PRや広報というのは企業の商品・サービスを広める上で欠かすことができない職種です。

そのため、企業からの需要も高く、様々な求人が出されています。

もしPRや広報への転職を考えているのであれば今回の記事を参考にすることで転職に役立つ資格が分かるでしょう。

是非参考にしてください。

PRや広報に役立つ資格を解説

女性

PRや広報職に転職しようと考えている方の中には仕事をしていく上で役立つ資格を取得したいと考えている方もいるでしょう。

今回の記事では具体的にどういった資格が役立つのかを紹介していきます。

まずは資格を取るメリットやPR・広報職に必須の資格はあるかどうかなど基本的な部分について解説していきましょう。

資格を取るメリット

PRや広報職への転職を考える際、重要となるのが資格を取得する上でどのようなメリットがあるのかということです。

資格の取得というのは学習の時間とコストがかかるものであるため、メリットが重要となります。

まず最大のメリットであるといえるのが、資格を取得することでPR・広報職への転職が有利になる点です。

自分がその職種に対して適性があるということを、資格という目に見える形で証明することができます。

また、転職後も資格の取得に向けて習得した知識というのは業務をする際に役立つでしょう。

これも明確なメリットであるといえます。

資格を取得すれば未経験者であっても業界の知識を得られるでしょう。

必須の資格はある?

パソコン

職種によっては資格を必ず取得しなければいけないというものもあります。

しかしPRや広報への転職を考えている方が必ず取得しなければならない資格というのは存在しません

転職が成功できればどなたでもPR・広報職へ就くことが可能となっています。

しかしながら先述したように資格取得には大きなメリットがあるため、取得すると転職の上でも業務の上でも大きく役立つでしょう。

今回はPRや広報として働いていく際に役立つであろう資格を具体的にご紹介していきます。

是非参考にしてください。

PRプランナー資格認定制度

女性

まずご紹介したいのがPRプランナー資格認定制度です。

こちらの資格の試験概要や難易度について解説していきます。

試験概要

こちらの資格はPRや広報として働く上で必要となる知識を問われる唯一の専門資格です。

PRや広報として働く上で必須となる基礎知識や業務で使える実践的な知識が問われます。

これからPRや広報として働こうとしている方にも、これから転職しようと考えている方にもおすすめの資格となっています。

この資格を取得しておくことでPRや広報としての能力を企業やクライアントにアピールすることができるでしょう。

試験の難易度

女性

試験は1次試験から3次試験まで存在しており、進むほど難易度が高くなります。

求められる正答率は1次試験が70%以上、2次試験が65%以上、3次試験が60%以上となっています。

2次試験は受験資格があり1次試験の合格者のみしか受けられません。

3次試験は3年以上の実務経験があり、尚且つ2次試験4科目を合格していなければ受けられない形になっています。

合格率は1次試験が75%、2次試験が79%、3次試験が60%程度となっており3次試験の難易度は高いことが分かるでしょう。

 

ワンポイント
・PRプランナー資格認定制度はPRや広報職の唯一の専門資格
・試験は1次から3次試験まで存在しており、3次試験の難易度が1番高い

商品プランナー

考える女性

次に紹介する資格は商品プランナーです。

この資格ではどのような知識・能力が求められるのでしょうか。

また、どの程度の難易度なのかも解説していきます。

試験概要

商品プランナーは商品企画としての知識が問われる資格です。

こブランドの客層とブランドイメージの設定・市場調査・情報分析に基づく商品企画の流れなどの知識が必要となります。

出題範囲は以下の通りです。

  • 商品プランナー・マーケティング・市場調査の基礎知識
  • 商品開発においてのコミュニケーション・プレゼンテーションの基礎知識
  • 商品開発マーケティングの基礎知識
  • 商品開発におけるMMPコミュニケーション・プレゼンテーションの基礎知識

どれも基礎知識ではありますが、商品プランナーとして働いていく上で必須の資格であるといえます。

PRや広報職においても、商品プランニングの知識やマーケティングに関する知識というのは役立つことでしょう。

また、PRや広報においても市場調査を行うことがあるため、ここで学んだことを業務に活かすことができます。

自分の知識の幅を広げることができるため、資格取得を目指すと良いでしょう。

試験の難易度

商品プランナーの試験には研修試験一斉試験の2種類があります。

研修試験では、試験の前に研修を受けてその後、その研修の内容に関する小試験が行われるというものです。

こちらでは合格率が90%と非常に高く、研修の内容をしっかりと理解していれば資格の取得は難しくないでしょう。

また、研修なしで試験を受験する形である一斉試験の場合は合格率が75〜80%程度となっています。

受験資格はないため、どのような形でも商品プランナー資格を取得することが可能です。

 

ワンポイント
・商品プランナーは商品企画としての知識が問われる資格でPRや広報にも役立つ
・試験は研修試験と一斉試験の2種類があり研修試験の合格率は90%と高い

IRプランナー

指示棒を持つ女性

次に紹介する資格はIRプランナーです。

この資格の試験内容はどういったものなのでしょうか。

試験概要と試験の難易度について解説していきます。

試験概要

IRプランナーの試験ではIR担当者に必要となる資本市場・企業分析・企業価値などについての知識が問われます。

PR・広報職にとってこれらの知識というのは市場調査・分析や企業理解などに役立てることが可能です。

試験はCIRPとCIRP-Sに分かれていますが、IRプランナー未経験者が受けられるのはCIRPのみとなっています。

試験科目は以下の4つの科目に分かれているため、確認しておきましょう。

  • 資本市場
  • 企業分析
  • 情報開示とIR活動
  • レポート

科目が分かれており、試験の合否は科目ごとに出される形となっています。

試験の難易度

ここではCIRPの試験の難易度について言及していきます。

CIRPの試験は各科目ごとに100点満点中70点以上で合格となっています。

合格率は単科目単位では90%と非常に高いですが、全科目では60〜80%となっておりばらつきがあるようです。

また、受験資格があり、この試験の主催である日本IRプランナーズ協会が行うIRプランナー講座を受講することが条件となっています。

 

ワンポイント
・IRプランナーは市場調査・分析や企業理解に役立つ資格
・合格ラインは100点中70点以上で合格率は単科目では90%、全科目では60〜80%となっている

PRや広報に求められるスキル

上を指さすビジネスウーマン

ここまで具体的にPRや広報に役立つ資格についてご紹介してきました。

次はこの職種で求められるスキルについて解説していきます。

これらのスキルというのは資格取得にも役立つため習得を目指すと良いでしょう。

コミュニケーションスキル

PRや広報というのはメディアやイベントなどでPR活動を行うこととなります。

その際、様々な業界の関係者と接することとなるため、コミュニケーションスキルは欠かすことができないでしょう。

もしコミュニケーションスキルがなければ、広報としてそうした関係者に対して自社のことをアピールすることができません。

また、自社の周りの人々に対してPR戦略を伝える際にも、コミュニケーションスキルというのは重要になります。

PRや広報として働く上で欠かせないスキルだといえるでしょう。

広報スキル

これから説明

PRや広報として働いていくためには、広報に関する専門知識も欠かすことができません。

PRや広報職に就く方はどうすれば自社の商品・サービスを広められるのかを具体的に考える必要があります。

そのため、どういった戦略を立てどのようにそれを実行していくのかという方法論を理解しておく必要があるでしょう。

論理的思考力

自社のブランドイメージを向上させるために大切なことは何かを考える際、論理的思考力があると大変役立ちます。

市場調査や市場分析などでもこの能力は大いに活かすことができるでしょう。

もし論理的になれない場合、そのPR方法が本当に正しいものなのか理解することができません。

そのため、論理的思考力というのはPRや広報にとって大変重要な能力であり、企業からも求められると考えられるでしょう。

PRや広報への転職が有利な職種

話を聞く女性

次の職種はPRや広報への転職が有利になりやすいものです。

自分がこれらの職種に就いている・就いていた場合にはそれをアピールすると良いでしょう。

営業

営業職というのは自社の商品・サービスを顧客に対して売り込むのが仕事です。

そのため自社の商品・サービスのことをよく理解しておくことが求められます。

これはPRや広報職においても同様です。

自社のことをよく理解していなければ、必要としている人に商品・サービスを届けることができなくなります。

そのため営業職での経験というのはPRや広報に就いても活かしていくことができるでしょう。

営業経験をアピールすることによって転職活動でもプラスの印象を与えられます。

経営企画

経営企画というのは会社の経営戦略を立てて、その戦略の実施を管理する職種です。

この職種では市場や競合他社などについてデータを収集・分析し、それを活用して戦略を練ることとなります。

これはPRや広報の仕事の流れととてもよく似ているのです。

そのため、経営企画によって培った市場調査・分析といった能力はPRや広報への転職において大きく評価されることでしょう。

マーケティング

マーケティング職では商品・サービスの企画を行う職種です。

そのため経営企画と同じように、市場調査・分析してニーズに合ったものを作り出していくことが求められます。

マーケティング職は商品・サービスの企画に携わるため、PRや広報と接する機会もあるでしょう。

そのため、PRや広報に対しての理解もあると思われます。

マーケティングとして働いた経験は転職活動で役立つことでしょう。

企業ごとに期待されている役割を把握しよう

仕事内容チェック中

多くの企業にとってPRや広報というのは自社の商品・サービスを広めるために必要不可欠となっています。

しかし、その企業ごとに求められる役割というのは異なるため注意が必要です。

もしどの企業でも同じようにPRや広報として働いていたのでは期待されている役割を果たせないと思われます。

その企業ごとに期待されているものを汲み取ることが必要となるでしょう。

 

ワンポイント
PRや広報に求められる役割は企業によって異なるため注意が必要です。

PRや広報のキャリアパス

遠くを見る女性

PRや広報のキャリアパスとしては社内で活躍を続け広報のスペシャリストになるというものが考えられます。

他にも経験を積んで広報課長や広報部長などの管理職へ昇進したり、独立してコンサルタントになったりというケースも考えられるでしょう。

PRや広報というのは今後も企業にとって重要視されるものであるため、経験を積んで能力を高めていくと良いでしょう。

そうすることによって、キャリアアップしていくことが可能です。

場合によっては同業他社で転職を行うなど、スキルアップを目指していくと良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

サインを出す女性

もし転職に関して不安を抱えているのであれば転職エージェントへの相談を検討しましょう。

転職エージェントは非公開求人の紹介や転職書類の作成などを手伝ってくれます。

自分だけでは難しい転職対策も転職エージェントを活用すれば上手く行っていくことができるでしょう。

PR・広報職への転職において効果的な対策なども教えてくれるはずです。

転職を安心して進めていきたい方は転職エージェントを利用することをおすすめします。

まとめ

女性

今回はPRや広報として働く上で役立つ資格をご紹介しました。

資格というのは転職活動だけでなく、転職後の仕事にも大きく役立つものです。

今回の記事を参考にして、資格取得を検討していただければと思います。

また、もし転職活動で困っているという方は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

是非検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら