食に関わる仕事は女性からの人気が高い職種であり、フードコーディネーターもその1つです。

テレビなどのメディアで活躍している人もいますが、実際にどんな仕事をしているのでしょうか。

今回はフードコーディネーターの仕事内容将来性を解説します。

フードコーディネーターの仕事内容を解説

フードコーディネーターという職種を知っていても、具体的にどんな仕事があるのか分からない人もいるでしょう。

まずはフードコーディネーターの仕事内容を解説します。

商品企画やメニュー開発

フルーツをもつ女性

まずフードコーディネーターとしてあげられるのが商品の企画やメニュー開発です。

これは食品メーカーや外食産業系の企業に就職した場合に携わることの多い業務です。

食品メーカーなどでは日々新商品の開発を行っています。

その新商品開発の際に、食の専門家としての知識を活かして企画から参加するのです。

また飲食店などであればメニュー開発に携わります。

どちらも食の知識だけでなく、消費者の食への興味・関心の変化やトレンドを意識することが大切です。

そのため新商品や新メニューを開発する際には市場調査が欠かせません。

これらの知識もあればよりヒットする商品やメニューの開発ができるでしょう。

アドバイザー

打ち合わせ

フードコーディネーターは食品に関わることのみを行うのではなく、時にはアドバイザーとしての仕事も行う職種です。

飲食店のメニュー考案だけでなく、コンセプトや内装などにもアドバイスを行います。

コンサルタントとして、飲食店全体をプロデュースすることもあるのです。

これらは食品に関する知識だけでは十分なアドバイスはできません。

料理と合わせる食器や店内の雰囲気づくりなども料理を楽しむためには必要な要素です。

こうした「食」に関わる幅広い知識があると活躍の場が広がるでしょう。

メディアの仕事

フードコーディネーターとして有名になれば、テレビや雑誌に出演することもあります。

料理番組や雑誌に掲載するレシピを考案したり、実際に番組に出演してタレントなどに料理を教えたりする場合もあるでしょう。

特にフリーランスとして働いている場合はこうした仕事に関わる機会が増えるでしょう。

これらの企画はメディア側が用意する場合もあれば、企画内容をある程度任される場合もあります。

その際には番組や雑誌のコンセプトに合わせた企画提案が必要です。

また、自分が著者となってレシピ本を出版する場合もあるでしょう。

こうしたメディアの活動を通して自分の知名度をあげ、それが次の仕事に繋がることも期待できます。

料理教室の講師

フードコーディネーターの中には、料理教室の講師として働く人もいます。

料理教室は企業が運営している場合もあれば、自分で教室を開く場合もあるでしょう。

料理のレシピや手順を実演しながら教え、盛りつけ方のレクチャーなども行います。

また食材や料理に関する知識を教え、料理の楽しさや奥深さを伝えることも講師として求められるでしょう。

フードコーディネーターの役割

女性

フードコーディネーターは食に関わる仕事に携わり「食」の楽しみを伝える仕事です。

食事は生きていくために欠かせないものであり、生活を支える基本でもあります。

その食の環境をより良くするための提案をすることがフードコーディネーターの役割なのです。

「食にこだわる」といえば、珍しい食材を使ったり難しい調理方法の料理を作ったりするイメージを持たれるかもしれません。

しかし実際には、日々の食に関わる負担を軽減し、より食を楽しむことも「食にこだわる」ことの1つです。

そのための提案やアドバイスを行うのが、食のスペシャリストとしてフードコーディネーターの担う役割といえるでしょう。

 

ワンポイント
「食」の楽しみを伝えることがフードコーディネーターの役割。

フードコーディネーターのスケジュール

ビジネスウーマン

フードコーディネーターとして企業で働く場合は、会社の出勤時間に則って働きます。

会社で働く場合の1日のスケジュールを見てみましょう。

  • 8:30 出勤
  • 9:00 ミーティング・レシピ開発
  • 12:00 試作メニュー・商品の試食
  • 13:30 栄養価・経費計算などの調査研究をまとめる
  • 16:30 試作メニューの改善点の洗い出し・今後の方針に関する会議
  • 17:00 退社

企業に勤める場合は商品開発に携わることが多く、企業や開発の段階によっては1日試作をすることもあるでしょう。

しかし実際に料理するばかりではなく、商品である以上は原価などの経費も考えなくてはいけません。

市場調査の結果・経費・栄養価などをふまえた商品開発が求められます。

また、フリーランスで働く人も多くいますが、その場合は不規則であり毎日決まった時間に働くのは難しいでしょう。

 

ワンポイント
企業勤めとフリーランスでは働き方が大きく異なる。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

フードコーディネーターの活躍の場は?

続いてフードコーディネーターの活躍の場はどんな選択肢があるのか、解説します。

食品メーカーや飲食店

女性

まずフードコーディネーターの就職先としてあげられるのは食品メーカーや飲食店です。

先述した通り、これらの企業では新商品や新メニュー開発に携わります。

期間限定の商品開発や季節に合わせた商品に開発などの他に、既存商品の改良なども行うこともあるでしょう。

企業である以上、売れる商品を作ることが求められ、さらに経費などの縛りもあります。

自由な発想をそのまま商品にすることが難しい場面もあるでしょう。

しかし一方で安定した収入やキャリアを積むという面でのメリットが多く得られます。

まずは企業に就職し、実績を積んだ後にフリーランスなどに転身することを目指す人もいるでしょう。

料理教室

女性

料理教室もフードコーディネーターの活躍できる場の1つです。

先述した通り、料理教室には企業が運営しているものと個人が開いているものがあります。

企業が行っている料理教室の特徴としては、その企業の商品を使うレシピを扱うことが多いという点です。

企業の料理教室には、調味料を販売している食品メーカーや調理器具販売の企業が行っているものがあります。

各企業の商品を活かしたレシピを考案したり、調理方法を考えたりすることもあるのです。

 

ワンポイント
企業によってフードコーディネーターとして行う仕事が異なる。

フードコーディネーターに向いている女性の特徴は?

フードコーディネーターは食に関わる広い分野に携わるため、求められるスキルも食に関することだけではありません。

フードコーディネーターに向いている女性の特徴を解説します。

自分から動ける

転職活動中

フードコーディネーターには自分から能動的に動ける人が向いています。

フードコーディネーターとして広く活躍するためには、食に関する幅広い知識が必要です。

それらの知識を身につけるために、探究心をもって自分から学べることが求められます。

また、フードコーディネーターはレシピを考案したり企画したりする際、自分からアイデアを出せなければなりません。

アイデアを出して実際に試作する場合にも積極的に関わることが求められるでしょう。

想像力がある

新しい商品を開発したりレシピを考案したりするには、想像力が豊かである方がより多くのアイデアを出すことができます。

新しい商品やレシピを生み出すには、その原案となるアイデアをより多く出す必要があるのです。

また、商品やレストランの料理を食べた時に、使ってある食材や調理方法を探求することで自分の仕事に活かせるでしょう。

そのため想像力のある人が向いています。

食を大切にしている

女性

フードコーディネーターはより食を楽しんでもらうための提案を行います。

そのためにはまず、自分自身が食を大切に思う、食に対する愛情が必要です。

レシピを考えるにも、食材をより美味しく食べてもらうという気持ちを持つことで良いレシピを生み出すことができます。

さらにコンサルタントとして働くなら食を通してどう人に喜んでもらうかを考えなければなりません。

食を大切にしているということが前提にあるアイデアの方が、より多くの人に喜んでもらえるものになるでしょう。

フードコーディネーターに役立つ資格

ポイント

フードコーディネーターを目指すなら「フードコーディネーター資格認定試験」の取得を目指しましょう。

この資格は特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が実施している試験です。

3級〜1級まであり、年に1度試験が実施されます。

3級であれば食に関わる基本知識が問われ、比較的取得しやすいでしょう。

2級・1級ではより専門的な知識や実践的なスキルが求められます。

特に1級ではレストランプロデュースの企画書を提出する企画書審査があり、2次審査でその企画のプレゼンをします。

そのため知識だけでなく企画力・プレゼンテーション能力も試されるのです。

未経験からフードコーディネーターに転職する場合、まず3級の取得を目指しましょう。

他にも「調理師免許」を取得すればそれも仕事に活かすことができます。

これは国家資格であり、受験するには調理師学校卒業や対象施設での2年以上の実務経験が必要です。

受験資格がなければ受けることはできないため、自分は該当するかどうかは事前に確認しましょう。

 

ワンポイント
資格を持っていない場合、まずはフードコーディネーター3級の取得を目指そう。

フードコーディネーターのやりがい

フードコーディネーターは食に関わる幅広い分野に携わることができ、その分やりがいも得やすい職種です。

では具体的にどのようなやりがいがあるのかを解説します。

毎日に刺激がある

女性

フードコーディネーターは日々新しいレシピを考案し、その中で新しい料理や食材と出会います。

レシピを考案する中で、思いがけない食材の組み合わせの可能性に気づき、新しい調理法を生み出すこともできるでしょう。

そうした新しい気づきや発見を日々得ることができるのです。

それをさらに深掘りしていくことで、より食材や料理に関する知識を深めることができます。

これはルーティンワークでは得られない発見でもあり、日々見つかる新しい発見が良い刺激となるでしょう。

多くの人と関わることができる

フードコーディネーターはアドバイザーとして飲食店のプロデュースに関わることもあります。

さらにテレビや雑誌などの企画を担当することもあり、人と関わる機会の多い仕事です。

そのため、毎日人と会って仕事をするというフードコーディネーターの人もいるでしょう。

多くの人と関わりながら仕事ができるため、人脈を広げることもできます。

その人脈が次の仕事に繋がるということもあるでしょう。

それによって新しい仕事に挑戦する機会も得られる可能性があり、自分のキャリアアップにも繋がります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

フードコーディネーターの将来性やキャリアパス

生活に欠かせない食に関わるからこそ、フードコーディネーターは一定の需要がある職種です。

フードコーディネーターの将来性キャリアパスについて解説します。

将来性

女性

フードコーディネーターはレシピやメニューの考案がメインの仕事です。

これらの仕事は人の自由な発想のもとで生み出されています。

IT技術の進歩に伴い、今後AIなどの自動学習で生み出されるレシピもあるかもしれません。

しかし人が考えるからこその発想もあり、それをいかに活かせるかが重要になります。

さらに料理と食器の組み合わせなどの料理の魅せ方はセンスによって大きく左右されるものです。

そうした、人だからこその部分を伸ばしていけるかどうかが今後の働き方に関わるでしょう。

また食に関する関心は高まっており、食の専門家としてフードコーディネーターが活躍できる場も広がっています。

キャリアパス

女性

フードコーディネーターのキャリアパスとしては、企業内でのキャリアアップフリーランスになるという選択肢があります。

企業内でキャリアアップする場合には企画する立場から管理職などへのキャリアを目指すことができるでしょう。

フリーランスになる場合はまずは企業内で実績やスキルを磨き、独立するという方法があります。

フリーランスになるメリットの1つが、スケジュールを自分で組めることです。

子育てをしながら無理のない範囲で働くこともできるため、環境が変わっても長く働くことができるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

営業の女性

フードコーディネーターは女性が活躍している職種であり、目指している人も多いことでしょう。

活躍できる場や働き方も様々なため、一番自分の理想に近い働き方を選ぶこともできます。

しかし選択肢が多いからこそ、どの企業に転職するのが良いのか悩むという人もいるでしょう。

さらに未経験から目指す場合はどんなスキルやアピールすれば良いか分からないということも考えられます。

その場合は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントに転職に関わるあらゆる不安や悩みの相談ができます。

転職希望者にあった企業の紹介もしてくれるため、自分で探す時には見つけられなかった求人に出会えるでしょう。

まとめ

桜とビジネスウーマン

今回はフードコーディネーターの仕事内容について解説しました。

食への関心が高まる中で、フードコーディネーターの活躍の場や需要は増えています。

生活に欠かせない食をより充実させるために、フードコーディネーターは食のスペシャリストとして求められているのです。

また、料理が好きな人であれば、その「好き」という気持ちを仕事に活かすこともできます。

好きだからこそ仕事を極めていけるという人であれば、フードコーディネーターとしてキャリアアップも目指せるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら