現在転職を考えている人で、保険業界を視野に入れている人はいませんか?

人々の暮らしの安全を支える保険業界。

興味がある人でも、未経験で保険に関する知識がないと、なかなか転職に踏み切れないでしょう。

この記事では、保険業界で働く時に役立つ資格を解説しています。

保険業界に興味がある人は、資格取得をまずは目標にしてみてはいかがでしょうか?

保険業界で働く時に役立つ資格を転職エージェントが解説

案内

以前は少子高齢化の影響で、売り上げが伸び悩んでいた保険業界。

ノルマが厳しそうだという声もあり、保険業界に就きたいという人が少なかった時期もありました。

しかし、平成29年に生命保険協会の調査で個人保険の保有契約件数は1億6,772万件と、9年連続で増加。

平成29年の個人年金保険の新規契約高も11兆644億円と、保険業界は需要が高まっています。

中には海外進出を果たしている企業もあり、保険業界は将来性がある業界です。

そんな保険業界への転職を有利に進めるための資格はあるのでしょうか?

保険業界への転職を考えている人はぜひ、この記事で紹介している資格の取得を目指してください。

必ず持っておきたい保険業界の資格は?

眼鏡のキャリアウーマン

保険業界で働く人が、必ず取得しなければならない資格もあります。

ここでは、保険業界に必須の資格を紹介していきましょう。

生命保険募集人

相談にのる女性

生命保険募集人は、生命保険の商品を取り扱う人は必ず取得しなければなりません。

社団法人生命保険協会が運営している資格で、段階別に資格を受けていきます。

分けられている段階は、一般過程・専門課程・応用過程・生命保険大学の4つの過程。

生命保険の営業をする場合は一般過程を取得していれば問題ありません。

しかし、複数の保険会社の商品を取り扱うためには専門過程の資格が必要です。

余裕がある方は、専門課程の取得を目指すと良いでしょう。

損害保険募集人

女性

損害保険募集人は、日本損保保険協会が運営している資格です。

この資格を取得していなければ、損害保険を取り扱うことができません。

損害保険募集人は、営業マンはもちろん、保険の手続きを行う人も必須の資格。

損害保険の知識に加え、自動車保険、火災保険、傷害疾病保険の知識も必要です。

さらに損害保険募集人は5年更新となっています。取得した人は、忘れず更新するようにしましょう。

変額保険販売資格

変額保険販売資格は、生命保険の変額保険を販売するための独自の資格です。

変額保険販売資格を取得するためには、こちらの条件をクリアしなければなりません。

  • 一般課程資格に合格する
  • 生命保険募集人として登録されている
  • 生命保険募集人の専門課程試験に合格している

変額保険販売資格の前に、生命保険募集人の取得が必須となっています。

変額保険には外国為替や投資信託の知識も必要となるので、保険以外の勉強もしなければなりません。

通常の生命保険以外の仕事もしたい人は、変額保険販売資格に挑戦しても良いでしょう。

 

ワンポイント
 生命保険会社で働くには生命保険募集人、損害保険会社で働くには損害保険募集人の資格が必須。

ファイナンシャルプランナー資格も役立つ

勉強をする女性

保険業界で働く場合、ファイナンシャルプランナーの資格も役立ちます。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することで、お金に対する知識も身につくでしょう。

今あるお金が将来的にどうなるかが知識としてわかるようになります。

お客様に対して最適な提案にもつながるので、仕事でも有利になる可能性が高い資格です。

国家資格のFP技能士

厚生労働省が運営しているFP技能検定は国家資格です。

3級〜1級までありますが、一般的にファイナンシャルプランナーと名乗れるのは2級以上。

受験を考えている人は、2級以上の取得を目指しましょう。

学科試験だけではなく、実技試験として相談業務も出題されます。

知識を身につけるだけではなく、それを実務に活かす応用力も必要な資格です。

民間資格のAFP・CFP

AFPとCFPは、日本FP協会が運営している資格です。

AFPを受験するには、こちらの項目のどれかに当てはまっていなければなりません。

  • FP技能検定3級に合格している
  • FPでの実務経験が2年以上ある
  • AFP認定研修受講を修了している

そしてAFP認定を受けるには、AFP認定研修を修了し、FP技能検定2級に合格する必要があります。

このAFPの認定を受ければ、CFPの試験を受けることが可能です。CFP認定までの流れがこちら。

  1. AFP認定を受ける
  2. CFP資格審査試験の6科目に合格する
  3. CFPエントリー研修を修了する
  4. 通算で3年以上の実務経験を積む
  5. 試験合格後5年以内に登録申請する

CFPには実務経験が必須なので、登録までに時間がかかってしまいます。

6科目全てを一度に合格する必要はないので、自分のペースで受験することが可能です。

CFPを取得すれば海外でも活躍できるファイナンシャルプランナーになることもできます。

そのため、保険業界でも海外進出が期待できるでしょう。

他にも役立つ資格をチェック

ノートパソコンを操作する女性

保険関係とファイナンシャルプランナーの資格を紹介してきました。

それだけではなく、役立つ資格はまだまだあります。ここではさらに、取得していれば役立つ資格をご紹介。

現在保険業界で働いている人の中でも取得している人は少ない資格です。

周りと差別化を図りたい人は、ぜひ取得を目指してください。

投資診断士

投資診断士を取得すれば、投資の知識を身につけることができます。

個人でも投資をしている人は急速に増えているため、投資の知識は保険業界で働く人も持っておくべきです。

投資診断士の資格があることで、お客様から投資や資産運用の相談をされることも増えるでしょう。

投資についてもプロの目線からアドバイスができるため、信頼も勝ち取りやすくなります。

保険コンプライアンスオフィサー

保険コンプライアンスオフィサーは、経済法令研究会が運営している資格です。

保険会社で働く人に向けた資格で、コンプライアンスに関する知識を身につけることができます。

保険だけではなく、資産運用や内部管理におけるコンプライアンスも出題範囲です。

コンプライアンスは仕事をしていく上で、大切な知識となっています。

自分がコンプライアンスを理解しているかどうかを、資格を通してチェックしましょう。

保険計理人

保険計理人は、生命保険会社や損害保険会社の取締会で必ず選出しなければなりません。

通常の保険会社では、日本アクチュアリー協会の会員かつ7年以上の実務経験が必須。

未経験の人は取得することができない資格です。

保険業界でキャリアアップを目指している人は、保険計理人の取得を目指しても良いでしょう。

証券アナリスト

証券アナリストは、金融市場の分析や調査ができることを証明する資格です。

金融業界全般で役立つ資格のひとつ。一次試験と二次試験があり、2つに合格しなければなりません。

そして受験するためには、日本証券アナリストの通信講座の受講が必須。

さらに二次試験に合格しても、3年以上の実務経験がなければ証券アナリストの登録はできません。

知識と経験が必要とされる資格ですが、受験をすることは誰にでもできます。

未経験の人でも、証券アナリストの試験には合格しておき、3年の経験を積んでから登録することも可能です。

資格取得のメリットは?

文章を書く女性

保険業界で働く人が資格を取得する最大のメリットは、信頼を得られることです。

必須の資格は取得しなければなりませんが、その他の資格は取得しなくても問題ありません。

そこでプラスアルファの資格を持っていることで、基礎知識以外も身につけていることが証明できます。

すると、企業側からもお客様からも信頼を得ることができるでしょう。

信頼が実績につながり、社内での評価も高くなることが期待できます。

企業によっては資格取得を支援している企業もあるので、その場合は積極的に活用しましょう。

 

ワンポイント
 資格を取得することで、企業やお客様からの信頼獲得につながる。

保険業界の仕事内容を確認

提案する女性

保険業界に有利になる資格を紹介しましたが、改めてどのような仕事内容なのか確認しましょう。

様々な職種がある

書類を作成する女性

保険業界というと、保険の営業を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

営業の仕事内容は大きく分けて二つ。アウトバウンドセールスインバウンドセールスです。

アウトバウンドセールスでは、飛び込みや電話で営業をします。

一方、インバウンドセールスは相談に来たお客様に対して提案をする仕事です。

そして営業以外にも、事務の仕事もあります。事務の仕事内容は、顧客対応や給付金の手続きが中心。

その時のケースに応じた対応が必要なので、保険の仕組みを理解しておく必要があります。

さらに保険商品の企画開発アフターフォローを行うことも保険業界の役割。

このように、保険業界での仕事は多岐に渡ります。

生保と損保

保険業界は、生命保険損害保険の2つに分けることができます。

生命保険は「定額給付の保険」であることに対し、損害保険は「実損補填の保険」です。

定額給付の保険では、決まった金額を支払います。実損補填の保険では、損害の分だけの支払い。

損害保険は短期的な保険が多いですが、生命保険は長期的になります。

そのため、生命保険で働く人は損害保険以上にお客様から信頼を獲得しなければなりません。

 

ワンポイント
 保険業界での仕事は多岐に渡る。

今後の保険業界は英語力が必要になる

女性ノート

保険業界と英語は関係がないと思っている人はいませんか?

英語力がなくても保険業界で働くことはできますが、グローバル化が進んだことで英語のニーズは高まっています。

海外進出の背景

日本では少子高齢化の影響で人口減少が進んでいます。

そのため、保険業界では新規顧客の獲得が難しくなってしまいました。

そこで海外進出を視野に入れる企業が増えたのです。

海外の保険を取り扱っている企業と提携をする企業も増え、これからもその流れは加速するでしょう。

海外進出したことで、海外の人に提案する機会がある可能性もあります。

そこで英語が話せれば、お客様も安心して契約することができるかもしれません。

日本に住む外国人への提案にも役立つので、これから英語力は需要が高まるでしょう。

TOEICも役立つ資格

英語力をアピールする上で役立つ資格がTOEICです。

TOEICは英語の聞く力読む力が必要とされるため、他の英語の資格より実務的。

点数としては一般的な企業であれば、600点あれば良いでしょう。

しかし、海外進出をして海外との取引がある企業では800点以上が望まれます。

 

ワンポイント
 海外進出する企業が増え、英語力も必要となってきた。

必要な資格を取得して保険業界で働こう

女性,スーツ

保険業界で働くには、保険以外の資格があると有利であることがわかったかと思います。

保険業界で必要とされるのは保険の知識だけではなく、お客様からの信頼を得る力

信頼を得るためには、お客様に寄り添い、さまざまな相談に乗ることができなければなりません。

そのため、未経験の人でも保険業界で働くチャンスは大いにあります。

保険業界での経験がないからこそ、お客様の悩みにも真摯に対応できるでしょう。

生命保険会社で働くには生命保険募集人、損害保険会社で働くには損害保険募集人が必須の資格。

それ以外の知識は持っている人が多くないので、自分のアピールにもつながります。

資格取得にチャレンジして、保険業界への転職を実現させましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

上司と女性

転職活動で悩んでいる人はいませんか?

転職をした経験がない人は特に、何から始めれば良いかわからないと思います。

このように転職で悩みがある人は、転職エージェントへ相談すると良いでしょう。

転職エージェントなら、あなたの経験やスキルに合った企業を提案してもらえます。

自分1人で頑張る必要はありません。転職相談をしながら、自分にぴったりの企業を見つけましょう。

 
【無料】親身で丁寧なサポートでの転職相談はこちら  

まとめ

2人の女性

今回は保険業界への転職に役立つ資格を紹介しました。

入社後に資格を取得することもできますが、仕事をしながら資格の勉強をすることは大変です。

入社したばかりの頃は覚えることも多いので、事前に取得しておくことをおすすめします。

資格を取得することで、自分が保険業界で働く時のイメージもできるでしょう。

生命保険募集人と損害保険募集人の一般課程については、難易度も高くありません。

誰でも挑戦できる資格なので、保険業界への転職を目指して資格を取得しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら