工程管理の主な仕事は納期に間に合うように生産の管理を行うことですが、生産管理の中に含まれることも多いです。

生産管理の中にあって、それぞれの工程が予定通りに進んでいるか管理を行うのが工程管理なのです。

こちらでは工程管理の仕事内容や女性が工程管理に転職する際必要なスキルなどを解説しています。

工程管理の仕事内容をご紹介

作業着パソコン

工程管理の仕事内容を詳しくお話ししてみましょう。工程管理は生産管理の中の仕事の一つで製造工程を効率的に計画し運営します。

顧客から依頼された製品を納期内に適正な原価で受注数仕上げて納品するという、重要な役割を担っているの工程管理なのです。

工場内の設備や労働力の調整管理も工程管理の仕事です。あらゆる面に気を配り製品を滞りなく届ける仕事といってもよいでしょう。

そもそも工程管理の役割は?

作業着の女性

工程管理の役割は先にお話ししたように工場内での流れを円滑にし、製品を納期内に決められた原価で仕上げることにあります。

生産管理とほぼ同じ仕事内容ではありますが、生産管理は長期的な計画のもとに企画から売上まで生産の全体を管理します。

工程管理は生産管理の中の要である製造の部分の管理に特化した仕事と考えるとよいでしょう。

生産計画の設計

工程管理の第一段階で製品の仕上りまでの工程を設計し、納品日に合わせいつ原材料を発注しいつから製造に入るかを決めます。

顧客の希望に合わせ納期に遅れることなく製品の製造をスムーズに行うためには、しっかりとした設計が必要です。

製造に必要な設備や人員の選出などもこの設計段階で行います。作業時間を組み立て効率の良い流れも確認決定します。

作業手順や進捗の管理

実際に流れが決まればその作業手順を管理し、進捗状況を確認し管理します。不具合や遅れが生じた場合には早急の対応を行うのです。

製品のチェックや数量のチェックも進捗状況の確認時の重要な仕事で、この時に問題などがあれば即座に対策を考えます。

製品製造後にはそのデーターで工程についての問題点や評価すべき点を振り返り分析し、今後の工程管理に活かします。

生産管理との違いは?

指示する女性労働者

生産管理と工程管理はどちらも生産という現場には欠かせない仕事です。

工程管理は生産管理の中に組み込まれることが多く、生産管理の中の工程の部分に特化した管理とされていることが多いのです。

実際にはどのような違いがあるのでしょうか。具体的な相違点を確認してみましょう。

生産管理は製品を決められた納期に納品できるように管理する仕事で、品質やコストなど生産全般の管理を担います。

工程管理も製品を決められた納期に納品できるよう管理しますが、製造工程が滞りなく流れるよう工程部分の管理に重点を置くのです。

生産管理は生産に関することの全般を全体的に管理しているといえるでしょう。

工程管理は製品を決められた納期に間に合うように原価を考え材料調達から人選など製造工程の設計から管理を担うのです。

工程管理は広い意味では生産管理に含まれる仕事ですが、工程の部分に関してより緻密に管理を行うと考えるとよいでしょう。

 

ワンポイント
工程管理は製造工程部分の管理を重点的に行います。

工場別の具体的な業務内容

これから説明

工程管理の活躍の場はさまざまな製造工場にあります。工場により工程も違ってきます。工場別の業務の内容を解説しましょう。

食品関係や自動車や機械の部品製造など工場によってラインもまったく異なります。人員や必要な設備内容も違ってきます。

製造工程で使用する設備機械などの保守点検も工程管理の業務ですが、使う設備機械も工場によりそれぞれ違うのです。

製造工程も工場によりさまざまです。工程管理の業務が行われる製造工場は次のような種類があります。

  • 食品製造工場
  • 部品製造工場
  • 物流センター

もちろんどのような工場であっても工程管理の基本的な業務には大きな違いはありません。詳しくみていきましょう。

食品製造工場

食品製造工場での工程管理は製造する食品の生産量に見合う人員の確保、原材料の発注や納期までのスケジュールも緻密に立てます。

大量の食品を納期に遅れることなく製造するために、ラインの流れを管理してスタッフが働きやすくするのも工程管理の仕事です。

工程で必要な設備の点検や修理も行い、新しい設備機械の導入も検討します。

どのようにすれば効率のよい食品製造が可能となるか計画するのも工程管理の業務の一つなのです。

部品製造工場

部品製造工場では特に個々の製造部品に不備が無いか納期や生産数とともに注意して管理します。

メーカーの希望に忠実な部品製造となっているかを確認し品質を保つことに心を配る必要があります。

小さな部品一つの不具合がメーカーにとっては大きな問題となりかねません。またコスト削減も大きな成果につながるのです。

工程管理の醍醐味は小さな部品のコストを削減することで、メーカー側からも感謝されるということにもあるのです。

少しの誤差も許されない為、製造機械の保守点検や新しい機械を検討するのも欠かせない工程管理の仕事となります。

物流センター

作業服男女

物流センターでの工程管理の業務は、納品された商品の個数や内容をチェックし検品してパソコンデータとして残します。

商品の入荷だけでなく出荷も同様に管理し、伝票に間違いや不備が無いことも確認します。

配送ドライバーの調整や連絡顧客対応も行います。物流センターでの工程管理業務は多岐にわたることが多いです。

時間的な制約のある配送です。物流センターの工程管理が大きく関わってきます。

迅速さが要の即日出荷や多方面から納品されてくる商品の管理など、工程管理の重要な業務となっています。

工程管理の業務手順

エンジニアの仕事をする女性

それでは実際に工程管理の業務はどのような手順で行われるのか確認しましょう。

工程管理の業務は様々な場所で行われています。その場によって業務の手順も少しずつ変わっています。

工程管理には生産計画生産統制が必要です。生産計画はどれだけの期間でどのように何人で製造するのかなどを計画します。

生産統制とは日々の進捗状況を確認して目標に合わせるために労働力や作業手順の調整を行うことです。

生産計画と統制で原価や作業について理想的な目標をたてて、できるだけ目標に近づくために作業工程の管理を行うのです。

ここでは平均的な工程管理の業務から、特に重要な業務の業務内容について詳しく解説していきましょう。

計画立案

工場での製造工程について、納期や原価コスト製造量などをふまえ人員の調達やラインの流れを計画し設計します。

スムーズに不備なく製品を製造するためには、最初の段階での計画立案が最も大切な工程です。

計画的に製造の流れを考えて工程表を作り、誰にでも製造の進捗状況がわかるようにすることでスムーズな製造が期待できるのです。

緻密な計画設計は、製品を無駄なく不備なく納期に遅れることなく顧客に提供できるためには何よりも重要といえるでしょう。

計画実行

計画立案の次はその計画の実行です。原材料や人員を揃えて製造機械を稼働させます。日々の進捗状況も確認します。

製品のチェックや人員の調整も工程管理の仕事です。機械に不備がないか点検し納期までの製造に問題が無いことを確認します。

コストを抑えることも人員を調整して過不足なく製造することも工程管理の緻密な計画の上に成り立ちます。

評価・改善

製造が終り顧客への納品が完了したら、その工程についての評価や改善点を分析し次の製造工程に活かします。

計画設計通りの工程内容だったとしても、まだまだ改善の余地ありと真摯に仕事に向き合う気持ちも大切です。

できるだけローコストでより良い製品を製造するための改善は、工程管理や生産管理では不可欠な業務といえるでしょう。

 

ワンポイント
工程管理の仕事は「計画立案」「計画実行」「評価改善」です。

工程管理の年収

給料のイメージ

工程管理は待遇年収ともに生産管理とほぼ同じです。会社にもよりますが平均年収も500万円程度で一般的な会社員と変わりません。

もちろん資格取得や経験年数により年収は増加する可能性が大きいです。転職の場合は生産管理の経験があると優遇されるでしょう。

工程管理での経験や知識が評価されて年収アップにつながることも多く、キャリアアップして高収入を得ている人もいます。

工程管理の仕事のやりがい

タブレット作業をする人

工程管理の仕事でやりがいを感じるのは工場での製造が問題なくスムーズに進み、出来あがった製品を手に取った時です。

製品をコマーシャルなどで見かけたとき、部品であればその部品が使われた車などを見ると誇らしくやりがいを感じるでしょう。

また計画設計段階で提案したことによりコストが大幅に削減でき、より良い製品が出来あがったときには喜びを感じます。

会社にも顧客にも貢献できることが工程管理の大きな魅力であり、やりがいといえるでしょう。

工程管理を行うことのメリット

メリット

工場においては工程管理の役割は重要なものです。何よりも製造過程での流れをよりスムーズにするというメリットがあります。

工程を計画し設計することで、明確な進捗状況が確認できます。納期までの状況が把握できるのは大きなメリットです。

工程管理により製造ラインの人員を適切に配置でき調整もできるので製造の遅れなどが防げます。これもメリットといえるでしょう。

コストを抑えられる

工程管理の業務のうち計画立案の段階では、納期や生産数から価格の設定もします。原材料の調達も工程管理の仕事になります。

出来る限りコストを抑えられるのも工程管理の大きなメリットといえるのです。

製造に従事する人員の調整も工程管理の仕事です。人数をうまく増減させ適切に調整することもコスト減に繋がります。

もちろんコストを抑えるというのは会社にとっても利益であり、顧客にとっても商品を安く購入できるメリットにつながるのです。

品質を維持できる

年収チェック

工程管理では製造工程を設計することで、製造の進捗状況もわかりやすくなり製品のチェックも的確に行えるようになります。

また効率のよい製造工程となり作業をしやすくなることから、各自が責任を持って仕事に従事できるようになります。

失敗や不備が少なくなるのも工程管理の的確な設計があればこそです。製造機械の保守点検も品質の維持のためには欠かせません。

 

ワンポイント
工程管理を行うメリットはコストを抑え品質を維持し会社や顧客に利益を与えることです。

工程管理に求められるスキル

ガッツポーズ、女性

工程管理に必要なスキルは全体的に広くものごとを見る力や考える力があるということでしょう。

製造工程を管理するにあたっては、計画を立案し実際に工程を誰にでも見えるようにする必要があるのです。

どうすればスムーズな製造工程を維持でき、コスト削減や適切な人員確保ができるかなどの問題点を解決する力も必要となります。

緻密な計画を立てられる、そしてこまかな気配りができるということも必要なスキルの一つなのです。

地道な努力ができること

工程管理の仕事はけっしてはなやかではありません。地道にコツコツと努力できる人でなければ務まりません。

人や物に対して優しい気持ちで接することも大切です。工程を管理する上ではチームとしての輪が大切なのです。

ものづくりにはものに対する優しさやそれを作る人をまとめる力がスキルとなります。

工程管理や生産管理職には常に新しい知識が必要です。日々の勉強に加えて新しいことを知ろうとする気持ちも大切でしょう。

そういった地道な努力や探求心が工程管理の仕事に求められるスキルでもあるのです。

女性ならではの目線で新しい見方ができることも、工程管理への転職には必要な適性といえるでしょう。

多様な人と円滑にコミュニケーションする力

工程管理では完了した仕事を分析して次の仕事に活かすようにしています。チームで話し合うことも多くなります。

顧客や他企業の人との打ち合わせや会議も必要な場合があります。コミュニケーション能力があれば意見を伝えやすいでしょう。

工程管理でなくてもコミュニケーション能力は企業に勤める上で必須のスキルです。

どのような職種についても認められるスキルとして、身につけておく必要があるのです。

 

ワンポイント
工程管理に必要なスキルはコミュニケーション能力や人をまとめる力などです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内

工程管理は生産管理の中でも製造工程の重要な役割を担う職種です。

女性の細やかな気配りや地道にコツコツと仕事をする性質は工程管理には向いているといえるでしょう。

ただ気になる職種への転職希望を叶えることは一人ではなかなか難しいのではないでしょうか。

転職に迷ったら転職エージェントに相談してください。最善の方法をアドバイスしてもらえます。ぜひ活用してください。

まとめ

女性

工程管理は製造工程を効率的に計画し運営する仕事です。製品を納期内に受注数仕上げて納品する工程を管理します。

コストのことを考ることや工場内の設備や労働力の調整管理も工程管理の仕事です。

工程管理にはチームワークを大切にするコミュニケーション能力や人をまとめる力が必要となります。

さまざまな場所で力を発揮できる工程管理の仕事は工夫次第で会社にも顧客にも利益をもたらすことの出来る職種なのです。

工程管理の転職相談は転職エージェントを活用しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら