Webコンテンツやアプリケーションがますます多様化している近年、フロントエンドエンジニアの人気も高まっています。

フロントエンドエンジニアに未経験から転職するためにはどのような方法があるのでしょうか。

向いている女性の特徴や転職するためのポイントについてご紹介します。

Contents

フロントエンドエンジニアに未経験で転職する方法を解説

女性

フロントエンドエンジニアはスキルさえあれば未経験でも転職することが可能です。

ここでは、仕事内容や向いている人の特徴に加え、必要なスキルや転職のためのポイントなどを解説していきます。

その他にも求人方法の探し方や知識の身につけ方なども詳しく載せてみました。

未経験からでも転職を成功させるために、ぜひ参考にしてみてください。

フロントエンドエンジニアの未経験求人から仕事内容をチェック

社内

まずはフロントエンドエンジニアの未経験求人からその仕事内容を見ていきましょう。

中にはフロントエンジニアではなくコーダーとして募集しているものもありますが、内容はほぼ同じです。

フロントエンジニアはコーダーの上位職といえますから、未経験で自信がない人はまずコーダーから始めてみてもいいでしょう。

A社「フロントエンドエンジニア募集(未経験可)」

大手クライアントのWebサービスを手掛けるA社。

コーディングCMS構成UI/UX設計などをチーム体制で進めていくので、HTML・CSSの知識があれば未経験でも大丈夫です。

各種フレームワークの知識やWordPressなどの構築経験があればさらに優遇されます。

テレワーク可能なため、全国どこからでも応募可能。

大手案件のため学べることも多く、仕事をしながら自身の成長も期待できます。

固定残業代を含み月給23~50万円と、能力や経験により給与に幅があるのが特徴です。

B社「大規模サイトの構築エンジニア募集(未経験可)」

パソコン

知識がない人でも容易にWebページを作成できるCMSを提供するB社。

この度、大規模サイトの構築にあたりエンジニアを大量募集しています。

HTML/XHTMLやCSS・JavaScriptの知識とHP制作の実務経験があれば、職種未経験でも応募可能です。

オフィス勤務ですが残業は少なく、落ち着いた環境で作業することができるでしょう。

月給は20万円以上としており、経験や年齢で高くなることもあります。

C社「ECサイトのWebコーダー募集」

自社メディアや自社製品の開発でブランドとして急成長しているC社。

WebデザイナーからのラフをHTML・CSSでコーディングできるエンジニアを募集しています。

少人数チームのため自由度が高く、遊び心のあるUI設計を楽しむことも可能です。

女性が多い職場で休日出勤や深夜残業も少なく、のびのびと作業に取り組むことができるでしょう。

月給は23~30万円程度で、年2回の賞与・各種手当があります。

向いている女性の特徴は?

上を指さすビジネスウーマン

フロントエンドエンジニアにはどのような女性が向いているのでしょうか。

現場で活躍できそうな人材の特徴は以下の通りです。

  • 新しいものに敏感
  • 多くのものを学ぶ意欲がある
  • コミュニケーション能力が高い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

新しいものに敏感

IT業界はWebサービスにおけるトレンドや新技術の開発など、何かと変化の多い業界です。

常に新しい知識を吸収する姿勢や、見慣れないものに興味をもって試行錯誤する姿勢が求められます。

その点で、新しいものに敏感な人はその特性を仕事に活かすことができるでしょう。

ユーザーの興味を引くような新鮮で目新しいUIを手掛けるためには、流行を敏感にキャッチするアンテナが不可欠です。

偶然目にしたサイトで「この表現はどの技術を使っているんだろう?」と興味をもって調べるような人は、この仕事に向いています。

多くのものを学ぶ意欲がある

女性

Webサービスに関連する技術は日々変化しており、ある程度熟練のエンジニアでも継続的な学習が欠かせません。

常に新しいことを学び吸収していく意欲がなければ、IT業界で長く活躍することは難しいでしょう。

もちろん、机にかじりついて暗記を行うような学習とは違い、実践の中で試行錯誤しながら身につけていく知識といえます。

「この技術をこんな風に活用できないかな」「もっとよくするためにはどうしたらいいんだろう」と深く考える姿勢が必要です。

それを楽しみながら取り組める人は、フロントエンドエンジニアに向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

フロントエンドエンジニアはただコーディングができればいいというわけではありません。

Webデザイナーやクライアントの要求を正確に反映したWebページを作成するためには、コミュニケーション能力が不可欠です。

注意深く要望を聞き、技術的に難しいところは折衝し、最終的にはクライアントやユーザーに満足してもらう必要があります。

そのため、ヒアリング力や意見交換のスキルが高い人はフロントエンドエンジニアとして活躍できるでしょう。

 

ワンポイント
新しいものに敏感で学ぶ意欲があり、コミュニケーション能力が高い人はフロントエンドエンジニアに向いています。

向いていない人の特徴は?

考える女性

逆に新しいものに興味がなく学ぶ意欲も低く、コミュニケーション能力があまりないという人は向いていないでしょう。

ただし、「今は苦手だけどこれから改善したい」という向上心があれば可能性は大いにあります。

これらの特徴は全て「周囲へのアンテナ」といい換えることができるでしょう。

自分の殻に閉じこもらず、周囲に気を配って様々な現象に興味を抱いたり人と接することで、目指す特性に近づくことは可能です。

自分には向いていないかも…と感じる人は、少しずつ身の回りや社会で起きていることを意識するようにしてみてください。

 

ワンポイント
フロントエンドエンジニアに向いていないのは自分の殻に閉じこもる人。周囲へのアンテナを張ってみましょう。

フロントエンドエンジニアに必要な言語

パソコン

フロントエンドエンジニアになるために必須とされる言語について確認しておきましょう。

未経験OKの求人でも、HTMLCSSJavaScriptの知識は必須とされている場合が多いです。

これらの知識はあらかじめ習得しておく必要があります。

HTML

HTMLとはHyper Text Markup Languageの略で、Webページを作成するためには欠かせない言語です。

その名の通り、そもそもはテキストを構造化することに特化した言語でした。

コンピューターが情報を理解できるように、ブラウザにおけるオブジェクトや文字・画像などの配置や設定を記述していきます。

プログラミング言語の中では入門レベルで、習得までに10時間程度とそれほど時間もかかりません。

CSS

パソコンを見る女性の画像

CSSはCascading Style Sheetsの略で、Webページにおけるデザインの設定において大きな役割を持っています。

HTMLと比べるとよりデザイン性が高く、HTMLファイルから参照されることでWebページ上の表示が反映される仕組みです。

スマートフォンやタブレットの普及でWebサービスが多様化し、CSSの活用がより欠かせないものとなってきました。

これもHTMLと同様、習得時間10時間程度と手軽に習得することができます。

JavaScript

JavaScriptはWebページ上での視覚効果プログラムの挙動など、HTMLやCSSではできないような多彩な表現ができます。

それ以外にもWebアプリやモバイルアプリにおいて幅広く使用され、データ解析やCMSなど様々な機能に使用可能です。

基礎学習には20~30時間程度と少し時間がかかり、さらにオブジェクト指向プログラムの学習には追加で10時間程度かかります。

言語を身につけるためにできること

女性

HTMLやCSS・JavaScriptといった言語を身につけるためにはどうしたらよいのでしょうか。

これらはやる気さえあれば独学でも学べますし、プログラミングスクールで先生に教えてもらうこともできます。

それぞれどのような方法か詳しく見ていきましょう。

独学

独学の場合は、テキストなどの書籍を買って行う方法とネット上で調べながら行う方法があります。

特にネット上には経験者のブログや初心者向けの学習ページ、参考動画などが数多くあり、お金をほとんどかけずにできるのが特徴です。

しかし情報の集め方を誤ると必要以上に時間がかかってしまったり、悩みが解決できないというデメリットもあります。

時間はあるがお金がない人や、自宅でコツコツと隙間時間に勉強を進めたい人には独学がおすすめです。

プログラミングスクール

プログラミングスクールで講座を受講する方法もあります。

知識を体系立ててスムーズに学べることで、習得までの時間を短縮できるのが利点です。

独学に比べると出費が大きくなるのがデメリットですが、実際にWebページやアプリを作成するところまで確実に成長できます。

お金があって早く成果を出したい人や、効率よく進めたい人にはスクールでの学習がおすすめです。

 

ワンポイント
プログラム言語は独学でもスクールでも学習可能です。目的に合わせて選択しましょう。

未経験からフロントエンドエンジニアへ転職するためのポイント

指示棒を持つ女性

未経験からフロントエンドエンジニアに転職するためには押さえておくべきポイントがあります。

事前に仕事を理解しておくことと、転職エージェントに相談することです。

以下で詳しくご説明します。

仕事を理解して心を構える

まずは転職前に、フロントエンドエンジニアの仕事について深く理解し、心を構えておくことが重要です。

フロントエンドエンジニアに求められる役割をよく理解したうえで、自分ならどんな働きができるか具体的にイメージしましょう。

例として想定される設計に対し、ポートフォリオを用意しておくのがおすすめです。

ポートフォリオを作成する中で、考えられる要求や実現方法など、実際の業務に必要となるスキルを磨くことができます。

さらに転職の際にこれを提出することで自分の実力のアピールにもなり、選考を通りやすくなるでしょう。

転職エージェントに相談する

未経験からの転職の場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

プロのキャリアアドバイザーがスキルの棚卸しをサポートしてくれるうえ、自分に合った求人を提案してくれます。

そのため入社してからミスマッチに困ることが少なく、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

また、転職後のキャリアプランについても相談に乗ってくれます。

将来を見据えたうえで転職の計画を立て、人生設計に基づいた選択ができるでしょう。

 

ワンポイント
未経験からの転職を成功させるために、事前によく仕事内容への理解を深め、転職エージェントを活用しましょう。

フロントエンドエンジニアの未経験求人の探し方

注意点を確認する女性

フロントエンドエンジニアの未経験求人は、求人サイトなどで探すと多数見つかります。

しかし、中には「未経験OK」でも、バックエンドエンジニア経験やディレクター経験など高度な経験を要するものも多いです。

また、職種名として「フロントエンドエンジニア」とは書いていなくても、業務内容が同じであるものも多数存在します。

そのため、ネット上で自分に最適な求人を探すのは少し難易度が高いといえるでしょう。

転職エージェントなどプロの手を借りることで、数ある求人の中から自分の希望条件に合った求人を見つけることが可能です。

IT業界への転職のことなら転職エージェントに相談しよう

ポイント

IT業界への転職については、転職エージェントに相談するのが一番です。

IT業界の求人は非常に数が多く、自分で条件に合った求人を絞り込むのは至難の業といえます。

その点、転職エージェントは転職に関する情報や条件をしっかりと見極めることが可能です。

さらにネット上には出回っていない非公開求人も取り扱っているため、より条件のいい求人を紹介してくれることもあります。

転職エージェントは無料で利用できるため、これを活用しない手はありません。

プロのサポートのもと、ぜひ未経験からの転職を実現しましょう。

まとめ

ガッツポーズ

フロントエンドエンジニアはこれからますます必要とされる職業です。

未経験から転職するためには事前に必要な言語をしっかりと身につけ、プロの力を借りて転職を進めましょう。

流行に敏感学ぶ意欲があり、コミュニケーション能力の高い女性はフロントエンドエンジニアに向いているといえます。

ぜひ自分の強みを活かしてフロントエンドエンジニアへの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら