生産管理とは製品の生産から出荷までを管理するメーカーでは重要な仕事となっており、経験と知識が必要な職種です。

生産管理ではどのような資格を取得していると転職に有利なのでしょうか。

こちらでは資格を取得することがどのようなメリットにつながるのか、また転職に有利なのかを解説しています。

生産管理で女性が活かせる資格のこともお話ししています。ぜひ参考にしてください。

生産管理の転職に有利な資格をご紹介

笑顔の女性

生産管理の転職で活かせる主な資格には「生産管理オペレーション」と「生産管理プランニング」があります。

二つの資格は中小企業診断士の試験の「運営管理(オペレーション・マネジメント)」という科目でも学べます。

中小企業診断士は国家資格です。経営コンサルタントに関する資格で難易度も高く、取得していると転職にはかなり有利でしょう。

ビジネス・キャリア検定試験は生産管理の転職には有利な資格の一つですが、こちらは国家試験ではなく公的資格になります。

「生産管理オペレーション」と「生産管理プランニング」はビジネス・キャリア検定試験の中の資格です。

生産管理の仕事で必要な資格は?

ポイント

生産管理に直接必要な資格は「生産管理オペレーション」「生産管理プランニング」です。

どちらも生産管理には必要な知識で、スキルの有無をはっきりと示すために取得しておきたい資格です。

それぞれどのような資格なのか詳しくお話ししていきましょう。

生産管理オペレーション

生産管理オペレーションは実際に生産システムの運用に携わる人のための資格で、製造作業の管理を行います。

また生産管理オペレーションは生産計画から実際の製造過程においても全体的な管理を行い、出荷納品まで気を配ります。

過剰生産を防ぎスムーズに商品を流通させるために、生産管理オペレーションの資格は生産管理の仕事に有利といえるのです。

生産管理プランニング

生産管理プランニングは生産管理の仕事の中で生産システムの設計生産計画を行うための資格です。

生産する上での問題点を改良し工夫する力を持っているという証の資格なので、生産管理には無くてはならない資格といえます。

生産管理オペレーションと生産管理プランニングは公的資格ですが、国家資格である中小企業診断士も生産管理に必要な資格です。

中小企業診断士の試験では、運営管理で生産管理オペレーションと生産管理プランニングの知識が必要となります。

 

ワンポイント
 生産管理に必要な資格は生産管理オペレーションと生産管理プランニングです。

生産管理の資格を取得するメリット

メリット

生産管理オペレーションや生産管理プランニングなどの資格の取得には仕事を円滑に行うというメリットがあります。

商品の知識を幅広く身につけられ、企業全体の利益に関わることができるのも資格を取得するメリットです。

特に女性の場合には資格を取得することは大きな力となります。女性の柔軟な目で生産管理の仕事をする上でも資格があると有利です。

転職において有利

生産管理への転職においても資格は有利となります。国家資格の中小企業診断士の資格は総合的な面でより有利となるでしょう。

資格の取得により能力やスキルを充分に活用できキャリアアップし、生産管理の仕事での中心的な活躍も期待できます。

将来的にはしっかりとしたキャリアパスを描きそれに向かうためにも、生産管理における資格の取得は強みとなります。

業務に活かせる知識が身に付く

資格を取得することはまた、業務に活かせる知識を身につけることができるということです。

転職後に企業側から資格の取得を求められる場合もあるほど、生産管理にとっては資格を持っていることは重要とされるのです。

資格を取得しておくことのメリットは生産管理の仕事を広い視野で見られることや、工程を管理し効率のよい生産を望めることにもあります。

 

ワンポイント
生産管理に必要な資格を取得することは業務に活かせる知識を持つということです。

資格のレベル別の特徴

レベル

資格によってレベルは違っており、生産管理オペレーションでは3級と2級で1級は生産管理プランニングを併せた資格となります。

生産管理プランニングではBasic級・3級・2級・1級に分かれていますが、Basicは基礎的な知識、1級は合格率も低く難易度も上がります。

そのために生産管理オペレーション生産管理プランニングともに2級3級の資格を取得する人が多いようです。

それぞれの級のレベルと内容を確認していきましょう。

3級 初級者レベル

勉強

生産管理オペレーションの3級は初級者レベルで、生産管理の作業工程での基礎的な知識を問われます。

生産管理プランニングも3級は初級者レベルですが、生産システム生産計画・製品企画設計監理などBasic級よりは専門レベルです。

 2級 中級者レベル

生産管理オペレーションも生産管理プランニングも2級は中級者レベルとなります。

生産管理オペレーションでは2級は管理職としての知識が必要となります。マネージャ―クラスを対象としているといえるでしょう。

生産管理プランニングの2級は受ける分野によって試験内容が違ってきます。

分野は2つで「生産システム生産計画」と「製品企画設計監理」です。生産システムはさらに「加工組立プロセス」に分かれます。

選んだ分野によって難易度が違うので注意が必要です。どの分野を受けるべきかじっくり考えて選ぶようにしてください。

ある程度知識やスキルがあれば2級からの試験を受けることも可能ですが、未経験者は3級からステップアップが望ましいでしょう。

生産管理のキャリアアップに役立つ資格

ガッツポーズする女性

生産管理のキャリアアップに役立つ資格には次のようなものがあります。それぞれ解説していきましょう。

  • 生産管理オペレーション
  • 生産管理プランニング
  • 品質管理検定
  • PMP
  • 情報処理技術者試験

生産管理オペレーションも生産管理プランニングも公的な資格で信頼性の高い資格です。

資格を取得することで生産管理の転職に役立ち女性のキャリアアップにも役立つので、ぜひ挑戦してください。

生産管理の転職に役立つ資格は他にもあります。難易度はさまざまですが品質管理検定・PMP・情報処理技術者試験をとりあげましょう。

品質管理検定

品質管理検定はQC検定と呼ばれているもので、品質管理に関する知識をどれくらい持っているかを評価する検定試験です。

レベルは4級から1級に分かれており、これから企業で働く人からすでに充分な知識を持って働いている人まで対象は幅広いです。

日本の企業のほとんどが品質管理を実施しているといっても過言ではないほど、品質管理は重要な仕事となっています。

品質管理に関する知識や能力が不可欠となっているのです。知識の有無を見極めるため検定での評価はアピールポイントとなるのです。

PMP

PMPとはプロジェクトマネジメントプロフェッショナルの略語で、PMP資格はプロジェクト管理のためのスキルを証明する資格です。

PMP資格を取得できれば生産管理の転職やキャリアアップに大いに役立つでしょう。

ただPMPの受験資格にはプロジェクトマネージメントの経験年数が必要なので、しっかりと確認した上で受験してください。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験はIT全般的な知識からネットワークやセキュリティなどに特化した試験から成り立つ国家資格です。

スキルレベル1から4まででステップアップしていきますが、いずれも合格率が低く、比較的難関となっています。

ITパスポートは合格率が50%前後ですが、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験は20%前後とかなり難しい試験といえるでしょう。

資格取得の方法

女性がっつ

資格の取得に関しては、それぞれの方法があります。生産管理の転職に大きく関わる資格を例に挙げてお話ししましょう。

生産管理に必要な資格のうち、生産管理オペレーションと生産管理プランニングについて申込方法や費用などを解説します。

申し込み方法・費用

メモ

生産管理オペレーション生産管理プランニングともにインターネットでの申込郵送での申込が可能です。

毎年2回前期と後期に分けて試験が行われます。個人での申込の他に学校や法人単位での申込も可能となっています。

申込期間は前期は3ヵ月間、後期は2ヵ月間ですが試験日2ヵ月前には締め切られるので注意してください。

受験料は生産管理オペレーション、生産管理プランニングともに3級が税込み6,200円2級が税込み7,700円となっています。

合格率・試験概要

生産管理オペレーションの試験形式は3級が四肢択一で2級が五肢択一となっています。試験時間は110分で40問となります。

2級では分野ごとの試験になっていますが、内容的には同じです。

生産管理プランニングの試験形式は3級も2級も四肢択一となっていますが、2級では分野によって受ける試験が違います。

内容や難易度も分野により違ってくるので、どの分野の試験を受けるかを決める時には充分検討してください。

合格率は生産管理オペレーション3級で約55.2%、2級では作業工程設備管理分野が約31.7%、購買物流分野は約38.3%となっています。

生産管理プランニングでは3級の合格率は72%、2級では加工型35%プロセス型47%など試験を受ける内容で大きく違ってきます。

 

ワンポイント
 生産管理オペレーションと生産管理プランニングの試験は年2回実施されます。

過去の問題の傾向や勉強方法は?

タブレットで説明するビジネスウーマン

生産管理オペレーション3級の場合の問題では最も不適切なものは何か、もしくは最も適切なものは何かの四肢択一となっています。

うっかりすると適正と不適正を間違って解答する可能性もある問題の出し方となっているので落ち着いて問題に向いましょう。

事前にしっかりと勉強しておけば答えられるものが多いです。ただ40問を110分で解答するためかなり根気がいる試験です。

生産管理プランニングもほぼ同様の問題となっています。どのような問題の傾向があるのかを確認していきましょう。

問題の傾向

生産管理オペレーションは「作業・工程・設備」「品質・原価・納期」などの管理基礎より問題が出されます。

一見すると複雑な問題に思えますが、日ごろからテキストを繰り返し読んでいれば答えられる問題が多いのです。

ただ実際に仕事に従事した人でなければわかり難い質問もあり、仕事内容と照らし合わせて勉強することが合格のポイントです。

生産管理プランニングの3級は72%と比較的高い合格率ですが、2級は分野によっては難易度がより高く合格率も低くなっています。

過去の試験問題は職業能力開発協会のホームページで確認できるので、チェックするのもよいでしょう。

問題の傾向やその内容もホームページで確認し試験勉強の目安にしてください。

もちろん日頃からしっかりとテキストや過去の問題集で勉強をすることが合格のためには何よりも大切です。

効果的な勉強方法

勉強

実際に生産管理の仕事をしている場合でも勉強せずに試験に臨むのは無謀です。しっかりと勉強して試験に臨みましょう。

試験を主催している協会が編集した問題集やテキストまたは市販のテキストを利用して勉強するようにしてください。

過去の問題を繰り返しやってみるのも方法の一つです。そうすることで問題の傾向もみえてきます。

毎日少しずつ勉強しながら、生産管理の仕事についてもテキストなどで確認すると問題の解答がわかりやすくなります。

特に3級の場合テキストを繰り返し読むことが大切です。何度も読み返して自分のものにすることが合格への近道なのです。

資格を活かして生産管理に転職するには?

女性

生産管理への転職は企業側が即戦力を希望することが多く、未経験者では難しい場合が多いのが実情です。

ただ生産管理に必要な資格を取得していることは、転職への大きな強みとなります。

生産管理での求人が無い場合もありますが、その場合他の部署への転職から資格を活かして生産管理へという道もあるのです。

取得した資格を活かしての転職のことは転職エージェントに相談するのが転職成功への近道です。

 

ワンポイント
 資格を活かした転職相談は転職エージェントを活用するのが近道です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

生産管理への転職はお話ししてきたように即戦力として働いて欲しい企業が多いのです。

資格を取得している場合にはそれを活かす方法があります。まず転職エージェントに相談してください。

一人では解決しない問題も転職エージェントが解決に導いてくれるでしょう。

せっかくの資格を活かせるように、転職エージェントの力を借りて転職を成功させてください。

まとめ

指を差す女性

生産管理に活かせる主な資格には、生産管理オペレーションと生産管理プランニングがあります。

生産管理オペレーションは生産計画から製造過程において全体的な管理を行い、出荷納品まで管理するための資格です。

生産管理プランニングは生産管理の仕事の中で生産システムの設計や生産計画を行うための資格です。

資格を活かして生産管理への転職するにはまず他部署へ転職し仕事に慣れてから生産管理へという道筋が近道となる場合が多いのです。

資格を活かす転職は経験豊富な転職エージェントに相談して下さい。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら