工程管理・生産管理という仕事をご存じでしょうか。

工程管理は、製品の品質・数量を決められた納期に生産するために管理をする仕事です。

そんな工程管理に転職を考えている時、どういった志望動機を書けば良いのでしょうか。

求められる適性やスキル、アピールポイントをまとめました。

志望動機の例文もご紹介します。

これから転職を考えられている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

Contents

工程管理の志望動機の書き方を解説

作業服、女性

工程管理と聞いて、どんな仕事内容なのかイメージがわかないという方も多いかもしれません。

工程管理は、納期を確保して各工程の作業が予定通りに取り組めているのかを管理する仕事です。

「工程管理に興味がある。」

「これから、工程管理に転職を考えている。」

「どんな風に面接官にアピールすれば良いのか分からない。」

面接官に自分自身をアピールして、良い印象を残すにはどのような志望動機を書けば良いのか。

志望動機の書き方を解説します。

工程管理に求められる適性をチェック

ポロシャツ、女性

まず始めに、工程管理に求められる適性をチェックしておきましょう。

適性を知ることで、自分自身のスキルの見直しアピールポイントを考えることができます。

早速、工程管理に求められる適性を3つご紹介します。

地道にコツコツと努力できること

工程管理は細かなパーツの発注から製品が完成し、出荷するまでのたくさんの工程を管理する仕事です。

納期を守るために、作業の進行状況を管理したり細かなパーツの発注・製品出荷まで業務内容は多岐にわたります。

基本的な業務は、表立ったものではなく裏方の作業となり縁の下の力持ちとして働く場合が多いです。

工程管理は、派手な業務ではありません。

製品の品質向上のために、日々小さな改善や努力といったことが求められます。

地道にコツコツと努力することで、製品の品質向上・安定に繋がります。

そのため、地道にコツコツと努力できることは工程管理に求められる適性の1つです。

多くの人を巻き込んで仕事できること

指をさす女性

工程管理は、パーツ発注から製品納品までのさまざまな業務があります。

そのため、各工程ごとたくさんの人と関わって仕事をする必要があります。

工程管理は工場のリーダーとして、さまざまな部門の人に指示をだしたり指揮をとっていかなければなりません。

製品納品まで予測していなかったトラブルにより、予定していた期日より工程が遅れてしまうということも考えられます。

日々の業務やトラブルが発生した時にも、たくさんの部門の人を巻き込んで業務や問題解決に取り組まなければなりません。

たくさんの人に信頼される人間性、他部門の人を巻き込んで仕事ができる能力が求められる適性の1つです。

状況の説明を上手にできること

工程管理の仕事は、製品に必要なパーツや在庫・コストなどさまざまな状況を把握しておく必要があります。

加えて出荷までにトラブルが発生した時や、急な納期変更で予定通りに業務が進まない場合もあるでしょう。

そういった時に、状況の説明を上手にできることが求められます。

工程管理は、さまざまな部門の人を指揮し業務を進めていくことが仕事の1つです。

現場の混乱を防ぐことや、納期を守るために今起っているトラブルなど状況の説明を上手にできることが求められる適性の1つです。

 

ワンポイント
 工程管理に求められる適性は、
・地道にコツコツ努力できること
・多くの人を巻き込んで仕事できること
・状況の説明を上手にできること

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

工程管理への転職でアピールできる経験

作業服の女性

工程管理に未経験で転職する場合でも、前職で培った経験やスキルを活かせる場合があります。

どういった経験やスキルが、工程管理への転職でアピールできるのでしょうか。

アピールできる経験・スキルを2つご紹介します。

コミュニケーション力

工程管理の仕事は、たくさんの人と関わる仕事です。

主に関わるのが、

  • さまざまな部門の人
  • パーツ発注を行う他業者の人
  • 職人気質な現場の人
  • 発注先のお客さん

などです。

製品の管理をしながら、さまざまな人と交渉や調整をしなければならない場面が予測されます。

「人関わるのが苦にならない。」

「人と接するのが好きだ。」

という、コミュニケーション能力があると工程管理の転職で自分自身をアピールできるでしょう。

スケジュール管理

スーツ、女性

製品の製造は、コストや人員などが決まっています。

それと同様に、必ず納期が決められています。

どのように工場を稼動させれば、納期までに発注されている数の製品を生産し納品することができるのかを計画する必要があるのです。

決められた納期を守ることができないと、取引先からの信頼を失ってしまいます。

「納期が〇日だから〇日までにこの工程を完了させておかなければならない。」

という計画を事前に立て、予定通りに業務が進むようにしなければならないので、スケジュール管理はとても重要です。

また、在庫を持ちすぎてしまったり足らなくなってしまったりということも防がなければなりません。

前職で培ったスケジュール管理能力がある人は、面接で積極的にアピールしましょう。

 

ワンポイント
 工程管理への転職でアピールできるポイントは、
・コミュニケーション能力
・スケジュール管理

工程管理の志望動機のポイント

ガッツポーズ、女性

工程管理に求められる適性や、アピールできるスキルや経験を確認しました。

では、工程管理に転職する時の志望動機のポイントはどういったものがあるのでしょうか。

工程管理の志望動機のポイントを3つご紹介します。

業務への理解度をアピール

工程管理の仕事は、生産効率を高め作業をコントロールするといったことがあります。

企業は、時間とお金をかけて採用活動を行っています。

採用後すぐに退職されてしまわれては、投資した時間とお金がムダになってしまうのです。

そのため、業務への理解度をアピールすることで、入社後お互いのミスマッチを防ぐことができます。

面接官にも、お互い業務内容への認識にミスマッチが無いと安心感を与えることができるのです。

活躍する方法を具体的に伝える

オッケーサイン

今まで培ってきた経験やスキルが、工程管理の仕事にどう活かせるのかを具体的に伝えましょう。

そうすることで、面接官に入社後のあなたをイメージさせることができます。

業務への理解度をアピールするでもお伝えしましたが、企業は時間とお金をかけて採用活動を行っています。

採用後すぐに退職されてしまい、時間とお金がムダになってしまうことは避けたいのです。

活躍する方法を具体的に伝え入社後のあなたをイメージさせることで、面接官の不安な気持ちを取り除くことができるのです。

他社との違いを明確にする

工場で製品を生産しており、工程管理を求めている企業はたくさん存在します。

どうしてその企業を志望しているのか、他社との違いを明確にすることが重要です。

違いを明確にできていないと、

「自社ではなく、他の企業でも良いのではないか。」

と、面接官を不安な気持ちにさせてしまいます。

志望する企業のHPなどをチェックしておきましょう。

企業独自の取り組みなど企業の情報収集を行い、どうして志望する企業なのかということを伝えましょう。

 

ワンポイント
 工程管理の志望動機のポイントは、
・業務への理解度をアピール
・活躍する方法を具体的に伝える
・他社との違いを明確にする

工程管理の志望動機作成の注意点

悩む女性

いざ志望動機を作成しようとしても、どんなことを書けばいいのか分からないと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

志望動機作成の注意点として、

  • 無理に他社との違いを明確にしない
  • 自ら学ぶ意欲が感じられない
  • 待遇面だけを重視しない

などがあります。

他社との違いを明確にした理由は大切ですが、無理矢理考え事業説明を長々と書いてしまわないように注意しましょう。

自ら学ぶ意欲が感じられない、

「勉強させてもらいます。」

といった志望動機にも注意しましょう。

自ら積極的に学ぶ意識が大切です。

待遇面も転職の1つの重要な指針です。

ですが待遇面だけを重要視した志望動機も、面接官に良い印象を与えることができませんので注意しましょう。

工程管理の志望動機の例文

女性、マル

工程管理の志望動機には、どういった事を書いて面接官にアピールすれば良いのでしょうか。

これから志望動機を考える時の参考にしてみて下さい。

例「御社の〇〇という商品にひかれました」

製造している製品に魅力を感じた場合、どういった理由で魅力を感じたのかを伝えましょう。

企業が製品を通して、地元の活性化に貢献していることなど更に深い理由を述べると面接官の印象にも残りやすいでしょう。

例「〇〇という社風に共感します」

作業服の女性

社風や企業理念に共感している場合、企業研究をしていることも間接的にアピールできます。

また、入社後のミスマッチがないというイメージを面接官に抱かせることができます。

志望動機に記載しない場合でも、企業研究は必ず行っておきましょう。

例「これまで培った〇〇というスキルを活かせます。」

前職やこれまでの経験で培ったスキルで、工程管理に活かせるものがあればアピールしましょう。

資格がある場合は、資格取得に向けて努力したことも合わせて述べましょう。

最後まで諦めない力・コツコツと地道に努力できる力を伝えることができます。

培ったスキルで入社後にどのように活躍できるのかを伝え、面接官に入社後のあなたをイメージさせましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

工程管理の志望動機のNG例

女性、バツ

工程管理の志望動機の例文を確認しました。

こちらでは、志望動機のNG例をご紹介します。

自身の志望動機に当てはまっていないか、確認しておきましょう。

例「勤務地が近いからです。」

勤務地が近いことは転職の際の1つの指針になります。

しかし、ただ勤務地が近いという理由だけではいけません。

企業が所在している地域に愛着があるなど、プラスアルファの理由を述べましょう。

例「給料・制度に魅力を感じた」

給料の高さや会社の制度は、重要な要素です。

しかし、志望動機の1番最初の理由に書くのは避けるのがベターです。

 

ワンポイント
 志望動機に自分都合の理由は避けましょう。

志望動機が思いつかない時は?

パソコン作業

面接で志望動機をどのように面接官に伝えるかであなたの評価は大きく変わります。

志望動機はとても重要な要素ですが、どうしても志望動機が思いつかない時もあるでしょう。

そんな時は、周りの人や転職エージェントに相談しましょう。

自分では気付いていなかった魅力やスキルを発見することができるかもしれません。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

「転職を考えているけど不安だ。」

「転職を成功させたいけど、どうしたらいいんだろう。」

など、転職の悩みは転職エージェントに相談して解決しましょう。

転職のプロが、あなたの転職をサポートします。

あなたのスキルや経験を考慮して、エージェントがあなたにぴったりの業務を紹介します。

転職エージェントを活用して、あなたの転職を成功させましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

ガッツポーズする女性

工程管理の求められる適性や、アピールできる経験を確認しました。

工程管理の仕事は、表舞台の華やかな仕事というよりは縁の下の力持ちという業務内容です。

そんな工程管理に求められる適性は、

  • 地道にコツコツ努力できること
  • 多くの人を巻き込んで仕事できること
  • 状況の説明を上手にできること

の3つでした。

アピールできる経験・スキルは、

  • コミュニケーション能力
  • スケジュール管理

の2つでした。

志望動機のポイントは、

  • 業務への理解度をアピール
  • 活躍する方法を具体的に伝える
  • 他社との違いを明確にする

の3つでした。

工程管理に求められる適性やアピールできる経験を理解し、志望動機を書きましょう。

志望動機は、自分の都合を優先した理由だけでは面接官に悪い印象を与えてしまいます。

プラスアルファの理由を忘れず、具体的に伝えることが大切です。

事前にしっかりと企業情報をチェックすることも忘れずに行い、面接官に良い印象を残せるようにアピールしましょう。

転職の悩みは、転職エージェントに相談すると解決することができます。

1人で悩まずに転職のプロに相談をしてみると、自分では気付かなかったスキルや能力を活かすことができる業務に出会えるかもしれません。

新たな一歩を踏み出して、あなたの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら