企業のPRや広報の仕事をしたいと考えている女性に転職する方法を紹介しましょう。

未経験で希望通りの転職をするためには自分のスキルを把握しておくことが大切です。

漠然とPRや広報の仕事をやってみたいと思っているだけでは転職することは難しいでしょう。

具体的な転職する方法を知ってスムーズに成功につなげなければなりません。

特別な資格は必要ありませんから、未経験者でも広報の仕事はできます。

ただ求人に掲載されている仕事内容を調べておくことも大切です。

これから広報に転職する方法を解説しましょう。

PRや広報に未経験で転職する方法を解説

初心者の女性

PRや広報の仕事が未経験でも転職することは難しくありません。

ただどのような仕事内容なのかを理解することが大切です。

広報という言葉からある程度想像できるかもしれません。

PRや広報の仕事は企業や団体が外部に対して自分たちの活動を広く知らせることです。

商品の宣伝などもPRですが、一般的には社会貢献など利益を考えない部分での広報活動が積極的に行われています。

少しずつ企業を取り巻く環境が変わっていることを知ってください。

詳細な仕事内容を知らなくてもPRや広報の仕事に就くことはできます。

転職できたならば基本的なことから指導してもらえるでしょう。転職する方法として求人に応募することが重要になります。

求人サイトにはPRや広報の分野での求人が掲載されています。

注意しておかなければならないのは具体的な仕事内容があまり明確になっていないことが多い点です。

広報担当として採用されても雑用なども指示されると考えておきましょう。

 

ワンポイント
未経験でも転職できる企業は多いが仕事内容を確認することが大切である。

PRや広報の未経験求人から仕事内容をチェック

パソコン

求人を出している企業や団体によって仕事内容は大きく変わってきます。

求人の詳細情報をチェックすることが重要です。

広報とは自分たちの活動や商品販売を多くの人に知ってもらうために実施します。

いくつかの例を紹介しますが、企業によって違うことを理解してください。

大手グローバル企業の広報求人例

大手のグローバル企業では国内だけではなく国外への情報発信も重要視されています。

求人内容としては下記のとおりです。

  • 業種 海外からの輸入品販売業
  • 年収 400万円~600万円
  • 職務内容 海外メディアへのSNSによる情報発信スタッフ

具体的な仕事内容は書かれていませんが、求められるスキルとしてはかなり高いと考えなければなりません。

それは海外との取引があるからです。

PRや広報の活動として英語の読み書きが必要になることが多いでしょう。

ただ広報が未経験でも英語力があれば採用に有利になると考えられます。

現代の広報活動の主流はインターネットを利用することです。

SNSやホームページの充実が実質的な仕事になると予想されるでしょう。

自分に英語のスキルがあると思うなら応募してみてください。

中小企業の広報スタッフ例

中小企業の広報スタッフの例です。

求人内容は下記のとおりです。

  • 業種 製造業
  • 年収 300万円~500万円
  • 職務内容 新規に立ち上げる広報紙の制作スタッフに従事してもらいます

中小企業では広報部門がないところも少なくないでしょう。

そのため求人をかけるのですが具体的な広報の内容が決まっていないと想定され、検討しなければならないことがたくさんあります。

それだけスキルが求められているのです。

また同僚となる人たちも未経験者ですから手探りで仕事を始めることになるでしょう。

逆に考えれば一般的なインターネットの知識があるだけでもスキルを持っていると評価されるかもしれません。

自分を積極的にアピールすれば転職できる可能性は高いでしょう。

ただし転職後にはスキルアップのための努力が必要です。

NPO法人の広報スタッフ例

NPO法人なども積極的に方向活動を行っています。利益を追求するわけではありませんが魅力的な情報発信が求められます。

求人内容は下記のとおりです。

  • 業種 NPOとして地域の悩み相談の対応
  • 年収 300万円~500万円
  • 職務内容 広報紙だけではなくホームページの制作を拡充することになり、その制作スタッフとして募集

法人などの団体の多くは広報紙を発行しています。同時にホームページでの情報発信も積極的です。

ただ広報にかけられる経費には限りがあるため専門家に依頼することは少ないでしょう。

求人ではスタッフの補充ですがホームページ制作をすべて任されると考えてください。

広報が未経験でもホームページ制作のスキルを持っていれば十分対応できます。

また広報の仕事内容はメインスタッフからのアドバイスが期待していいかもしれません。

同僚とのコミュニケーションが重要なポイントとなります。

 

ワンポイント
求人情報だけでは求められるスキルがわからない。

PRや広報を目指す女性に求められるスキル

女性会議

PRや広報を目指しているなら求められるスキルを身に付けておくことが大切です。

ただ、求人先によってスキルは変わってきますから求人情報をチェックしておきましょう。

広報への転職を考え始めてから新たなスキルを身に付けることは難しいかもしれません。

未経験であっても自分がすでに持っているスキルで対応できる企業を選択するようにすべきでしょう。

コミュニケーションスキル

スキル 女性

PRや広報の仕事は外部の人に対して情報を発信することです。

そのためには対象としている人たちの話を聞くことも重要な仕事となります。

コミュニケーションスキルが高い人なら外部との調整もスムーズにできるでしょう。

担当者だけで広報の内容を検討するのではなく実際に見る人の立場で考えることが大切です。

情報収集スキル

インターネットやSNSを活用してたくさんの情報を収集することは大切です。

広報の仕事ではなくても情報収集スキルは役に立ちますから、前職で経験している人も多いでしょう。

情報収集で重要なのは世代・生活環境・職場環境によってチェックすべき内容が異なる点です。

自分の感覚だけで流行しているものを決めつけるといったことがないように注意しなければなりません。

例えば高齢者向けの広報であれば若い女性にはわからない悩みや希望があるはずです。

これらの情報収集はインターネットを活用するだけではできません。

求められるスキルは単純ではないでしょう。

広報スキル

広報スキルは集めた情報からどのような広報をすべきかを検討して具体化するスキルです。

情報を伝えたい人を意識することが求められます。

広報としての経験がある人なら広報スキルは高いと考えていいでしょう。

しかし求人先の活動内容の違いで広報の手法も変えなければならないため経験だけでは不十分な場合もあります。

インターネットやSNSなどの幅広い知識を持っている人なら柔軟な対応ができるでしょう。

PRや広報への転職を有利にする資格

女性商談

PRや広報の仕事では必要な資格はありません。転職のために資格取得を目指す必要はないでしょう。

PRや広報の仕事内容には専門的な知識よりも人に情報を伝えるためにどうすれば効果的なのかを知ることが求められます。

これは多くの経験を積まなければ高められないスキルと考えてください。

もちろん転職のための履歴書にはいろいろな資格を書いた方が努力家であると認められるはずです。

広報紙やホームページを作るためのスキルを持っていることは積極的にアピールしましょう。

 

ワンポイント
PRや広報の仕事で必要な資格はない。

PRや広報への未経験転職は難しい?

出張に出かける女性

資格は必要ないとしてもPRや広報の仕事に携わった経験がない人の場合転職は難しいのでしょうか。

確かに経験の有無は仕事のやり方を見ればわかります。

転職後に即戦力として対応することを期待されている職場であれば、求人条件として経験が必須となるでしょう。

しかし、多くの求人をチェックしてみるとわかりますが経験が有利になるだけで必須とはなっていません。

未経験者でも十分チャンスはあると考えていいでしょう。

社会人として仕事をやってきた人であれば基本的な仕事の進め方はわかるはずです。

PRや広報の仕事の目的が明確になればやらなければならないことがわかってきます。

すぐに戦力にはなれないとしても時間が解決することでしょう。

 

ワンポイント
PRや広報が未経験でもチャンスはたくさんある。

PRや広報へ転職するメリット

休憩・会議

PRや広報への転職を希望している人はどのようなメリットを感じているのでしょうか。

人によってとらえ方は違いますが一般的には下記のようなメリットがあります。

社内広報の仕事ができる

社内広報の仕事ができることはいろいろな人と接することになります。

中小企業であっても部署が違えば名前も知らいない人がたくさんいるはずです。

社内広報の制作を通じて自分の存在を知ってもらうことができるでしょう。

それは仕事面で大きなプラスとなります。やりがいを持って広報の仕事に取り組んでいけます。

社外広報の仕事にも携わることができる

多くの企業では社内だけではなく社外広報の仕事もあります。

直接的な企業の宣伝ではなく読者を引き付けるための記事作成が重要となるでしょう。

社外の人へのインタビュー記事を掲載することも少なくありません。

これまで経験できなかった広い視野を得ることができるでしょう。

社内での業務に限定されませんから大きなメリットとなります。

広報の仕事を通じて得られるスキルはたくさんあると思ってください。

未経験でのアピールポイント

女性,パソコン,ビジネス街

PRや広報が未経験でも自分をアピールすることで転職できると自信を持ちましょう。

そのためにはアピールポイントを意識しておくことが大切です。

スキルをアピールしよう

メモを取る

広報の経験がなくても一定のスキルがあれば広報紙の作成やPRはできるはずです。

印刷物のデザインやホームページの設計のスキルを持っていればそれは大きなスキルと考えていいでしょう。

資格があれば積極的に伝えよう

広報のための資格はありませんが、自分がすでに持っている資格を積極的に伝えてください。

資格を持つことの意味を意識したアピールが大切です。

資格は強制されて取得するのではなく自分のスキルアップのために努力した結果でしょう。

その努力する姿勢はPRや広報の仕事に対しても同じです。

適性があることをアピールしよう

スーツ姿の女性

PRや広報の仕事では人とのコミュニケーションだけではなく、読んでもらえるような広報誌を作るためのデザイン力も大切です。

これは明確なスキルとして表現できませんがセンスがあるといえるでしょう。

具体的な文章や言葉にすることは難しいですが自分の熱意を伝えることはできます。

PRや広報の未経験求人の探し方

パソコンを使う画像

PRや広報の未経験者の女性は求人情報から探すことになりますがその内容をしっかりとチェックしなければなりません。

経験者でなければできない仕事も多いですが未経験者でも十分対応できる求人がたくさんあるからです。

転職サイトを見る

転職サイトには求人の条件が掲載されています。

注意しておかなければならないのは経験者優遇というあいまいな表現です。

経験者が優遇されるのは当然ですが未経験者の取り扱いは明確ではありません。

この場合は業務内容をチェックしましょう。

すでに広報をやる部署がありその補充要員としての求人であれば、経験者から指導を受けながら仕事を覚えることができるでしょう。

新しく広報部門を立ち上げる場合は自分がメインとなって広報の仕事を進めなければなりません。

重要な役割となりますから未経験者にはハードルが高いと考えてください。

転職エージェントを活用する

一人で求人情報をチェックしていてもよくわからないことが少なくありません。

このような時には転職エージェントを活用することをおすすめします。

求人情報に掲載されている内容だけでは実際の仕事内容はわかりませんし、求められるスキルも漠然としているでしょう。

プロの目からの的確なアドバイスが非常に有効になります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

上を指さすビジネスウーマン

転職では多くの女性が不安な気持ちを持っており相談する人がいなくて悩むケースが少なくありません。

悩みを解消させるためには転職エージェントに相談してみることが一番の早道です。

転職エージェントでは専門スタッフが個別に対応してくれますし、自分に合った転職先を探すサポートが期待できるでしょう。

まとめ

メガホン、女性

PRや広報の仕事に興味を持っている女性は多いのですが未経験で転職する方法がわからない人も少なくありません。

まずは仕事の内容を知ることが大切です。

また求人サイトに掲載されていることだけでは具体的な仕事が見えてこないことも多いでしょう。

書かれている内容をチェックして未経験でもやっていけるか確認してください。

PRや広報の仕事をするための特定の資格は必要ありません。

ほかの人とのコミュニケーションが必要となる場合が多いですから、自分にできることを考えてください。

重要なことは自分のスキルをアピールすることでしょう。

広報の仕事に慣れてくるといろいろとメリットを感じることができます。積極的にチャレンジしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら