雑誌や書籍の中身について具体的なデザインを決めるエディトリアルデザイナーの特集です。

エディトリアルデザイナーへ未経験で転職する方法を中心にお送りします。

もし未経験で転職を成功させるにはどうすればいいのか、転職決定のためのポイントも解説していきましょう。

エディトリアルデザイナーに未経験で転職する方法を解説

本棚の画像

雑誌や本・カタログ・マニュアル本などの編集デザインを担当するのがエディトリアルデザイナーです。

誌面上での見た目の美しさや読みやすさを考えながら作業をします。

他にもカメラマン・イラストレーターとも共同作業をする業務です。

今回は、エディトリアルデザイナーへ未経験で転職する方法や成功のポイントなどを解説していきます。

エディトリアルデザイナーの未経験求人から仕事内容をチェック

本を探す女性の画像

雑誌や本などの紙媒体を中心に内容の編集を担当するのがエディトリアルデザイナーの役目です。

この仕事に就くには未経験からでも可能なのでしょうか?

もちろん誰しも最初は未経験から仕事を覚えていくものなので、まったく無理だとは言い切れません。

どうしても転職者向けともなれば、実務経験者の案件が多く条件緩和もされやすいことが現状です。

では、エディトリアルデザイナーの主な仕事内容について解説していきましょう。

エディトリアルデザイナーの仕事は、編集者やアートディレクターとの打ち合わせから始まります。

対象読者・テーマ・構成などからデザインの大まかな方向性を決める業務です。

テイスト・配色・フォント・写真やイラスト・表組みなどの詳細イメージを考えていきます。

ある程度の制作物に全体像をミーティングしながら決める大切な時間といえるでしょう。

パソコンを扱う女性の画像

打ち合わせの内容を基にしながら、簡単なデザインの組み立てをします。

編集者やアートディレクターとの話し合いで合意した詳細部分のデザインを進行させる作業です。

デザインの大筋が固まると、カメラマン・イラストレーター・DTPオペレーターへ仕事の発注をします。

また、デザインそのものがDTPオペレーターのスキルとも被る部分が多いとされているようです。

そのため、DTPオペレーターも兼業しながらのエディトリアルデザイナーも存在します。

テキスト・写真・イラストといったすべての素材のピックアップが済んだら、最終デザインへと仕上げていきます。

その間に何度かの変更も考えられるでしょう。

やがて発注者の承認を得て印刷所への入稿となります。色校などの確認作業を行いながらいよいよ完成です。

 

無料転職相談をして内定を確実にしよう

 

エディトリアルデザイナーに求められる人物像

雑誌の画像

エディトリアルデザイナーには、制作物の配色やレイアウトの知識が欠かせません。

フォントを扱うスキルなどのデザインにおけるセンスが要求されます。

それらの技術向上心にも興味を持って仕事に取り組む姿勢が必須です。

ではもっと具体的に、どのような人物がエディトリアルデザイナーとして相応しいのでしょうか?

求められる性格・人物像について紹介していきましょう。

読者の目線に立てる

エディトリアルデザイナーに一番必要な条件は、読者目線でいられることです。

普段から本や雑誌が好きで常に愛読していることはいうまでもありません。

その上で、自分の考えやイメージをわかりやすく落とし込めるスキルが要求されます。

自分の頭の中のものを、第三者へ容易に伝えることができる人物こそが相応しいでしょう。

読者が読みやすい誌面を作ることに執着しながらも、客観的な判断ができれば理想的です。

自分のイメージを分かりやすく伝えられる

働く女性の画像

エディトリアルデザイナーとして、自分が考えたイメージを分かりやすく伝えることができる人物が向いています。

イメージ像を本や雑誌などの紙媒体へリアルに落とし込むので、それが理想通りに作れることが条件です。

独りよがりな内容ではなく、誰が読んでも気に入ってくれそうなところまで作り込む必要性があります。

もちろんすべての人が自分の作ったイメージを受け入れるかどうかは別問題です。

それでも理想を追い続けることがテーマだといえる人が最適です。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


未経験でエディトリアルデザイナーへ転職する方法

コーヒーと雑誌の画像

エディトリアルデザイナーへと転職をするのには、決定的な方法がとくに指定されていません

実際にもさまざまなルートをたどりながらエディトリアルデザイナーになって活躍している人もたくさんいます。

通常はデザインや美術関連学校で学んで求人を探すパターンが目立ちます。

しかし必ずそうでなくてはならないルールなど存在しません。

では未経験者の場合、どのような方法で転職を成功させればよいのでしょうか?

アシスタントデザイナーから始める

コピーを取る画像

エディトリアルデザイナーとしてスキルや経験がない人が、いきなり就職できるほど容易いわけではありません。

中途採用ということになるため、ある一定の実力や経験値が求められて当然だからです。

しかし未経験者が絶対になれないわけではありません。

現役エディトリアルデザイナーが所属するデザイン事務所などで働く方法があり得ます。

未経験者であれば、やはりアルバイトとして業界に入ることが最短ルートです。

まずはアシスタントデザイナーとして経験を積むことを念頭に入れ努力をする必要があります。

徐々にキャリアアップしていけば門戸が開かれるでしょう。

他にもDTPオペレーターとして見習いからスタートする方法もあげられます。

徐々にエディトリアルデザイナーを目指していくパターンです。

スキルを身につける

エディトリアルデザイナーにとって欠かせないのがデザインについてのスキルです。

デザイナーとしての基礎力を身につけたい場合は、専門学校や美術系大学への進学がおすすめでしょう。

その後に出版社・編集プロダクション・デザイン事務所へ就職するルートが一般的です。

年齢的に若い人であればそのほうが近道といえます。

ただし近年では、編集やグラフィック系ソフトが発達したこともあり、独学で身につけることも可能です。

市販ソフトを入手し参考書やテキストを使って勉強しながら、実際に制作していくほうがアピールにも繋がります。

他にも、民間のスクールや講座利用もよい方法です。

 

ワンポイント
未経験からエディトリアルデザイナーになるにはアシスタントからが入りやすい。

エディトリアルデザイナーが向いている女性の特徴

編集者の画像

エディトリアルデザイナーは、書籍や雑誌などの紙媒体のデザインに携わります。

転職先として考える以上は、本や雑誌が好きで興味がある人に最適です。

エディトリアルデザイナーは、読者目線を重視しながら作る側のセンスが備わってこそ成立する職業といえます。

そのために備わっている資質が問われるでしょう。

では具体的に、エディトリアルデザイナーに向いている人の性格や特徴を解説していきます。

コミュニケーションが得意

どのような仕事にもコミュニケーション能力が問われますが、エディトリアルデザイナーでも同じことがいえます。

エディトリアルデザイナーの業務内容には、編集者やカメラマンなど多くの関係者と接する機会があるからです。

必然的に高いコミュニケーションスキルがなければよい仕事ができなくなります。

コミュニケーションの力を養うには、人々との交流を自分なりに解釈して取り計らう術を磨くしかありません。

例え本性では人と接するのが苦手だとしてもです。

その道のプロとしてやっていく以上は、常に誰かの後押しやフォローのことも念頭に入れることが大切でしょう。

客観的な視点を持っている

エディトリアルデザイナーには客観的なものの見方が必要です。

普段から本や雑誌を読むのが好きで、自分の愛読書があるという人に向いています。

ただし趣味で読むのと仕事として携わるのでは、やや考え方を変える必要があるでしょう。

自分の描くイメージをいかにして相手へ伝えられるかを問われるからです。

世の中の読者が読みやすいと感じてくれるために、客観的な視点で追い求める姿勢が必要ではないでしょうか?

細かい作業が得意

エディトリアルデザイナーには、細かい作業を得意とする人が最適です。

担当する紙媒体にもよりますが、数百ページにわたって隅々までのチェック作業が必要になるでしょう。

常に緻密な気配りと正確に判断するスキル、そして根気強く取り組める性格であれば務まる仕事といえます。

体力がある

意外と重要なこととして、エディトリアルデザイナーには体力がある人に向いている点です。

雑誌などの場合は締め切りや納期がつきもので、その期限に合わせながら進行していくことが恒常化しています。

そのため、締め切り間近になると長時間労働が発生しやすいデメリットも考えられるでしょう。

その期間を乗り越えるには、ある程度の強靭な体力が求められるからです。

 

無料転職相談をして好きな仕事ができる企業に転職しよう

 

エディトリアルデザイナーの転職面接のポイント

本を読む画像

エディトリアルデザイナーの採用面接を行う際には、どのようなポイントを確認しながら採決されるのでしょうか?

受ける企業の規模や特性によって差が生じますが、根本的な部分では何も変わらない採用の条件があるようです。

まず最重要な点は、その人物の人間性や個性が第一とされています。

一般社会人としての言動がなによりということです。

その上で、当人の実績が問われます。面接時に持参するポートフォリオの内容から判別する企業が多いようです。

過去の実績を評価するのは中途採用の場合必須といえるでしょう。

エディトリアルデザイナーとして未経験であれば、独自作品などを面接官に見せるように努力してみることです。

 

ワンポイント
他の業種と同様に人物像が面接での最重要ポイントとなる。

エディトリアルデザイナーの転職面接でよくある質問

時計と雑誌の画像

エディトリアルデザイナーとして転職をする際、面接試験でのやりとりは気になることでしょう。

実際の面接の流れは各企業によって設定が違ってきます。

ただし、どこもある程度決まったフォーマットの則っているのが一般的です。

では、エディトリアルデザイナーの面接にて、よくある質問事項について解説していきましょう。

まず必ず聞かれる質問のトップ項目は、「なぜ当社の求人を志望したのですか」という質問ではないでしょうか?

デザイン関連の企業だけにとどまらず、どの分野の企業でも応募者の動機には注目します。

単純に自社を選んだ理由を聞くことは自然な流れといえるはずです。

転職希望者が行うべきことは、その企業を選んだ動機を簡潔かつ納得できるよう考えておくことでしょう。

志望動機の次に気になる質問事項として、ポートフォリオのことは欠かせないでしょう。

おそらく企業の大小問わず「ポートフォリオがあれば拝見したいのですが」と聞かれるはずです。

まずポートフォリオとは作品集のことを指します。

過去の自分が行った実績を作品集として一冊にまとめておく必要があるでしょう。

問題点は実務経験者ならすぐに取り組める項目ですが、未経験者には実績がありません。

そこで、自分なりにデザインを勉強した成果をポートフォリオ化しておくようにしましょう。

未経験でもどこまで作り込める人物かを図りたいのが本音です。

客観的な判断材料になり、可能性を感じてくれるかもしれません。

 

ワンポイント
その企業を選んだ理由を明確にしておこう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


エディトリアルデザイナーへの未経験転職を成功させるには

雑誌を読む画像

未経験でもエディトリアルデザイナーとして成功するためには面接をいかに攻略するかにかかっています。

上記の志望動機・ポートフォリオ作成はマストとしつつ、それらをしっかりと面接官に伝える意思が大切です。

つまり言い換えれば、自分をプレゼンテーションできる能力が問われます。

未経験ではあるが、自分という人材は企業にとって有益になるというアピールをすることです。

普段から面接のテクニックやポイントを押さえ、応募先企業の風土に合った作り込みをしていきましょう。

 

ワンポイント
自分をアピールするためのプレゼン力を鍛えておこう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性の会議の画像

転職活動の渦中で生じてくる些細な悩みや不安はとにかく一刻も早く解消したいと思いませんか?

そこでおすすめするのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントに登録して活用すれば、普段から自分では気がつかないポイントを把握することができます。

担当アドバイザーからの指摘を客観的に受け入れていくようにするとよいでしょう。

その上で転職成功につながる目標が出来上がっていくのが特徴です。

実践的な転職ノウハウを身につけるには、転職エージェントの利用も欠かせないでしょう。

まとめ

女性がガッツポーズする画像

エディトリアルデザイナーを志望する人の中には、転職面接に対する苦手意識を持っているケースも考えられます。

もちろん過去の仕事で作った成果物への評価は重要課題です。

ただし、今後の仕事をする上でコミュニケーションやプレゼンテーションを図る姿勢こそ問われます。

中途採用での未経験はリスクであることは変わりありません。

それでも未経験者であることを後ろめたく考えないよう行動することです。

どのような受け答えで対応すればいいのかを心掛けていきましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!