現代はIT技術の進化により私たちの生活が大きく変化しています。

スマートフォンが普及したことでどこでも動画を見たりメッセージをやりとりしたりできる時代になりました。

そんなITの時代で活躍するのがシステムエンジニアです。

システムエンジニアはIT技術のスペシャリストともいえる仕事で、私たちが便利な生活を送るうえで欠かせません。

ではITの基盤を支えるシステムエンジニアに転職するために有利な資格はあるのでしょうか。

おすすめの資格や資格を取得するメリットを当記事で解説します。

システムエンジニアに有利な資格を解説

女性

システムエンジニアとして活躍するには資格の取得がマストといえるでしょう。

資格がなければシステムエンジニアとして働くことができないわけではありません。

しかし、ITの基盤を支えるエンジニアですからスキルを証明する必要があります。

そのためにも資格という目に見える形で知識があることをアピールすることが転職成功の近道といえます。

では具体的にどのような資格がシステムエンジニアへの転職に有利なのでしょうか。

続けて解説していきます。

システムエンジニア(SE)の資格

女性

一言でシステムエンジニアといってもその活躍の場は幅広く存在します。

したがって、あなたがどのような仕事を担うかによって取得すべき資格が変わってくるのです。

システムエンジニアになるには資格が必要?

システムエンジニアは必ずしも資格を必要とする仕事ではありません。

特別な資格がなくてもシステムエンジニアとして働くことはできます。

しかし資格を取得することでエンジニアとしての活躍の場が広がることは間違いないでしょう。

また、資格を保有することで技術や知識がある証明になるので周りからの信頼を得られます。

企業によっては資格手当制度や合格報奨金制度などを導入している企業もあるので給与面でもメリットがあるのです。

国家資格とベンダー資格

ノートパソコン、考える女性

SEの資格には国家試験とベンダー資格の2つがあります。

主な国家資格は次の通りです。

  • 基本情報者試験(FE)
  • 応用情報技術者試験(AP)
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャリスト(NW)
  • プロジェクトマネージャ試験(PM)
  • データベーススペシャリスト試験(DB)

国家資格は企業が積極的に取得を進める傾向があります

転職時にも役立つ可能性があるため取得しておくといいでしょう

国家資格のメリットは資格に有効期限がないこと。

また、比較的認知度が高い資格なので国内の企業であれば転職時に説明しなくても評価されます。

一方でベンダー資格とは一般企業が独自に定めている民間資格のことです。

具体的に次のような資格があります。

  • java系の場合:Oracle認定Java資格
  • ネットワーク系の場合:シスコ技術者認定試験
  • Linuxの場合:Linux技術者認定試験

ベンダー資格のメリットは専門的な現場の実務に生かしやすいことです。

また、世界的に名の知れた資格もあるので世界基準の実力がつくことも期待できます。

一方でベンダー資格は国家資格にくらべ受験料が高いというデメリットもあるので覚えておいてください。

 

ワンポイント
国家資格とベンダー資格の2種類がシステムエンジニアに役立つ!

基本情報技術者試験

案内

ITエンジニアとして仕事を始めるにはまず基本情報技術者試験から受けることを薦められています。

基本情報技術者試験はITエンジニアの登竜門と言われており、経済産業大臣が認定する国家資格です。

どんな資格?

プログラマーやシステムエンジニアといったIT関係の基本的な試験です。

プログラムに関した知識のほか経営やマネジメントについての知識も問われます。

基本的な内容が問われるのでしっかり勉強すれば独学でも十分合格できるでしょう。

資格の難易度は?

考える女性

基本情報技術者試験の合格率は約25%といわれています。

まったくITに関する知識がない状態からスタートすると少々難易度が高いかもしれません。

試験は午前と午後に分かれておりいずれも100点満点中60点以上が合格ラインです。

試験範囲はマネジメント系やストラテジ系、データ構造など情報処理全般となっています。

合格率はそれほど高くないもののじっくり時間をかけて勉強すれば独学でも合格を狙えるでしょう。

 

無料転職相談をして理想の未来を手に入れよう

 

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


応用情報技術者試験

指示棒を持つ女性

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験にくらべより応用的な内容が問われます。

基本情報技術者がITの基本的知識を問う試験であるのに対して、応用情報技術者試験はある程度の実務経験が必要でしょう。

いずれも国家資格であることに変わりありませんが、応用情報技術者試験の難易度の方が高くなります。

どんな資格?

応用情報技術者試験はアーキテクチャの設計においてシステムに対する要求を整理し運用できる技術が求められます。

また、予算・工程・品質などの管理業務も重要です。

基本情報技術者試験にくらべ内容が難しくなっただけでなく、より実践的なスキルが求められます。

資格の難易度は?

応用情報技術者試験の合格率は約20%といわれています。

基本情報技術者試験より難易度が上がりますが、それほど合格率には影響していないようです。

つまり経験者はしっかり勉強すれば合格できるということ。

それでも5人に1人しか合格できないと考えると一筋縄ではいきません。

実務経験者とはいえ十分な対策が必要です。

 

ワンポイント
応用情報技術者試験は基本情報技術者試験より難易度が高い!

プロジェクトマネージャ試験

紹介する仕草をする女性

プロジェクトマネージャ試験はシステム開発やシステム計画を円滑に行うために必要な資格です。

「マネージャ」という名前が付いている通りシステム全般に対して責任を負います。

責任が重い分ITエンジニアとして応用的な知識や技能があることを証明できる高度な資格です。

どんな資格?

プロジェクトマネージャはシステム全般的に関して高度な知識を有する必要があります。

未経験からの挑戦は難しく、ある程度実務経験を積んでから挑戦する方がいいでしょう。

また、目標を達成するために責任者としてプロジェクトの計画・実行・管理が任されます。

さらに進捗状況の管理や将来見込まれるであろう課題を早期に把握して適切な対策を取る必要もあるのです。

担当する役割が多いのでチーム内において重大な責任があること間違いありません。

資格の難易度は?

ノートパソコン、笑顔の女性

プロジェクトマネージャ試験の合格率は約15%といわれています。

基本情報技術者試験や応用情報技術者試験より圧倒的に低く高難易度の試験です。

試験は午前と午後それぞれ2回ずつ計4回行われます。

いずれの試験も100点満点中60点以上かつ午後2回目の論述試験でランクAの評価が必要です。

テクノロジーやストラテジ、プロジェクトマネジメントなど幅広く出題されるためしっかりとした対策が必要となります。

 

無料転職相談をしてあなたに合った転職先を見つけよう

 

システムアーキテクト試験

女性

システムアーキテクト試験はシステム開発の上流工程を主導する立場に携わる人を対象とした試験です。

プロジェクトマネージャ試験とともに高度情報処理技術者試験に数えられています。

未経験からの挑戦は不可能に近く、ある程度実務経験を積んでから挑戦する必要があるのです。

豊富な業務知識に基づいた適格な分析やニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導きます。

どんな資格?

情報システム戦略を正しく理解し、業務モデルや情報システム全体を検討できることが求められます。

また、システム全体を考慮した設計や連携するWebサービスの選定などにも対応しなくてはなりません。

ほかにも企業のビジネス活動をモデル化したり販売管理や生産管理などの管理業務を担ったりと幅広い業務に携わります。

資格の難易度は?

システムアーキテクト試験の合格率は約15%といわれています。

高度情報処理技術者試験と同じく非常に高難易度の試験です。

システムに関すること以外にも会計知識や販売管理業務の知識が問われることがあります。

その分勉強範囲も広くなるので一筋縄ではいかないでしょう。

経験者でも難しい試験といえます。

 

ワンポイント
システムアーキテクト試験はSEに役立つ試験の中でも高難易度を誇る試験!

データベーススペシャリスト試験

仕事内容チェック中

データベーススペシャリスト試験はデータベース全般にかかる専門的な知識を問う試験です。

データ管理者情報システム全体のデータ資源を管理し、目的に応じて運用可能な技術選択ができるようになります。

また、最適な情報システム基盤・企画・開発定義を果たしシステムのデータべースを設計する高度な技術が必要です。

どんな資格?

利用者の要求に基づきデータ分析行いデータモデルを作成できることが求められます。

また、個別システムの開発企画や運用保守も担当することが特徴です。

データベーススペシャリスト試験合格者はベンダー資格を持ち合わせている場合が多くあります。

資格の難易度は?

データベーススペシャリスト試験の合格率は約15%といわれています。

プロジェクトマネージャ試験やシステムアーキテクト試験とならび高難易度の試験です。

試験では問題文の構成がだいたい決まっているため過去問を確認しておくとよいでしょう。

また、データベースに関する知識のほか、長文を読み解き何が要求されているか理解できる文章読解力も必要です。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


資格を取得するメリットは?

これから説明

システムエンジニアは資格がなくても携わることができます。

一方で現在システムエンジニアとして活躍している人の多くは資格を有していることが特徴です。

では資格を取得することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的に2つのメリットをご紹介します。

スキルの証明になる

資格を取得することでシステムエンジニアに求められるスキルを証明することができます。

口頭で「私はITスキルを持っています」と伝えても本当に身に付いているか分かりません。

ポートフォリオの提出とあわせて資格をアピールすることでスキルを持っていることを証明できるのです。

資格は目に見える形なので信頼度アップにもつながります。

特にシステムエンジニアに依頼する企業にとってはスキルがあることを前提としている場合が多いもの。

満足のいく成果物を作成できなければ今後仕事を受けることはできなくなるでしょう。

システムエンジニアとして活躍するため資格を取得しておいて損することはありません。

転職が有利になる

資格があれば転職活動が有利に進みます。

募集をしている企業はどれだけシステムエンジニアに関する知識や技術を持っているか知りたいのです。

資格があればスキルがあることを簡単にアピールできます。

また、資格取得のため勉強してきたことが分かるので高評価につながるでしょう。

あなたの実力を証明して転職活動を有利に進めるため資格取得は欠かせないのです。

 

ワンポイント
資格があればスキルの証明になり転職が有利に進む!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職相談中

転職活動は1人で行うことが多いので不安や悩みを抱えることがあります。

マイナス思考に陥っても抜け出せるなら問題ありません。

しかし、一度抱いた不安は次第に大きくなり何をやってもうまくいかないのではという思考を生み出してしまいます。

そうならないよう転職の不安は転職エージェントに相談してみてください。

エージェントは転職のプロなので、あなたの転職活動がうまく進むよう的確にアドバイスしてくれます。

また、あなたに合った転職先を見つけてくれるので転職後のミスマッチも起こりにくいのがメリットです。

特にシステムエンジニア関係の企業は多いので手間が省けて自分で探さなくても済みます。

転職活動エージェントを利用してあなたに合った転職先を見つけてもらいましょう。

まとめ

ヘッドセットを付けた女性

システムエンジニアはIT技術のスペシャリストともいえる仕事で、私たちが便利な生活を送るうえで欠かせません。

これからの時代はますますIT分野における需要も高まることが予想されます。

時代の流れにあわせてシステムエンジニアのニーズも増えていくでしょう。

システムエンジニアとして働くには特別な資格は必要ありません。

しかし、スキルを証明するには資格取得が欠かせないのです。

また、資格があることで周りから信頼を得ることにもつながります。

さらに資格があれば転職活動を有利に進めることもできるので、取得しておいて損はありません。

転職活動は壁にぶつかることがあります。

そんなときは1人で悩まず転職エージェントに相談してください。

エージェントはあなたに合った転職先を見つけてくれます。

うまくエージェントと連携して理想の未来を手に入れましょう。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。