転職活動を始めて、無事に応募企業から内定を貰ったのにすぐに返事ができない時はありませんか?

今回は内定に対して気が進まない時の対処法と、悩む女性の特徴を解説します。

Contents

転職で内定が出たのに気が進まない時の対処法を解説

頭を抱える女性、ノートパソコン

転職活動の長さは人それぞれです。

何か月もかかる場合もあれば、1か月ほどで内定が出る場合もあります。

しかし、どちらの場合にも内定が出たのに承諾すべきか悩むことがあるのです。

内定が欲しくて転職活動している筈なのに、なぜ気が進まないのでしょうか?

ここではそんな時の対処法を解説します。

気が進まない理由を考える

まず、なぜ気が進まないのかという理由を考えてみましょう。

理由が漠然としたままでは効果的な対処法も浮かびません。

内定に対して気が進まない場合のよくある理由としては、

  • 業務内容が自分の希望とマッチしていない
  • 前職よりも労働条件が良くない
  • 就業場所が遠い
  • 企業の雰囲気が自分と合わない
  • 第一志望の企業ではない

といったものが挙げられます。

気が進まない理由をはっきりさせることで、自分の仕事選び・企業選びの基準が定まります。

「なんとなく気が進まない」ではなく「○○だから気が進まない」と明確な理由を挙げられるように考えてみましょう。

曖昧なまま内定を断っても、また次の内定で同じように悩むことになるからです。

自分の中で最低でも保っておきたい条件をいくつか設定することで、内定受諾するか辞退するかの判断がつきます。

もう一度自分のしたいことを見つめ直す

手鏡を見る女性

内定を貰っても気が進まない時は「もっといい企業があるのではないか」と迷うこともあるでしょう。

また、「本当に転職するべきなのか」と根本的な理由から迷う場合もあります。

そんな時は、自分がなぜ転職活動を始めたのか見つめなおしてみましょう。

何かやりたいことがあったから転職活動を始めたのではありませんか?

キャリアアップやキャリアチェンジを目的としている場合、将来的にどうなっていたいかという点もはっきりさせましょう。

その将来像に到達するために自分は何をすべきなのか、そして何をしたいのか考えます。

つまり、細かく自己分析を深掘りしていくのです。

転職活動では自己分析を必ず行わなければなりません。

そうしなければ、転職活動の軸が曖昧になってしまうからです。

軸が曖昧では転職活動して内定を貰っても、またすぐに離職して転職活動を始めることになってしまいます。

覚悟を決める

Doitの文字、パソコン

転職は内定を貰うことがゴールではありません。

内定を貰い、入社した後から本当の活動が始まるのです。

中途採用として慣れない職場で一から仕事内容を学びなおす必要があります。

当然プレッシャーやストレスといった負担が心にのしかかります。

現在の職場から抜け出したいという考えばかり優先させて中途半端な気持ちで転職することは危険です。

自分で選んだ環境や仕事に対して責任が持てないと、また離職を繰り返してしまいます。

自己分析をしっかりしないまま転職してしまうとこういった事態に陥る可能性が高くなります。

新たな環境である程度の負担を感じながら新しいことを始める覚悟を決めましょう。

「なんとなく」で転職活動をしてしまっている場合はまず自己分析からやり直すことをおすすめします。

もし自己分析が苦手な場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは客観的な視点からあなたの強みや経験を判断し、自己分析のサポートをしてくれます。

気が進まない理由は?

顎に手を当てて考える女性

では、ここでよくある内定に対して気が進まない理由について解説します。

業務内容が自分の希望と合わない

これは応募する際に業務内容よりも労働条件や就業場所を優先した場合に起こりやすくなります。

内定が出てから確認してみると、労働条件や就業場所は希望通りでも業務内容が合わず、気が進まなくなるのです。

自分の希望と合わない業務内容の企業に応募してしまうのは、自己分析がしっかりできていないからです。

労働条件も大切ですが、転職活動において一番大事なのは「どんな仕事をしたいか」という点になります。

転職活動をする時は、まず自分がやりたいことをはっきりさせるために自己分析をしましょう。

前職よりも労働条件が良くない

バツマークを持つ女性

これは、逆に業務内容にこだわりすぎていたり、手当たり次第に応募している時に起こるケースです。

前職よりも給与や賞与が低い・残業が多い・福利厚生が整っていないなど、労働条件が下がることで気が進まなくなります。

「やりたい仕事」ばかり追いかけても、良い企業と出会えるわけではありません。

また、はやく転職したいからといって手当たり次第に様々な企業に応募することも危険です。

自分がなぜ転職したいのか、希望する条件は何なのか明確にしておきましょう。

希望の賃金年収額を具体的に設定し、仕事とプライベートのバランスについても考えておくべきです。

企業の雰囲気が自分に合っていない

企業の雰囲気が合わないケースは、主に面接の際の社員の態度や職場の雰囲気に違和感を覚えた時に起こります。

企業の雰囲気というのはいくら企業研究や自己分析をしていても、実際に見てみるまでわかりません。

面接で赴いた職場の雰囲気や社員の態度が自分と合わないと感じれば、内定が出ても気が進まなくなります。

馴染める自信があれば別ですが、雰囲気が合わないのに無理に内定承諾しないように気を付けましょう。

 

ワンポイント
内定を貰っても気が進まない理由には、業務内容が自分の希望と合わない等があります。

転職軸をはっきりさせよう

人差し指を立てる女性

どんな理由で始めたにしても、転職活動を長引かせたくないというのが転職者の本音です。

しかし、焦って希望条件とは合わない企業の内定を承諾してしまっては、あとから後悔することになります。

転職活動する時は、「なぜ転職するのか」「どんな仕事をしたいのか」といった転職軸をはっきりさせましょう。

この軸がしっかりしていれば、内定を貰っても迷うことは少なくなります。

転職軸を定めるためには深掘りした自己分析が必要です。

自分がしたいこと・できること・なりたい姿を分けて考え、なぜそうしたいのか深く掘り下げていきましょう。

自己分析でつまづいてしまう時は転職エージェントの手を借りることをおすすめします。

転職エージェントは転職活動のプロですから、効果的な自己分析のやり方を教えてくれるのです。

転職活動は一人で難しいことも多いので、転職エージェントのサポートを受けることで効率的に進めることが出来ます。

気が進まないなら無理して内定を承諾しなくていい

スマホで通話する女性

内定を貰って断ろうか悩んでいる場合はどうするべきなのでしょうか。

もし内定を貰っても気が進まない場合は無理に承諾する必要はありません。

転職活動は新卒採用のようにいくつも応募するより、自分が活躍できる企業を選んでで勝負するものです。

内定辞退してもその後別の企業から内定を貰えるか不安で勇気が出ない場合もあるでしょう。

しかし、中途採用をしている企業は1つではありません。

視野を広く保つようにすれば、内定辞退する勇気が湧くはずです。

自分の転職軸に合わない企業に妥協して入社しても、その後すぐに離職する可能性の方が高くなります。

企業が求める人材があるように、あなたが求める将来像に合う企業を探すことは悪いことではありません。

気が進まない会社に入社するときのポイント

ポイントの文字、ペンを持つ女性

気が進まない会社には入社しないことをおすすめしたいのですが、どうしても入社しなければならない場合もあります。

具体的には、経済的な理由が挙げられます。

特に離職中であれば、転職活動の間の生活費との相談は必須です。

定めた転職軸に合う仕事を探し続けることが可能かどうかというのは大事なポイントとなります。

アルバイトをしながら転職活動することは出来る限りしない方がいいでしょう。

食いつなげるだけの資金があることで逆に離職の期間が延びてしまう可能性があるからです。

現実的な理由からどうしても気が進まない会社に入社する場合のポイントは、今後の予定を組んでおくことです。

  • 試用期間中にどうしても無理だと思えば辞職する
  • 土日祝日の休みや定時後を利用して転職活動を続ける
  • ある程度は資金を貯めるために我慢する

こういったポイントを押さえて入社することで、目的を達成するために何をするべきなのかがはっきりします。

 

ワンポイント
気が進まない会社に入社する時は、今後の予定を組んでおくことが大切です。

内定を承諾する前に確認したいこと

リストをチェックする女性

応募企業から内定を貰った時はすぐに承諾するのではなく、いくつかのポイントを確認するようにしましょう。

企業は内定者に労働条件を通知する義務があります。

メールの文面やPDF、もしくは書面で通知されるのが普通ですが、電話で伝えられる場合もあります。

電話の場合は後からトラブルになる可能性があるため、後から書面で貰うように依頼しましょう。

そして内定を決める前に、提示された労働条件を確認することが大切です。

本当にやりたい仕事か

まず、内定を出してくれた企業の仕事内容が本当に自分がやりたいこととマッチしているか確認しましょう。

応募したときは希望条件と合っていたのに、実際内定が出てみると仕事内容が違うこともあります。

仕事内容を確認せず「やりたいことと違う」というミスマッチを入社後に感じて離職してしまっては元も子もありません。

担当業務が無断で応募した時と変わっている場合は採用担当者へ問い合わせてみましょう。

雇用条件は希望と合っているか

雇用条件も必ず確認しておきたいポイントです。

  • 給与額・賞与額
  • 残業の有無
  • 交通費やその他の手当
  • 社会保険の条件
  • 就業に当たって必要な経費(制服代・営業交通費など)
  • 勤務時間

こういったポイントは細かくチェックしておきましょう。

確認せずに内定を承諾してしまうと、残業時間が長かったり、勤務時間が希望と違ったりとトラブルが発生します。

内定を承諾すると「提示した労働条件を飲んだ」という意味になるため、どんなに文句を言っても自己責任となります。

職場の雰囲気や男女比

職場の雰囲気が自分に合うかどうかも大事なポイントです。

これは労働条件ではなく、面接で訪れた職場の空気感や社員とのやり取りから判断することになります。

雰囲気の合わない会社に入社しても、うまく馴染めずに実力を発揮できない可能性があります。

また、男女比についても確認しておくべきです。

男性ばかりの職場に女性が入社すると、男社会に馴染めずに離職することがあるからです。

女性が多い職場であれば、女性特有のライフイベントに合わせた制度があるかどうかも確認しておきましょう。

 

ワンポイント
内定承諾をする前に仕事内容や雇用条件、職場の雰囲気を確認しておきましょう。

内定後悩んでしまう人の特徴

左側を指さす女性、悩んでいる表情

応募した企業から内定を貰っても悩んでしまう人には特徴があります。

自分が当てはまっているかどうか確認してみましょう。

ネットの情報を信じすぎている

応募企業について調べる時はインターネットを利用することがほとんどです。

その際、企業ホームページの他にも評判や退職者の声を集めたサイトも表示されるでしょう。

評判にも良いものと悪いものがありますが、悪い評判ばかり信じて内定を決断できない方が居るのです。

情報社会ですから、集めようと思えば様々な悪い評判も集めることができます。

しかし、その評判だけが応募企業の真実ではありません。

実際の雰囲気や仕事内容はどうなのか判断するのは自分自身です。

誰かの評価よりも自分で判断したことを軸に内定を承諾するか否か決めることをおすすめします。

より良い条件の会社があると思ってしまう

転職活動を始めたばかりで早期に内定が出ると「もっといい企業があるのでは?」と考えてしまう方も居ます。

それが間違いとは言い切れません。

内定辞退してもっと良い企業を見つけられる可能性もあるでしょう。

しかし、その感覚を信じすぎて内定辞退してから転職先が決まらない方も多いのです。

転職活動で大切なことの一つにタイミングがあります。

例え他にいい企業があったとしても、中途採用の募集がなければ転職することはできません。

本当にいま内定辞退して転職活動を続ける正しいタイミングなのか考えてみましょう。

 

ワンポイント
内定後に迷う人の特徴の一つに、ネットの情報を信じすぎているという点があります。

内定が出て悩んでしまった人の事例

パソコンを見て悩むビジネスウーマン

ここでは実際に内定が出て悩んでしまった人の事例をご紹介します。

内定辞退をする勇気が出ない

「滑り止めとして応募した企業から内定を貰ってしまいました。

勤務地が遠い会社で、希望職種でもないのですが、他に内定を貰える自信がありません。

とりあえずその会社の内定を承諾するか、辞退して転職活動を続けるか悩んでいます。

内定を承諾しても希望職種ではないので続けていけるか不安です。

しかし、内定辞退をすると仕事が決まらない時間が更に延びそうで怖いです」

これは内定辞退する勇気が出ずに、気が進まない会社に入社しようか悩んでいるパターンです。

転職活動が長引くことを恐れて、保険として内定を承諾しようとしています。

しかし、この場合は内定を承諾してもその後が長続きしないでしょう。

もう一度自己分析をやり直して転職活動を再スタートすることが良いといえます。

1社目で内定が出てしまった

「転職軸をはっきりさせたので、一気に10社ほど応募してみました。

1社目の書類選考と面接を通過していきなり内定を貰ってしまいました。

希望条件には合っているのですが、本当にこの会社でいいのか悩んでいます。

他にもっといい企業がある気がして、内定を承諾しかねています」

こちらは転職軸がはっきりしているものの、他にも良い企業があるのではないかと考えて悩んでいるケースです。

もし1社目が第一志望ではなく、更に良い条件の企業に応募しているのなら辞退しても良いでしょう。

しかし、それが本当に正しいタイミングなのか見極めることは必要です。

中途採用を募集している企業数や自身の年齢やライフイベントに合わせてよく考えてみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面談するビジネスウーマン

内定を貰っても気が進まない理由の一つに、転職軸がしっかり定まっていないことが挙げられます。

転職軸は自己分析を深掘りしていくことで定まるものです。

内定を貰っても気が進まないという事態に出来るだけ陥ることのないよう、転職軸は定めておくべきです。

なかなか定まらない時は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職軸を作るための自己分析に加え、定めた転職軸に合う企業求人の紹介もしてくれます。

まとめ

桜とビジネスウーマン

転職活動をしていく中で、内定を貰っても気が進まない場合は転職軸がはっきり定まっていない可能性があります。

転職軸を定めるためには自己分析が必要です。

自己分析がうまくできない時は転職エージェントの力を借りてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら