商品・サービスの倉庫管理・在庫管理をする業務にとって、必要性が高い資格についての特集です。

在庫管理に関連した資格の主な特徴や難易度を紹介しながら、在庫管理そのものがどのような仕事なのかを探っていきます。

在庫管理をする上で必要なスキルなども確認できる内容です。

在庫管理の仕事に役立つ資格を転職エージェントが紹介

チームの画像

在庫管理の仕事は重要な役割とされています。

どのような店舗や企業でも自社商品やサービスについて正確な管理を要するからです。

雑貨店でもアパレルショップでも、もちろんスーパーマーケットのように日々商品が連動する場所では必須とされています。

ものが流通する場所では、必ず入荷・品出し・出荷があることが理由です。

在庫の数や状態を正しく見ることで、店舗業務の質が問われます。

今回は、在庫管理の仕事に就いた時に、持っておくと役立つ資格について解説していきます。

資格を取るメリット

勉強中の女性の画像

在庫管理にはさまざまな業務があり、実地でスキルを身に付けるのが通常です。

具体的には商品管理スキルとして、在庫を把握し管理することで整理整頓のスキルが向上します。

そこに資格などの制度が加われば、より励みになり自然と集中力や目標達成のメリットができるでしょう。

また、資格取得のために学んだ内容を活かすことができるはずです。

在庫管理スタッフの教育や行動管理・マニュアル作成などができるリーダーに選出されるかもしれません。

倉庫業の種類による違い

倉庫業の種類はいくつかあり、普通倉庫業・冷蔵倉庫業・水面倉庫業に大別されます。

普通倉庫業とは、農業や製造業・鉱業など幅広く商品や財産を保管する業種です。

さらに1~3類倉庫・野積倉庫・貯蓄槽倉庫・危険品倉庫・トランクルームに分類されます。

冷蔵倉庫業では、水産物や冷凍食品を中心とした8類物品を10℃以下で保管する倉庫業です。

水面倉庫業は、原木などの5類品物を水面に浮かべながら保管します。

おすすめの資格「倉庫管理主任者資格」

仕事をする女性の画像

在庫管理に関する転職を希望するのであれば、所持しておくと高い評価をしてくれる資格があります。

その1つとして倉庫管理主任者資格がおすすめです。

在庫管理者はこの資格を目指して勉強していくとよいでしょう。

では、重要な資格である倉庫管理主任者資格について解説していきます。

どんな資格?

倉庫管理主任者資格は、平成14年4月の倉庫業法改正が施行されて誕生した資格です。

一般的な倉庫業での適切な管理ができる知識やスキルを認定する目的があります。

しかも現在では、倉庫業を営むためには倉庫管理主任者の配置が義務でもあるのです。

倉庫管理の実務経験が3年以上あれば資格取得できますが、未経験だという場合は、事前に講習を受ける方法がベストでしょう。

講習をしっかり受講することで誰でも資格取得を目指せます。

試験内容や難易度

管理職の女性の画像

倉庫管理主任者資格を取得するには5つの過程を受講する必要があります。

各内容は「倉庫業法の概要」「倉庫業における労働災害の防止」「倉庫における火災防止」「倉庫管理実務」「自主監査体制の整備」です。

各講習の行程は終日内で済ませることができます。

ただし講習開催日と受講定員が限定されているため、募集開始されたら願書提出での申し込みが必要です。

この資格の難易度はさほど高くはありません。試験制度が一切ないので講習をすべて修了させることで得られます。

おすすめの資格「物流技術管理士」

コーヒーの画像

物流技術管理士とは、物流システムを管理する人物を認定する資格試験です。

物流システムの設計から計画・分析や改善などを通じ、調達・生産・販売と連動させる物流全体の管理ができる内容です。

では具体的に資格の内容を見ていきましょう。

どんな資格?

物流技術管理士の資格を取得するには、「日本ロジスティクスシステム協会(JILS)」主催による全行程を経ることになります。

長期研修コース「物流技術管理士資格認定講座」を受講した後に試験を合格することが条件です。

講座内では、物流管理者・物流技術者に必須となる物流全般の専門知識とマネジメント技術が体系的に学べます。

その他にも計4回行われるグループディスカッションにて、学んだ知識の実務展開をする時間が設けられているのが特徴です。

物流技術管理士講座を修了したら所定の試験にパスすれば資格認定されます。

試験内容や難易度

この物流技術管理士の資格の難易度は試験よりも講座への取り組み方によって変わってきます。

講座カリキュラムが、プレミーティングと13の単元で構成され21日間という長丁場になるからです。

それ以外に4回のグループ討議をする必要もあります。

資格取得条件としては、全講座日数21日中16日以上の出席が必要で、所定の単元を欠席しないことです。

また前・後期2回に分けて受講レポートを提出する義務があります。

講習終了後の試験では、客観試験として論文・面接の全てを受験し満点の60%以上であることが条件です。

 

ワンポイント
物流技術管理士は講習での過程をこなすことで資格取得が可能になる。

おすすめの資格「ロジスティクス経営士」

パソコンを使う画像

今や物流に欠かせないのがロジスティクです。

ロジスティクとは、物流の一連の行程を最適化しながら一元化させて管理するシステムのことを指します。

つまり、1からすべてを一貫させて消費者へ届ける仕組みが出来上がっているといえるでしょう。

ロジスティクス経営士資格所持者は今後ますます期待が寄せられる傾向です。

ロジスティクにて経営者としての視点から捉えながら各機能をデザインしていく人材を養成することが目的とされています。

立案からサービスの企画、そしてロジスティクの実践に至るまでを行使できるのです。

物流を支えるロジスティクス経営幹部(チーフ・ロジスティクス・オフィサー:CLO)」の育成講座とされています。

どんな資格?

書類を持つ女性の画像

ロジスティクス経営士は日本ロジスティクスシステム協会が実施する資格試験です。

物流全般の経営や管理についての資格で、物流管理者としての実務経験のある人物が受験します。

また、物流技術管理士・国際物流管理士などの資格取得を経ていることも受験条件です。

あくまでも物流業界での管理職レベルを問うような資格といえるでしょう。

試験内容や難易度

ロジスティクの経営にまつわる内容を判定することもあり、この資格取得の難易度はかなり高いレベルだといわれています。

ただし実務経験が豊富なロジスティク内での管理職以上であれば、必ずしもハイレベルとはいい切れません。

通常業務の中で行われている延長だと考えればよいでしょう。

まずは「ロジスティクス経営士資格認定講座」を受講し、全日程の 60%以上出席が条件です。

さらにグループ・ミーティングと出席すべき単元が決まっているので、その時間を受講しなくてはなりません。

その後の試験では論文と面接の2つを行います。

おすすめの資格「物流経営士」

オフィスの画像

物流経営士とはトラック運送に関する資格制度です。

トラック業界発展のための事業展開に必要な知識や技能の向上が目的とされています。

トラック運送の経営に携わる人材の資質を図るため誕生しました。

では具体的に、物流経営士の資格内容について解説していきましょう。

どんな資格?

大手の運送会社に限らず中小事業者にも役立つ実例が多くより実践的内容です。

宿泊研修制度による座学が中心ですが、グループディスカッションと発表の時間もあります。

プレゼンテーション力向上に役立つでしょう。

また、パソコンでの経営分析や車両・顧客管理、パワーポイントでの提案書作成手法などのカリキュラムも特徴です。

試験内容や難易度

物流経営士は、トラック運搬業を中心に経営の基礎と物流の幅広い知識が証明できる資格です。

一通りの講習を経てから筆記試験に臨む形式になっています。

難易度はさほど高くなく、しっかりと研修を受講していれば、落とされることのほうが稀だというハードルの低さが魅力です。

 

ワンポイント
トラック業界に転職を求めるのなら物流経営士の資格が有利になる。

在庫管理に必要なスキル

パソコンを見る女性の画像

在庫管理は、倉庫や配送センターといった場所での商品整理・管理に従事する仕事です。

その場にある在庫数や品質をチェックしながら入荷や出荷の確認、発送データ作成などを行います。

物流販売の中でも最重要な仕事です。そのために必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、在庫管理をする上で必要とされる主なスキルについて解説していきましょう。

細かな注意力

在庫管理を的確にするには、常に細かな配慮や注意力を要します。

物流業界では数量の確認が恒常的に行なわれていくはずです。

その業務の中でミスを起こさないようチェックをし続けることが業務の一環だといえます。

そこで必要とされるのは、的確な数値の判断力や注意力です。

大まかな態度や適当に判断するようなことがあると、後から大きなアクシデントに見舞われてしまうことがあり得ます。

また、異常に気がついたら即刻上司などに伝える報告の義務も怠ってはなりません。

報・連・相がしっかりと身についていることも大切なスキルといえるでしょう。

マネジメント力

在庫管理とは、その名が示すように管理をすることが名目になっています。

そのためのスキルとして欠かせないのがマネジメント力です。

きめ細かく段取りのよい仕事を進められる人物が望ましいでしょう。

また多くのスタッフや関係者を取りまとめるコミュニケーションスキルも求められます。

他にも過去の実績を分析するなどのマーケティング素養も持っていることが大切です。

企画提案や人材育成といったマネジメント業務に興味がある人には最適な仕事といえます。

併せて取得したい資格

机の画像

商品の数量チェックは、数が膨大になれば相当な仕事量になっていきます。

常に自分のスキルもアップデートさせながら仕事に臨んでいく姿勢が大切です。

その他にも、在庫管理の仕事を行なうのに役立つ資格はいくつもあります。

ここでは、上記以外の資格について解説していきます。

危険物取扱者

危険物取扱者は一般的にも認知されている国家資格です。

危険物の貯蔵や取り扱いを主としたガソリンスタンド・化学工場・石油貯蔵タンクといった施設にて必須とされています。

意外と難易度もあり、全体の40%くらいが合格率です。在庫管理などを行う施設でも、多少の危険物の配備も想定されます。

この資格を所持した人物がいると、とても頼りがいがあり重宝されることでしょう。

フォークリフト免許

フォークリフト免許の所持者も、倉庫などの施設では欠かせません。

倉庫内でのフォークリフトの運転をするのに必須となる資格です。

全国各地で行われる指定教習機関にて学科・実技に合格すれば誰でも取得できます。

難易度もさほど高くないので、在庫管理の仕事に就くようなら、この資格も併せて取得するとよいでしょう。

 

ワンポイント
フォークリフト免許などの国家資格がいろいろある。

在庫管理で得た資格はほかの職種で活かせるのか

オフィスの画像

在庫管理の求人などに応募する場合にも、それぞれで取得した資格を活かすことができる可能性があります。

とくに倉庫管理主任者資格などは有利に働くようです。

他にも国家資格として公認されている資格がいろいろあります。

それらを取得していると転職の際のアピールにもなりメリットが生じるはずです。

まずは実務を積んでいきながら、徐々に自分に適した在庫管理の資格に注目してみるようにしましょう。

 

ワンポイント
実践を積みながら徐々に資格取得を目指していくことがポイント。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

エージェントの画像

転職活動に関する悩みの相談や不明点を解消したいという人は多いはずです。

まずは、転職エージェントへの登録を済ませて利用することをおすすめします。

転職エージェントとは転職に関する専門家の集まりです。

転職活動のスケジュールの組み方や必要な資格取得のアドバイスなどについて客観的に判断してくれるはずです。

転職エージェントを利用することで、あなたにマッチした理想の転職活動が期待できるでしょう。

まとめ

作業服の女性の画像

近年では通販業務がかなり拡大されて、多くの人々が流通業界のお世話になっているといえます。

ロジスティクでの仕事や倉庫の管理は、いつもどこかで必ず行われ続け、人々の暮らしに役立つ業務です。

そのため在庫管理についての専門的な識やスキルを有した人材は求められています

とくに物流業界は万年人手不足に悩まされています。

在庫管理での資格のアピールができることは、かなりの強みになると思って間違いはないでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら