社内・社外へ向けた企業活動の発表や宣伝を行うPR広報の仕事は女性に人気があります。

今回はそんなPRや広報の志望動機の書き方と例文をご紹介します。

あわせて面接での質問例もご紹介するので、ぜひ転職活動の参考にしてください。

PRや広報の志望動機の書き方を解説

マーケティングイメージ、パソコン、ペン

PR広報と聞くと、企業の企画や施策といった活動を周囲に知らせる仕事というイメージを持たれることでしょう。

しかし、その仕事内容は多岐にわたっており、企業によって違ってくるのが実状です。

PRや広報の志望動機を書く時は、まず自分がどのような仕事をしたいか明確にしておく必要があります。

それに合わせて、どのようなスキルや強みが活かせるか考えていきましょう。

 

ワンポイント
PRや広報の志望動機はどんな仕事をしたいかをまず考えてから、活かせるスキルや強みを探します。

PRや広報の志望動機の書く時のポイント

仕事内容を押さえたうえでPRや広報の志望動機を書く時にチェックしておきたいポイントは何なのでしょうか。

ここでは特に大事になるポイントについて解説していきます。

PRや広報の業務内容への理解を深める

上を指さすビジネスウーマン

PRと広報は同じものと思われがちですが、厳密には違うものです。

まず広報は企業活動を社内・社外へ発表し、広く知らしめることを目的としています。

広報の業務は大きく、以下の3つに分けられます。

  • 社外広報
  • 社内広報
  • IR広報

社外広報は自社の情報や活動についてのプレスリリースを作成したり、記者会見のセッティングを行ったりします。

世間一般からの認知度を上げて良いイメージを持つファンを獲得するために仕事をするのです。

会社の信用度を背負うことになるため、責任の大きい業務をこなすことが多くなります。

社内広報は社内報の作成や新情報の連絡といった、社内の連携を深めるための業務が多くなります。

社外広報は外部の人々と関わりますが、社内広報は社内の様々な部署と関わることが多くなるでしょう。

IR広報は有価証券報告書の作成など、企業の経営状況や財政を投資家に対して発信する業務を担います。

対してPRは顧客や株主・取引先といった企業周辺の人々と良好な関係を築くための活動をするものです。

自社のサービスや製品を広く知らしめるための戦略を立てます。

そのために、市場調査と分析・予算の管理など、広報よりも戦略的な業務が多くなるのがPRなのです。

こうした業務内容を理解した上で、自分が入社後に取り組みたい業務を明らかにしておきましょう。

PRや広報になりたい理由を明確にする

志望動機の中では、なぜPRや広報に転職したいのかという理由を明確にしましょう。

その職種に転職したいという動機づけがはっきりしていなければ、採用担当者には熱意が伝わりません。

ただなりたいという理由をやみくもに伝えるのではなく、PRや広報になったら何をしたいかという点も伝えると効果的です。

PRや広報に必要とされるスキルや強みを持っていることと絡めてその職種を選んだ理由を考えると良いでしょう。

良好な人間関係を構築したエピソード、戦略立案で得た成果など、具体的なスキルや強みをアピールします。

なぜその企業なのかを説明する

ノートパソコン、考える女性

職種に関わらず、その企業を選んだ理由はどの志望動機でも書くべきポイントです。

ここを明確にしないと、「自社に入社する必要性がないのでは?」と採用担当者から思われてしまいます。

企業を選んだ理由を示す際、どの企業でもいえるような表現はNGです。

事業内容や理念、対象となる顧客層や組織は企業ごとに違うものです。

その企業の事業や理念のどこに共感したのかなど、その企業ならではの要素を出来る限り具体的に盛り込むようにしましょう。

志望動機では細かな企業研究をすることが必要不可欠です。

PRや広報には情報収集力も求められます。

共感したポイントや魅力を感じるポイントを明確にすることで必要なスキルのアピールもできるでしょう。

内容に具体性を持たせる

志望動機はその企業でその職種として働きたいという熱意を伝えなければいけません。

その熱意を裏付けるのが具体性のある企業選びの動機や職種を希望する理由なのです。

どの企業や職種にもいえるような曖昧な内容ばかりでは採用担当者の心を射止めることはできません。

企業は長く共に働ける人材を求めます。

職種を選んだ理由や企業選びの動機から、応募者の理想とする企業と自社が共通しているか判断します。

ここで認識に差があると、入社したにも関わらずすぐに離職する可能性があるためです。

そうなると、企業にとっても応募者にとってもメリットがありません。

具体性のある志望動機は企業研究の成果を見せる場ともいえます。

情報収集力が求められるPRや広報において具体性はより重要なポイントといえるでしょう。

PRや広報への転職でアピールすべきこと

PRや広報には志望動機を書く時のポイントに加え、転職でアピールすべきことがあります。

ここからはそのアピールポイントを解説していきます。

広報やPRの経験があること

指示棒を持つ女性

広報やPRは人脈づくりと仕事の理解度が重要視されます。

これまでに広報やPRの経験があれば、転職後もそれらを活かすことができるためアピールすべきです。

経験者の場合は、前職での成果や身につけたスキルを具体的なエピソードと共に紹介しましょう。

中途採用は即戦力となる人材を求める傾向が強いのが特徴です。

具体的な実績やスキルを伝えることで、入社後の明確な活躍イメージを採用担当者に与えることができます。

丁寧な作業ができること

PRや広報は会社の顔として情報を発信する責任の大きな仕事です。

その発信する情報が間違っていたりすると、会社の信用度が低下してしまいます。

高い集中力を持ち、作業の間違いを見逃さない丁寧さと責任感の強さを持っていることはPRや広報にとって重要です。

そのため、作業の丁寧さは大きなアピールポイントとなります。

責任の重さに圧し潰されない精神力も求められるため、ストレス耐性についてもアピールしておくと良いでしょう。

文書作成が得意なこと

企業分析資料、ペン、付箋

PRや広報は社内文書や社外文書といった正式文書を完璧に作成する必要があるため、文書作成スキルも求められます。

文書を作成する際には、誤字脱字はもちろん、文章の表現も正確でなければなりません。

プレスリリースやPR用の文書に加え、謝罪文や社内の異動・事業に関する情報公開文書の作成経験も活かすことができます。

様々な目的に応じた文書を正しく作成できるスキルがあることも、大きなアピールポイントとなるでしょう。

 

ワンポイント
PRや広報の志望動機では業界経験や丁寧な作業ができることをアピールしましょう。

未経験の人が志望動機を書く時のポイント

初心者マークを持つ女性

未経験者が新たな職種に挑戦したいと考えたとき、志望動機ではどのようなことを押さえておけば良いのでしょうか。

即戦力を求める傾向が強い中途採用でも、未経験者を歓迎している企業は数多く存在します。

未経験者を歓迎している企業が志望動機で重要視している主要ポイントをご紹介します。

  1. その職種を選んだ具体的な理由
  2. その企業で働きたい具体的な理由
  3. 業務で活かせるこれまでの経験やスキル
  4. 入社後はどのようなキャリアパスを描きたいか

経験者のように業界経験をアピールすることができないため、熱意ややる気の重要度が上がります。

企業や職種に求められる人材を調べ、自分との共通点をアピールすることも重要です。

異業種の経験やスキルでも広報やPRの業務で活かせるポイントがあればそこもアピールしましょう。

例えば、PRや広報では様々な人と関わるためコミュニケーションスキルが求められます。

販売職から転職を希望する場合、接客業で培ったコミュニケーションスキルは大きなアピールポイントとなるのです。

また、入社後に経験を積んで長く活躍してもらいたいと考える企業が多いため、将来性も重視されます。

入社後にどのようなキャリアパスを描いていきたいのか出来る限り具体的に伝えるようにしましょう。

その際、企業の事業展開や応募職種の業務内容と矛盾するようなことは伝えないように気を付けてください。

そうすることで、仕事と企業に対する理解度の高さと将来的に活躍できる将来性のアピールができます。

PRや広報の志望動機の例文

ここまで、志望動機を考える際のポイントをご紹介しました。

では、ここでPRや広報の志望動機の例文をご紹介します。

経験者が広報に応募する場合

紹介する仕草をする女性

これまでの広報の経験を活かし、貴社の製品をより多くの方に届けたいと思い応募いたしました。

私は前職では5年間、広報担当として社内・社外どちらの広報業務も行ってきました。

社内報やプレスリリース等の文書作成、メディア向けイベントの計画や取材対応も経験があります。

インターネットでの広報活動を基軸に、雑誌やテレビといった外部メディアも活用していました。

インターネットでの広報活動は若年層の顧客獲得には効果的です。

しかし、主婦層の顧客獲得には課題があったため、婦人向け雑誌への広告やテレビCMの放送時間帯を昼時に設定するなどの施策を行いました。

そうすることで、主婦層の顧客を獲得することができました。

こういった戦略立案や、メディア関係者との交渉は得意分野です。

プレスリリースの作成や取材対応についても経験があるため、幅広い部分でお役に立てると考えております。

貴社の製品は業界内でもトップレベルですが、主婦層の認知度がくすぶっているのが見受けられます。

これまでの経験を活かし、主婦層に拡大など貴社のさらなる成長に貢献して参ります。」

未経験者がPR職に応募する場合

「私は6年間、アパレルショップで販売員として働いています。

1対1の接客が多かったため、最初は顧客ニーズをうまく汲み取れず苦労しました。

しかし、業界のトレンドや顧客の特徴を研究し情報収集することでニーズを汲み取る力を培いました。

その結果、個人目標に対して●%の達成率を打ち出すことができたのは私の誇りといえます。

こういった経験から、現場ではなくより作り手側の企業から顧客ニーズに応える仕事をしたいと考えるようになりました。

企画から事業に携わってプロダクトイメージを作り上げることができるPR職に魅力を感じています。

オリジナル商品のプレスリリースや広告の作成も担当していたので、その経験が活かし貴社に貢献したいと考えています。」

PRや広報の志望動機のNG例

PRや広報の志望動機にはNG例もあるので、自分の志望動機と重なる箇所がないかチェックしておきましょう。

経験者の場合

バツマークを指さす女性

「前職では広報業務とPR業務を担当していました。

担当者は自分1人だったので、マルチタスクをこなしながら働くことは得意です。

これまでに多くのプロジェクトにも関わっていました。

貴社に入社した後は、□□に関わる広報業務を行い、業界認知度を上げていきたいです」

この例文では経験者であることはわかりますが、具体的にどのような業務を行っていたか明記されていません。

これまでの経験の具体性がないため、採用担当者も入社後の将来像を想像できないでしょう。

広報やPR業務は企業によってやることが違うため、具体的に何ができるのかアピールすることが大切です。

また、プロジェクトに関するアピールも、どういった立ち位置でどのようなことをしたのか明記しましょう。

未経験者の場合

「現在は○○の事務職で働いていますが、業績不振が続いており、倒産の心配があります。

そこで業界内でも最大手であり、業績を伸ばし続ける貴社へ応募しました。

広報の経験はありませんが、社内・社外文書の作成は経験があるのでお役に立てると思います。

入社後は貴社の教育制度で色々と学びたいと考えています」

この例文では、まず転職理由がネガティブなものであるのがNGポイントです。

たとえ真実であっても、ネガティブな転職理由をそのまま伝えると応募企業に不信感を持たれてしまいます。

転職理由は嘘のない範囲でポジティブに言い換えて伝えるようにしましょう。

また、活かせるスキルはあるものの、企業独自の業務や理念に対する具体的な共感ポイントがありません。

「学びたい」という姿勢を示すのは良いことですが、企業の教育に頼り切るのではなく、自主的に学ぶ姿勢を示す必要があります。

入社後も自ら学ぶ姿勢がないことで、意欲がなく将来性が低いと考えられてしまうでしょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く時は経験やスキルの具体性を意識しましょう。

PRや広報の面接での質問例

PRや広報の面接では一体どのようなことを質問されるのでしょうか。

続いては面接でよく聞かれる質問をご紹介します。

活かせる経験やスキル

考えるビジネスウーマン

中途採用の場合、企業が求めているのは入社後に即戦力として働ける人材です。

そのため、業務で活かせる経験やスキルについては必ず質問されます。

応募者の回答によって、業務に向いているか、どんな活躍が期待できるかなどを判断するのです。

全く活かせない経験やスキルをアピールしても効果はありません。

PRや広報に活かすことができる経験やスキルを持っている人材であることを伝えるようにしましょう。

具体的には以下のような能力が歓迎される傾向があります。

  • コミュニケーションスキル
  • 人脈構築力
  • 文書作成スキル
  • 情報収集力
  • 戦略立案力

経験者・未経験者問わず、上記のようなスキルの中から自分に当てはまるものをアピールしましょう。

入社後のキャリアプラン

キャリアプランのイメージ、手に希望を持つ女性

社員を1人雇うには莫大なコストがかかります。

そのため、企業に貢献できる能力や意欲がない人材は出来る限り採用しないようにしたいというのが企業の本音です。

入社後のキャリアプランを具体的に考えている場合は、働く意欲や貢献できる能力があると判断されます。

しかし、キャリアプランが曖昧であったり、自主的に働く気がなかったりする場合は将来性がないと判断されてしまいます。

漠然としたキャリアプランではなく、5年後・10年後どのように活躍していたいかなど、具体的に回答しましょう。

転職理由

中途採用の応募者は何らかの理由があって元々いた企業を辞めて転職しようとしています。

企業としては、その転職理由を確かめたいと考えるのが普通です。

それがネガティブなものだと、応募企業に入社しても同じような理由で退職するのではないかと思われてしまいます。

例え実際の理由はネガティブなものだとしても、出来る限りポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

ただし、ポジティブにするために虚偽の成果や理由を付け加えることはNGです。

ポジティブに言い換えつつ、嘘にならないような表現を心がけましょう。

 

ワンポイント
PRや広報の面接では活かせる経験やスキルや入社後のキャリアプランを聞かれます。

PRや広報の面接で気を付けること

ビックリマーク、女性の手

PRや広報の面接では、それまでの経験やスキルに加えて、社会人としてのマナー身だしなみも見られています。

会社の顔となる人材を求めているため、だらしない身だしなみや失礼な態度をとる応募者は不採用となるでしょう。

質疑応答対策に加え、清潔感のある身だしなみができるように服装や髪形を整えておくことは重要です。

入退室マナーや挨拶など基本的な社会人マナーについても今一度確認しておきましょう。

また、面接は採用担当者とのコミュニケーションの場でもあります。

質問に対して的外れな回答をしないよう、採用担当者とのコミュニケーションを意識して面接に挑みましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

人差し指を立てる女性

PRや広報への転職では企業研究が大切になります。

企業によってPRや広報が担当する事業内容や求められるスキル・理念が変わるためです。

また、自分を売り込むための自己分析も重要となります。

しかし、企業研究と自己分析を1人で行う余裕がない場合もあります。

そんな時は迷わず転職エージェントの力を借りましょう。

転職エージェントは転職活動全般のサポートを行っています。

求人紹介から志望動機の作成サポートに加え、面接対策もしてくれるので、転職活動における強い味方です。

まとめ

ノートパソコン、笑顔の女性

PRや広報は企業によって求められるスキルや担当する業務が変わるため、企業研究が重要なポイントとなります。

企業や業務内容への理解を深め、その上で活かせるスキルをアピールしましょう。

また、会社の顔として仕事をするので身だしなみや社会人マナーも見られています。

転職活動で悩みを抱えているときは転職エージェントに相談して、希望する企業の内定を勝ち取りましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら