マンションの管理など、管理業務主任者として仕事をするためには資格が必須となっています。

女性が管理業務主任者資格を取得することで転職の幅は大きく広がることでしょう。

今回は、住宅業界で注目されている管理業務主任者の資格について紹介していきます。

資格取得のメリットや難易度について解説していきますのでチェックしてみてください。

管理業務主任者の資格をご紹介

ポイント

管理業務主任者は、マンションなどの管理業者が管理組合に対して管理委託契約を締結する際に必要な資格です。

また、管理業務を行うために30組合につき1人の管理業務主任者が必要となります。

そのため、管理業務主任者は管理会社にとっての必須資格となるのです。資格取得を目指す女性も多いでしょう。

管理業務主任者の試験を受ける前にまず資格について詳しく知っておきましょう。

管理業務主任者とマンション管理士の役割

女性

管理業務主任者とよく似た資格としてマンション管理士という資格があります。

どちらもマンション管理に関わる仕事ですので、その違いが分からない人は多いです。

また、これから資格を取得しようと思っている人はどちらを選ぶべきか迷うことでしょう。

管理業務主任者もマンション管理士も不動産業界では有名な資格です。

それぞれ特徴を学んでおきましょう。では、詳しく紹介していきます。

マンション管理士の役割

マンション管理士の役割は以下の通りです。

  • 管理規約の作成
  • 大規模修繕計画の策定
  • トラブル解決
  • マンション管理に関する住民からの相談受付

マンション管理士はマンション管理組合や住民からの相談に応じて法的見地からアドバイスを行います。

国家資格ですので不動産業界で働くために役に立つ資格です。

しかし、マンション管理士の資格を活かす仕事をしている人は独立をしていることが多いでしょう。

そのためマンション管理業者への転職の際、合格を決める資格にはなりにくいです。

管理業務主任者の役割

考える女性

管理業務主任者の役割は以下の通りです。

  • 管理受託契約に関する重要事項説明
  • 管理受託契約に関する重要事項説明書への記名・押印
  • 管理受託契約書への記名・押印
  • 管理事務に関する報告

管理業務主任者は、マンション管理業者が管理組合への指導・重要事項の説明を行うときに必要となる資格です。

また、上記で紹介した役割は管理業務主任者のみが行える業務ですので不動産業界から重宝される資格となります。

管理業務主任者はマンション管理士よりもマンション管理会社から必要な人材だと判断されることとなるでしょう。

 

ワンポイント
マンション管理士よりも管理業務主任者の方がマンション管理会社への転職に有利になる。

管理業務主任者の資格を取得するメリット

女性、マル

マンション管理会社などの不動産業界に勤めるなら管理業務主任者の資格はメリットとなります。

ここでは、具体的にどのような理由でメリットを感じられるのか紹介していきます。

メリットを認識することで管理業務主任者が不動産業界にとって必要な資格だということが分かることでしょう。

不動産業界への転職を考えている人はチェックしてみてください。

活躍シーンが多い

手をあげる女性

マンション管理会社が行う業務の中には、管理業務主任者のみが行える業務があります。

そのため、管理業務主任者の資格を持った人が活躍できるシーンが多くなるのです。

また、管理業務主任者の資格はマンション管理士の試験と似ている部分があります。

さらに、管理業務主任者の資格を持っていればマンション管理士の試験の一部が免除される制度もあります。

不動産業界の仕事をするにあたって資格は重宝されるため、取得するメリットとなるでしょう。

転職や昇給に有利

管理業務主任者の資格は不動産業界の転職や昇給に有利になります。

独占業務を行えるため会社から求められている人材に当てはまるのです。

また、会社によっては管理業務主任者の資格を持っていれば昇給があります。

同じ国家資格でも独立開業のイメージの強いマンション管理士より、管理業務主任者の方が会社から評価されるでしょう。

マンション管理会社への転職では非常に役に立つため忘れてはいけないメリットです。

 

ワンポイント
管理業務主任者の資格は活躍するシーンが多いです。

資格取得の方法

エンジニアの女性

管理業務主任者として働くためには管理業務主任者の資格を取得する必要があります。

また、資格を取得しただけでは管理業務主任者として働くことはできません。

ここからは、管理業務主任者の資格取得の方法を詳しく紹介していきます。

管理業務主任者の資格取得を目指している人はチェックしておきましょう。

申し込み方法・費用

管理業務主任者の試験に受験資格はありません。年齢・経験が問われないため未経験からでも挑戦することができます。

管理業務主任者の試験は郵送で申込が可能です。

また、受験申込を行う際はあらかじめ受験料8,900円を振り込んでから郵送で申込手続きを行います。

しかし、管理業務主任者として働くためには試験に合格するだけではいけません。

国土交通大臣の登録を受ける必要があります。登録の手続きを忘れないよう注意してください。

合格率・試験概要

女性

管理業務主任者の合格率は20%程度です。毎回大体20%の人が合格します。

勉強をせずに受験をして合格できるほど簡単ではありませんが、難易度がとても高い試験ではありません。

また、試験は50問あります。大体33点~36点が合格ラインとなっていますので、7割以上の正解を目指しましょう。

マンション管理者の資格を持っている場合は一部の試験問題が免除されます。

合格する可能性がグッと上がるのでダブルライセンスを目指すのもおすすめです。

過去の問題形式や勉強方法は?

頑張る女性

管理業務主任者の試験に合格するためには、過去の問題形式を把握しておくといいでしょう。

毎年同じような問題形式で試験は行われるため、過去問をチェックしておくのがおすすめです。

また、転職エージェントに相談する方法もあります。ここからは、過去の問題形式と勉強方法について紹介していきます。

合格に一歩近づく大事なことですのでチェックしておきましょう。

問題形式

管理業務主任者試験の問題形式は四肢択一です。50問すべてが4択問題となり記述形式の問題はありません。

そのため、空欄で試験を終える問題はないでしょう。管理業務主任者の試験は3つの科目に分けることができます。

内容は法令系科目、管理実務・会計系科目、建築・設備系科目です。試験対策をきちんとしていれば合格のチャンスはあります。

また、4分の1の確率で正解となるので空欄で提出しないように注意しておきましょう。

勉強方法は転職エージェントに相談

女性

管理業務主任者の試験対策は過去問を解くだけではいけません。

不動産業に詳しい人であれば、過去問で解答を確認することで理解できます。

しかし、これから不動産業界を目指そうとしている人にとって、過去問で勉強をすることは難しいです。

独自の勉強法を探すよりも転職のプロに聞いた方が確実となります。

管理業務主任者の勉強方法に迷った時は転職エージェントに相談してみてください。

他資格との組み合わせで業務拡大が可能

ヘッドセットを付けた女性

管理業務主任者の資格は他の資格と組み合わせることで業務拡大が可能となります。

不動産業界で活躍したいと思っている人にとって必須の資格となることでしょう。

また、いずれ独立をしたいと考えている人にとって管理業務主任者の資格は必ずとっておきたいものです。

それは、管理業務主任者に独占業務があるからです。では、管理業務主任者と組み合わせるべき資格を3つ紹介していきます。

宅建士

宅建士は管理業務主任者と似た部分が多いです。

そのため管理業務主任者の資格を取って間もないうちの方が記憶が新しく、合格率もアップします。

宅建士も国家資格となり取得することで宅地建物取引を行うことができるのが特徴です。

マンション管理をしながら土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんを行うことによって業務の幅を広げることができます。

また、会社としてのリスクを分散することにもなるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

セールスウーマン

ファイナンシャルプランナーは金融系の資格で不動産業界には不要だと思う人は多いです。

しかし、実は不動産系の資格とファイナンシャルプランナーは相性がよくダブルライセンスを目指す人もいます。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていることによって、金銭面に強くなることはメリットです。

顧客に対して金銭的アドバイスを行うことができるだけでなく、会社の運営に関しても資金的な面から考えることができます。

仕事の幅を広げたい場合はファイナンシャルプランナーとのダブルライセンスを目指してみてください。

行政書士

行政書士は役所に届け出が必要となるような書類の作成を行う仕事です。

様々な職種との相性がよく、管理業務主任者の資格と組み合わせることによってマンション管理を行いやすくなります。

行政書士の経験がある方が管理業務主任者の資格を取得して不動産業界に転職することも多いでしょう。

また、2つの資格を組み合わせることによって仕事の幅はどんどんと広がっていきます。

 

ワンポイント
管理業務主任者は他の資格との相性が良い。

管理業務主任者の資格取得の難易度が低い理由

ポイント

管理業務主任者の資格は、マンション管理士や宅建士と比べると比較的難易度が低いといわれています。

しかし、難易度が低いという噂だけで管理業務主任者の試験を受験することを決めてはいけません。

難易度が低い理由をしっかりと把握しておくことが重要となるのです。

では、管理業務主任者の資格取得の難易度が低いといわれる理由について解説していきましょう。

試験範囲が重複する

まず、管理業務主任者の資格は他の不動産系の資格の試験範囲と重複する部分が多いです。

特にマンション管理士と重複する部分が多くなっています。そのため、免除制度が設定されているのです。

試験範囲が重複するということは勉強範囲が重複することにもなります。

管理業務主任者の資格取得を目指す場合はマンション管理士の試験とのダブル受験に挑戦してみましょう。

一定数の合格者を出すことが決まっている

呼びかけをする作業服を着た女性

マンション管理士と管理業務主任者の大きな違いは合格率です。

管理業務主任者の合格率が20%程度なのに比べてマンション管理士は10%以下になります。

その理由は、管理業務主任者は一定数の合格者を出すことが決まっているからです。

そのため、試験内容が難しければ合格ラインとなる点数は低くなります。

合格できる可能性が高いのは管理業務主任者のため、難易度が低いと判断されるのです。

 

ワンポイント
不動産系の資格を持っていると管理業務主任者の資格の難易度は大きく下がります。

管理業務主任者の資格を活かして転職するために

ガッツポーズ

管理業務主任者の資格を取得している人はマンション管理会社から求められる人材です。

独占業務以外の仕事はマンション管理を行っている人と変わりません。

資格を持っていて異なるのは独占業務が行えるかという部分です。しかし、資格を持っているかどうかで採用率は大きく変わります。

また、給料面でも差ができるため管理業務主任者の資格を活かせるようなマンション管理の仕事がおすすめです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

管理業務主任者の資格は、他の不動産系の資格と比べると難易度は低いです。

しかし、国家資格であり合格率20%という10人に8人は不合格になるという状況に不安になる人は多いでしょう。

そんな時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロでありあなたの転職に関する悩みを解決してくれることでしょう。

また、資格取得や転職先の紹介も行ってくれるためよりスムーズに安心して転職を行うことができます。

まとめ

スーツ、女性

管理業務主任者の需要は今後も高まっていくでしょう。

また、マンションが増えるにつれてマンション管理の仕事は増えます。

そして、管理業務主任者の資格を持った人材が必要となってくるのです。

管理業務主任者は将来性のある職業であり他の資格と組み合わせることで幅広い業務をカバーできるようになります。

不動産業界に転職するときは、ぜひ管理業務主任者の資格に挑戦してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する