夫の転勤が原因で妻が現職を辞めるケースは意外に多いことが分かっています。

妻にとってこれまで一線で働いてきたキャリアがありますから、退職したくないのが本音ではないでしょうか。

こうした妻が夫の転勤先で転職活動する場合に、夫の転勤を転職理由にしてもいいのでしょうか。

また、夫の転勤の回数が多い場合は転職活動にどのような影響があるのか、悩める妻の転職活動について解説します。

同じような悩みを抱えている女性の方は是非参考にしてください。

転職理由が夫の転勤だと印象が悪くなるのか解説

パソコンを見る女性

転勤がきっかけで妻が転職活動を始める時に、履歴書などに夫の転勤のことを記載すると思わぬ足かせになることがあります。

しかし、夫の転勤が転職理由であると正直に書類に記載したのに何が悪かったのでしょうか。

曖昧にしておくべきだったのでしょうか。

採用する企業にとって、夫の転勤は妻の転職活動に悪い印象を与えるのかどうか詳しく解説していきます。

理由を曖昧にするよりは良い

女性

一般に一身上の都合で前職を辞めましたと答える人は多いのではないでしょうか。

しかし、面接官にすれば一身上の都合の具体的な中身を知りたくなるのは当然だといえます。

何か隠していると詮索される可能性があるので可能であれば理由は曖昧にしないで正直に伝える方がいいでしょう。

繰り返している場合は不利になることも

女性

ただし、注意したいのは夫がいわゆる転勤族の場合です。

妻の転職理由が夫の度重なる転勤が原因となれば、採用する企業も正社員として雇用するのを控えるかもしれません。

長く働けない可能性があるなら他の人を採用するのが企業としても安心だからです。

それでは、前職の退職理由を一身上の都合にすればどうでしょうか。

何度も会社を一身上の都合という理由で退職した人を企業は、「飽きやすい人」「長続きしない人」と評価する可能性があります。

繰り返し転職している人を企業側は快く思わないので注意しましょう。

 

無料転職相談をして転職活動を有利に進めよう

 

転職理由で面接官がチェックしていること

女性

面接官は必ず転職理由を聞きます。

これは入社してもすぐに辞めないかというリスクチェックといってもいいでしょう。

企業は時間・コストをかけて人材の募集をおこない、戦力として迎え入れるのですから長く働いてもらいたいのが本音です。

また、仕事内容に対する姿勢・コミュニケーション能力なども見極めたいという理由もあります。

仕事においての優先順位

仕事を進める上で重要なのが優先順位です。

優先順位を決めることで仕事の効率が良くなり、残業も減って、プライベートな時間も過ごせる余裕が出てきます。

優先順位が付けられないと期日までに仕事が間に合わないという事態になりかねません。

何を優先するのか仕事内容を把握してから決めるのが重要なポイントです。

そのためには仕事の内容をしっかり理解できていなければなりません。

また、優先順位を考えるにあたり関連する人と仕事の調整が必要になるかもしれません

一日の仕事を効率よくするためにToDoリストを作成してみるのもいいでしょう。

集中力を持続するために仕事を細分化して、それぞれに制限時間を設けるやり方もおすすめです。

優先順位を守って仕事をしていれば周囲の評価もついてくるでしょう。

責任感を持っているか

振り分けられた仕事は責任を持って最後まで丁寧にやり遂げることが大切です。

一つ一つの仕事が評価になり、信頼へとつながります。

この人なら安心して仕事が任せられると思われることは将来のキャリアアップにもつながります。

また、多くの仕事はチーム単位でやるため、自分だけ終わればいいというものでありません。

周囲にも気を配り協力して仕事をやれる人を会社は求めています。

熱意があるか

面接官が一番チェックするポイントは熱意です。

なぜこの会社に就職したいのか・会社に入って何をしたいのか・将来の方向性など、求職者の仕事に対する姿勢が熱意として伝わるのです。

ポテンシャルが高くても熱意がなければ会社をすぐに辞めてしまうかもしれません。

例えば志望動機で、会社の代表的な製品の優れた点と自分の資格・スキル・経験を交えてビジョンを伝えると熱意が見えてきます。

また、面接では自分からどんどん質問するくらいの勢いがあるといいでしょう。

会社に興味があるなら何らかの質問は出てくるものです。

調べれば簡単にわかる質問ではなくどうしても聞きたい質問をあらかじめ考えておきましょう。

 

ワンポイント
 転職面接の対処法はいかにこれまでのキャリアを自分のビジョンと結びつけるかである。

転職面接の対処法

電話中

面接で夫の転職が理由であることを正直に伝えるべきでしょうか。

それともマイナスになるなら伏せておくほうがいいのでしょうか。

転職面接での対処方法について解説します。

夫の転勤が理由であることを隠していい?

ビジネスウーマン

夫の転勤が転職理由であればそのまま事実を伝えましょう。

なぜなら今後も転職があり得るからです。

入社できたとしてもまた夫の転勤で退職することもあるかもしれません。

会社側にも事実は知っておいてもらいましょう。

大事なのは面接官への伝え方ではないでしょうか。

例えば、「夫の転勤が決まり自分も会社に相談して支店への異動をお願いしてみたところ難しいと言われたため退職しました」

そういう背景があれば会社側は何とか仕事を続けようと対処した姿勢を評価するでしょう。

事実は事実としてウソはつかない方がかえっていい場合もあるのです。

転職理由をプラスにするための理由として以下を伝えましょう。

  • 配偶者の転職であること
  • 社内で相談し異動希望を出したがかなわなかった
  • 貴社であれば安心して仕事に従事できる
  • やりがいを感じながらキャリアを伸ばせる

転勤スパンは隠さず伝えよう

ガッツポーズの女性

転職のスパンが決まっているなら面接の時に伝えましょう。

配偶者の転勤について面接中に特に聞かれなかった場合は、最後に必ず何か質問はと聞かれますから、この時に切り出しましょう。

また、先のことで今はすぐには分からなくても回避策をさりげなくアピールするのも効果的です。

夫の次回の転勤の時には単身赴任するよう話し合いますと言っておくのも効果的です。

わかっていて会社側に黙っていると誤解が生じて働きにくくなる可能性もあるのでここは注意しましょう。

その上で誠心誠意この会社で働きたい気持ちを伝えるのです。

自ら対応策を考えて会社側に迷惑をかけない姿勢を見せることは採用を決める時に重要なポイントです。

結果的にまた転勤になり妻も赴任先に行くことになってもそれは仕方のないことですからその時は割り切りましょう。

会社側も理解してくれるはずです。

ただ、実際夫には一旦単身赴任してもらえるかちゃんと相談してみるのもいいかもしれません。

 

無料転職相談をして転職活動に役立てよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転勤を繰り返すのであれば雇用形態を見直そう

キャリアウーマン

共働きが主流になっている日本において夫の転勤は避けて通れないものといえます。

一方で妻もキャリアを活かして働き、会社も知識・経験がある人を多様な雇用形態で働いてもらいたいという風潮も生まれています。

欧米では当たり前のことですが日本でもジョブ型雇用として注目されています。

ジョブ型雇用は正規社員・非正規社員の雇用形態にとらわれず、職務に特化したスペシャリストを雇用するものです。

日本では主流のメンバーシップ型雇用と異なり異動や転勤がなく、報酬はスキル・経験によります。

男女の区別もないので夫がジョブ型雇用を選択すれば転勤はなくなります。

また、妻がジョブ型雇用なら夫の転勤をあまり気にせず仕事に専念できるでしょう。

ただこうした働き方改革はごく限られた企業しか対応していません。

夫の転勤がネックで正社員の転職が厳しい場合、女性は派遣契約社員といった非正規雇用も考える必要が出てくる可能性もあります。

 

ワンポイント
 転職理由は書かなくても良いが面接で必ず聞かれることを想定して事前準備しておこう。

履歴書には転職理由を必ず書かなければならない?

笑顔の女性

基本的に履歴書は積み重ねてきたキャリアを見るためのものなので、転職理由は必ずしも書く必要がありません。

定型フレーズ「一身上の都合」で構いません。

ただし、例外として転職回数が多い人は「一身上の都合」は通用しませんから、正当な理由を記載しましょう。

転職理由を書くべき場合

電話中の女性

通常は定型フレーズで退職した理由を聞かれることはあまりありません。

しかし、例外的に転職回数が多い・働いてない期間が長い人は面接官が納得する理由を記載した方がいいでしょう。

記載するのは履歴書ではなく職務経歴書です。

履歴書は各スペースが限られているからです。

例えば「配偶者の転勤にともない退職」といった感じで記載しましょう。

転職理由を書く必要がない場合

女性

履歴書・職務経歴書には通常退職した理由は定型フレーズで「一身上の都合」ですませて大丈夫です。

何か特別にアピールしたい転職理由がある人は、例えば「キャリアアップのため退職」としてもいいでしょう。

 

ワンポイント
 転職理由は転職エージェントと相談しながら決めよう。

転職理由の例文

女性

転職の経験がない人が転職理由を書くのは少し難しい作業かもしれません。

いくつか例文を紹介しましょう。

熱意が感じられる転職理由

「大きなプロジェクトを軌道に乗せクライアントや会社からも好評で、次期プロジェクトも決まりました。

その企画を考えている時に、夫の転勤が決まりました。

会社からはプロジェクトが終わるまで会社に残るよう要望されましたが、思い切って家族で新たな生活を始めることにしました。

これまでのキャリアを活かしてクライアントの要望に寄り添える企画提案していきたいと思っております」

ここでは、プロジェクトを立ち上げたこと・経過は順調なこと・会社からも期待されていたことをピーアールしています。

仕事に対する熱意は今も変わらず、さらにキャリアを伸ばしたい積極的な姿勢が伺えます。

強い意志を感じる転職理由

「前職ではプロダクトマネージャーを担当していました。

企業の目標であった売上の向上・生産コストのカットなどを実現すべく製品開発に努めていました。

チームをまとめ新製品のマーケティング戦略を進めている最中に夫の辞令が発令されました。

私の会社は全国に支店があるので異動希望も考えましたが立場上それもできず退職を選び夫とこちらに引っ越してきました。

私の夢はエンジニアリングマネージャーになることです。

道半ばで夢を諦めることはできません。

クライアントの利益を最大限出せるようマネージャーとして貴社の業務に貢献したいと思います」

ここは前向きな気持ちと新天地でエンジニアリングマネージャーになる夢を実現したいという強い意志が感じられます。

 

無料転職相談をして自己分析しよう

 

転職理由のNG例

悩む女性

今度は転職理由としては良くない例を見てみましょう。

転職理由を考える上でNG例は貴重なお手本になります。

是非参考にして自分らしい転職理由を作成してください。

前職の内容・退職の経緯が不明

「プログラマーとして勤務していましたが夫の転勤で引っ越すことになり、こちらにやってまいりました。

プログラマーとして頻繁に起こるバグ対応を修正する忍耐力・根気強さもあります。

これまでの経験を活かしてプログラマーとして活躍したいと思っております」

スキル・経験があっても前職でどういった仕事していたかが不明です。

将来のビジョンは書いてありますがこれまでの経験・知識とどう紐付くのか説明が不足しています。

もう少しメリハリをつけた志望動機が必要です。

この文章からは夫の転勤が契機で退職したのはわかりますが、辞めても悔いはないようにも見受けられます。

これでは入社してもらっても簡単に辞めてしまうと誤解されるかもしれません。

NG例の改善点

「約5年間プログラマーとしてエンジニアが作った設計書をもとにプログラミングしてきました。

もともとプログラミングが好きでソースコードを書いたり、ロジックを考えたりして私なりにスキルを磨いてきました。

前職の仕事は私なりにやりがいも感じ周囲からも高い評価をいただいておりましたが残念ながら夫の転勤で退社を決めました。

将来は設計書が作れるエンジニアを目指したいと思っています。

貴社がエンジニアの育成に力を入れていることを知り応募いたしました」

前職の仕事の様子がよくわかり、それが将来のビジョンもしっかり見えています。

熱意が感じられる転職理由になっているといえます。

 

ワンポイント
 一貫性のない志望動機は面接ではマイナスになる。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機と一貫性を持たせてアピールしよう

手で〇印をつくる女性

採用担当者に聞くと転職理由と志望動機に一貫性がないために不合格になるケースが多いといわれます。

志望動機が素晴らしいのに転職理由が的外れになるのはなぜでしょうか。

原因と考えられる転職する動機が、給与が低い・人間関係・やりがいを感じないなどネガティブな理由だからです。

志望動機と一貫性がない人の転職理由はインターネットで見かける典型的なものが多いと感じます。

まず志望動機と転職理由に一貫性を持たせましょう。

ネガティブな理由で転職を決意したとしてもポジティブに変換させればいいのです。

人間関係が原因で転職を希望する人を例にあげます。

チームワークを大事にしてコミュニケーションをとりながら働ける環境でスキルを磨きたいと変えてみてはどうでしょうか。

給与が低いなら、自分の実力を正当に評価してくれるとしてみるのもいいですよ。

面接官は本気で入社したいと考えている人を採用したいのです。

もっと自分に向き合い本音で志望動機・転職理由を考えてみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスの女性

夫の転勤で会社を退職して転職活動を余儀なくされる女性には転職エージェントがおすすめです。

知らない土地で転職活動する場合、不安や悩みはつきものです。

こういう時は一人で悩まず転職エージェントに相談しましょう。

プロの転職アドバイザーがあなたの適性・スキル・経験を総合的に判断して、最適な企業を紹介します。

アドバイザーは採用する企業の人事のような目であなたの履歴書・職務経歴書をチェックして的確なアドバイスをします。

面接も模擬練習を提供したり、企業と日程調整したりできるので安心です。

自分ではわからなかった強みを見つけてくれて全面的にサポートします。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
人材系|東京

【キャリアコンサルタント】マーケからキャリアコンサルティングまで女性学生向け支援サービスに関わる業務

350万円 ~ 600万円

人材事業

キャリアコンサルタント

年間休日124日 社保完備 無料保育支援
この非公開求人に興味がある

まとめ

女性

今回は妻の転職活動について解説しました。

夫が転勤のある会社に勤務すると引っ越しは避けては通れませんし、家族にとっては大きなイベントとなります。

大切なのは転勤が決まる前に夫婦でどうするのか話し合うことが必要です。

夫が単身赴任するのか・妻も一緒についていくのかによってその後の妻のワークライフに大きな影響を及ぼします。

妻の転職が必要になったら慣れない生活環境でストレスや不安を抱えます。

こういう時こそ転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!