品質管理は製品を世に出す前のチェックをするため責任のある仕事です。

そんな品質管理にはどのような資格が役立つのでしょうか。

今回は品質管理に役立つ資格やそれぞれの特徴について詳しくご紹介します。

品質管理に役立つ資格を解説

ファイルを持つ女性

品質管理は製品の品質が基準を満たしているものか不具合や問題がないかチェックする仕事です。

医薬品・化粧品・食品・自動車部品・化学製品・家電など幅広い業界で求められています。

品質管理の主な仕事内容を確認しておきましょう。

  • 工程管理
  • 品質検証
  • 品質改善

安心・安全な製品を世に出すためにも品質管理は厳しい管理をしなければなりません。

近年では製品の不具合や問題点の有無だけでなく品質保証という観点も求められるようになりました。

企業のブランドイメージや消費者のニーズに合っているかという点でも品質をチェックする必要があるのです。

自社製品が世に出る前の最終チェックを行うので責任は重いといえます。

そんな品質管理の仕事には資格は必要なのでしょうか。

品質管理に役立つ資格や資格取得のメリットについて詳しく見ていきましょう。

それぞれの資格の特徴もご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

品質管理の転職に資格は必須?

考える女性

品質管理の仕事には必須資格はありません。

そのため資格がなくても品質管理の業務を行うことができます。

しかし見落としなく十分な品質管理をするためにはそれだけの知識が必要となるでしょう。

資格は必須ではないものの資格取得のために勉強することで身に付く知識はたくさんあります。

また資格があることで知識やスキルの証明をすることができるでしょう。

「この資格がないと転職できない」という意味ではなく資格があることで有利になることも多いのです。

品質管理の転職で有利になる資格はこの後ご紹介するのでぜひ読み進めてください。

 

ワンポイント
品質管理に必須資格はないが資格があることで知識やスキルの証明ができる。

品質管理におすすめの資格「QC検定」

勉強する女性

品質管理におすすめの資格で最も有名なのが「QC検定(品質管理検定)」です。

QC検定の受験を勧める企業も増えているので資格の名前は聞いたことがあるという女性もいるでしょう。

このQC検定について資格の特徴や難易度をご紹介します。

資格の特徴

QC検定は一般社団法人日本品質管理学会の認定を受け、日本規格協会や日本科学技術連盟の主催で行う試験です。

民間資格ですが全国規模で実施されており知名度が高いといえるでしょう。

試験のレベルは4級・3級・2級・1級となっており年に2回実施されます。

受験資格はないのでどの階級から受験しても大丈夫です。

試験内容や難易度は?

悩む女性

QC検定の試験内容はどのようなものなのでしょうか。

まずQC検定の各レベルの対象ですが4級はこれから企業で働く人・大学生・高校生を対象にした内容です。

そのため企業に必要な品質管理の基本を問う試験内容となっています。

品質管理の仕事で有利にするのであればQC検定3級以上を目指しましょう。

3級以上では出題が実践分野と手法分野に分けられそれぞれ一定の得点を得なければなりません。

また1級は二次として論述試験があるのが特徴です。

それぞれの合格基準と合格率を見ていきましょう。

  • 3級:実践分野と手法分野でそれぞれ概ね50%以上の得点及び総合得点概ね70%以上・合格率50%程度
  • 2級:合格基準は3級と同様・合格率20%台
  • 1級:一次試験の合格基準は3級と同様かつ二次試験の得点が概ね50%以上・合格率10%台

こちらの合格基準は概ねの割合となっており詳細の配点などは公表されていません。

合格率を見てみると級が上がるにつれて難易度が高くなるのがわかります。

品質管理の知識を深めて仕事に活かすのなら最高レベルの1級を目指しましょう。

 

ワンポイント
品質管理の資格で有名なQC検定をチェックしておこう。

品質管理におすすめの資格「TOEIC」

TOEICの文字とノート

英語のスキルで有名なTOEICも品質管理におすすめの資格の1つです。

なぜ品質管理に英語のスキルが必要なの?と思う女性もいるのではないでしょうか。

日本の企業・工場だからといって国内だけで全てがまかなわれるわけではありません。

海外製品を扱うことや海外企業とやりとりをすることもあるでしょう。

そんな時に英語のスキルがあれば正しく製品の理解ができ的確な品質管理につながるのです。

資格の特徴

TOEICは一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が行う試験です。

この試験は合格・不合格の判定はなくスコアとして評価されるのが特徴といえるでしょう。

実践的なコミュニケーションを想定した試験で自分のスキルを試すことができます。

試験内容や難易度は?

TOEICは先ほどもお伝えしたように合格・不合格の判定はありません。

そのため階級分けや受験の条件といったものもないのです。

試験内容は読解とリスニングがあり幅広い場面でのコミュニケーション能力が試されます。

合格・不合格はないものの、できるだけ高得点を取りたいと思う人が多いのではないでしょうか。

TOEICの最高点は990点で平均点は600点前後となっています。

転職でアピールするためには平均の600点以上を目指したいですね。

品質管理におすすめの資格「CSQE」

鉛筆をもって説明する女性

CSQEはソフトウェア技術管理士のことでアメリカ品質協会(ASQ)が主催していました。

アメリカ品質協会主催の資格なのでより高度な内容ですが日本語版の試験は行われていません。

そんなCSQEについてご紹介します。

資格の特徴

ソフトウェア技術管理士として高度な品質管理の知識を身に付けていると証明できる資格です。

アメリカ品質協会主催の資格で日本科学技術連盟が日本語版の試験を実施してきました。

しかし受験者数の減少により残念ながら現在は日本語版を受験することはできません。

英語版の試験は実施されているので興味がある方は英語版の受験を検討してみてください。

またCSQEは3年ごとの更新が必要な資格なので資格保有している方は忘れずに更新しましょう。

試験内容や難易度は?

3年ごとの資格更新が必要なだけあってCSQEの難易度は高いです。

また更新に必要な条件もあるので見ていきましょう。

資格の有効期間は合格後3年間です。

その間に指定された更新資格をクリアして申請をすることで資格更新されるという仕組みとなっています。

更新内容は単位で計算され雇用・インストラクター・受講・執筆活動・発表論文などがあることを押さえておきましょう。

資格の更新内容を見ても難易度が高いことがわかりますね。

他の品質管理の転職に役立つ資格

作業着の女性

品質管理に役立つ資格は他にもあります。

資格の名前だけ見ると「これも役立つの?」と思うものもあるでしょう。

内容を知れば品質管理の転職に役立つことがわかります。

ここでは2つの資格を見ていきましょう。

ITパスポート

ITパスポートは経済産業省が認定する国家資格です。

その名の通りIT業界に関連する資格ですが実は受験者の半数近くはIT企業の従事者ではありません。

ITパスポートの試験内容にはテクノロジー分野だけでなくマネジメント分野も含まれているのです。

マネジメント分野では企業の経営や法務に関する出題があるため品質管理の仕事に役立てることができるでしょう。

そのためIT業界に従事していなくても受験する人が多いのです。

商業経済検定

商業経済検定は全国商業高校協会主催の民間資格です。

商業高校に通う生徒の受験者が多いでしょう。

この試験では基本的なマーケティングや経済活動についての知識が試されます。

そのため品質管理の仕事に興味があるけど未経験だから基本から勉強したいという人におすすめの資格です。

女性におすすめの品質管理分野は?

説明する女性

品質管理の仕事はあらゆる業界で求められています。

そのため働く業界によって白衣を着たり作業着を着たりすることもあるでしょう。

そんな品質管理の仕事ですが女性におすすめなのはどのような分野なのかご紹介します。

食品

食品関係の品質管理は女性におすすめの1つです。

人間が口にするものなので製造工程の中で衛生面に注意しなければなりません。

もしも販売された食品に異物が入っていたら企業のイメージは下がってしまいます。

そうならないようにするには製品だけでなく製造工程の段階で細かなチェックが必要です。

女性ならではの目線で「あれは不潔」「これはこうした方がいい」というチェックができるでしょう。

また普段から料理をする人ならその経験を活かすこともできます。

薬品

製薬会社の品質管理

薬品の製造分野でも女性ならではの活躍が期待されるでしょう。

食品と同じく薬品も人間の口に入るものです。

そして万が一製造工程の中で間違いがあると人体に悪影響を及ぼすリスクがあります。

そのため品質管理の役割は大きいといえるでしょう。

細やかな視点でチェックすることが求められます。

化粧品

化粧品を手にする女性

化粧品の品質管理は女性が使うからこそおすすめの分野です。

企業のブランドイメージや消費者のニーズも実際に使う女性なら理解できることが多いのではないでしょうか。

化粧品の製造工程も衛生面の管理が重要といえます。

多くの女性が必要とする化粧品だからこそ高品質なものを世に出したいですね。

そんな女性としての感性を品質管理の仕事に活かすことができるでしょう。

そのため化粧品の品質管理は女性におすすめの分野なのです。

 

ワンポイント
品質管理の仕事は女性ならではの視点や感性を活かせる分野がおすすめ。

資格を取得するメリットは?

はてなマークをもつ女性

品質管理は資格がなくても仕事ができ転職も可能です。

しかし資格を取得することにメリットがあることをご存じでしょうか。

ここでは資格を取得するメリットをご紹介します。

知識やスキルの証明になる

資格試験は一定の基準で合否が決まるものです。

そのため資格をもっていることで知識やスキルの証明になります。

「〇〇検定合格」「〇〇資格取得」というだけでどのような知識があるか客観的に示すことができるでしょう。

転職活動に役立つ

資格を取得すると転職活動に役立つというメリットがあります。

先ほどお伝えしたように資格があれば知識やスキルを証明することができます。

例えば転職活動で「〇〇の知識をもっています」と伝えても具体的な内容がわかりにくいでしょう。

しかし「〇〇資格取得」と伝えればどの程度の知識やスキルがあるのかを客観的に証明することができるのです。

また資格取得のために勉強したということをアピールにもつながるというメリットもあります。

資格を取得して知識やスキルだけでなく仕事に対する熱意や向上心をアピールしましょう。

 

ワンポイント
品質管理の仕事に関連する資格を取得して転職を有利にしよう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

悩む女性

品質管理の仕事に就きたいけど自分をどうアピールすればいいかわからないという女性もいるのではないでしょうか。

そんな時に資格があれば転職活動の時にアピールしやすくなるでしょう。

しかし転職活動でアピールするのは資格だけではありません。

また転職活動では自分に合った求人探しで悩む女性も多いでしょう。

  • 「女性におすすめの品質管理の求人は?」
  • 女性が活躍できる企業は?」
  • 「どうやって自分をアピールすればいい?」

このような転職の悩みがある女性は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントがあなたの希望や不安を聞きながら転職をサポートしていきます。

まとめ

女性,スーツ,高層ビル

今回は品質管理の仕事に役立つ資格についてご紹介しました。

品質管理の業務をする上で必ず必要な資格というものはありません。

しかし資格があることで知識やスキルを証明することができます。

品質管理に関連する資格の中でも特に有名でおすすめなのが「QC検定」です。

転職を有利にするためにも資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

QC検定を始め多くの資格は実際に品質管理の仕事をする上で役立つものです。

資格を取得することで転職を有利にし実践に活かすこともできるでしょう。

転職活動で悩みや不安があれば転職エージェントに相談してください。

女性におすすめの品質管理の分野や女性が活躍している企業の求人の相談に乗ることもできます。

悩みがちな転職活動ですが転職エージェントに相談しながら成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら