企画職は市場の動向をリサーチしアイデアを練り、そして世の中に価値を届ける仕事です。

すべてのサービスの根本に「企画職」があるといっても過言ではありません。

企画職はクリエイティブな女性の転職先として非常に人気の高い仕事の1つです。

今回は未経験でも企画職への転職を成功するために必要な知識やアピールポイント・おすすめの資格について紹介します。

企画職に未経験で転職する方法を解説

ノートをもつ女性

未経験から企画職に転職する方法には様々な方法があります。

しかし転職が成功しやすいのは未経験可の求人を探して応募することです。

企業によっては即戦力となる経験者しか採用していないところもあるため企業の選定をしっかり行う必要があります。

まずは未経験可の求人を探すために以下の方法で応募先企業を選定しましょう。

  • 転職求人サイトから応募する
  • 企業の中途採用ページから応募する
  • スカウトサービスに登録する
  • コネクションを広げ会社を紹介してもらう
  • 転職エージェントを利用する

企業選びのポイントは未経験可の求人だけではありません。

転職を成功させるためには企業研究をしっかり行い、企業の安定性や働きやすさなども事前調査する必要があります。

まずは自分にあった働き方を自己分析して理想と一致する企業を探すようにしましょう。

企画職の主な仕事内容

ポイント

企画職を目指すのであれば企画職の業務内容をしっかりと把握する必要があります。

企画職は取り扱い商品やクライアントによって仕事内容が多岐にわたる職種です。

未経験から企画職を目指す人はどんな業務に携わりたいかによって選ぶ企業も変わってくるでしょう。

ここでは企画職の一般的な業務内容についてご紹介します。

企画職を簡潔に表すと課題解決を目指したマーケティングを行い企画を立案する仕事です。

企画職はプロジェクトを立ち上げる時に必ず必要な職種ですが、単にひらめきやアイデアだけで業務を遂行するのではありません。

綿密にデータを収集し事実を元に仮説を立て、そして様々な方向から検証を行うことも企画職の業務の一部です。

世の中に価値のあるものを生み出すためには成果を意識したマーケティングも求められます。

 

ワンポイント
これから企画職を目指す人は企画職の本質をしっかりと把握してから転職するように心がけましょう。

未経験が挑戦できる企画職の特徴

未経験者から企画職に応募するには「未経験可」や「経験不問」と記載されている求人がおすすめです。

未経験可の求人は採用後の研修体制も充実している可能性が高いため働きながらスキルアップがしやすい環境が期待できます。

まずは未経験が挑戦しやすい企画職の特徴について把握しましょう。

商品企画

打ち合わせ

企画職といえば、まずは商品企画を思いうかべる人も多いのではないでしょうか。

商品企画とは市場やユーザー(消費者)のニーズに合った価値を持つ商品を新たに生み出す仕事です。

取り扱う商品は大きく分けて有形商材と無形商材の2つに分けられます。

  • 有形商材/化粧品・お菓子・文房具・家電製品・日用品 など
  • 無形商材/webコンテンツ・アプリ・ソフトウェア・保険商材 など

商品企画は需要があるため未経験でも応募しやすい傾向にあります。

商品企画の仕事では他部署との連携も重要です。

立案した企画は商品を実際に取り扱う営業・販売部門や製造部門などとの連携があって初めて商品化できます。

人とのコミュニケーションが得意な人や日頃から流行に敏感で情報収取ができる人には向いている職種でしょう。

営業企画

パソコンを見て悩むビジネスウーマン

営業部門が目標を達成するための戦略を練り、その達成に向けてバックアップを行うのが営業企画です。

営業の仕事が「サービスや製品を売ること」だとすれば、営業企画の仕事は「より売れるための仕組みをつくる」ことです。

営業企画の代表的な業務内容として以下のことがあげられます。

  • 営業実績の把握と対策
  • 目標設定
  • 販促ツールの企画・制作
  • 提案資料の作成

数字やデータを元に問題の解決策を模索することが得意な人や成果にこだわりたい人には営業企画が向いています。

また営業企画は社内コミュニケーションも非常に重要ですので人のサポートすることにやりがいを感じる人におすすめです。

広告企画

デザイン広告

日々私たちが目にしている広告の企画を行うのが広告企画です。

広告企画では誰にどんな内容をどう伝えるのかを明確にし立案することが求められます。

会社によっては広告プランナーともよばれる職種です。

広告企画こそは特別な経験や知識が必要になるのではと考える人もいますが、実際は未経験からでも目指せる職種といえます。

こちらも他の企画職と同様、地道なリサーチや先入観にとらわれない発想力が求められる職種です。

広告企画は他の企画職にくらべるとクリエイティブな仕事になりますので以下のようなタイプの人に向いているでしょう。

  • 自分の考えを文章やビジュアルで表現することが得意な人
  • 人の心を動かすことに魅力を感じる人
  • 先入観に捉われず多角的な物事の見方ができる人

 

ワンポイント

上記のように企画職には様々な種類があります。

まずは自分がどんな企画職をめざしたいのかを明確にすることが大切です。

方向性が決まったら未経験可の求人を探して転職を成功させましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

企画職への転職を有利にする資格

では企画職への転職を有利にする資格についても紹介します。

これから企画職を目指す人は資格の取得も視野に入れてみましょう。

ビジネス・キャリア検定

鉛筆を持つ女性

転職を有利にする資格の1つ目はビジネス・キャリア検定です。

8分野44試験から自分の希望の職種に合わせて分野を選択し検定を受けることができます。

営業やマーケティングに関する知識も習得できるため企画職でなくても活かせるのが特徴です。

自分がどんな企画職を目指すのかによって該当試験分野も異なりますので、まずはどんな企画をしたいか明確にしましょう。

販路コーディネータ

OKサインを出す女性

転職に有利な2つ目の資格は販路コーディネータです。

販路コーディネータは財団法人日本コーディネータ協会の認定する資格でマーケティングや販売促進計画・商品企画のスキルを習得できます。

資格の認定方法は「研修プログラム」・「一斉試験」・「通信講座」の3種類に分かれているのも特徴です。

級が1級から3級まであり3級から順にステップアップすることができます。

1級レベルになると企画戦略や商品戦略だけでなく事業戦略や製品開発・製品評価にいたるまでの業務ができることを証明可能です。

 

ワンポイント

企画職への転職に伴い資格の取得は必須ではありません。

しかし資格を保持していると知識やスキルの証明ができるため転職が有利になります。

まずは資格を取得するにあたり計画的な学習計画を立てることも大切です。

企画職への未経験の転職は難しい?

では未経験から企画職へ転職することは難しいことなのでしょうか。

実は企業によっては人材育成も考えてあえて未経験の人を企画職に採用することも多いです。

難易度はその人のスキルによっても異なりますが決して高いわけではありません。

まずは以下の項目を参考に未経験だからこそアピールできるポイントを把握しておきましょう。

企業が未経験者を採用する理由

初心者マークを持つ女性

企業が未経験者を積極的に採用するには理由があります。

もちろん即戦力となる人を求める企業は経験者採用を優先させるでしょう。

しかし未経験であるということも実は企業にとってメリットがあることなのです。

企業が未経験者を採用する理由としては以下のポイントがあげられます。

  • 組織の若返りを図り、経験の浅い若年層を採用したい
  • 企画職以外の職種経験を活かし新しい観点から企画に携われる
  • 先入観に捉われない新しい観点を社内にもたらし、現状を打破してもらいたい

企画職は斬新な発想やクリエイティブな思考が求められる職種でもあります。

そのため企画職の経験がないことが、むしろ企業にとって大きな意味・価値を持つ場合があるのです。

未経験者がアピールできるポイント

指をさす女性

では未経験者が企画職に転職する際にアピールできるポイントについても確認してみましょう。

未経験者がアピールできるポイントとしては以下のポイントがあげられます。

  • 意欲・熱意
  • 前職の経験・スキル(提案力や企画力)
  • コミュニケーションスキルや柔軟性

企画職に求められる人物像は業種や企業によって異なるのが特徴です。

まずは企業研究をしっかりして企業の求める人材と一致する自己PRをするようにしましょう。

過去に業務経験がある人であれば提案力や問題解決力など企画力に活かせる経験とスキルを具体的にアピールすることが大切です。

全くの業務経験がない人は自分の人生のどんな経験で企画力を発揮してきたかを考えてみましょう。

 

ワンポイント
「なぜ企画職に挑戦したいのか」と「なぜこの会社で働きたいのか」を明確にして志望動機から自己PRすることも大切です。

職種別のアピール方法を解説

では実際に企画職への転職のアピール方法を職種別で紹介します。

以下の項目を参考に自分なりのアピール方法を見つけましょう。

販売職からの転職

リストをチェックする女性

エンドユーザー(消費者)と密に関わる機会の多い販売職は企画職でも活かせる経験やスキルがたくさんあります。

販売職から企画職を目指す人は以下のポイントをアピールしてみましょう。

  • ユーザーのニーズを把握し、市場のトレンドを掴む力
  • 時期やターゲットに応じた販促を考え実行する力
  • お客様の意図をくみ取り円滑に会話を進めるコミュニケーション力
  • 社内外のさまざまな関係者との折衝・調整力
  • 売上や予算など、データを管理・分析する力

自己PRはなるべく具体的に数値なども盛り込むと信憑性が増します。

まずは自分の実績やスキルを書き出し1番アピールできるポイントを見つけましょう。

営業職からの転職

桜とビジネスウーマン

営業職の経験もそのまま企画職で転用できる場合が多いことが特長です。

実際に営業職を経験させてから企画職へのジョブチェンジを行う体制を取っている企業もあります。

営業職から企画職へ転職する場合は以下のポイントをアピールしてみましょう。

  • クライアント(ユーザー)との折衝・調整を行う力
  • 製品やサービスの魅力を分かりやすく伝えるプレゼン力
  • 長期にわたりクライアントと信頼関係を築き上げるコミュニケーション力
  • 注力顧客の選定や提案方法など、成果を出すためのアイデアを練る力
  • 売り上げなど数字へのコミットメント力

営業の内容にかかわらず顧客に対してどのような工夫してどのような成果を上げたかを具体的に説明できると説得力が増します。

自分の得意とすることや実績を明確に伝えられるとよいでしょう。

企画職の未経験求人を探す方法

次に転職をする際に企画職の未経験求人を効率的に探す方法を紹介します。

まずは以下の方法を参考に自分に合った求人を見つけましょう。

転職求人サイトから応募する

ファイルを持つ女性

企画職の未経験求人を探すには転職求人サイトがおすすめです。

転職求人サイトでは「未経験」と「企画職」をキーワードに検索すると企画職の未経験求人を簡単に探すことができます。

求人情報が掲載されている企業は各サイトによって異なるため複数のサイトに登録することで応募先企業の幅を広げることが可能です。

こまめにサイトをチェックして常に新しい求人情報を確認しましょう。

転職エージェントを活用

面談するビジネスウーマン

転職を効率的に成功させるためには転職エージェントの力を借りるという方法もあります。

転職エージェントは求職者者と企業との間に立って幅広いサービスを提供しています。

企業選びから履歴書の書き方、面接対策などのアドバイスがもらえるのもメリットです。

自分の希望や条件を提示することで企業探しを代行してくれるのも時短につながります。

また転職エージェントは「非公開求人」を取り扱っていることもあるため転職サイトよりも企業選びの幅が広がるのも特徴です。

転職活動が初めてという人はまず登録してみてください。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

企画職の未経験転職を成功させる応募書類

未経験から企画職に応募する場合、まずは書類選考に通過することが非常に大切です。

採用担当者に選ばれるためにも応募書類を作成するコツを把握しておきましょう。

志望動機を書くポイント

女性

書類選考で一番採用担当者が目を通すのは志望動機です。

つまり志望動機は自己PRのチャンスでもあります。

志望動機を書く際はかならず「企画職を志望した理由」と「なぜその企業でなければいけないのか」の2点を明確にしましょう。

文章構成はなるべく簡潔に分かりやすく結論から記述することがおすすめです。

志望動機は結論→理由→具体例→入社後のビジョンという流れで記載すると効果的だといわれています。

採用担当者の印象に残るよう分かりやすく簡潔な文章構成ができるようにしましょう。

入社後のビジョンが明確であればあるほど採用担当者も一緒に働くイメージを持つことができます。

 

ワンポイント

企業が求める人材をイメージして自己アピールすることも1つのテクニックです。

採用担当者の立場も考慮して志望動機を作成することで周りと差をつけましょう。

履歴書を書くポイント

ノートパソコン、笑顔の女性

履歴書を書く際は文字の丁寧さや読みやすさも採用担当者の評価のポイントとなります。

誤字脱字には注意して丁寧に作成することを心がけましょう。

資格やスキル欄に関してはなるべく応募先職種で活かせるスキルをアピールできるように工夫することも大切です。

志望動機や自己PRを記載する際はできるだけ具体的に分かりやすく書くことを意識しましょう。

例えば企画経験についてアピールする場合は具体的数値を用いてプロジェクトの規模や成果を伝えることが大切です。

他の応募者と差をつけるためにも自分にしか語れないこ具体例を盛り込むのもよいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアウーマン

転職の悩みや相談は転職エージェントに相談すると効率的です。

特に企画職は転職エージェントが非公開求人情報をもっている可能性も高いため登録することで応募先企業の幅も広がるでしょう。

転職エージェントに登録すると書類の添削や面接対策まで様々なサポートが受けられることもメリットです。

まだ登録したことのない人は是非この機会に登録してみてください。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

ポイント

企画職に未経験から転職する方法はつかめましたでしょうか。

まずは未経験可の求人から自分にあった企業を探してみましょう。

企画職の業務内容はどんな企画に携わるかによって異なる特徴があります。

まずは自分がどんな分野で企画に携わりたいかを明確にすることも大切です。

これから企画職を目指す人は自己分析をしっかりして企業の求める人材に自分を近づける努力をしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら