IT業界を支える仕事の中にプログラマーがあります。

プログラミングスキルを身に付けることでキャリアアップを目指すことができるため人気が高いです。

今回はそんなプログラマーの仕事内容ややりがい・向いている人の特徴についてご紹介します。

プログラマーの仕事内容を解説

パソコンを扱う女性

男女問わずIT業界で活躍しているプログラマーですがどのような仕事をしているのでしょうか。

ここではプログラマーの仕事内容をご紹介します。

システムのプログラミング

プログラミング作業をする女性

プログラマーの主な仕事はシステムのプログラミングです。

システムエンジニアが設計したシステムの構築をプログラミング言語を用いて行います。

それではプログラマーはどのようなシステムをプログラミングするのでしょうか。

プログラマーの中にも種類があるのでご紹介します。

  • Web系プログラマー:インターネット上で使われるシステムの開発(ECサイトや検索サイトなど)
  • 通信系プログラマー:ネットワーク機器やシステムの開発(ネットワーク機器・動画配信・Web会議など)
  • 金融系プログラマー:銀行や証券会社といった金融機関のシステムの開発(勘定・為替・証券システム)
  • 業務系プログラマー:企業が業務で用いるシステムの開発(販売管理・生産管理・会計システムなど)
  • ゲームプログラマー:各種ゲームの開発(スマホゲーム・テレビゲーム・オンラインゲームなど)
  • アプリケーションプログラマー:スマートフォンやタブレットのアプリ開発(SNS・ビジネス系アプリなど)

プログラマーといってもこれだけの種類がありそれぞれの分野で活躍しています。

プログラミングスキルはもちろんのことその分野に関する知識も必要となるでしょう。

バグを見つけること

プログラマーはプログラミングをしたらそれで終わりではありません。

そのシステムが正常に作動するかをチェックしていく必要があるのです。

このチェック段階でバグを見つけることもプログラマーの仕事の1つ。

バグがあるまま納品してしまうとクライアントからクレームに発展するリスクがあります。

そのためバグの発見や修正もプログラマーの重要な仕事といえるでしょう。

 

ワンポイント
プログラマーの仕事はバグの発見や不具合の修正をしながらシステムを開発すること。

女性プログラマーのやりがいは?

PC作業をする女性

ここまではプログラマーの仕事内容についてご紹介してきました。

その仕事内容を踏まえて女性プログラマーのやりがいを見ていきましょう。

達成感を得られる

達成感を得られることにやりがいを感じる女性プログラマーは多いでしょう。

プログラミングによってシステムを作り上げるためには膨大な量の入力が必要です。

それが完成して目に見える形でシステム化された時の達成感は大きいはず。

「このために頑張ってきた」「大変だったけど良いものができた」そんな達成感を味わうと次につながるのではないでしょうか。

最先端技術に関われる

ガッツポーズをするビジネスウーマン

最先端技術に関われることはプログラマーのやりがいの1つです。

IT業界はまだまだ未知の部分もありこれから開拓できる可能性に秘めています。

そのためプログラマーとして仕事をする中で新しい知識に触れたり最先端の技術に触れたりする機会があるのです。

例えば以下の技術はこれからもどんどん最先端技術が開発される可能性があるでしょう。

  • IoT
  • AI
  • ロボット
  • 宇宙開発

新しい知識や最先端技術に触れる機会はプログラマーとしてのスキルアップにつながります。

スキルを磨きたい・キャリアアップしたいという女性にとってプログラマーはやりがいを感じることができるでしょう。

社会貢献度が高い

プログラマーの仕事は社会貢献度が高いことにやりがいを感じる人も多いでしょう。

どうしてプログラミングが社会貢献になるの?と思う人もいるかもしれません。

プログラマーはプログラミングスキルを用いて様々なシステムを構築します。

それはIT業界や一般企業向けだけでなく医療・福祉や公的機関に活用されることもあるのです。

IT業界はそのシステムを用いて多くのことを可能にしてきました。

それらはすべて社会貢献につながっているといえるでしょう。

プログラマーに欠かせないスキルは?

上を指さすビジネスウーマン

プログラマーには多くのスキルが必要ですが中には欠かせないものもあります。

そんなプログラマーに欠かせないスキルとはどのようなものなのでしょうか。

プログラミングスキル

プログラミングスキルはプログラマーにとって必要不可欠なスキルです。

まずプログラミング言語を扱うことができなければプログラマーの仕事はできません。

プログラミング言語はPython・C・Java・PHPなど多種にわたります。

たくさんあるプログラミング言語ですが1つ覚えるだけでも時間と労力が必要です。

そのため、まずはどれか1つをマスターすることを目指しましょう。

情報収集力

情報収集力もプログラマーに必要なスキルです。

IT業界やプログラミングは目覚ましい発展を遂げています。

そのため一度知識を身に付けたらそのままでいいわけではありません。

日々進化する情報を集めて自分の知識にすることでプログラマーとしてスキルアップできるでしょう。

コミュニケーションスキル

楽しく仕事をする人たち

コミュニケーション能力もプログラマーに必要なスキルといえるでしょう。

チーム単位で仕事をするのが多いのでコミュニケーションは必要不可欠です。

1人で長時間パソコン画面に向かっているというイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。

プログラマーは集中して1人で入力することも多いですがチームで連携を取ったり情報共有したりすることも大切です。

コミュニケーションを取り合って仕事をすることで良いものを作り上げることができるでしょう。

 

ワンポイント
プログラマーにはプログラミングスキルだけでなくコミュニケーション能力も求められる。

プログラマーに有利な資格はある?

リストをチェックする女性

プログラマーの仕事には必ず必要な資格はありません。

しかしそれだと転職の時に自分のスキルをどうアピールすればいいか分からず不安な女性もいるでしょう。

そんな女性のためにプログラマーに有利な資格をご紹介します。

  • 基本情報技術者
  • Oracle Certified Java Programmer
  • C言語プログラミング能力認定試験
  • PHP技術者認定試験

基本情報技術者はITエンジニアに必要な知識が問われる資格です。

プログラミング言語についての出題もあるので自分の知識を試すことができるでしょう。

また他の3つの資格についてはそれぞれのプログラミング言語に特化した資格となっています。

そのため資格を取得することでそのプログラミング言語について一定レベルの知識があることを証明できるのです。

 

ワンポイント
プログラマーには必ず必要な資格はないが資格を取得することで知識やスキルの証明ができる。

プログラマーに向いている人の特徴は?

ビズネスウーマン

プログラマーはIT業界を支える職種として人気の1つです。

そんなプログラマーにはどのような人が向いているのでしょうか。

ここではプログラマーに向いている女性の特徴をご紹介します。

集中力がある

集中力がある女性はプログラマーに向いています。

プログラマーの仕事は決まった納期の中でプログラムを構築しなければなりません。

また1つのプログラムを完成させるには膨大な量のコード入力が必要です。

納期に間に合うように長時間のプログラミング作業が必要になることも多いでしょう。

そのためには集中して作業をする必要がありますね。

むしろ集中力がないと途中でどこまで入力したかわからなくなってしまうこともあるのです。

もの作りが好き

プログラマーの仕事はプログラミングを用いてもの作りをすることです。

もの作りといってもプログラマーが作るのは実態のあるものではありません。

しかしプログラミング言語を用いてシステムを完成させることはIT業界では「もの作り」といえるでしょう。

膨大なコードを入力してシステムを完成させることに興味を持ちやりがいを感じられる女性が向いています。

長時間のコード入力でも「完成が楽しみ」と思えるといいですね。

ものごとを効率化させる

ものごとを効率化させることができる女性もプログラマーに向いているでしょう。

仕事をする上で効率化というのは大切なことです。

プログラマーの仕事は納期が決まっている上に膨大な量のコード入力が必要ですね。

そのため、いかにして効率よく仕事をするかがポイントとなるのです。

業務の効率化とは入力スピードを上げるというわけではありません。

連絡ツールの導入や不要な業務を見直すなど効率よく仕事をするためには多方面からの見方が必要です。

体力に自信がある

プログラマーは椅子に座ってパソコン作業をしているというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

立ち仕事ではないので体力的に楽だと思う人もいるでしょう。

しかしプログラマーは長時間集中してパソコン作業をしなければならず実は体力的に大変なのです。

そのため体力に自信がある女性はプログラマーに向いているといえます。

 

ワンポイント
もの作りが好きで集中力・体力がある女性はプログラマーに向いている。

プログラマーの年収はどれくらい?

クエスチョンマークを持つ女性

プログラマーの仕事は多くのスキルが必要で大変な面も多いでしょう。

そんなプログラマーの年収はどれくらいなのでしょうか。

一般的なプログラマーの年収は350~500万円程度となっています。

システムエンジニアの年収が500~700万円程度なのでやや低めの印象をもつ人もいるのではないでしょうか。

しかしプログラマーはスキルを高めることで年収アップを目指せる職種です。

また企業によって年収に幅があることも知っておきましょう。

スキルを高めることやキャリアアップ転職することで年収700~1000万円を目指すことも可能です。

プログラマーの将来性やキャリアパス

活躍するキャリアウーマン

IT企業が廃れることがないようにプログラマーの仕事がなくなることもないでしょう。

ここではプログラマーの将来性やキャリアパスについてご紹介します。

ぜひ転職の際の参考にしてくださいね。

将来性

プログラマーの需要は今後も減ることはないでしょう。

しかしプログラマーとして活躍し続けるためには知識やスキルのアップデートが必要です。

IT業界が日々発展しているようにプログラミングも変化していくことが考えられます。

最新だった知識・スキルが数年後には「遅れている」とされることもあるのです。

そのためプログラマーとして働き続ける限り新しい情報やスキルを取り入れていかなければなりません。

またプログラマーの就職先はもともとIT企業がメインでしたがそれ以外にも活躍の場が増えてきました。

メーカー企業や製造業が自社製品の開発のためにプログラマーを採用するようになったのです。

プログラマーは今後も様々な場で活躍が期待されるでしょう。

キャリアパス

続いてプログラマーのキャリアパスをご紹介します。

自分がどのようなキャリアを目指すのかイメージすることでモチベーションの向上につながるでしょう。

プログラマーのキャリアパスには以下のものがあります。

  1. プログラマー
  2. システムエンジニア
  3. プロジェクトリーダー
  4. プロジェクトマネージャー

こちらが一般的なプログラマーのキャリアパスです。

プログラマーとして経験を積むことでシステムエンジニアにキャリアアップを目指すことができます。

クライアントの要望を伺いシステムの設計を行うのがシステムエンジニアの仕事です。

その設計をもとにプログラミングを行うので、システムエンジニアにとってプログラマーの経験は重要といえるでしょう。

またシステムエンジニアからキャリアアップしていくとプロジェクトを任されるようになります。

このように順番にキャリアパスを描いていく人がいる一方でプログラマーのスペシャリストになる人もいるのです。

 

ワンポイント
プログラマーはIT企業だけでなく多くの業界で活躍が期待される。

ITの根底を支えるプログラマーに注目しよう

ITのイメージと女性

IT業界が登場してからまだ歴史は浅いです。

しかしその短い年月の中で多くの発展を遂げていきました。

そのIT業界の根底を支えているのがプログラマーの存在です。

これからもIT技術は進化して私たちの生活に大きな変化を与えていくでしょう。

そんなIT業界を支えるプログラマーの仕事に注目してみてください。

プログラミングスキルを用いて多くのことを可能にする仕事に期待が高まるのではないでしょうか。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

プログラマーは今後もIT業界を支える重要な職種です。

もの作りやプログラミングに興味がある女性にとって魅力的な仕事ですね。

プログラマーはキャリアアップ転職を目指すことができ高収入を狙うことも可能です。

そんなプログラマーの転職で不安や悩みがあれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を有利に進めていきましょう。

まとめ

桜とビジネスウーマン

今回はプログラマーの仕事内容ややりがいについて詳しくご紹介しました。

プログラマーはプログラミング言語を用いてシステムを作り上げるのが主な仕事です。

また不具合があってはいけないのでバグの発見も重要な仕事といえるでしょう。

プログラマーはシステムを作り上げた時の達成感や社会貢献の面でやりがいを感じることが多いです。

そんなプログラマーの仕事は今後も需要が拡大されることが期待され活躍の場も増えるでしょう。

ITの根底を支えるプログラマーへの転職を目指すなら転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら