もの作りを支える存在の中には品質管理という仕事があります。

製品が販売される前のチェックという責任ある仕事に興味を持つ女性も多いでしょう。

今回はそんな品質管理の仕事内容ややりがいについて詳しく解説していきます。

品質管理の仕事内容を解説

説明する女性

製品を世に出すためには安全面や衛生面だけでなく企業のイメージが守られているかといったチェックが必要です。

チェックを満たして合格した製品が世に出て消費者の手元に届くことになります。

ここでなぜ品質管理が必要なのかを考えてみましょう。

もし製品が消費者の手元に届いてから問題点や不具合がわかるとどうなるでしょうか。

例えば食品の中に髪の毛が入っていたという事例を考えてみてください。

食品を扱う工場なのに衛生管理はどうなっているのかという不信感につながるのではないでしょうか。

そのようなことを防ぐために品質管理の仕事があるのです。

品質管理は食品・化学製品・化粧品・医薬品・自動車部品・家電・機械など幅広い業界で求められる仕事です。

そのため品質管理の仕事は白衣を着ている人もいれば作業着の人もいるでしょう。

今回はそんな品質管理の仕事内容ややりがいについて詳しくご紹介します。

品質管理の主な業務内容は?

作業着の女性

製品の品質が基準を満たしているかをチェックするのが品質管理の仕事です。

一言で品質管理といっても多様な業務内容となっています。

それでは品質管理の仕事内容について見ていきましょう。

工程管理

品質管理がチェックするのは完成した製品だけではありません。

工場の製造過程で問題が生じていないかを1つ1つ確認していきます。

製造の過程で不具合がないかを確認することで不良品を出さないようにしているのです。

また完成した製品に不具合があることがわかっても普段から工程管理をしていることで原因の早期発見につながります。

より品質の高い製品を生み出すことにつながるため重要な仕事の1つといえるでしょう。

品質検証

品質管理の業務には品質検証も含まれます。

製造した製品を実際に使ってみて不具合がないかを確認する仕事です。

ここで不具合や問題点に気づかずに販売してしまうと企業のイメージダウンになってしまうでしょう。

また製品の不具合によっては消費者に悪影響を及ぼすリスクもあります。

例えば「電子機器が過度に高温状態となり消費者が火傷を負ってしまった」というような事故につながることもあるのです。

こういったことを防ぐために品質検証の責任は重大といえるでしょう。

そして品質管理の仕事は安全を守るだけではありません。

製品が企業イメージにあっているか、消費者のニーズを満たすものかという条件を満たすことも求められているのです。

品質改善

PDCAサイクル

安心・安全な製品を世に出すためには問題点を見つけ解決することも必要です。

品質管理はPDCAサイクルを活用し品質改善を行います。

PDCAサイクルとはどのようなものか確認しておきましょう。

  • P(Plan):計画
  • D(Do):実施
  • C(Check):評価
  • A(Action):対策

不良品や製品の問題などがあれば再発防止策として計画を立てます。

必要に応じてマニュアルを作成も行うことになるでしょう。

そしてその計画書やマニュアルの内容に沿って実施していきます。

計画書やマニュアルは作成したらそれで終わりではありません。

その内容で問題がないかどうかを評価する必要があるのです。

そこで問題点や課題が見つかれば再発予防策やマニュアルを見直していくことになります。

品質改善はこのPDCAサイクルの繰り返しだと捉えておくといいでしょう。

 

ワンポイント
品質管理は製品に不具合がないかの確認や問題が出た時の再発予防策を行っている。

品質管理と品質保証の関係性

考える女性

品質管理と似ているもので「品質保証」という言葉を聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

この品質保証は品質管理の仕事をする中で大切なことです。

ここでは品質管理と品質保証の関連性についてご紹介します。

品質保証とはその名の通り製品の品質を保証するというイメージをもつ人が多いでしょう。

そのイメージ通りですが品質を保証するためには高いレベルの商品開発や品質チェックが求められます。

また顧客満足の向上や顧客へのサポート体制も求められるものです。

品質管理は先ほどもお伝えしたような製造工程の一連の流れを管理して製品を世に出すのが仕事ですね。

一方で品質保証は製品の品質を保証するための活動のことをいいます。

品質管理の仕事にも品質保証の考えが重要視されるようになり双方の関連性は高いといえるでしょう。

 

ワンポイント
品質管理の仕事は品質保証との関連性が高いことを知っておこう。

品質管理における女性の役割は?

白衣をきた女性

品質管理は男女問わず活躍できる仕事です。

そんな中で品質管理における女性の役割とはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 細かなところに気づく
  • 女性ならではの視点でチェックする
  • 工場スタッフへの気遣いをする

品質管理の仕事の中には工場の衛生面の管理も含まれます。

食品や化粧品などを扱う工場では特に衛生面は大切ですね。

そういった場面では細かなところに気づいたり女性ならではの視点が役立つことが多いです。

また品質管理の仕事は工場で働く現場スタッフへの気づかいも求められます。

これは不具合や問題が生じた時に現場スタッフが落ち込んだりショックを受けたりすることがあるからです。

そんな時に気づかいのある対応をされたら「次に向けて頑張ろう」と思えるでしょう。

女性がやりがいを感じるのはどんな時?

作業着の女性

女性が品質管理にやりがいを感じるのはどのような時なのでしょうか。

ここでは品質管理のやりがいについてご紹介します。

自社のブランドを守ったと感じた時

品質管理の仕事は製品の安心・安全を守るだけではありません。

良い製品を消費者のもとへ届けることで企業のブランドイメージを守ることができます。

工程管理や品質検証の段階で不具合や問題点を見つけることができれば不良品を世に出さずに済むでしょう。

もしも販売された製品が不良品だったり何らかの問題が見つかったりしたらどうなるでしょうか。

「〇〇製の化粧品に異物混入」「〇〇社の機会に不具合」というニュースになれば企業イメージを下げることになります。

一度企業イメージが下がると信頼回復には時間も労力もかかりますね。

品質管理をしっかり行うことでこういった事態を防ぐことができるのです。

そのため品質管理の仕事は自社のブランドを守ったというやりがいを感じられるでしょう。

より良い商品を世に送り出したと感じた時

より良い商品を世に送り出したと感じた時にもやりがいを感じる女性が多いでしょう。

品質管理の仕事は一連の製造過程をチェックして最終確認まで行います。

その過程の中で問題があれば改善していかなければなりません。

これらを乗り越えて良い商品を世に送り出した時は達成感を味わうことができるでしょう。

またお客様から感謝の言葉やお褒めの言葉をいただいた時にもやりがいを感じるはずです。

品質管理に役立つ資格

勉強する女性

品質管理の仕事には必ず必要な資格というものはありません。

しかし持っておくと仕事をする上で役立つ資格があるのでご紹介します。

資格があれば転職活動でアピールすることもできるでしょう。

品質管理検定

一般財団法人日本規格協会が認定する品質管理検定というものがあります。

QC検定とも呼ばれ高校生・大学生・社会人に至るまで幅広い人が受験しているのが特徴です。

製品の問題が生じた時の対処法や改善法を品質管理の面から考える資質が問われます。

4級・3級・2級・1級のレベルに分けられており特に2級以上は品質管理の仕事で役立つでしょう。

語学力

語学力があれば品質管理の仕事の幅が広がる可能性があります。

なぜ品質管理に語学力?と思う人もいるのではないでしょうか。

製造業は国内だけでなく海外に拠点を置いていることもあります。

また国内の工場でも海外の製品を扱う場面もあるでしょう。

そのような時に語学力があれば言葉の壁を気にせずに正確な品質管理ができるのです。

語学力を証明するおすすめの資格には「TOEIC」や「TOBIS」があります。

 

ワンポイント
資格を取得して品質管理の仕事に役立てよう。

品質管理に求められるスキル

考える女性

より良い製品を世に送り出すために品質管理にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここでは品質管理に必要なスキルをご紹介します。

GMPの知識

医薬品の品質管理の仕事ではGMPの知識が必要となるでしょう。

GMPとは品質の良い医薬品を製造するための基準のことです。

人の口に入る医薬品なので品質管理に不備があると人体に害を及ぼすリスクがあります。

そのためGMPには3つの原則がありこれを守るように品質管理を行っているのです。

GMPの3原則はこちらを参考にしてください。

  1. 人為的な誤りを最小限にすること
  2. 汚染及び品質低下を防止すること
  3. 高い品質を保証するシステムを設計すること

製薬会社だけでなくこの3原則は品質管理の仕事をする上で理解しておきたいことです。

コミュニケーション能力

打ち合わせをする作業着の人

品質管理の仕事にはコミュニケーションスキルも必要です。

設備や機械だけでなく他のスタッフとの関りも重要といえます。

工場の現場スタッフとコミュニケーションを取ることでデータではわからなかったことに気づけるかもしれません。

また実際に製品を作るのは工場スタッフなのでコミュニケーションは必要不可欠なのです。

冷静な対応力

冷静な対応力も品質管理の仕事に必要なスキルの1つです。

品質管理は問題の早期発見に努めなければなりません。

そしてその問題点を解決するために原因究明をする必要があります。

問題が生じた時に慌てたり感情的になったりすると原因や解決策を見出せなくなってしまうことも。

そのため冷静に対応する力が求められる仕事なのです。

数字の分析力

分析力

品質管理の仕事には数字の分析力もあるといいでしょう。

物事を把握するためには機械や設備だけでなく数字を見ることもあります。

過去のデータと現在のデータを比較することで問題点や解決策がわかる場合もあるでしょう。

数字の分析力があれば多方面から品質管理ができるようになるのです。

 

ワンポイント
品質管理の仕事は知識だけでなく冷静な対応力やコミュニケーション能力も必要とされる。

品質管理の将来性とキャリアパス

女性

転職を考える時にはその仕事の将来性やキャリアパスが気になるものです。

それでは品質管理の仕事はどのような将来性やキャリアパスがあるのでしょうか。

将来性

品質管理は多くの企業で重要視しているものです。

食品・医薬品・化粧品といった人体に影響を与える業界では厳しい品質管理が求められます。

また他の製造業においても消費者のニーズに合った安心・安全な商品開発が必要です。

しかし品質に不備があり不良品が世に出たりそれによって人体に影響が出たりすると企業への信頼が失われてしまいます。

それを防ぐための品質管理の仕事なので今後もますますの活躍が期待されるでしょう。

品質管理に関わる情報は時代とともに変わっていきます。

正しい品質管理をするためには正しい情報を知っておくことが必要です。

キャリアパス

品質管理の仕事といっても1人ですべてを行うわけではありません。

その人の経験やスキルによって業務が振り分けられることが多いでしょう。

そんな品質管理のキャリアパスをご紹介します。

  • 検査業務を行うスタッフ
  • リーダー
  • マネージャー

まずは現場で検査業務を行うところから始めます。

ここで工場スタッフとのコミュニケーションや品質管理の基本を身に付けるのです。

経験を積むことでデータ分析や計画書・マニュアル作成を行うようになるでしょう。

データ分析や計画書・マニュアル作成は工場の製造工程に関わることなのでリーダークラスの人が任されます。

さらに経験を積むことで問題発生時の対応やチームの責任者となるマネージャーにキャリアアップするのです。

このように品質管理の仕事はキャリアを積むことで段階的に責任ある業務を行うのが特徴といえるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

考える女性

品質管理は自社製品を世に出す前のチェックをする重要な仕事です。

直接何かを作るわけではありませんが、もの作りを支える大切な役割を担っています。

そんな品質管理の仕事に転職したいという女性もいるでしょう。

しかし「未経験だけど大丈夫?」「自分をどうアピールすればいいの?」と不安になる人もいるのではないでしょうか。

また求人がなかなか見つからずに悩んでいる女性もいるかもしれません。

そんな転職の不安や悩みがある女性は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談して転職の不安や悩みを解決していきましょう。

まとめ

ファイルを持つ女性

今回は品質管理の仕事内容ややりがいについてご紹介しました。

品質管理は多くの業界で必要とされる仕事です。

製品を世に出す前のチェックということで責任がありますが、その分やりがいを感じられるでしょう。

そんな品質管理への転職を希望するなら転職相談への登録がおすすめです。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら