インテリアデザイナーはデザインセンスや知識を活かして空間をデザインする職種です。

華やかな印象のある仕事のため、未経験から勉強して転職を目指す人もいるでしょう。

インテリアデザイナーへの転職を成功させるには面接対策が欠かせません。

今回はインテリアデザイナーの面接でアピールすべきポイントや注意点を解説します。

Contents

インテリアデザイナーの面接対策方法を解説

女性

またさらなるキャリアアップを目指して転職を考えている人も考えられます。

インテリアデザイナーは図面の細部まで気を配るなど、繊細な心配りや丁寧さが必要とされる職種です。

女性ならではの目線でクライアントを満足させる空間を作り出す、華やかなイメージに憧れを抱いている人も多いでしょう。

いざなりたい理由を聞かれると説明することは難しいのではないでしょうか。

インテリアデザイナーへの転職を成功させるために避けて通れないのが面接です。

しかし面接は自分を最大限アピールしなければならないため、苦手意識をもっている人もいるでしょう。

自分が理想とするデザイナーになるため、どのようなことを意識して面接に臨むべきなのかを解説します。

インテリアデザイナーの活躍の場

まずは、インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターがどういった場所で活躍しているのかご紹介します。

職場の種類によって特徴があるため、自分に合った活躍の場を選ぶことが面接準備の第一歩となります。

デザイン事務所

社内

1つ目の職場はデザイン事務所です。

事務所は比較的小規模なところが多く、給与や福利厚生の面では他の職場に劣ってしまうこともあります。

しかし、一般的な企業とは異なり多彩なクライアントからの依頼を受けられるところが強みです。

決まった家屋や施設に限らず、イベント空間などの依頼が来ることもあり、幅広いジャンルにチャレンジできるでしょう。

また、尊敬するデザイナーのもとで働きたい、デザインを学びたいと考え、その人の所属する事務所を目指す人もいます。

建築関係の企業

2つ目の職場は建築事務所や建築関係の企業です。

建築事務所で注目するべきポイントとして、得意とするジャンルやテーマがあります。

ジャンルでいうとオフィスビルの設計に特化した企業、マンション設計に強みを持つ企業など様々です。

テーマでいえば独自性を持ったアート志向を持つ企業や、あるいは施設の実用性を高めることを得意とする企業があります。

これらの企業を志望する場合は、企業の強みが自分のやりたい仕事とマッチしているかを見極めることが重要です。

求人が多いのはハウスメーカー

面接する女性

数ある就職先の中でも求人が多いのはハウスメーカーです。

実際にインテリアデザイナーで求人を検索するとハウスメーカーの募集がたくさんヒットします。

ここでのインテリアデザイナーの仕事はそれぞれの会社で手掛ける住宅の空間デザインです。

具体的には、家具や照明などのインテリア用品の設計、配置によってクライアントが希望する住まいを作り上げます。

建売住宅・注文住宅のデザインのみを担当するため活躍の幅が限られるイメージがあるかもしれません。

しかし自分の住まいに求めるものはクライアントによって様々です。

そのため、案件によっては生活動線を意識した機能的な空間をデザインすることもあります。

あるいはクライアントの趣味に合わせたインテリアを配置することが求められることもあるでしょう。

それらの依頼に総合的に対応するため、幅広い分野の知識が必要とされるのがハウスメーカーでのインテリアデザイナーです。

しかし、その分そこで得られた知識や経験は自分のデザイナーとしてのキャリアにプラスになります。

 

ワンポイント
ハウスメーカーでの経験はキャリアアップに活かせる。

面接の事前準備

自分の理想とする職場を見つけられたら面接のための本格的な準備に入りましょう。

面接の事前準備で押さえるべきポイントを解説します。

その企業を志望した理由を明確にする

女性

まずは、シンプルにその企業で働きたい理由を考えてみましょう。

前述したように、デザイナーは同じ業界でも職場によってクライアントや依頼の特徴が分かれています。

自分が挑戦したいジャンルやテーマが決まっている場合は、それに合わせた企業を絞り込んでいきましょう。

また、働く上では給与や福利厚生などの待遇面ももちろん重要になります。

これらの条件についても自分の中で最低限欲しいラインを設けておくとよいでしょう。

その企業に自分がどう貢献できるのか考える

笑う女性

2点目は、その企業に対して自分がどう貢献できるのか、という点です。

これは言い換えると「志望先で活かせる自分の強み」にあたり、面接でアピールポイントを伝えるときに役立ちます。

例えば志望先が商業施設の設計を主に行う企業で考えてみましょう。

この場合は自分がこれまで担当してきた店舗デザインや売り場のデザインの経験を強みとしてアピールできます。

このように、企業の特徴から求められる経験やスキルを考え、自分の過去の実績と照らし合わせてみましょう。

それによって自分が企業のために役立てる人材であることを伝えやすくなります。

インテリアデザイナーでなければならない理由を明確にする

最後に押さえるべき点は、そもそもインテリアデザイナーの仕事を志望した理由です。

仕事を行う以上、クライアントとの折衝や納期直前の詰めの作業などプレッシャーのかかるものもあります。

そういった課題に打ち勝つためには「インテリアデザイナーという仕事への情熱」が原動力になるのです。

資格や知識・経験だけでなく、デザインへの情熱も面接の中で伝えられるように自分の中で整理しておきましょう。

また、インテリアデザイナーとよく似た仕事内容の他の職種もあります。

それらがありながらもなぜインテリアデザイナーなのかという点も明確にしておきましょう。

インテリアデザイナーでアピールすべきポイント

基本的な理由についてまとまったら、次は特に面接でアピールするべきポイントについて考えてみましょう。

以下で紹介する3つのポイントはインテリアデザイナーとして重視される主要なスキルです。

これらのスキルに触れつつ、上記でまとめた志望動機やアピールポイントを伝えることで面接の結果は大きく変わります。

コミュニケーション能力

仲間

第一に重視されるのはコミュニケーション能力です。

この職種では多くの人と連携をとって仕事を進めていく必要があります。

クライアントや工事の施工担当、さらには他のデザイナーやインテリアコーディネーターなどとも打ち合わせがあるのです。

そういった交渉や協業をスムーズに行うためには、相手の考えていることを正確に理解するだけでは十分とはいえません。

自分の考えを適切に発信する能力も必要とされます。

すでに働いた経験がある方は、これまで担当した案件でクライアントや施工主とうまく協業できた例を思い出すと良いでしょう。

未経験の方は、他人と協力したことや自分から発信したことなどを話すことでコミュニケーション能力をアピールできます。

デザインスキル

インテリアデザイナーを目指す上でデザインスキルが重視されるのは言わずもがなでしょう。

どんなに素晴らしい志望動機や優れたコミュニケーション能力があってもデザインスキルがなければ活躍は難しくなります。

デザインスキルはインテリアに関する知識、家具と壁紙の組み合わせを考えるための色彩感覚美的センスなどがあります。

デザインスキルについてアピールするために重要になるのが、ポートフォリオの内容です。

これは自分がどのような仕事をしてきたのかを伝える作品集であり、実績ともいえます。

自分がこれまで手掛けた空間やデザインをあらかじめ整理しておきましょう。

プレゼンテーション能力

相談

最後に必要とされるのはプレゼンテーション能力です。

発表やプレゼンテーションと聞くと尻込みしてしまう人もいるかもしれません。

しかしインテリアデザイナーはそういった機会が比較的多い業界といえます。

せっかく素晴らしい空間をデザインしても、提案がクライアントに響かなければその努力は無駄になってしまいます。

そのため、プレゼンスキルはデザイン能力と同じくらい重要と捉えることもできるのです。

広く考えれば面接も一種のプレゼンの場であり、回答の仕方から仕事でのプレゼン能力をアピールすることもできます。

話す内容を事前に例文としてまとめたり面接練習をすると緊張での失敗を改善できるため、対策を練って面接に臨みましょう。

 

ワンポイント
未経験でも活かせるスキルがないか探してみよう。

ポートフォリオを提出する場合

デザイナーとして就職・転職する際の面接ではポートフォリオの提出を求められることがあります。

自分のデザインスキルをどんなにうまく言葉で伝えても、やはり実際の作品を見ないことにはその人の実力はわかりません。

ポートフォリオ提出の際に意識するべき点をご紹介します。

ポートフォリオは自分を売り込むために重要

女性

ポートフォリオが重要な意味を持つのは、自分のデザインスキルを最も適切にアピールできる手段となり得るためです。

ポートフォリオは、自分が担当してきた作品について適当にファイリングしただけではただの作品集となってしまいます。

その作品集に制作の背景や、作業を進める過程での課題解決プロセスなどを付け加えましょう。

それは自分のデザイナーとしての姿勢を代弁してくれるものになります。

入念に作り込まれたポートフォリオは面接官に強い印象を残し、応募者へのイメージを大きく変えることができるでしょう。

未経験の場合

実際に業務を経験したことのない方にとって、ポートフォリオ作りはかなりのハードルになってしまいます。

作品を集めるだけでも提出はできますが、それでは上で述べたようにただの作品集となり良いアピールにはなりません。

しかし、その中でも大切なポイントは一つだけでも自分の強みを意識して伝えることです。

さらに並行して、まだ未熟なところもあることを認め、勉強していきたいという考えを主張することも大切です。

未経験でも謙虚に学び続けようとする人はどの企業にとっても魅力的な人材になり得ます。

インテリアデザイナーの面接でよく聞かれる質問

これまでの点を踏まえて、インテリアデザイナーの面接でよく聞かれる質問をご紹介しましょう。

実際に聞かれる質問への回答を想定しておくことで本番でも慌てずに対応することができるようになります。

インテリア業界の知識について

面談する女性

まずはインテリア業界の全般的な知識です。

インテリアや家具の構造、空間のデザインについてこれまで学んだ知識を復習しておきましょう。

知識面で不安がある人は、インテリアデザイナー認定試験などの資格取得を目指しても良いかもしれません。

デザイナーとして必須の資格ではありませんが知識の補充や自己PRにも使うことができます。

さらに、関連のある職種としてインテリアコーディネーターの資格などについて勉強するのも良いでしょう。

影響を受けたデザインについて

カラーバリエーション

自分が影響されたデザインも聞かれることが多い項目の1つです。

この質問はその人がどういったジャンルやテーマのデザイナーを目指しているのかを探っています。

それによってその企業のイメージと合致しているのかを確かめているのです。

もちろん素直に答えるのも良いですが、事前に志望先が得意とするテーマやジャンルを確認しておきましょう。

そしてそれに合わせた回答をすると自分の志望動機がより伝わりやすくなります。

いつ、どこでそのデザインを見て影響を受けたのか具体的なエピソードもあるとさらに良いですね。

これまでの仕事で一番自信のあるもの

よく聞かれる質問の最後は、これまでで一番自信のある仕事です。

この質問では自分のデザインスキル・強みとするテーマやジャンルを知るために質問されます。

さらには仕事の中での他者とコミュニケーションなど、インテリアデザイナーとしての総合的な能力を判断されるのです。

これは自分の中であらかじめ1つの仕事に焦点をあてて回答をつくっておきましょう。

背景や仕事の過程、途中で遭遇した課題とその解決など順序立てて説明できるように考えるのがポイントです。

 

ワンポイント
よく聞かれる質問への対策もしっかりと行おう。

インテリアデザイナーの面接での注意点

女性

ここまで志望動機やよく聞かれる質問を紹介してきましたが、面接全体での注意点についても見ておきましょう。

最も重要なのは「質問に正確に答えること」です。

実際に面接官を前にすると、緊張からうまく話せなくなってしまうということは起こりえます。

これまで見てきたような想定質問と、それによって面接官が何を知りたいのかを振り返っておきましょう。

全く同じでなくとも、似たような質問が来ればどういった内容を答えれば良いのかがわかります。

また、基本的なビジネスマナーにも気を配りましょう。

服装や髪型だけでなく、言葉遣いもその場にふさわしいものにするよう心がけることが重要です。

社会人として最低限のマナーを身につけていなければそれだけで印象も悪くなってしまいます。

 

ワンポイント
面接内容だけでなく、ビジネスマナーや身だしなみにも注意しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

最後に、インテリアデザイナーの転職面接には気を配るべき点がたくさんあります。

しかしどこから手をつけたら良いかわからなくなってしまうという人もいるでしょう。

転職に関する悩みは同じ業界の人に聞くのも良い方法ですが、会社の同僚に転職の相談はなかなかしづらいものです。

また、本やネットを使って自分で情報収集することも転職活動では重要になります。

しかし不確かな情報が含まれていたり今の自分にぴったりの資料を見つけることは簡単ではありません。

そのような時は、転職エージェントに相談してみましょう。

エージェントは転職先の紹介から志望動機の例文の組み立て方などの相談ができます。

さらにポートフォリオのアドバイスや面接の練習まで一貫して転職活動をサポートしてくれるでしょう。

特に面接の練習については1人で行うことが難しく、他の人と模擬面接を繰り返すのが一番の練習方法です。

エージェントであれば模擬面接の実施だけでなく、その際に気をつけるべき点を教えてくれるでしょう。

また、より実際の面接に近い緊張感で練習することができるため転職成功の可能性を高めることができます。

まとめ

笑顔の女性

この記事ではインテリアデザイナーを目指す女性向けに面接への準備についてご紹介してきました。

転職は自分の人生をも左右する決断ですが、入念な準備をすればそれを良い方向へ近づけることは可能です。

また、転職活動においてはエージェントのように外部の力を借りることもできます。

そのため、方向性などを具体的に決めていなくてもまずは相談してみることで見えてくるものもあるのではないでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら