フロントエンジニアへの転職に興味のある方もいらっしゃるかもしれません。

仕事内容年収が分かれば自分に合う仕事かどうかの基準になるでしょう。

この記事では女性向けフロントエンドエンジニアの仕事内容を解説します。

年収や今後の需要・キャリアパスも紹介していますので参考にしてください。

Contents

フロントエンドエンジニアの仕事内容

女性

フロントエンドエンジニアの仕事内容を紹介します。

フロントエンドエンジニアは設計を元にWebページを作り上げていく仕事です。

どのような技術を使えばクライアントの希望するWebページを作成できるかを考える業種になります。

HTMLやCSSによるマークアップの仕事

女性

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーが制作したサイトデザインをWeb上に表示できるようにする仕事です。

指定されたデザイン通りにWebサイトを表示するにはHTMLやCSSでコーディングする必要があります。

HTMLやCSSでどのようにマークアップすれば良いかを判断するのが仕事です。

JavaScriptを用いたプログラミングの仕事

パソコン

JavaScriptはWebページを記述するための簡易的なプログラム言語です。

その役割はWebページに動きをつけることになります。HTMLやCSSと共にWebページを構成する言語のひとつです。

フロントエンドエンジニアはJavaScriptを使用してWebページに動きをつけるかを考える必要があります。

そのためには自分自身もJavaScriptを用いてプログラミングする能力が必要になるでしょう。

フレームワークやライブラリの実装の仕事

パソコン

UI構成に役立つJavaScriptのフレームワークライブラリを実装する必要もあるでしょう。

Web開発ではフレームワークやライブラリを参照したり組み合わせたりすることで作業の効率化を図ります。

多くのフレームワークやライブラリが公開されていますので、目的にあったものを選んで実装する必要があるのです。

フロントエンドエンジニアの仕事をする上でフレームワークやライブラリを使いこなすことはとても重要になります。

バージョン管理の仕事

手

プログラムの作業をする上でバージョン管理も大切な仕事になります。

少し前の状態へ戻す時にどこまでバージョンダウンさせるか、その後どんな風にバージョンアップするかなどを判断する場面は多いです。

バージョンの管理を怠れば不具合のもとになります。

特に複数人でプロジェクトのファイルを扱っている時には慎重に管理する必要があるでしょう。

プログラムをいつどのように書き換えたかをGitを使って管理するプロジェクトも多いです。

デバッグ作業の仕事

パソコン

Web上でどのように動作するかを確認する作業もフロントエンドエンジニアの仕事です。

想定通りのデザインで表示されているのかどうか、リンク先は正しいかなどをテストして確認します。

もし不具合や間違いがあった場合には正しい動作になるまで修正を行うのも仕事です。

完成した部分からデバッグを行う方法が一般的でしょう。

関連業種との関わり合いはどうなっている?

仲間

関連業種との関わり方について説明します。

フロントエンドエンジニアは「どのように実現させるのか」を判断する能力が必要です。

WebデザイナーやWebディレクターから要望が実現可能なものかどうかを相談されることもあるでしょう。

HTMLコーダーとの関係

社内

HTMLコーダーはWebデザイナーが制作したサイトデザインをWeb上に表示できるようにする業種です。

HTMLやCSSなどを用いてマークアップ作業をしながらコーディングしていきます。

それに対してフロントエンドエンジニアは実現したいことに必要な技術のフォローや制作を行うのが仕事です。

クライアントからの要望を実現するためにどんな手法でどんなプログラムを採用するかを考えます。

Webデザイナーとの関係

相談

Webデザイナーは画面のレイアウトやボタンの画像を作成することで画面をデザインします。

その際に「これは実現可能か」を確認されることがあるでしょう。

フロントエンドエンジニアはWebページ制作の技術の中で、何が適切かを知っておく必要があります。

Webデザイナーは画面のレイアウトをする仕事ですので、それが実際に実装可能かどうかはわからない場合があるでしょう。

それについて判断するのがフロントエンドエンジニアの仕事です。

コーディングする立場で考えてコストやクオリティの判断をします。

Webディレクターとの関係

相談

Webディレクターはクライアント側からヒアリングしてプロジェクトを企画し進行する仕事です。

クライアントの要望が実際に実現可能かどうかを判断するためにフロントエンドエンジニアに意見を求めることが多いです。

技術的に実現可能であっても実装期間やコストが予算に見合わなければ企画として成り立ちません。

そのためコストや予算を考えて実現可能な技術を提案するのもフロントエンドエンジニアの仕事になります。

 

ワンポイント
フロントエンドエンジニアは多くの職種と関わりを持つ仕事です。

フロントエンド開発で使用するフレームワークは何がある?

紹介

フロントエンド開発で使用するフレームワークについて紹介します。

その1:jQuery

サイト

jQueryはJavaScriptライブラリです。

高速かつ豊富な機能を持っており簡単にアニメーションなどの実装が可能になります。

多くの機能を持つ反面動作が遅いと感じるエンジニアもいるようです。

しかしjQueryは多くの企業が利用していますので知識を持っていることは重要です。

転職する際にもアピールポイントになります。

その2:React.js

React.jsはFacebook社が開発しているJavaScriptライブラリです。

HTMLへのアクセスに特化しているという特徴があります。

JavaScriptのコード中にHTMLのタグを記述するような書き方ができますのでHTMLの知識があれば比較的簡単に導入できるでしょう。

React を使って新しい機能を追加する際には既存のソースコードを書き換える必要がないという利点があります。

その3:AngularJS

パソコン

Google社とユーザーコミュニティが開発したAngularJSはオープンソースソフトウエアのJavaScriptフレームワークです。

大きな特徴にフルスタックフレームワークだということが挙げられます。

マスターメンテナンスや業務系アプリといったアプリに向いているといわれているようです。

AngularJSには以下のような機能があります。

  • HTMLテンプレート機能
  • 双方向データバインディング
  • DIによるモジュール管理機能
  • ルーティング機能
  • Ajax通信機能

フロントエンド業務に必要な開発環境

女性

フロントエンドエンジニアの業務を行う上で便利なツールをうまく使いこなすことは重要です。

作業効率を上げるためにも便利なツールの知識も必要でしょう。

代表的なツールを紹介しますので参考にしてください。

  • Gulp
  • npm-scripts
  • GitHub
  • Forklift
  • iTerm2

タスクの自動化ツールといわれている「Gulp」は画像の圧縮などに使用されるツールです。

Webサイト構築に必要な処理をタスクとして自動化するタスクランナーは手間や時間のかかる作業を自動化してくれます。

Webページの画像やJavaScriptが圧縮されるとページの読み込みが高速化されるでしょう。

npm-scripts」はシェルスクリプトのエイリアスです。

複雑なタスクを行うことは難しいのですがGulpで実行するより処理速度が早いという利点があります。

GitHub」はソースコードの管理サービスです。

バージョンの管理やバグの追跡機能など多人数での開発にはなくてはならない機能が多くあります。

Forklift」はMac用FTPアプリです。サーバー上にあるファイルを操作できますので作業効率化に繋がるでしょう。

Macで使うことのできる「iTerm2」はデスクトップ上に被せてフルスクリーンで表示できる機能があります。

ショートカットキーでフルスクリーン表示させるように設定をして使用しているエンジニアもいるようです。

 

ワンポイント
フロントエンド業務に便利なツール
・Gulp
・npm-scripts
・GitHub
・Forklift
・iTerm2

フロントエンドエンジニアの年収

女性

フロントエンドエンジニアの平均年収は500万円ほどといわれています。

年代別に見ますと20代で300万円・30代は400万円・40代では500万円からとなっているようです。

経験を積み重ねることにより年収もアップしていく職種といえるでしょう。なかには1,000万円を超えるエンジニアいるようです。

エンジニアの年収は実績や実力次第ですので、年収アップを目指すのであればスキルを高める必要があるでしょう。

フロントエンドエンジニアの今後の需要

笑顔

Webサイトの数は増え続けています。

多くの企業が動きのある美しいWebページを希望しますのでフロントサイドエンジニアの需要は高まっていくでしょう。

JavaScriptはプログラミング言語として最も多く使用されてきました。HTMLやCSSについても同様です。

そのためこれらのプログラミング言語の知識があるフロントエンドエンジニアは今後も需要があると考えられます。

 

ワンポイント
フロントエンドエンジニアの年収は経験によって増える傾向にある。

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

ポイント

フロントエンドエンジニアには以下のようなキャリアパスが考えられます。

  • フロントエンドエンジニアのスペシャリストを目指す
  • Webデザイナー
  • UI・UXエンジニア
  • フルスタックエンジニア
  • Webディレクター

フロントエンドエンジニアとしてスペシャリストを目指すという道があります。

HTMLやCSS・JavaScriptの知識をさらに深めてフロントエンドエンジニアとして活躍するのも良いでしょう。

実績を積めば年収アップも見込めます。

Webデザイナーに転職するという道もあるでしょう。

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーが作成したデザインを元にWebページを作り上げます。

そのためデザインに触れる機会も多く女性らしい感性を活かせる可能性があるでしょう。

UI・UXエンジニアへ転職するという手もあります。

Webページにおいてユーザーが良いと感じるようなUIはとても重要です。

ただ美しいだけのデザインではなく、ユーザーの反応を考えたデザインを考えることが必要になるでしょう。

Webサイト制作のすべてを担うとされるフルスタックエンジニアに転職する方法もあります。

グラフィックソフトの知識やサーバーサイドのスキル・プログラミングに関する知識など多くの技術を身に付ける必要があるでしょう。

Webページの制作進行管理を行うWebディレクターへ転職する方法もあります。

プロジェクトに関わるスタッフをまとめる能力やスケジュール管理能力・クライアントとの交渉能力などが必要です。

多くの人と関わりますのでコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

フロントエンドエンジニアになるには?

女性

フロントエンドエンジニアは未経験からでもなれる可能性はあります。

社内研修制度を充実させている企業も存在しているため未経験から採用されて活躍しているエンジニアもいるようです。

自分のスキルや活かせる経験を提示することで採用担当者にアピールすることができるでしょう。

アピールの方法に不安を感じる場合は転職エージェントにご相談ください。

転職に関するアドバイスを受けることができますので、不安や疑問を解消できるでしょう。

ポートフォリオを作る

ポートフェリオは自分自身がどのような技術を持っているのかを提示するものです。

これまでの成果物を載せるのが良いでしょう。

企業が求めている人材にマッチした技術や表現を見せることができればアピールになります。

制作時間や工夫した部分なども伝えることができると良いでしょう。

未経験からなるには

女性

フロントエンドエンジニアは未経験からでも目指すことができるといえるでしょう。

Web系のアプリケーションの普及が進みフロントサイドエンジニアの需要は高まっています。

そのため企業は多くのエンジニアを確保したいと考えているのです。

社内での研修制度を設けて未経験者を採用している企業も多くあります。

 

ワンポイント
フロントエンドエンジニアは未経験からでも挑戦できる。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ポイント

転職について疑問や悩みがありましたら転職エージェントに相談してみるのもひとつの手です。

自分自身の強み・やりたいことや向いている仕事などをアドバイスとともに分析してくれます。

自分ひとりでは見つけることのできなかった長所が見つかるかもしれません。

面談や求人紹介・応募書類の添削や面接対策なども無料で提供しています。

転職エージェントを活用することでキャリアの選択肢も広がるでしょう。

悩みや不安を解消して転職を成功させましょう。

まとめ

女性

フロントエンドエンジニアは今後も多くの需要が見込める職種です。

研修制度を設けて未経験者から応募可能な求人もありますので希望の求人を見つけてください。

もし転職について不安な点がありましたら転職エージェントにご相談ください。

転職のプロから的確なアドバイスを貰うことができるでしょう。

不安を解消して転職先でも活躍しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら