自社商品に不備がないか確認する業務を担う品質管理。

商品の品質を担保するため組織においてなくてはならない存在です。

品質が悪ければそれに比例するように自社のブランドイメージも悪くなるので責任は重大です。

そんな品質管理は未経験でも挑戦することができるのでしょうか。

品質管理に向いている女性の特徴や未経験から転職する方法を解説します。

品質管理へ未経験から転職を成功させる方法を解説

パソコンに向かう女性

品質管理は自社商品の品質を担当するため必要不可欠な存在です。

管理業務を怠ってしまえばユーザーのもとに不備がある商品が届いてしまいます。

その結果、自社ブランドのイメージは悪くなり売上にも直結してしまうでしょう。

ユーザーから何不自由なく商品を使ってもらうには品質管理が欠かせません。

世に自社商品を出荷する前の最後の砦なのです。

そんな自社の命運を握っているともいえる品質管理に未経験で転職することは可能なのでしょうか。

まずは未経験求人から品質管理の仕事内容をみていきましょう。

品質管理の未経験求人から仕事内容をチェック

女性

品質管理に対する未経験求人は多数あります。

「品質」を「管理」するとは具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

主な業務内容を3つご紹介します。

商品の品質を管理する

品質管理は工場などで製造された商品に不備がないかチェックします。

世の中に商品が届けられる前に行われる最終確認です。

したがって、品質管理によるチェックが正しく行われないと不適切な商品が出荷されてしまいます。

ユーザーの印象が悪くなればブランドイメージも悪くなり、商品の売上にも直結するでしょう。

質のいい商品を届けるため品質管理の担う役割は非常に重要です。

商品製造の方針を管理する

男性と女性

品質管理は商品製造にかかる方針も管理します。

従来の品質管理の役割は商品の最終チェックがメインで、不備のある商品を世に送らないようにすることが主な仕事でした。

しかし最近では、大元である商品製造方針も品質管理がチェックすることが主流です。

方針そのものを見直すことで根本的に不良品を作らないようにする狙いがあります。

したがって、最終的なチェック作業だけでなく商品製造全体の方針作成も担うことを覚えておいてください。

工程を管理する

品質管理は工程の管理も担当します。

理由は方針管理と同じで商品製造工程をチェックすることで不良品を作らないようにするため。

また、商品製造における工程から目を光らせておくことで最終的なチェック作業の負担も減るでしょう。

品質管理は最後の砦として重要な役割を担いますから、あらゆる場面において不良品が生まれないよう確認しています。

 

ワンポイント
品質管理は商品の最終チェックのほか方針管理や工程管理も行っている!

品質管理に必要なスキル

女性

商品製造においてなくてはならない存在の品質管理にはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

必要なスキルを把握しておくことで未経験から挑戦する準備を整えておくことができます。

具体的に品質管理として大切なスキルを3つみていきましょう。

コミュニケーション能力

品質管理にコミュニケーション能力は欠かせません。

商品そのものの品質を担保するだけでなく、商品製造の方針や工程も管理するため多くの人と関わります。

部署をまたいで連携する場面も出てくるでしょう。

管理する立場だからとはいえ上から目線の指示出しでは誰もついてきてくれません。

社内の雰囲気が悪くなるだけでなく社員のモチベーションも下がってしまいます。

重大な責任を担う品質管理だからこそ、ふだんから社員とコミュニケーションを取っておく必要があるのです。

また、製造工程などにおいて何かしらのエラーが発生した場合は即座に対応しなくてはなりません。

常日頃からコミュニケーションを取っておけば緊急時にも対応しやすくなります。

商品製造におけるリーダー的存在だからこそ、コミュニケーションスキルは必要不可欠です。

分析力

電話する女性

品質管理に分析力は欠かせません。

商品の品質を担当するためにどうすればいいのか常に頭を回転させておく必要があります。

製造工程の中でミスが生じてしまえばユーザーに迷惑をかけるだけでなく自社のイメージも悪化してしまうでしょう。

もしエラーが生じた場合でも即座に原因が分かれば早急に対応できます。ミスした時はリカバリーの早さが大切です。

分析力が備わっていれば困難に直面しても冷静に対応できるでしょう。

品質管理という「管理する」立場だからこそ、一歩引いた目線で工程全体を把握する必要があります。

指導力

品質管理は指導力も持ち合わせておくことがポイントです。

管理業務を行うにはメンバーに対する指導力が欠かせません。

効率のいい作業方針の立案やミスのない作業工程を続けるにはメンバーとの連携が重要です。

分かりやすく指導することでミスも防ぐことができ、その結果商品の品質も保つことができるでしょう。

1つ注意したいのは上から目線で指導しないこと。

指導する立場だからとはいえ高圧的な態度を取ってしまえばメンバーからの信頼を失ってしまいます。

コミュニケーションを取りつつ、円滑に仕事が進められるよう適切な指導力が求められます。

品質管理の転職に役立つ資格

メモ

品質管理に転職するため必ず取得しなければならない資格はありません。

しかし、品質管理検定(QC検定)があれば転職活動を有利に進められるでしょう。

品質管理検定は品質管理に関する知識について問われる試験です。

1級から4級に分かれており、1級を保有していると業務の幅が広がることが期待できます。

各階級における受験者の対象は次の通りです。

  • 1級・準1級:品質管理部門のスタッフなど品質管理全般に関する知識が要求される人
  • 2級:品質に関する問題を自ら解決できることが求められる人
  • 3級:小規模な集団内で働いている人
  • 4級:これから企業で働き始める人

パートや派遣社員であれば3級もしくは4級で問題ないとされています。

一方で正社員を目指すなら1級・準1級・2級を取得しておくと無難でしょう。

 

ワンポイント
品質管理検定(QC検定)は品質管理の転職に役立つ!

品質管理に向いている女性の特徴

作業服の女性

重大な責任を担う品質管理にはどのような特徴を持つ女性が向いているのでしょうか。

あらかじめ確認しておくことで入社後のミスマッチを防ぐことができます。

品質管理に向いている女性の特徴を3つみていきましょう。

観察力がある人

品質管理は細かな変化を見逃さない観察力が重要です。

小さな変化が大きなミスを招く原因になるかもしれません。

製造工程や製造計画立案など、どこか1つにミスが生じてしまえばすべて狂ってしまいます。

その結果、最終的な品質管理業務が大変になったり不備のある商品ができあがったりしてしまうのです。

ミスをしてもリカバリーできればいいのですが、大変な思いをしないためにもミスをしないことに越したことはありません。

そのためにも小さな変化に気づくことができる観察力が必要不可欠です。

鋭い観察眼を持ち合わせている女性は品質管理に向いているといえます。

コミュニケーションスキルがある人

女性

品質管理はコミュニケーション能力の高さが欠かせません。

品質管理は不備のある商品がないかチェックするだけでなく製造方針や工程管理など業務全体の大元にも関わります。

品質を担保するためには管理業務を行う者としてメンバーに指導しなければなりません。

上から目線の指導では誰もついてきてくれず、高圧的な態度では信頼を失ってしまいます。

そうならないため商品製造に関わる多くの人と普段からコミュニケーションを取っておく必要があるのです。

コミュニケーションは自分の意思を伝えるだけでなく相手の話を聞く力も求められます。

議論する時は双方が歩み寄る必要があるので、どんな状況でも冷静な対応力が必要です。

コミュニケーション能力が高い女性は周りからの信頼も得やすいので品質管理に向いているといえます。

冷静に物事を考えられる人

品質管理は物事を冷静に考える必要があります。

万が一商品製造工程でエラーが発生した場合、焦ってしまっては原因判明まで時間がかかってしまうでしょう。

1つのミスは作業全体に悪い影響を与えるのでエラーはできるだけ早く解消したいところ。

そのためには常に冷静な気持ちを持ち続けなくてはなりません。

社内全体が焦っている雰囲気でも、品質管理だけはドンと構えておく必要があるのです。

どんな時も冷静に物事を考えられる女性は品質管理に向いているといえます。

未経験でのアピールポイントは?

女性

未経験から品質管理に挑戦するならどのようなことをアピールすればいいのでしょうか。

事前に準備しておくことで堂々と面接に臨むことができます。

具体的なアピールポイントを3つみていきましょう。

スキルをアピールしよう

品質管理に未経験から挑戦する時はスキルをアピールしましょう。

求められるスキルは次の通りです。

  • コミュニケーション能力
  • 分析力
  • 指導力

この中でも特にコミュニケーション能力は日常生活で養うことができます。

普段から人と接する時は丁寧なコミュニケーションを意識してください。

自分が伝えたいことを的確に話すことに加え、相手の話をしっかり聞いてみましょう。

そうすることで次第にコミュニケーション能力は育っていきます。

未経験でもしっかりスキルをアピールできれば高評価をもらえるので堂々と伝えてください。

適性があることを伝えよう

女性

品質管理に未経験から挑戦する時は適性があることを伝えましょう。

未経験とはいえ仕事に対する適性があると判断されたら将来性が期待され採用される可能性が高くなります。

会社としては未経験者に対して即戦力よりも将来性を求めるもの。

入社してすぐに活躍できなくても、将来的に力になりそうだと評価してもらえるよう適性があることを伝えましょう。

資格があれば積極的にアピールしよう

未経験から挑戦する際に資格があればアピールポイントになります。

品質管理の転職に役立つ資格は品質管理検定(QC検定)です。

必ずQC検定に合格しなければ品質管理に携われないわけではありません。

しかし、資格を持っていることで品質管理に対する知識やスキルがあることをアピールできます。

特にQC検定4級なら比較的取りやすいのでチャレンジしてみるのもいいでしょう。

資格があれば未経験でもアピールポイントになります。

 

ワンポイント
未経験者は将来性が期待されているのでスキルや適性があることをアピールしよう!

品質管理の未経験求人の探し方

女性スマホ

未経験でも挑戦できる品質管理の求人はどのように探せばいいのでしょうか。

求人の探し方を知っていれば転職活動でつまずくことはありません。

具体的な方法を2つみていきましょう。

転職サイトを見る

品質管理の未経験求人を探す時は転職サイトを利用しましょう。

転職サイトは数多くの種類がありますが、大手転職サイトを使うことで豊富な求人をチェックできます。

また、複数の転職サイトを併用することでより多くの求人が見つかることにつながるでしょう。

品質管理の未経験求人を探す時はまず転職サイトを利用してください。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用して品質管理の未経験求人を見つけることもおすすめです。

転職サイトは一般的に公開されている求人しか探すことはできません。

一方で転職エージェントは非公開求人というものを持っています。

非公開求人とは一般に知られていない求人なのでレア度が高くなります。

よりあなたの希望に合った求人が見つかるかもしれないのです。

転職エージェントを活用して未経験求人を探してみましょう。

品質管理へ未経験転職を成功させるには

パソコン作業をする人

品質管理へ未経験から転職するなら企業が求める人材であることをアピールしましょう。

企業は求人を出す際に必ず求める人物像を公表します。

これに合わせてあなたの魅力をアピールすることで未経験でも採用される可能性が高くなるのです。

いくら優秀な人材でも企業が求めている人物像にマッチしていなければ採用されません。

だからこそ、未経験だからと臆せず企業に合った人材であることをアピールしてください。

 

ワンポイント
企業が求めている人物像とマッチしていることを伝えよう!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

2人の女性

転職活動は壁にぶつかり不安や悩みを抱えがちになります。

一度抱いた不安は大きく膨れ上がり、何をやってもうまくいかないのではないかと疑心暗鬼になるでしょう。

負の連鎖に陥らないためにも転職相談は転職エージェントを活用してください。

エージェントはあなたの転職活動がうまくいくよう的確にアドバイスしてくれます。

また、1人で転職活動するよりあなたの希望に合った企業が見つかる可能性が高くなるのです。

うまくエージェントと連携して理想の未来を手に入れましょう。

まとめ

女性

品質管理は自社商品を世に送る前の最終チェックを行う重要なポジションです。

商品に不備があれば自社のイメージが悪くなり信用を失ってしまいます。

責任が重い仕事といえますが、スキルを身に付ければ未経験でも挑戦できるでしょう。

特にコミュニケーション能力は日常生活で養うことができます。

転職エージェントをうまく活用しながら転職活動を進めてください。

スキルの活かし方などアドバイスをもらいながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する