくなります。

面接官としても同じような内容ばかり聞かされれば飽きてしまうでしょう。

あなたの魅力を最大限アピールするためにも、参考書に載っているようなテンプレートの回答は避けてください。

面接ではあなた自身の言葉で丁寧に回答することが重要です。

 

ワンポイント
あなたの言葉で熱意を伝えることで面接官の印象も良くなる!

品質管理の面接で注意すべきポイント

女性

品質管理の面接では嘘をつかないようにしてください。

嘘はすぐにバレてしまいます。仮に嘘を付いて転職が成功しても後から「話が違う」ということになれば大変です。

面接官は人と接するプロなので嘘を付いているかどうかはすぐに判断できます。

自分を良くみせようと嘘を付きたくなる気持ちも分かりますが、嘘を付いていいことはありません。

等身大の自分を評価してもらうことが面接で重要なことです。

平気で嘘を付く人という悪い印象を与えるだけでなく信頼度が下がってしまうので注意してください。

志望動機の例文

ポイント

品質管理の志望動機の例文をご紹介します。

ポイントを抑えて面接官の心に刺さる志望動機を書きましょう。

未経験者の例文

前職は営業職に携わっておりました。

入社したばかりの頃は思うように売上が伸びず失敗続き。

ノルマを達成できない月が続き辛い思いをしました。

そんな時先輩が「もう少し相手の意見を聞いた方がいい」とアドバイスしてくださったのです。

アドバイス通り人の話をよく聞き、さらに日ごろから頻繁にコミュニケーションを取ることを意識しました。

その結果、取引先から指名をいただけるようになるなど実績を作ることに成功。

さらにチーム内で最大の売上を達成し周りからの信頼度も上がりました。

営業職で培ったコミュニケーションスキルを大切に、円滑に仕事を進められるよう貢献したいです。

経験者の例文①(食品メーカーの例)

○○という業界で5年間品質管理のチームに所属していました。

キャリアを積むにつれ多くの方たちが自社製品を使っていただいていることに喜びを感じ、品質管理に誇りを持っています。

私は貴社が販売している○○が子どもの頃から大好きです。

長年愛され続ける理由は商品のクオリティが高いだけではありません。

「安心して食べられる」を経営理念に掲げる貴社の賜物だと思います。

これまで培った品質管理としての経験と○○に抱く愛着を大切に、多くの方へ○○を届けたく志望しました。

経験者の例文②(化粧品会社の例)

私は貴社が販売している○○を愛用しております。○○のおかげで肌荒れに困ることがなくなりました。

私と同じく肌荒れに悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

特に化粧品が合わず肌が荒れてしまうこともあるので、「肌に優しい」を理念に掲げる貴社には共感しています。

前職では○○で品質管理に5年間携わっておりました。

その経験を活かし、お客様が肌荒れに悩まず安心して○○を使えるよう貢献したいです。

 

ワンポイント
未経験者はスキルをアピールし、経験者は品質管理のやりがいを伝えよう!

志望動機のNG例と改善点

転職に悩む女性

続いて志望動機のNG例をご紹介します。

面接官の印象に残らないだけでなくマイナスの印象を与えることにつながるかもしれないので注意してください。

具体性を欠いているNG例

私は○○で品質管理に携わっておりました。

品質管理ではコミュニケーションスキルの大切さを学びました。

また、常に頭を働かせ分析することが重要だと実感しております。

品質管理での経験を活かし貴社のさらなる発展に貢献したいです。

スキルをアピールできていないNG例

前職は営業職に携わっておりました。

入社したばかりの頃は思うように売上が伸びず失敗ばかりでノルマを達成できない月が続きました。

しかし、先輩からコミュニケーションの大切さを学んだことで売上が伸びようになったのです。

この経験を活かし、1日でも早く仕事に慣れつつ貴社の力になれるよう精進していまいります。

NG例の改善点

志望動機では次の2つが重要です。

  • 内容に具体性を持たせること
  • スキルをアピールすること

具体性がない志望動機は面接官に熱意を伝えることができません。

過去の体験をもとにして、その場面をイメージできるよう具体的に書いてください。

また、品質管理として働くためにスキルのアピールは欠かせません。

特に未経験から挑戦する場合は「今できること」を伝えることが重要です。

経験者は即戦力として、未経験者は将来的な成長を期待して採用されます。

いずれにしても品質管理という仕事にマッチしたスキルがなければ採用されません。

志望動機は内容に具体性を持たせ、さらにあなたが身に付けているスキルがどう活かせるのか伝えましょう。

志望動機がうまく考えられない時はどうすればいい?

ポイント

志望動機をうまく伝えられない時はもう一度自己分析してみてください。

自己分析が浅ければ中身の濃い志望動機を書くことが難しくなります。

その結果、面接官の印象に残ることができずほかの応募者と差別化を図れなくなるのです。

改めて自己分析を行うことで、あなたが本当にやりたいことやなぜ品質管理にこだわるのか理由がみえてくるでしょう。

納得がいく志望動機を書けるようになるまで、あなた自身の内側をのぞいてみてください。

自己分析を丁寧に行った結果、これだ!と納得できる志望動機を書くことができるようになるはずです。

 

ワンポイント
志望動機がうまく書けない時はもう一度自己分析を行うことで書けるようになる!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オンライン会議

転職活動は壁にぶつかることがあります。

1人で行うことが多いので分からないことがあっても気軽に相談することができません。

そんな時は転職エージェントを活用してください。

エージェントは転職のプロなので、これまで培ったノウハウをもとにあなたの転職が成功するよう的確にアドバイスしてくれます。

面接官の心に刺さるような志望動機を書くには客観的な視点で評価してもらうことが重要です。

そのためにはエージェントから添削してもらいフィードバックを受けることが必要不可欠。

さらにエージェントは面接対策も行ってくれますから、1人で悩むことはなくなります。

エージェントと二人三脚であなたが理想とする未来を手に入れましょう。

まとめ

ビジネスウーマン

品質管理はあらゆる企業において重要な役割を担います。

自社商品を世に送り出す前の最終チェックを行う非常に重要なポジションです。

そんな品質管理へ転職するには面接官の印象に残る志望動機を書くことがポイント。

実体験をもとに具体的な内容で書いたり、あなたが身に付けているスキルをアピールしたりする必要があります。

効果的な志望動機を書くには業界研究や企業研究、自己分析が欠かせません。

また、客観的な視点で評価しフィードバックしてもらうことが転職成功の近道です。

そのために転職エージェントを活用してください。

エージェントとうまく連携し転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら