IT化が進むなかでプログラマーの仕事は女性にも人気の仕事になりました。

プログラマーの仕事はプログラミングスキルを身につければ誰でも目指せる仕事です。

今回はこれからプログラマーを目指す女性向けに志望動機の書き方やアピールするポイントについて紹介します。

Contents

プログラマーの志望動機の書き方を解説

パソコンを使用する女性

プログラマーの志望動機を書く際は、プログラマーの仕事に活かせるスキルをアピールすることが大切です。

まずはプログラマーに求められるスキルを明確にしましょう。

プログラマーはプログラミングスキルが求められるため、プログラミングの知識をアピールできると効果的です。

また「なぜプログラマーになりたいのか」と「どうしてその企業を選んだのか」の2点も明確にする必要があります。

そして上記の志望理由は具体的に且つ簡潔に伝えられるよう心がけましょう。

志望動機は結論から述べて、その後に具体的説明を加えると伝わりやすいといわれています。文章構成も意識しながら作成してみましょう。

 

ワンポイント

志望動機はいかに採用担当者の印象に残るかが勝負です。

転職を成功させるためにも具体的なエピソードをいれた志望動機にしましょう。

プログラマーとしてアピールすべきポイントは?

ではプログラマーに求められるスキルについて紹介します。

プログラマーに活かせるスキルをアピールすることで転職の成功率が上がります。

まだスキルが不足している人は、自信をもってアピールできるレベルまでスキルアップを目指すことも大切です。

以下の項目を参考に自分のスキルをアピールできる志望動機を作成しましょう。

コミュニケーションスキル

社内コミュニケーション

プログラマーにかかわらずコミュニケーションスキルが高い人は転職で有利です。

プログラマーの仕事もただプログラミング言語を使用して黙々と作業をするだけではありません。

クライアントの希望に沿ったWebサイトを構築するために、ヒアリング能力社内の他部署の人との連携が求められます。

コミュニケーションスキルがあると周囲の人とも良好な人間関係を築けるため転職の強みとなるでしょう。

論理的思考力

案内

論理的思考力もプログラマーに求められるスキルの1つです。

Webサイトを構築する際に、プログラマーは論理的思考を使って詳細にコンピューターに指示出しをする必要があります。

論理的指示ができないとシステムのエラーが発生し仕事の効率化を下げる原因となります。

また論理的思考力は人とコミュニケーションをとる上でも役立つものです。

論理的に発言できる人は相手に分かりやすく伝えたい内容を伝えることができます。

これからプログラマーを目指す人は普段から論理的に物事を捉える練習をしておきましょう。

プログラミングスキル

パソコン

プログラマーは未経験からでも応募できる職種ですが最低限のプログラミングスキルは求められる仕事です。

プログラミングスキルが無くてはプログラマーとしての業務が円滑に進められません。

だからこそプログラミングスキルの高い人は転職の際非常に有利に働きます。

これからプログラマーを目指すのであればまずはプログラミングの勉強から始めましょう。

プログラマーとSEの関係性

考える女性

プログラマーはSE(システムエンジニア)の登竜門といわれています。

プログラマーとシステムエンジニアの大きな違いは業務範囲の違いです。

一般的にはプログラマーは下流工程、システムエンジニアが上流工程を担当するように区別されています。

プログラマーがプログラミングに専念するのに対し、システムエンジニアはもう少し難易度が高い業務を行うスキルが必要です。

システムエンジニアになるとソフトウェアの開発や設計書の作成、そして開発チームの管理まで幅広い対応が求められます。

これからプログラマーを目指す人にとってシステムエンジニアが将来のキャリアパスの1つになるでしょう。

 

ワンポイント

プログラマーからシステムエンジニアに転職する人も多いです。

まずはプログラミングの知識を十分に身につけて理想のキャリアパスを実現しましょう。

志望動機の書き方のポイント

次に志望動機の書き方のポイントを紹介します。

以下の項目を参考に自分なりの志望動機を考えてみてください。

プログラマーを志望した理由を明確にする

女性

未経験からのプログラマーの志望動機として、採用担当者が知りたいのはプログラマーを志望した理由です。

ただ「憧れ」や「給料が高いから」などの理由では採用担当者の印象に残りません。

プログラマーの業務のどんなところになぜ惹かれたのかを具体的に説明できるようにすることが大切です。

例えば、論理的思考力を自己PRしつつプログラミングの現場で活かしたい理由を伝えられる内容だと理想的です。

まずは自己分析をしっかりしてプログラマーを志望した理由を明確にしましょう。

応募先企業の特徴を知る

上を指さすビジネスウーマン

応募先企業の特徴を知ることも志望動機を考える上でのポイントの1つです。

志望動機はいわゆる企業と求職者のお見合い書類のようなものといえます。

志望動機の内容が企業の求める人物像と一致するかどうかは非常に重要なことです。

まずは企業研究をしっかり行い企業の求める人物像や企業の特徴、そして業務内容まで詳細に把握しましょう。

志望動機を書く際の注意点は?

志望動機を書く際の注意点として以下のことがあげられます。

以下の項目を参考に志望動機で失敗しないようにしましょう。

サンプルなどをコピペしない

ビジネスウーマンとマルとバツ

志望動機の書き方がわからなくてインターネットで調べた志望動機例などをコピペして使用することはNGです。

どんなに魅力的な志望動機でも人のコピーを使用してはそこに自分らしさを表現することができません。

またサンプルは万人にうける定型文的な存在なためありきたりな内容であることが多いです。

あとからコピペだったことが発覚したら虚偽罪に問われるかもしれません。

リスクが高く採用担当者の印象にも残らないため、サンプルなどのコピペは絶対にしないようにしてください。

ありきたりな表現は避ける

バツの札を持つ女性

「パソコンをいじるのが好きで」などのありきたりな表現は志望動機に使用しないようにしましょう。

「プログラマーになるのが夢でした」などの表現もおすすめできません。

ありきたりな表現は採用担当者の印象に残らないというデメリットがあります。

特に書類選考での志望動機は採用担当者も多くの書類に目を通すため印象に残らないと不合格になるでしょう。

志望動機を作成するさいはなるべく具体的に自分にしか語れない動機を意識しましょう。

 

ワンポイント
志望動機で採用担当者に好感を持たせるためには、具体的な説明と企業の求める人物像と一致するアピールが大切です。

プログラマーの志望動機の例文

では実際にプログラマーの志望動機の例文を確認してみましょう。

以下の項目では経験やスキル別に志望動機の例文を紹介します。

未経験からの志望動機例文

初心者マークを持つ女性

「社会のIT化に貢献してより多くの人の心に残るWebサイトを作りたいのでプログラマーを志望します。

貴社は研修制度が整っており未経験のプログラマー育成に力を入れているので応募しました。

私は幼少より時代急速な変化を肌で感じつつテクノロジーの発展に非常に関心を持っています。

子どものころは紙ベースのテキストが当たり前でしたが最近はWebテキストも普及し始めているからです。

今後ますますメディアなどのIT化が進むと予測するため私もIT化に貢献できるスキルを身につけたいと思いました。

5年後はプログラミング言語を5つ習得するだけでなく、システムエンジニアにステップアップもしたいと考えています。

貴社は社内教育に力を入れているため、プログラマーからのキャリアパスをしっかり描ける点でも魅力的です。

私が採用されたら10年選手となって次期プログラマーの育成にも貢献できるようになります」

プログラミングの学校を卒業した人の志望動機例文

ガッツポーズの女性

「Webサイトを支えるプログラミングに非常に可能性を感じてプログラマーを目指しています。

IT化が進む中で私もキャリアチェンジをしてIT系のスキルアップを目指したいと思ったことがきっかけです。

私は前職で5年間カスタマーサービスの仕事をしておりました。

カスタマーサービスの仕事はパソコンのシステムを使用した入力作業が非常に多いです。

しかしシステムに不具合が起こった際に自分で解決できないことが多く、いつもIT担当の人にサポートしてもらっていました。

もともとITスキルは得意な方だったので自分でもサイトのエラーを解決したいと思いプログラミングのオンライン授業を受講しました。

現在はJAVAプログラミング能力検定を3級を取得しています。

プログラマーとしては未経験ですが、前職で培ったコミュニケーションスキルはプログラマーの業務でも活かしたいです。

貴社はコールセンターなどで使用できるソフトウェアの設計や開発もしているため私の経験を最大限活かせると思いました」

経験者の志望動機例文

スーツの女性

「今後アプリが主流の世の中になると考えたためアプリケーションプログラマーへの転職を決意しました。

私は現職●●会社にてWebプログラマーとして5年実績があります。

Ruby・PHP・Python・JavaといったWebサイト関連のプログラミング言語は一通り習得しています。

最近はWebサイトよりもアプリの開発の需要が増えたため独学でKotlinやSwiftも勉強し、実際にアプリを自作しました。

アプリの開発にはプログラミングスキルだけでなくデザインスキルや自己解決スキルなども求められます。

私のWebプログラマーとしての経験を活かしてより良いアプリ開発に貢献したいです」

プログラマーの志望動機のNG例

次にプログラマーの志望動機を考えるにあたりNGな例を紹介します。

以下の項目を参考に失敗しない志望動機の作成を心がけましょう。

ネガティブな志望動機はNG

考える女性

「プログラマーの仕事は個人作業が多いので人見知りな私には向いている仕事だとおもいました。

私は学生時代より引きこもりで自宅でパソコンを相手に過ごしていたためプログラミングを独学で習得しました。

現在はアプリの開発やWebサイトの開発まで幅広く対応できます。

人と関わることが苦手なため貴社でもっと実績を積んで将来的には在宅ワークで独立したいと思います」

あいまいで勉強姿勢な望動機はNG

NG

「私はパソコンが好きでパソコンに関わる仕事に就きたいと思いました。

プログラミングの仕事はパソコンとずっと向き合うことができる仕事なので大変魅力を感じています。

貴社のプログラマーは様々なWebサイトの開発ができるためスキルアップが目指せることが魅力です。

将来はプログラマーとして豊富な知識を身につけたいとおもいます」

NG例の改善点

ポイント

志望動機はあくまで自己PRのツールとして考える必要があります。

プログラミングスキルがどんなに高くても、協調性のなさやネガティブな人間性がイメージできる内容だと採用に至りません。

また未経験可のプログラマー採用でも「会社に教えてもらえばいいや」という受動的な学習姿勢ではマイナスな印象につながります。

未経験の人はとくにポジティブに自分の経験をどのように活かせるかを強調できるようにしましょう。

あいまいな表現も具体性に欠けると採用担当者の印象に残りません。

志望動機はなるべく具体的に自分にしか語れないエピソードを添えて印象づけるようにしましょう。

志望動機をしっかり書いて面接対策しよう

眼鏡で笑顔の女性

書類選考において志望動機の書き方をマスターしている人の書類通過率は非常に高まります。

志望動機を考える際は絶対に書類選考に通過して面接へ参加する気持ちで作成しましょう。

以下のポイントをしっかる押さえて対策することが大切です。

  • 提出前は誤字脱字のチェックをする
  • 丁寧に記載する
  • 文章構成は結論→理由→具体例→抱負の順番で書く
  • 実績や経験はなるべく数値を記載し具体的に説明する
  • 企業の求める人材と一致する自己PRを組み込む

 

ワンポイント

志望動機の内容は具体的に計画に伝える必要がありますが、簡潔に分かりやすく伝えることも大切です。

志望動機を見て採用担当者が好感を持ってくれるよう誤字脱字や字の丁寧さにも気をつかいましょう。

志望動機をしっかり書いてスムーズに面接へ臨めるよう準備をしてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職の悩みや相談は転職エージェントに相談することをおすすめします。

特にプログラマーの転職は転職エージェントが非公開求人を持っている可能性が高いのでメリットです。

転職エージェントを活用すると提出書類の添削や面接対策など幅広くサポートしてもらえます。

効率的に転職を成功させたい人は是非この機会に登録してみてください。

まとめ

パソコンと女性

プログラマーの志望動機の書き方のポイントはつかめましたでしょうか。

志望動機は具体的に分かりやすく記載すること、そして企業の求める人材と一致することが非常に大切です。

まずは企業分析と自己分析をしっかりと行い志望理由を明確にしておきましょう。

志望動機を効果的に作成できるようになると面接での質疑応答も具体的で魅力的な回答ができるようになります。

面接対策も意識しつつ志望動機を準備することが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら