夫の転勤が原因で妻が現職を辞めるケースは意外に多いことが分かっています。

妻にとってこれまで一線で働いてきたキャリアがありますから、退職したくないのが本音ではないでしょうか。

こうした妻が夫の転勤先で転職活動する場合に、夫の転勤を転職理由にしてもいいのでしょうか。

また、夫の転勤の回数が多い場合は転職活動にどのような影響があるのか、悩める妻の転職活動について解説します。

同じような悩みを抱えている女性の方は是非参考にしてください。

Contents

転職理由が夫の転勤だと印象が悪くなるのか解説

パソコンを見る女性

転勤がきっかけで妻が転職活動を始める時に、履歴書などに夫の転勤のことを記載すると思わぬ足かせになることがあります。

しかし、夫の転勤が転職理由であると正直に書類に記載したのに何が悪かったのでしょうか。

曖昧にしておくべきだったのでしょうか。

採用する企業にとって、夫の転勤は妻の転職活動に悪い印象を与えるのかどうか詳しく解説していきます。

理由を曖昧にするよりは良い

女性

一般に一身上の都合で前職を辞めましたと答える人は多いのではないでしょうか。

しかし、面接官にすれば一身上の都合の具体的な中身を知りたくなるのは当然だといえます。

何か隠していると詮索される可能性があるので可能であれば理由は曖昧にしないで正直に伝える方がいいでしょう。

繰り返している場合は不利になることも

女性

ただし、注意したいのは夫がいわゆる転勤族の場合です。

妻の転職理由が夫の度重なる転勤が原因となれば、採用する企業も正社員として雇用するのを控えるかもしれません。

長く働けない可能性があるなら他の人を採用するのが企業としても安心だからです。

それでは、前職の退職理由を一身上の都合にすればどうでしょうか。

何度も会社を一身上の都合という理由で退職した人を企業は、「飽きやすい人」「長続きしない人」と評価する可能性があります。

繰り返し転職している人を企業側は快く思わないので注意しましょう。

転職理由で面接官がチェックしていること

女性

面接官は必ず転職理由を聞きます。

これは入社してもすぐに辞めないかというリスクチェックといってもいいでしょう。

企業は時間・コストをかけて人材の募集をおこない、戦力として迎え入れるのですから長く働いてもらいたいのが本音です。

また、仕事内容に対する姿勢・コミュニケーション能力なども見極めたいという理由もあります。

仕事においての優先順位

仕事を進める上で重要なのが優先順位です。

優先順位を決めることで仕事の効率が良くなり、残業も減って、プライベートな時間も過ごせる余裕が出てきます。

優先順位が付けられないと期日までに仕事が間に合わないという事態になりかねません。

何を優先するのか仕事内容を把握してから決めるのが重要なポイントです。

そのためには仕事の内容をしっかり理解できていなければなりません。

また、優先順位を考えるにあたり関連する人と仕事の調整が必要になるかもしれません

一日の仕事を効率よくするためにToDoリストを作成してみるのもいいでしょう。

集中力を持続するために仕事を細分化して、それぞれに制限時間を設けるやり方もおすすめです。

優先順位を守って仕事をしていれば周囲の評価もついてくるでしょう。

責任感を持っているか

振り分けられた仕事は責任を持って最後まで丁寧にやり遂げることが大切です。

一つ一つの仕事が評価になり、信頼へとつながります。

この人なら安心して仕事が任せられると思われることは将来のキャリアアップにもつながります。

また、多くの仕事はチーム単位でやるため、自分だけ終わればいいというものでありません。

周囲にも気を配り協力して仕事をやれる人を会社は求めています。

熱意があるか

面接官が一番チェックするポイントは熱意です。

なぜこの会社に就職したいのか・会社に入って何をしたいのか・将来の方向性など、求職者の仕事に対する姿勢が熱意として伝わるのです。

ポテンシャルが高くても熱意がなければ会社をすぐに辞めてしまうかもしれません。

例えば志望動機で、会社の代表的な製品の優れた点と自分の資格・スキル・経験を交えてビジョンを伝えると熱意が見えてきます。

また、面接では自分からどんどん質問するくらいの勢いがあるといいでしょう。

会社に興味があるなら何らかの質問は出てくるものです。

調べれば簡単にわかる質問ではなくどうしても聞きたい質問をあらかじめ考えておきましょう。

 

ワンポイント
 転職面接の対処法はいかにこれまでのキャリアを自分のビジョンと結びつけるかである。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

転職面接の対処法

電話中

面接で夫の転職が理由であることを正直に伝えるべきでしょうか。

それともマイナスになるなら伏せておくほうがいいのでしょうか。

転職面接での対処方法について解説します。

夫の転勤が理由であることを隠していい?

ビジネスウーマン

夫の転勤が転職理由であればそのまま事実を伝えましょう。

なぜなら今後も転職があり得るからです。

入社できたとしてもまた夫の転勤で退職することもあるかもしれません。

会社側にも事実は知っておいてもらいましょう。

大事なのは面接官への伝え方ではないでしょうか。

例えば、「夫の転勤が決まり自分も会社に相談して支店への異動をお願いしてみたところ難しいと言われたため退職しました」

そういう背景があれば会社側は何とか仕事を続けようと対処した姿勢を評価するでしょう。

事実は事実としてウソはつかない方がかえっていい場合もあるのです。

転職理由をプラスにするための理由として以下を伝えましょう。

  • 配偶者の転職であること
  • 社内で相談し異動希望を出したがかなわなかった
  • 貴社であれば安心して仕事に従事できる
  • やりがいを感じながらキャリアを伸ばせる

転勤スパンは隠さず伝えよう

ガッツポーズの女性

転職のスパンが決まっているなら面接の時に伝えましょう。

配偶者の転勤について面接中に特に聞かれなかった場合は、最後に必ず何か質問はと聞かれますから、この時に切り出しましょう。

また、先のことで今はすぐには分からなくても回避策をさりげなくアピールするのも効果的です。

夫の次回の転勤の時には単身赴任するよう話し合いますと言っておくのも効果的です。

わかっていて会社側に黙っていると誤解が生じて働きにくくなる可能性もあるのでここは注意しましょう。

その上で誠心誠意この会社で働きたい気持ちを伝えるのです。

自ら対応策を考えて会社側に迷惑をかけない姿勢を見せることは採用を決める時に重要なポイントです。

結果的にまた転勤になり妻も赴任先に行くことになってもそれは仕方のないことですからその時は割り切りましょう。

会社側も理解してくれるはずです。

ただ、実際夫には一旦単身赴任してもらえるかちゃんと相談してみるのもいいかもしれません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転勤を繰り返すのであれば雇用形態を見直そう

キャリアウーマン

共働きが主流になっている日本において夫の転勤は避けて通れないものといえます。

一方で妻もキャリアを活かして働き、会社も知識・経験がある人を多様な雇用形態で働いてもらいたいという風潮も生まれています。

欧米では当たり前のことですが日本でもジョブ型雇用として注目されています。

ジョブ型雇用は正規社員・非正規社員の雇用形態にとらわれず、職務に特化したスペシャリストを雇用するものです。

日本では主流のメンバーシップ型雇用と異なり異動や転勤がなく、報酬はスキル・経験によります。

男女の区別もないので夫がジョブ型雇用を選択すれば転勤はなくなります。

また、妻がジョブ型雇用なら夫の転勤をあまり気にせず仕事に専念できるでしょう。

ただこうした働き方改革はごく限られた企業しか対応していません。

夫の転勤がネックで正社員の転職が厳しい場合、女性は派遣契約社員といった非正規雇用も考える必要が出てくる可能性もあります。

 

ワンポイント
 転職理由は書かなくても良いが面接で必ず聞かれることを想定して事前準備しておこう。

履歴書には転職理由を必ず書かなければならない?

笑顔の女性

基本的に履歴書は積み重ねてきたキャリアを見るためのものなので、転職理由は必ずしも書く必要がありません。

定型フレーズ「一身上の都合」で構いません。

ただし、例外として転職回数が多い人は「一身上の都合」は通用しませんから、正当な理由を記載しましょう。

転職理由を書くべき場合

電話中の女性

通常は定型フレーズで退職した理由を聞かれることはあまりありません。

しかし、例外的に転職回数が多い・働いてない期間が長い人は面接官が納得する理由を記載した方がいいでしょう。

記載するのは履歴書ではなく職務経歴書です。

履歴書は各スペースが限られているからです。

例えば「配偶者の転勤にともない退職」といった感じで記載しましょう。

転職理由を書く必要がない場合

女性

履歴書・職務経歴書には通常退職した理由は定型フレーズで「一身上の都合」ですませて大丈夫です。

何か特別にアピールしたい転職理由がある人は、例えば「キャリアアップのため退職」としてもいいでしょう。

 

ワンポイント
 転職理由は転職エージェントと相談しながら決めよう。

転職理由の例文

女性

転職の経験がない人が転職理由を書くのは少し難しい作業かもしれません。

いくつか例文を紹介しましょう。

熱意が感じられる転職理由

「大きなプロジェクトを軌道に乗せクライアントや会社からも好評で、次期プロジェクトも決まりました。

その企画を考えている時に、夫の転勤が決まりました。

会社からはプロジェクトが終わるまで会社に残るよう要望されましたが、思い切って家族で新たな生活を始めることにしました。

これまでのキャリアを活かしてクライアントの要望に寄り添える企画提案していきたいと思っております」

ここでは、プロジェクトを立ち上げたこと・経過は順調なこと・会社からも期待されていたことをピーアールしています。

仕事に対する熱意は今も変わらず、さらにキャリアを伸ばしたい積極的な姿勢が伺えます。

強い意志を感じる転職理由

「前職ではプロダクトマネージャーを担当していました。

企業の目標であった売上の向上・生産コストのカットなどを実現すべく製品開発に努めていました。

チームをまとめ新製品のマーケティング戦略を進めている最中に夫の辞令が発令されました。

私の会社は全国に支店があるので異動希望も考えましたが立場上それもできず退職を選び夫とこちらに引っ越してきました。

私の夢はエンジニアリングマネージャーになることです。

道半ばで夢を諦めることはできません。

クライアントの利益を最大限出せるようマネージャーとして貴社の業務に貢献したいと思います」

ここは前向きな気持ちと新天地でエンジニアリングマネージャーになる夢を実現したいという強い意志が感じられます。

転職理由のNG例

悩む女性

今度は転職理由としては良くない例を見てみましょう。

転職理由を考える上でNG例は貴重なお手本になります。

是非参考にして自分らしい転職理由を作成してください。

前職の内容・退職の経緯が不明

「プログラマーとして勤務していましたが夫の転勤で引っ越すことになり、こちらにやってまいりました。

プログラマーとして頻繁に起こるバグ対応を修正する忍耐力・根気強さもあります。

これまでの経験を活かしてプログラマーとして活躍したいと思っております」

スキル・経験があっても前職でどういった仕事していたかが不明です。

将来のビジョンは書いてありますがこれまでの経験・知識とどう紐付くのか説明が不足しています。

もう少しメリハリをつけた志望動機が必要です。

この文章からは夫の転勤が契機で退職したのはわかりますが、辞めても悔いはないようにも見受けられます。

これでは入社してもらっても簡単に辞めてしまうと誤解されるかもしれません。

NG例の改善点

「約5年間プログラマーとしてエンジニアが作った設計書をもとにプログラミングしてきました。

もともとプログラミングが好きでソースコードを書いたり、ロジックを考えたりして私なりにスキルを磨いてきました。

前職の仕事は私なりにやりがいも感じ周囲からも高い評価をいただいておりましたが残念ながら夫の転勤で退社を決めました。

将来は設計書が作れるエンジニアを目指したいと思っています。

貴社がエンジニアの育成に力を入れていることを知り応募いたしました」

前職の仕事の様子がよくわかり、それが将来のビジョンもしっかり見えています。

熱意が感じられる転職理由になっているといえます。

 

ワンポイント
 一貫性のない志望動機は面接ではマイナスになる。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

志望動機と一貫性を持たせてアピールしよう

手で〇印をつくる女性

採用担当者に聞くと転職理由と志望動機に一貫性がないために不合格になるケースが多いといわれます。

志望動機が素晴らしいのに転職理由が的外れになるのはなぜでしょうか。

原因と考えられる転職する動機が、給与が低い・人間関係・やりがいを感じないなどネガティブな理由だからです。

志望動機と一貫性がない人の転職理由はインターネットで見かける典型的なものが多いと感じます。

まず志望動機と転職理由に一貫性を持たせましょう。

ネガティブな理由で転職を決意したとしてもポジティブに変換させればいいのです。

人間関係が原因で転職を希望する人を例にあげます。

チームワークを大事にしてコミュニケーションをとりながら働ける環境でスキルを磨きたいと変えてみてはどうでしょうか。

給与が低いなら、自分の実力を正当に評価してくれるとしてみるのもいいですよ。

面接官は本気で入社したいと考えている人を採用したいのです。

もっと自分に向き合い本音で志望動機・転職理由を考えてみましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスの女性

夫の転勤で会社を退職して転職活動を余儀なくされる女性には転職エージェントがおすすめです。

知らない土地で転職活動する場合、不安や悩みはつきものです。

こういう時は一人で悩まず転職エージェントに相談しましょう。

プロの転職アドバイザーがあなたの適性・スキル・経験を総合的に判断して、最適な企業を紹介します。

アドバイザーは採用する企業の人事のような目であなたの履歴書・職務経歴書をチェックして的確なアドバイスをします。

面接も模擬練習を提供したり、企業と日程調整したりできるので安心です。

自分ではわからなかった強みを見つけてくれて全面的にサポートします。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

女性

今回は妻の転職活動について解説しました。

夫が転勤のある会社に勤務すると引っ越しは避けては通れませんし、家族にとっては大きなイベントとなります。

大切なのは転勤が決まる前に夫婦でどうするのか話し合うことが必要です。

夫が単身赴任するのか・妻も一緒についていくのかによってその後の妻のワークライフに大きな影響を及ぼします。

妻の転職が必要になったら慣れない生活環境でストレスや不安を抱えます。

こういう時こそ転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら